« 今週のアニメ特撮感想・金分(2/28分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »

2014年3月 2日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土~日分(3/1~2分)

■宇宙兄弟 96話
不明のままだったケンジと新田のミッションの内容が遂に決定。
人類初の有人小惑星探査とはなかなか凄いものが来たかなと。

ケンジはミッション決定に次女誕生にと、それまでの煮え切れない状態から一気に上昇しましたが、
六太の方は恋愛事情の進展がこの先果たしてあるのやらどうやら(^^;

次回は日々人の話のようですが、まだ苦難展開があるんですかね。復帰試験で嫌な感じだった人も出るみたいだし。

■ログ・ホライズン 22話
祝、シロエ爆発(笑)
未だかつて無い程にラブコメな話でした。アカツキもミノリも可愛くて困ります。

アカツキの方はさすがに(背丈的にはミノリよりちみっこくても)大学生だけあって、すぐにミノリをライバル認定しましたが、
ミノリの方は夜の屋上のシーンまで、アカツキの気持ちどころか自分の恋心も自覚してなかったんですね。初恋を自覚して苦しむ青さが実に良かったです。

それにしてもトウヤが出来た弟ですよ。ミノリと同じく中学生なのに、恋愛に対しての冷静さは大人顔負けですの頼もしさでした。

アカツキの方は先に書いたように、ミノリよりは恋愛に対して自覚的ではありましたが、それでも大学生としてはウブすぎて大変ですな。あのウブさなら「ライバルが中学生」なのもバランスとしてちょうどいいかも知れません(笑)
可愛い服が無いと言ってミチタカやカラシンを頼ったあたりは、人選を間違えすぎだよと思いましたが、ちゃんと餅は餅屋な着物屋を紹介してもらえて良かったですよ。確かにちょっと卒業式っぽかったですけども(笑)

3人デートは(シロエは大変そうでしたが)微笑ましかったです。
そもそもミノリがケーキバイキングにシロエを誘ったのは「シロエの悪評をどうにかしたい」という使命感が元だったわけですが、シロエの評判的には却って悪くなった気がしないでもありません(^^;
まあ、何を考えてるか分からないオーベルシュタインと捉えられてるよりは、女子2人にモテてるナンパ野郎と思われてる方が、まだ剣呑さという面ではマシかも知れませんけどね。

評判はともかく、シロエが他のギルドメンバーともっと親睦を深めるべきと自覚したのは良かったんじゃないかと。古参の知り合いや中学姉弟はともかく、ルディや五十鈴とはほとんど会話が無いままですし。
(そう言えば今回ルディって全然出番が無かったような。描かれてないところで五十鈴と楽しんでればいいんですけどね)

三角関係の行く末がどうなるかは分かりませんが、雰囲気的にはやっぱりアカツキが正ヒロインなんですかね。そもそも本作で恋愛模様の決着が描かれるかどうか疑問ですが。(まおゆ(略))
どちらにせよ、シロエに恋愛脳が無さ過ぎて進展は難しそうな気はします。あとヒロイン達の年齢(見た目含む)的にも(笑)

…アカツキでもミノリでもなく、最後にヘンリエッタさんとか、放蕩者の茶会の武闘家の人に持っていかれるなんて事は有り得るのだろーか…(^^;

ところでwikiってみるとアニメは全25話だそうで、あと3話なんですね。
これからミナミの話をやるのかと思ったけど、大きな事件とかはアニメではもう描かれなさそうでしょうか。
またいつか2期をやって欲しいですけど、ストックは結構使ってそうなのかなあ。

原作1巻を読みましたが、原作1巻をアニメ4話分でやっていたので、アニメ25話なら原作6巻分くらいまで行ってるのでしょーか?
既刊が7巻までとして、2期は実現しても相当先になりそうです(^^;

■烈車戦隊トッキュウジャー 3話
親のことは勿論、苗字すら覚えてないとはなかなかハードな設定ですな。キャラが明るいのでそれほど深刻な作風にはならなそうですが。
今回「住んでいたのは海の近く」と思い出したように、少しずつ記憶を取り戻していくのでしょう。多分。

カグラが自己暗示のなりきりでパワーアップするのは1話から示されていましたが、自分の限界が考慮外と言うのはなかなか危なっかしいですな。
フォロー役が必須ですが、そのあたりはライトが上手くやっていくんでしょうか。天然系主人公のようで案外細かいところに気が付くようだし。

ところで股間を伸ばして戦うのはやめていただきたい>トッキュウオー(笑)

■仮面ライダー鎧武/ガイム 20話
ヘルヘイムの森の秘密が明らかに。

以前ミッチが見せられたのが何だったのか気になっていましたが、「植物によって滅びた街」だったわけですね。
意思のない(と思われる)植物による侵略ということで、「理由の無い悪意」という表現も合点がいきました。明確なラスボスを倒せばおしまいと言うような簡単な話では無いわけですね。
このままだと10年くらいで地球は緑とインベスに埋め尽くされるようで、それを解決するのはなかなか難しそうですが、
解決手法としては「クラックが二度を開かない」ように「ゲートを閉ざす」手法とかは考えられるでしょうか。グラドスの刻印のように。

