« 週刊少年サンデー10号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(2/7分) »

2014年2月 6日 (木)

今週のアニメ特撮感想・水~木分(2/5~6分)

■東京レイヴンズ 17話
一応味方で護衛だったはずの鏡のオレンジ長髪式神が何故か大暴走の巻。

エトウさんは裏切り者では無かったのかと思ったらすぐ殺されるわ、オレンジ長髪は大暴れだわ、京子は嘘付き呼ばわりでキレるわ、神扇爺さんは偉い人の裏切りでやられちゃったみたいだわ(?)、
前回に続いて、もう誰が味方で誰が敵なのやら、誰か分かりやすい人物相関図を作ってください状態でした(^^;
えーと、陰陽庁上層部って結局グズグズだったわけですかね。

春虎がやっと主人公らしく活躍出来たのは良かったですが、演出が悪いのかどうも場面の繋ぎ方が不自然でしっくり来なかったような。その場で直接戦ってる人以外の棒立ちっぷりが目立ちました。

夏目は遂に女バレしましたが、むしろこれまでごまかせていたのが不思議なレベルです。

■弱虫ペダル 17話
700mちょいの距離が長い長い。崖から落ちながら何ページもかけて駆け引きするジョセフとカーズ様を彷彿とさせます。
僅かな距離の上、体力的にも極限だろうに、今泉も鳴子もよくあれだけ喋れるな!(笑)

展開は熱いのですが、もうちょっとペースを上げて欲しいところです。そろそろ3クールの真ん中間近だけど、このペースじゃ絶対インターハイ終わらないですよね。どこで切る事になるのやら。

それにしても笑いながら後ろから追いかけてくる小野田くんは本気で怖いですよ。アニメが初見の妻も怖がってましたし(笑)

ところで田所先輩の「KUMA」がかわいいですな。

予告のタオル小野田くんは志々雄真実みたいでした。

■咲-Saki-全国編 5話
先鋒戦はタコス快勝とはいかず、姫巫女さんの謎パワーでやられましたが、この姫様も前評判の割にあまり活躍してるように思えないのがちょっと微妙なところ。
1期最終回の予告編的映像では巫女軍団がオカルトパワーで大活躍って印象だったんですけどね。

次鋒戦はBパートであっという間に終了で残念でした。EDだと目立ってるのに出番短いなあエイスリン。
麻雀は分かりませんが、結局エイスリンの能力は、まことは相性が悪かったって事なんですかね。加えて、能力頼み過ぎて不測の事態に対処出来なかったのかなと。

■銀の匙 Silver spoon 4話
八軒の馬術大会初参加の巻。
あやめちゃん初登場回ですが、アホっぷりが落ち着くなあ、あやめちゃん。釧路のジャスコのエピソードが和みます。

それにしても大川先輩はアニメでこうして見ているると、就職活動もそこそこに本当にしょっちゅう出てきますな。先の展開も納得です(^^;

試合で4位になって悔しがる八軒が良かったかと。

馬で公道を走るのは気持ちよさそうですが、馬糞拾いのハゲの人は別に急がずゆっくり帰ればいいんじゃないですかね。

■中二病でも恋がしたい!戀 5話
昼寝大会って本当にあるんだ…
世の中いろんな世界があるものですよ。ところで眠りに付く早さはともかく、いびきはでかい方がいいのか(^^;

珍しくくみん先輩メイン回でした。これが最後の目立つ活躍という気がしないでもないですが。
ところで七宮は思った以上に本筋に絡まないなあ。まあ本筋と言うほどの本筋があるのかどうか謎ですが。

同好会代表会議とやらのせいで生徒会に実態のない部活として目をつけられたわけですが、
他の部活も、かぶりもの、忍者、魔法使い(?)と妙な部活がてんこ盛りだったので、そちらも掘り下げて欲しかった気はします。わけのわからぬクラブが群雄割拠できるというリベラルな校風なのだなあ。
あの環境だと六花の中二病が受け入れられてるのも納得です。あれなら、もし「極東魔術昼寝結社の夏」が普通に魔法の研究でもやっていたなら、すんなり認められていたかも知れません。

