« 今週のアニメ特撮感想・水~金分(8/21~23分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »

2013年8月25日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土~日分(8/24~25分)

宇宙兄弟は休み。キョウリュウとウィザードも休みでスーパーヒーロー大戦でしたが、そちらの感想は映画公開時に書いたので省略。
以前書いた映画感想

とりあえず久々に見て、やっぱりディエンドオチがヒドいと思いました(^^;
劇場上映に比べればちょこちょこカットされてますかね。
あと、前の感想で書いていなかったこととしては、
・生き残ってるのに「戦隊粒子反応ゼロ」とか言われてるドンさんの扱いが…(笑)
・カットごとにコロコロ天気が変わるラストバトル周辺がご愛嬌かなと

次のライダー、鎧武は「馬」に乗るのか!、と驚いたけど普通にバイクも乗るのね。馬ライダーも面白そうなんですが、毎回乗せるのは大変でしょうな。
内容はまだあまり把握してないけど、多人数ライダーなら龍騎みたいなライダーバトル路線も有るかと思ったけど、フィルムの雰囲気は割と明るそうですかね。
フルーツモチーフは違和感が凄いですが、まあまた例年のように見ているうちに慣れるんじゃないかなと。多分、きっと。

■進撃の巨人 20話
女型捕縛失敗と謎のスパイ登場の巻。
エルヴィン団長と女型の「全てを捨て去る覚悟を持った者同士の戦い」との視点が興味深く面白く見れました。「覚悟はいいか?オレは出来てる」
団長はパッと見だと七三分けサラリーマンな風貌なのに格好いいなあ。

作戦は「5年前から生き残っている(スパイ疑惑の薄い)兵」だけに知らされていたとのことですが、リヴァイ班の人達も割と新しい人達ではあったんですね。
まあ、それだけ入れ替わりが超激しいって事なんでしょう。主に死亡退職で;

それにしてもオルオさんのウザいことよ(笑)
いちいちツッコんであげるペトラさんは優しいなあと思います。

巨人集合シーンは緊迫感がありました。ここで「ミケさんの嗅覚」が結構役に立っているところが笑えます。

ジャンが結構真相に迫っている部分が好印象でした。アルミンとのやりとりがいいですな。
サシャとミカサのやりとりも、ミカサが「悪い方向で」だけサシャの勘を認めているあたりがいい関係です。

グンタさんは残念でした。ホントいい人がどんどん死んでいく作品ですよ;

■とある科学の超電磁砲S 19話
フェブリの最初の自己紹介が一瞬「ふぐり」と聞こえてしまって困ります。

佐天さんのお母さんっぷりと気遣いっぷりが目立ってましたが、その分美琴が可哀想だったかと。
ところで、迷子の世話まで学生に任されてるあたり、学園都市は不思議な世界ですよ。

■<物語>シリーズ セカンドシーズン 8話
OPはまよいメインなのね。

子供羽川を弄ぶ阿良々木さんは逮捕されてもいーやと思いました。
オチについては、過去改変なんて大概ロクな事にならないよねと思いつつ、だからと言って過去で幼女の命を救ったら未来で世界が滅ぶとまでは誰も想像出来ないよなあ(^^;

■Fate/kaleid Liner プリズマ☆イリヤ 7話
前半のイリヤが野獣すぎる(笑)

今回の相手はアサシン。5次じゃなくて4次アサシンなんですね。まあ小次郎はあくまでイレギュラーだしなあ。
最後で急にシリアス展開になりましたが、まあ最初から命懸けの戦いだったし、一応Fateだし、どこでシリアスが入ってもおかしくは無かった…のだろうか?

■宇宙戦艦ヤマト2199 21話
糸目、まだ出番あったのね。
そのまま死ぬとは思いませんでしたが、最後にちょっといいやつになって死ぬあたりがヒキョーだなあと思いました。

|

« 今週のアニメ特撮感想・水~金分(8/21~23分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・水~金分(8/21~23分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »