« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

2013年12月 3日 (火)

今週のアニメ特撮感想・月~火分(12/2分)

■ガンダムビルドファイターズ 9話
遂に来たチナ&ベアッガイⅢメイン回。
シリアス寄りだった前回に対して全体的にバカ可愛いっぽくて楽しかったかと。

HGベアッガイⅢも先日作りましたが、インストによると顔の表情はマスク部に新型液晶モニターを使用する事で実現しているとか何とか、それもう美術部員のスキル超えてるよ!(笑)
それでいて内部に大量の綿が詰まっていて口からも綿が放射可能って、内部は一体どうなってんだ(笑)
内部に綿が入っていると言うのはインストにも書いてありましたが、そのまま勝負の決め手になるとは予想外で笑いました。綿なんて詰まってたら動きにくいだろうに。

バトルではノーベルやナイトガンダムの登場も見所でしたが、さり気なく会場に来ていて存在感をアピールしているサザキくんがツボでした(ギャン使いだけに)
結局一言も喋ってないし、何しに来てたんだお前は(笑)

ヤジマ・キャロラインことキャロちゃんはなかなかいいキャラでした。
レイジには「高飛車で鼻持ちならない女」とか言われてましたが、あれはただの愉快な女だよ!
ところで公園からキャロちゃんが帰っていく時に見えた白馬はいったい…。エンディングでニルスが乗ってる馬と同じですかね。

ニルスとキャロちゃんの繋がりはなかなか意外な組み合わせでした。今後もペアで出てくるんですかね。
今回でニルスとセイ・レイジの顔合わせもやるのかと思ったけど、それはまた別の機会でしょうか。

ベアッガイⅢの特訓シーンでは、アッグの登場が嬉しかったです。遠目にチョロっと出ただけだけど、どうせなら格好良く最新鋭のMS相手に無双して欲しいですよ>アッグ
レイジについては、教え方が感覚的で教官役には向いて無いなあと思いました(^^;

今回のチナの大会への参加は煮詰まったセイを思ってのことでしたが、煮詰り中でも面倒臭がったりせずにガンプラを作ったチナ作品を喜んで見たり、特訓に付き合ったりしてるセイがいい奴ですよ。

ジェルドさんとカクリコンさんの再登場はちょっと嬉しかったです。
ラルさんの方は出番なしかと思ったら、今回もCパートでの登場でしたか。次回はきっちり活躍してほしいものですよラルさん。

|

« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »

コメント

馬は美術展の時にもいましたね。鞭を装備してますし、普段からそれで移動してるのではないかとw
その冒頭の美術展のシーンで子供がキャロちゃんを指差してたりとか、ビルドファイターズは細かいネタも多くて楽しいです。

投稿:   | 2013年12月 4日 (水) 01時52分

いたようですねw
1話のパン屋とかも出ていたようで、芸コマですねえ。

投稿: でんでん | 2013年12月 4日 (水) 07時23分

以前のセイマオ妄想ファイトと同じことが目に見える形で行われてるのがこの作品の戦闘何じゃないかという気がしてきています。
システムの中の人…というかAIが、「お、ライフルの中に金属が!うん、こりゃ原型より高威力だな! こっちは中に綿…ああ、縫いぐるみ設定なのね、じゃあ装甲とか弾力ある形で…」みたいな。

投稿: | 2013年12月 4日 (水) 13時22分

プラフスキー粒子が金属や綿にも適用されてるってのは考えちゃだめな点ですよね。

投稿: | 2013年12月 4日 (水) 19時21分

プラフスキー粒子さんのサービス精神の旺盛さは恐れ入って尊敬してしまうレベルです。サービス精神という意味ではミノフスキー粒子やGN粒子を凌ぎますよ(笑)

金属や綿の反映については、動きについてはあくまでボディを動かしてるのはプラスチック部分だけを動かしていると考えれば良しとして、
頑丈さについても実際に金属や綿で頑丈さや弾力性が上がっているものと判断出来るとは思います。

ただ、ビームの威力にまで反映されてたり、綿そのものを動かして吐き出したりしてるあたりはやっぱり謎過ぎですね。
プラフスキー粒子さんパネエっす。

投稿: でんでん | 2013年12月 4日 (水) 21時09分

 手芸綿の多くはポリエステル製なので、プラフスキー粒子の効果対象だった可能性もあります。
 もしかするとあの詰め物、きっちり運動性に貢献しているのかもしれません。ナイトガンダムへのあの絡み方、綿そのものがコントロールされてたとしか思えませんし(笑)

 レイジはああ見えて案外、優秀な教官だったのではないでしょうか。あの短期間の訓練で、委員長をちゃんと戦えるようにしてしまったのですから。
 委員長が、元から逸材だった可能性も高かろうとは思われますけど。……現時点で既にセイ君は越えているんじゃ……。

投稿: kanata | 2013年12月 4日 (水) 22時02分

あの綿はたしかに生き物のようでした。
運動性アップ方法の答えがただ 「綿を詰めればいい」 だったら、粒子活用法に着目したニルスやマオが涙目になりそうですね。ニルスは今回既にかなり驚愕してましたが(笑)

チナがパイロットとして既にセイを超えてる可能性は否定できません。
ED的にレイジがマーク2に乗り換えた後はセイがビルドストライクを使うのだろうかとか思ったりもしましたが、またビルドストライクでパワーアップするみたいだし、今後もセイはパイロットとしての出番は無さそうですかね。

ところでベアッガイさんが躓いた石がルナツーだったということで確認してみましたが、言われないと気付かないですよ(^^;

投稿: でんでん | 2013年12月 4日 (水) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ1号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー1号感想 »