« 週刊少年ジャンプ2号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号感想 »

2013年12月10日 (火)

今週のアニメ特撮感想・月~火分(12/9~10分)

■ガンダムビルドファイターズ 10話
「ネメシスのトップファイター、一体何者なんだ…」で始まり、
「メイジン・カワグチ、一体何者なんだ…」で終わる回でした。
メイジンの正体は即バレだったけどな!(笑)

いよいよ世界大会が始まりましたが、キララがイメージキャラクターとやらで復活していて嬉しいサプライズでした。
それにしてもレイジのキララへの評価は結構高いですな。前向きでアグレッシブな姿勢が高評価なんでしょうか。

世界大会は7回目なんだそうで、ガンプラ歴20年の人なんかは純粋にバトル装置が無い頃からガンプラ好きだった人なわけですね。
ラルさんやジオンバー常連やドズルっぽい地上げ屋の人みたいないい大人達は、既に大人になった状態でガンプラバトルにハマったのだと思うとなんだかホッコリします。
まあ、自分もあんな装置が発明されたら楽しんじゃいそうですが。

レセプションパーティーをサボったレイジがアイラと遭遇する流れはいいお約束でした。
敵となる女性パイロットとの邂逅と言うと、ララァやフォウやアレンビーを思い出しますが、本作なら悲劇的にアイラが死んじゃったりすることは無いでしょう。多分。
食いしん坊で肉まんとレイジと奪いあったりするアイラはなかなか面白いねーちゃんで好感度が上がりました。

アイラに対して「金をかけた」って、ネメシスはアイラに何をしたんですかね。まさかこの世界で強化改造でもしてるんでしょうか。ホビーのガンプラバトルなんかのために!
高所から飛び降りるアイラの身体能力は出る番組を間違えてるくらいの高さでしたし、本当に強化人間なんじゃあるまいな(^^;

フェリーニとセイ&マオが出会いましたが、そういえばセイとフェリーニは初対面なんですね。同じ空間(体育館)にいたことはあるのだけど。
最初は尊敬の目で見られていたのに、女や酒で醜態を晒してあっという間に幻滅されるフェリーニがすっかりギャグ担当でした。
次回はフェニーチェが活躍するようですが、フェリーニの下がった株が上がるといいのですがー(^^;
ところで「ときめくお名前です」はガンダムじゃねーだろ! まあゲインに似てなくもないけど!(笑)

今回のガンプラは、コブラガンダムの活躍が渋かったです。負けたけど!
スモーブースターを付けたゲルググもナイスなチョイスでした。HGでブースター付きで出そうよスモー!

アイラの戦いを見て「あの兵器は」云々と言ってましたが、ファンネルならキュベレイが使っても当たり前だろうに、何に対して驚いていたんですかね。
ラルさん曰く「見えなかった」そうだし、普通のファンネルとは違うものなんでしょうか。
よく見るとOPでもファンネル自体は光としてしか描かれてないし…、見えない程小型なのか、或いはAGEの光球みたいなものとか?

フェンネルはゲーマルクも使ってましたが、やっぱりファンネルは普通に強いですね。どうやって操作してるのかは気になりますが。普通にオートなんでしょうか。
アイラの戦い方が普通のファンネルと違うとすれば、ファンネルの動きまで自在にコントロール出来てるとか?

ところで、ファンネルと言えば前回チャンピオンもα・アジールを使ってましたが、ああいう宇宙専用機体で地上ステージになっちゃったらどうするんだろうと気になりました。
…無理やり飛ぶんでしょうか。ハンブラビも飛んでたし。

セイ&レイジの出番では遂にスタービルドストライクが出ましたが、相変わらずポケットからガンプラを出すのだけはどうにかならないものか(^^;
折れるよ、ツノとか絶対折れるよ!(^^;
それとも四次元ポケットなの!?

スタービルドストライクの武器は、あれはどういうものなんですかね。光の翼と言うか月光蝶と言うかビニールと言うかシャボンと言うか。
ところで今更ですがセイが操作もサポートしてましたが、具体的に何をやっていたのかよく分かりませんが(エネルギーチャージとか言ってたしオーライザーに乗ってるサジみたいなもの?)、
ルール的にはサポートもOKなんですね。
前のジェリド+カクリコンとか、ジャミル+2人も何らかのサポートをしてたんでしょうか。本当にビットMSを動かしてたとか?

