« 週刊少年ジャンプ9号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー9号感想 »

2013年1月29日 (火)

今週のアニメ特撮感想・月~火分(1/28~29分)

■まおゆう 魔王勇者 4話
全方位へのメイド長の言いたい放題っぷりがイカします。

勇者の魔階訪問記はばっさりカットですか。これだと魔界の状況が視聴者に分からないままですが、後でまとめてフォローするんですかね。

■さくら荘のペットな彼女 16話
バレンタイン直前ということで、また七海が可哀想なことになる感が高まってきたような。

■ちはやふる2 2話
まつげ3本て、それは漫画的デフォルメじゃないのかよ!?(笑)

残った1年2人はどちらも問題児気味ですが、その1年の存在が段々といい刺激になってきていて良い感じです。

男子の筑波君は、北海道の「下の句かるた」の経験者と言うことで、そういうのもあるんですね。知りませんでした。
あの「指の強さ」は、木の板でかるたをやっていたが故…なんでしょうか?
両手使いだとか、競技かるたとは違う世界から来た様子が伺えて、異種格闘技的な面白さがありました。

目を開けるとやたらと悪役顔になりますが、別に性格が悪いわけでも無い…んですかね?
生意気なのは確かですが。メンクイだし(笑)
ともあれ、真面目に取り組んでいるのは確かだし頼もしい存在になりそうです。

女子の菫の方は考えるまでも無く問題児ですが、「百人一首が恋愛の歌ばかり」といった指摘はかなちゃんの盲点を付いたようで。
いい意味で部を引っ掻き回す存在になってくれそうな感じです。
ところで逃げ出した菫を追いかけて裸足でかけてったかなちゃんは必死さが伝わっていいシーンでした。

千早が1年育成にこだわる理由は、去年の棄権での後悔があったゆえということで、
少しバラバラになりかけていた一同が千早の思いを知ってまた前向きに結束していく流れが気持ち良かったですよ。

■銀河へキックオフ!! 35話
杏子さんの運転がこええ。あれって車線やハンドルが逆だから云々なレベルじゃないやね;

英語が喋れないのにパーティーに出席させられる翔がちょっと可哀想でしたが、
そんなパーティー会場でもパスコースを探してしまうあたりが職業病的で面白かったです。

サッカーばかりか英語も堪能な麗華ちゃんが実に頼もしい。

|

« 週刊少年ジャンプ9号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー9号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ9号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー9号感想 »