« 今週のアニメ特撮感想・金~土分(10/12~13分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(10/14分) »

2012年10月13日 (土)

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語(映画)

(新房昭之監督)

総集編の後編です。新規シーンは結局ほとんど無かったですが、十分楽しめました。
TV、BD、再放送ともう何度も見てるのに、それでもやっぱり引き込まれて面白かったですよ。

4話分で構成するには上映時間に余裕があるので新規シーンに期待していましたが、演出増加やOP・ED、予告とかはともかく、本編中で「新規」と言えるシーンは1箇所くらいですかね。9話終了から10話につなぐシーンでの「謎墓場」くらいかなと。
しかしあの墓場は一体何なのやら。魔法少女達の墓場のイメージとかでしょうか?
謎の時計空間な「ほむホーム」については、まだほむらが魔力で作ったと考えれば良かったですが、こっちは本当に謎空間でした。
歩いて行くほむらとか、演出としては格好良かったですが。

事前には、新規シーンがあるとしたら10話部分やエピローグあたりかと予想したのですが、結局その辺りでは無しでした。
しかし、あの辺はある意味「完成してしまって」いて余分なシーンを足す余地が無い気がするので、むしろ付け足しが無くてホッとした気もします。
ほむらの過去としてドラマCD1の部分を挿入というのも、外伝ならともかく本編中でやっても流れがおかしくなりますしね。

10話部分終了後に「コネクト」が来たのはグッと来てしまった。TV版と同じ演出なんですが。
しかし、コネクトは「ほむらの為の歌」だし、10話部分の締めには相応しいですな。11話部分との繋ぎにも良かったですし。
コネクトはTV版でコメディチックだった部分(風船まどかとか)をほむらメインの映像に差し替えていて面白く見られました。
そしてラストカットが「2人」なのにはちょっと笑ってしまいました。てっきり普通に5人バージョンかと思っていたので。
本当ほむほむはまどかしか眼中に無いな!(笑)

宇宙改変後のまどかとほむらのシーンは、TV版の裸からスカート付きになって、「深夜アニメ→劇場」としての年齢層対策を感じました(笑)
あのぼやけた光でのスカート的表現はなかなか良かったですが。

ラストはまたTV版通りコネクトで締めでしたが、ここでのエンドロールが魔女文字で「何書いてるのか読めねー」と心中で叫んでしまいました。
その後にちゃんと日本語のスタッフロール付きエンディングが流れて良かったですよ。

杏子のお菓子については、きっちり検証してないですが前編ほどには変わってなかったような。(うんまい棒とかだんごどか)
確認してみると、TVではみたらし団子だったのが色団子に変わってはいますかね。
串を投げるシーンがあるから団子自体は変えられなかったのね。

最後の最後に新作映画の予告が見られましたが、
今回の映画を見て、あらためて「ここまでだけで、あまりにきっちり完結している」と思えたので、新作というのは正直不安です。
立つ鳥跡を濁したりとか、蛇足にならなければいいんですけどねえ;
本編が綺麗に終わったのに、後からどこどこ続きが描かれたりするデビルマンのような事にならなければいいのですが。

とりあえず心配は置いておいて、予告については、シーンが短くてはっきり分からない部分もありましたが、きっちり本編の続きの話のようで、マミさん、杏子、ほむほむが元気そうなのは何よりです。
杏子の制服姿が見えましたが転校してくるのか、それとも既に学校にいる事になっているのか?
仁美の名前が上がってましたが案外重要な役柄だったりするのでしょーか。まさか仁美が魔法少女になるんじゃあるまいな;

タイトルは「叛逆の物語」だそうですが、メイン5人で「叛逆」と言う言葉が一番似合いそうなのは、…さやかかなあ(笑)
さやかの映像も一瞬見えましたが、回想やイメージ以外で出番があるのやら。

「叛逆のキュゥべえ」とかだったら嫌ですねえ。ほむらが魔女の概念をキュゥべえに話した事がきっかけでキュゥべえが何かを企む話とかだったら嫌すぎる(笑)

ちなみに、もらえたフィルムはまどかが泣いてるシーンでした。↓
フィルム

前編の感想はこちら

公式サイト

|

« 今週のアニメ特撮感想・金~土分(10/12~13分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(10/14分) »

コメント

みてきたー。パンフレット売り切れー。

ほぼそのまんまでしたなー。それでも10話のOPにつながる流れはぐっときます。

気になった新規のシーンはさやか魔女化で吹き飛ばされた杏子が着地とか
まどかがハンカチ出してほむほむふきふき。ほむふきー。

毎回エヴァンゲリオン予告の『希望は残っているよ。どんな時にもね』で吹く
まどか見る前にはタイミング良すぎるw

新作で一番の心配はさやかの出番。

投稿: くらげマギカ | 2012年10月17日 (水) 22時31分

そういえばほむふきしてましたね。ほむふむ。
ヱヴァ予告のフレーズは、確かにピッタリ過ぎです(笑)

さやかはどういう扱いになるんですかねえ。
やっぱり12話分で完結しておくべきだった、と言うことにならなければいいですがー。

投稿: でんでん | 2012年10月17日 (水) 23時49分

 見事に変わっていませんでしたが、「3段目のオチ」で納得。ああいう引き方するなら変えられませんね。むしろ変わった個所は少ないほどいい。
 新たな「第三章」はできることなら、テレビからでも劇場版からでも繋がっていた方が無難でしょうから。綺麗に終わっていたからこその不安半分は、まったく同意なのですけども;

 ちなみに「叛逆」するのは、ほむらじゃないかなと勝手に思っていたりします。あのデビルウィングこそ、きっと反逆の象徴ですよ!
 ……そうなるとまさにデビルマン、少々ゲンが悪いですね……。

 変わっていないからこその感想としては、やはり深夜アニメの枠向けに最適化された物語だったのだなということ。
 九話⇒十話⇒十一話の部分の接続が、かなり頑張ってはいたものの、少し苦しい。

 一回ごと終わって始まるからこそ成立していたはずの情報圧縮を、そのまま接合してしまった無理が若干感じられました。
 あそこ視点と時間軸に加え、お話の前提条件までがくるくる入れ替わるので、結構ややっこしいんですよね。

投稿: kanata | 2012年10月20日 (土) 20時25分

あの次回予告からすれば変更(どちらかと言うと追加)は少ないほうがいいというのは一理ですね。
叛逆は色々考えられますが、キュゥべえが数万体登場とかは勘弁して欲しいです(笑)

10話の仕掛けは実際TVシリーズ向きですね。続けて見るとやや唐突な過去回想もTVシリーズで話数が変わればごく普通に見られますから。
映画初見かつ予備知識無しの人は多少混乱するかも知れません。

投稿: でんでん | 2012年10月21日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・金~土分(10/12~13分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(10/14分) »