次回は全員参加でバトルロワイヤルですか。フェニーチェのバイクも出るようなので楽しみです。

■ぎんぎつね 10話
悟メイン回。
剣道部主将がいい感じに強引で面倒見がいい人ですよ。
多少馴染んでも可愛くない悟がいい味です。

ところでハルは普通に布団で寝てるのね。
盛り上がってる布団って他人からどう見えるのやら。

◆進撃の巨人 12巻限定版DVD イルゼの手帳
ハンジさんは相変わらず変態だな!
しかし有能でいい変態です。

原作5巻での特別編「イルゼの手帳」を元にハンジ達調査兵団を絡めて膨らませた話でしたが、巨人の捕縛に拘るハンジとイルゼが得た情報(戦果)が上手く噛み合ってよく出来た話でした。
巨人の生け捕りの難しさが語られましたが、ソニーとビーンの捕縛がどれだけ貴重で、2体を殺された事がどれだけ大事件だったのかがよく分かる話でしたよ。

元気な頃のペトラとオルオさんの姿は思わず泣けそうでした。ペトラは昔からオルオさんによくツッコんでいたのだなあ…。
戦闘以外の場面で2回もハンジに殺されかけてるオルオさんには吹きました。

馬も立体機動装置も失って外に残されたイルゼの境遇は、巨人の恐ろしさを散々見せられた後だと本当に絶望感を感じます。
「ユミルの民」の巨人を相手にしたイルゼは、うまく応対出来ていれば、もしかしたら生き残る事も出来たんですかねえ…。相当な無理ゲーなんでしょうけど。

|

« 週刊少年ジャンプ2号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号感想 »

コメント

>GBF
 エネルギーはあれ勝手に充填されるのを、セイ君は見張ってただけじゃないのかなと。
 いや、操作している様にしか見えなかったのは同意なのですが。

 そして仮に「見張ってただけ」だとしても、明らかにズルいんですけどねメカニック枠の追加席。
 個人参加の選手と比べ、リアルタイムに相談したり横から戦況について助言ができるの、どう考えたって有利でしょう(汗)

投稿: kanata | 2013年12月11日 (水) 02時47分

サポートが使えるなら明らかに1人でやってる選手より有利なんですが、堂々とやってる以上「有り」なんでしょうねえ(^^;
どこまでのことをやってるのかはホント謎ですが。

ビグザムだったらやっぱり3人で動かしたりなんですかね。

投稿: でんでん | 2013年12月11日 (水) 07時18分

サブパイロット的な扱いならスタービルドストライクの翼起動とかセイ君がやってもよさそうな物ですし、ステータス確認、マップとひょっとしたら敵機の位置確認とそれに基づいた指示だけじゃないですかね。
これまでの試合を見てもルール上操作者が一人ならサポートが何人居てもいいようですし、サポートが得た情報を伝える手段が口頭しかないのなら欲しい情報を得るまでのタイムラグや誤解の可能性を考えるとそんなに有利ではないのかも。ステータスやマップ表示機能が複数人チームだとサポートしか見れないとかなら更に公平になりそうですが。

見えないファンネルは、プラモベースで考えるとクリアパーツなのではと思います。更に金をかけるなら透明度の高いクリスタルガラスかなにかで作ってるとか。

スタービルドストライクの光の翼は、周囲のプラフスキー粒子を徐々に蓄積しつつビーム(=プラフスキー粒子)がきたら盾から吸収して一気にチャージ、充分溜まったら放出というX魔王の月無しキャノンと同じような機能ではないかと思います。
なにか膜みたいなのを被ってる描写もあったのでビグザムが特殊コーティングで粒子を吸着してIフィールドにしてたのも取り入れてるのかもしれません。

投稿: | 2013年12月11日 (水) 10時02分

何か操作しているようには見えますが、あくまで情報管理とかで機体操作はあくまでパイロットが行うなら、それほど不公平感はないかも知れません。真相は分かりませんが(^^;

見えないファンネルが透明というならプラモアニメ的に楽しいアンサーですね。

スタービルドが何をやったのかは分かりませんが、結局はセイも粒子をどうにかする方法に行き着いたのか、それとも全然別のアプローチなのか、どっちなのかが気になります。
ベアッガイの綿を見てヒントを得たなら、粒子とは全然別のアプローチでも面白いかも知れませんが。

投稿: でんでん | 2013年12月11日 (水) 20時43分

AGE3ベースならタンデムできそうだけど、「ダブルオー」「アゲ」系は出てきそうもありませんね

投稿: 通りすがりの・・・ | 2013年12月14日 (土) 09時57分

実際どうなのか知りませんが、検索すると「権利関係で放送後5年経った作品しか出せない」らしいとか出ますね。
だからダブルオー1期はOKだとか。
今回もスローネツヴァイが出てましたし。

投稿: でんでん | 2013年12月14日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ2号感想 | トップページ | 週刊少年サンデー2・3号感想 »