« 週刊少年サンデー11号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(2/15分) »

2013年2月14日 (木)

今週のアニメ特撮感想・水~木分(2/13~14分)

■THE UNLIMITED 兵部京介 6話
なるほど確かにコメリカとは言ってないのね>合衆国

伊-八号(脳)や宇津美が登場したり、遂にアンディが動いたり、兵部と薫が激突したりと激動な回でした。
アンディの正体はやっぱりというか当然というかバレていたわけですが、兵部としては仲間になって欲しかったのだろうなあ。多分。
これで決別と言うことになってしまう、のかも知れないと思うと切ないものがあります。

と、この続きが気になるタイミングで次回は過去編ですかー。(しかも前編ということは最低2回以上)
まあ、このタイミングだからこその過去編とも思えるし、原作でも過去編は割りと好きですけどね。

■琴浦さん 5話
原作既読ではありますが、コメディ回と分かっていても、いつシリアスが入るか分からない緊張感を持って見てしまいます(^^;

荷崩れでいきなり琴浦さん死亡に笑いました。計3回もやるとは(笑)

森谷さん弄りは、これまでやったことを思えばかわいいものかと。予告までモリモリとは…(笑)
反省したり謝ったりしているモリモリよりも、どちらかと言うと取り巻きだった2人が腹立ちますけどね。

運動出来ない子に対するクラス一同の声援は、かえってキツイと思います(^^;

■PSYCHO-PASS サイコパス 16話
先週時点でヤバいとは思ったけど、やはりこれまであまり目立つ出番の無かったサブキャラが目立つとロクな事にならないですな。合掌。

ところで縢が見たシビュラの正体ってのは何だったんですかね。ラストで映っていたものがソレかも知れないけど、よく分からなかったですよ。
マイノリティ・リポートのプリコグ的に超能力者とか、もしくはその脳でも使ってるのかと考えましたが。

ビルが占拠されて局長はどうしているのかと思ったら、まさかのロボですか!
いや、ロボットじゃないよアンドロ(略)、もといサイボーグかも知れませんが、出てきた瞬間「逃げてー!」と思いましたが諦めちゃってたようで;
局長は普通に槙島の仲間を殺してましたけど、結局局長と槙島の関係って何なんですかねえ。案外槙島の方は局長の事を認識してなかったりして?

狡噛さんと槙島は遂に1話冒頭の場面に辿り着いて対面したものの、因縁の対決の決着がまさかの朱ヘルメットだったのは意外でした。ヘルメット強ぇ。
まあ朱も思いっきり槙島とは因縁があるので納得は出来ます。
結局ぶちのめした槙島も殺しはせずに逮捕となりましたが、残り話数もまだあるし、局長は真っ黒だし、局長に槙島が引き渡されて後悔する羽目になりそうですよ。

■ROBOTICS;NOTES 16話
ぎゃあああああ×2連発

シュタゲ同様にこっちも絶望展開が来ちゃいましたか。
しかし、時間物だったシュタゲと違ってこちらは取り返しが付かないと思いますがどうなっちゃうのやら。
まだ2人とも確実に「死んだ」かどうかは分かりませんが、無事だったとしても呑気にロボ造りはもう無理だろうなあ。
速攻廃部レベルかと思います。カイなんて下手すれば殺人容疑かけられそうだし。

とりあえず、昴はロボの横を走るなら「ロボの身長分」くらいは安全距離を取ろうよ;
ロボの足の不具合も「何者かの干渉」によるものだったのかも知れないけど、あれは本人の不注意も大きいと思わざるを得ません。

外骨格義足は実に恐ろしかったです。「押し倒して止めればいいじゃん」と最初は思ったけど、それを物ともしないとは。
「止める暇もなく崖に走って死亡」ではなく、ゆっくりゆっくり歩いていって、それでも止められないあたりが恐さ倍増ですよ。
義足の暴走に気付いたカイの初動がやたら遅かったので「早く止めろよ」と思いましたが、早く動いていても結果は変わらなかっただろうなあ;

とりあえず、空手先輩がレーザー光で仲間を焼き殺してしまう展開にならなかったのだけはまだマシだった…のだろうか?
レーザー光で送電は、サテライトキャノンかデュートリオンビームって感じですかね。

■たまこまーけっと 6話
あのピンク服ってホントに制服だったんですね。凄いセンスです。

今回はホラー回、…に見せかけたバカ回で気楽に楽しめました。
商店街活性化オチも、かんなちゃん大活躍も良かったですが、でも絵の具は迷惑だよ;
「火の玉」の方は出た瞬間に「まあデラさんだろうな」と思いました(笑)

商店街に怪奇現象(笑)が発生してウロたえる大人達でしたが、お祓いをやってないと言うならあの時点からでもやれよ(笑)、すぐ側に神社も寺も一杯あるのにねえ(^^;
この間用事で京都に行った時に寄ってみましたが、下鴨神社や京都御所のすぐ側だったんですね。けいおん1期OPでも出た鴨川の飛び石もすぐ近くで目から鱗でした。

うらめす活用には笑いました。うらめさない、うらめします、うらめす、うらめすとき、うらめせば、うらめせ。

最後にお付きの人が出て来ましたが、いよいよ鳥関係の話も進みそうですかね。
ところで彼女は裸足で飛行機とかに乗ったんでしょーか。それとも自作のカヌーとか、鳥にぶら下がってとか、呪術的なワープとかなのか?

■ヤマノススメ 7話
高尾山の準備の巻。
今回の山道具はザックでしたが、むしろケーブルテレビを連想して困ります(ローカルネタ)
昔こんな絵を描いたなあと思いだしました

1人で抱え込まずに「人に頼る」スキルは結構大事かなと。
上手く人に頼れるひなたは大人になっても要領よく生きていけそうですよ。

■新世界より 19話
たまこと続けて見ると実にホラー劇場でした。
先に1人で病院に行った人は、出会った瞬間に「あ、死ぬな」と思いましたが、他も殆ど全滅でしたね。

襲ってきてるのは、生き残ってた瞬とか?

■しろくまカフェ 44話
常勤パンダさんがシンガポールに転勤!
結局帰ってくるオチもあるかと思ったけど本当に行ってしまいましたか。寂しいなあ。
この作品でこんな感覚を味わうことになるとは思わなかったですよ。

僕が週7日働かないと常勤さんが安心してシンガポールに行けないんだ!
な展開でパンダくんもちょっと成長したかと思える話でしたが、結局週2日に戻ってるのかよ(^^;
そこは週3日くらいに落ち着いても良かった気がしますよ。

ペンギンさんのシャウトは友情爆発ないいシーン…ではあるのですが、言われた方も困るよなと思いました。
まあ、あの客は気分悪い事は悪いですが。

|

« 週刊少年サンデー11号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(2/15分) »

コメント

>たまこま
冒頭、たまこがお地蔵さんに『(まんまんちゃん)あんっ』つってたシーンって、関西圏以外で通じてますのでっしゃろか。
今作、明言してない割に結構しっかり京都らしさを主張してるので、地元民としては嬉しい限り。前回のラストカットの遠景の比叡山とか。

投稿: 伍六参 | 2013年2月15日 (金) 00時20分

「「南無阿弥陀仏」の関西弁幼児語」ですか。神戸出身ですが知りませんでした;
けいおんでは京都を舞台参照してるのに京都に修学旅行に行ったりしてましたが、今回は地域らしさを出してるのはいいですね。

投稿: でんでん | 2013年2月15日 (金) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー11号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(2/15分) »