« 週刊少年サンデー15号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(3/15分) »

2013年3月14日 (木)

今週のアニメ特撮感想・水~木分(3/13~14分)

■THE UNLIMITED 兵部京介 10話
盛り上がって来ました。登場人物みなの感情のボルテージが上がっていて、全編に緊張感があって実に面白いです。
裏切ったヒノミヤを許せない気持ちもまだ強いだろうに、結局は組んで走っていく兵部とヒノミヤがゾクゾクしますよ。
次回は葉達とも合流しそうだし、関係がどうなるか楽しみです。

それにしても、まさか兵部を撃ったメガネが生きていたとは。完全に死んだものと思っていたので予想外過ぎます。
本作中でその決着まで描かれちゃうんでしょうか。ホント原作との関係はどうなるんだろう。

■琴浦さん 9話
殺人事件編開始。と言うか死んではいないのか。
何かというと無責任な噂が流れるのは嫌な学校だなあ。

母はやさぐれながらもまだ母親らしさは残ってるのだなとほっこりでした。エロスグッジョブ。
1話でも描かれてたけど最初は普通の母親だったのだしねえ。

■PSYCHO-PASS サイコパス 20話
どうやって朱をたらし込むつもりかと思ったら、全部ぶっちゃけるとは意表を突かれました>シビュラさん
縢を殺したことをぶちまけても朱はシステムそれ自体を否定出来ないと、そこまで読んでの勧誘がタチが悪いですよ。
結局朱は条件付きで受けたわけですが、ホントどう締めるんでしょうね、この話。

朱の判断が是か非かはともかく、覚悟を決めて行動がキレキレになってる朱は、頼りなかった当初とは別人のような頼もしさでした。
槙島の思考を狡噛が追い、狡噛の思考を朱が追う流れが実に面白い。

槙島みたいな埒外を取り込むことに拘るシビュラの思惑がこれまでピンと来ていませんでしたが、
振り幅が大きいほどにシステムの柔軟性が高まると言うのはまあ分かったような気もします。

普通の車が一瞬でパトカーに変わるのは、服の着替え等で本作のホロの扱いを分かっていたつもりでもちょっとビックリでした。
便利と言うか、何が本当か全然分からない世の中ですよ。

■ROBOTICS;NOTES 20話
琴浦さんと続けて見たので妙なリンクを感じてしまいましたよ(^^;>女子高生殺人事件
ミサ姉の豹変の真実が明らかになりましたが、あの歳で殺人して亡者のストーキーングを受ければ、そりゃあ見た目の人格も変わりますな。
あらゆるモニターから貞子…もとい君島コウが出てくるとか恐ろしすぎですよ。
それにしても、君島コウの絵に描いたような悪役っぷりがいっそ清々しいほどです。

ロボ部メンバーの出番がちゃんとあったのは良かったですよ。このままフェイドアウトしたらどうしようかと思いました。
ところで昴の事故は結局、君島コウは関係ない普通の事故だったんですかね?
それでも空手先輩だけが悪いと言うわけでは無いはずなんですけどね。そもそも安全距離を取らなかった本人が一番不注意な気がするし。

教頭や他の生徒やJAXA職員までが応援に駆けつける展開はお約束ながらも熱かったですよ。教頭がかっこいいわー。
ただ、生徒達についてはアキ達との絡みをこれまでにもうちょっと入れておいても良かった気はしました。
昴親子も和解出来たみたいですが、結局この親子の確執は中途半端な扱いで終わっちゃったなあと。

新ロボが壊れて旧ロボでリベンジというのは割と燃える展開ではあります。とりあえずエルガイムを思い出しました。
モーターをモノポールモーターに交換は、つまりマグネットコーティングですね。ガ・キーン!

■たまこまーけっと 10話
文化祭の話かと思ったら、たまこがお妃候補と判明する話。やっぱりなあ。
首のホクロが決め手だったみたいですが、チョイはこれまであのホクロに気付いてなかったんですかね。一緒に風呂にも入ったのに。
まあ、風呂の時には尻出して気絶してたし、日本に来たのがたしか秋口くらいだった気がするので(未確認)、服の首元があいた状態を見たことが無かった…と言うのも無理があるか。うーむ。
とりあえず、もち蔵とみどりちゃんが反対するであろう事に加えて、会ったこともない外国人の嫁になれと言われても当人も困りますわな。お妃にはチョイがなればいいですよ。何度も書いたけど。
もち蔵的には、このピンチをチャンスに変えるべきですな。

ところで王子との連絡が途絶えたままですが、鳥通信が無理なら普通に手紙とかは駄目なんですかね。

文化祭については、ホワイトボードを見る限り、変な部活が多かった氷菓の学校と比べると割と普通の部活ばかりかなと。
ただ、ボードに書かれていたのは舞台に出る部活だけだから他にも色々あるんでしょうけど。

振付が思い付かなくて悩むみどりちゃんには、1人で抱え込まずに早く相談しろよとしか(^^;
こういうのは後になるほどリカバリーが出来なくなって周りに迷惑がかかるんですよね。まあ失敗は若い内にしておいた方がいいのでいい勉強になったんじゃないかと。
魚に柏手は笑いました。
ところで、トイレで「出ろ出ろ」は誤解される発言ですよ。

「静寂もまた音楽の一部」は、「足し算だけじゃなく引き算も大事」とか「押して駄目なら引いてみろ」とか「答えなしもまた答えなり」的なニュアンスなんですかね?
マスターの言いたそうな趣旨としては「1人で抱え込むな」だと思うんですが。

史織がトイレに行くことでショックを受けたり、踊りに一家言あったりと、デラさんは今回もナイスでした。

■ヤマノススメ 11話
高尾山登山を終えて残り話数で何をやるのかと思ったらアウトドアで外料理ですか。いいですね。
これまで出会ったかえでやここなも加えてと言うことで最終回らしい話になりそうです。

ひなたとかえでがいつのまにか仲良くなっていて和みました。
新学期の日にひなたがあおいに声をかけたのはそもそもあおいを気にかけての事だったようで、やっぱりいい奴ですよ。

■新世界より 23話
鈴虫声で鳴くゴキブリ…。ドラえもんでそんな話があったなあ。
瞬については、こういう重要キャラにするなら子供時代編でもっと絡ませるべきだったんじゃないかと言う気もします。

■しろくまカフェ 48話
前半はナマケモノさんの旅の話。
違う景色を見るのが旅という言葉はいいですが、カラオケボックスに入ってしばらくしてからでもナマケモノさんに追いつけそうだと思ってしまいました(^^;

後半…と言うか中盤はまさかの実写化(笑)
最後までずっとコレかと思いましたよ。まあそれでも良かったけど。
予告で気功で飛ばされるペンギンさんが…(笑)

|

« 週刊少年サンデー15号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(3/15分) »

コメント

>たまこま
運動部も文化祭に出し物出すんだなぁ・・・・、って思いましたね
(ウチは無かったような気がするが)

首のホクロって、母親譲りじゃなかったでしたっけ
そこらへん、関係あるのか?

投稿: 通りすがりの・・・ | 2013年3月16日 (土) 11時54分

うちの中高の文化祭でどうだったかは、よく覚えてないですねえ>運動部
文化部の出し物はそれなりに覚えてるんですが。

ホクロが決め手なのは占いで出ていたからとかかと思いましたが、
母親にまで絡むんですかね。
そもそも親子でホクロが同じ位置と言うのも謎ですが。

投稿: でんでん | 2013年3月16日 (土) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー15号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(3/15分) »