■スペース☆ダンディ 5話
初めてダンディが格好良かった気がします。ロードムービー的な雰囲気も良かったかと。

ところで宇宙人登録って結局何なんですかね。普通にあの世界で社会生活してるのに登録されてないってのも謎な話です。それとも宇宙人登録という制度自体がかなりマイナーなものなんでしょうか。
最後まで納得出来る説明はされなさそうですが、ビバップの賞金稼ぎ設定は特に疑問を感じる余地もない良い設定だったのだなあと思いました。

|

« 週刊少年サンデー10号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(2/7分) »

コメント

>スペダン
ズルい、ズルいじゃんよ

ここで、こんな話挟んでくるとは
まぁ、基本はスラップスティック系でも、時たま、人情話はあるからなぁ

触覚は実にエマーン人でした
(本家ではいらない器官らしいけど)

ラストは定番というか
クラリスって比喩もあるようですが、「D-LIVE!」にこんなのがあったような・・・・

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年2月 7日 (金) 23時43分

不良がたまに善行を行うといい人に見える理論でした。ズルいじゃんよ!

触手はエマーン人ですねえ(笑)

D-LIVEでの話は忘れてますが、おっさんと少女の旅は定番ですがいいですね。

投稿: でんでん | 2014年2月 8日 (土) 09時17分

>レイヴンズ
原作のこの巻は春虎パワーアップ回だったのでわりと丁寧にその過程が書いてあったんですけど、アニメだとよくわからなかったですね…
先生と道満の戦いを見て陰陽術の深遠さがすごく面白く感じる→エトウさんとの模擬戦で今までのスタイル(土御門家ゆかりの強い霊力による力任せ&子供の頃ゴッコ遊びしてて身につけたケースから札を抜いて投げるのが早い)から脱却して五行相応と相剋を使うも上手くいかず負ける。が、その際エトウさんが大人気なく全力出してたとエトウさんの仲間が指摘。エトウさん認めず→カガミンと先生道満戦の話で盛り上がり、カガミによるあの戦いで使用された術の理論の解説を聞いて理解度アップ→暴走シェイパ戦でも五行スタイル使用。何かが足りずに思った通りの術にならず苦戦→読者も本人も忘れがちだが今の春虎は夏目がかけた術で擬似的に見鬼になってただけなので敵の術も自分の術もよく見えてなかったのが原因と気付く→追いつめられたダメージで夏目の術が破損、「何故か」春虎単独で術が見える事に気付く→初めて自分で自分の術を視認して完全制御したら、超強かった
と、いうのが今週までの流れになります。

ちなみに、シェイパ(カガミンの式神)が暴走したのはカガミンが最近春虎たちの後手後手に回ってて餌(強い奴を斬る)が足りてなかったのでストレス溜まってたところにエトウさんが持ち込んでたアイテム壊して瘴気浴びたんで気持ち良く暴走したのであって、ぶっちゃけだいたいカガミンが悪いのです。

あと、性別ごまかしは龍の方の北斗と常時接続してるのを利用して陽の気(男のオーラ)が見える仕掛けがしてあるので一般人は騙せないけど陰陽師は気が見えるのでどう見ても女だけど陽の気だから男なんだなあと騙されるという仕組みになってました。

投稿: | 2014年2月 9日 (日) 10時53分

>レイブンズ
なるほど、自分で自分の術を視認とか、シェイバ暴走の理由とか、性別は気で誤魔化してたとか、説明されないと分からなかったですよ(^^;
ありがとうございます。
尺の問題もあるのかも知れませんが、もうちょっと分かりやすく描いて欲しいところです。

投稿: でんでん | 2014年2月 9日 (日) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年サンデー10号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・金分(2/7分) »