あと、「外来種」という説明は分かり易かったです。インベスってブラックバスみたいなものだったんですねえ。

こんな話を聞いてしまえば、単純にユグドラシルと対立すればいいってわけにはいかなそうなんですが、問題はユグドラシル内部の思惑もバラバラな事ですかね。
ユグドラシル全員が兄さんみたいな使命感で行動しているなら、紘汰としても協力する道もありそうなんですが、プロフェッサーを含む3人なんかは「自分の野望のために」行動しているわけで、簡単に協力体制とか出来ないでしょうねえ。
まあ現時点で紘汰は兄さん以外の連中の真意は聞いてないのですけど。

紘汰が考えるように、世界中に事実を知らせて人類皆で協力なんてことは、実際現実味は無いでしょうね。
作中で見ても、事実を知っているユグドラシル内部の思惑が既に割れまくってるあたりで、人の善性に期待するなんてことがいかに難しいかが示されてるかなと思います。

それにしても、使命感で戦ってるのであろう兄さんに対して、他の3人の好き勝手な事ですよ。弟ですら「使命感<自分と周囲レベルの幸せ」でしょうし、理解者のいなさそうな兄さんがとても可愛そうです(^^;
いつ切り捨てられて殺されてもおかしくなさそうな兄さんですが、出来れば生き延びて欲しいんですけどねえ。

事実を知った紘汰がどう動くかですが、予告からすれば「人の善性を信じて」「ユグドラシルとは対立する」道を行きそうでしょうか。
甘ちゃんの主人公が非情な現実を前にどう判断するかというのが虚淵節の一つのやり方なのかと思いますが、まどかやPSYCHO-PASSの朱のように、紘汰にも自分なりの結論を出して欲しいものです。
まあ、悲壮で立派な決意をしても、引っくり返されちゃうのもまた虚淵節かも知れないですけどね。ほm…

話を聞いて迷いの深まった紘汰に対して、「嘘偽りで固められた世界なんて壊れてしまえ」という戒斗はあくまでバトル脳で、とても戒斗でした。
そんな戒斗がユグドラシルの3幹部と手を組むのかどうかは謎ですが(組ま無さそう)、最後にはなんだかんだ言っても戒斗さんは後ろ暗い裏道では無く、表の道を行きそうな気はします。なんとなくですが。

戒斗の去ったチームバロンではナックルさんが頑張ってるのが印象的でしたが(パチンコの人も合わせて)、市民に信じてもらえないのが切ないですな。普段の行いってのは大事ですねえ。

ビートライダーズを未だに悪役に仕立てようとしているドリアンさんは正直格好悪くてポイント低いですな。人質作戦を是としなかったりと、この人も格好いい時はいいのですが、良くも悪くも気分で行動してるんですかね、この人のスタンスは。
前に合同イベントでダンスしてた城乃内がちゃっかりドリアンの手下に戻っているのは苦笑しました。ホントにダメな意味でブレないな!

ところでシドが「禁断の果実」とか言ってましたが、最後の災厄の種になるキーアイテムか、あるいは鎧武の最終フォームで使われるものかのどちらかでしょうか。
どちらにしても、果実としての形はリンゴですかねえ。

ところで、廃墟となった街は劇場版マクロスを思い出しました。(未沙がチャックを上げてた街)
マクロスでゼントラ(&メルトラ)相手に歌で対抗したように、森やインベスにダンスで対抗するビジョンもちょっと考えましたが…、まあ無いか。ダンスが森やインベスに影響を与えた描写なんてこれまで皆無なのだし。

ところで2、ユウヤの生死は結局今回も紘汰には伝わらないままでしたか。その話題になると邪魔が入るあたり、何と言うかニセコイ(原作)におけるキムチのようです。
紘汰は、自分が殺したことまでは考えられなくても、ユウヤがインベス化した可能性にはそろそろ気がついてもいいと思うんですけど、考えないようにしてるんですかね。

|

« 今週のアニメ特撮感想・金分(2/28分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »

コメント

ログホライズン
 アカツキ可愛かったですねー。
綺麗だったとか美しかったと言うべき年齢なんですが、見た目が・・・・・・・・。
今回の話で5巻目のほぼ最後まで行ってしまいましたね。
このあとちょっと事件があってアニメは終わりっぽいですね-。

あんパンが高いみたいな事を言ってましたが、アンコの製造にまだ苦労しているんでしょうか?
畳とか火鉢とか着物とかは(金にものを言わせたのかもしれないが)そろうのに・・・・・・。

外伝的なものに、ティーパーティーのリーダー的存在だったカナミの物語が作者のサイトで公開されていますが
アニメ化のとばっちりを食らったのか、去年からさっぱり更新されず・・・・・・。
どっちも残念ですね・・・・・。
http://mamare.net/works/loghorizon/


投稿: TOMO | 2014年3月 2日 (日) 20時56分

今回で5巻終盤なのですか。だとすると残り3話で6巻1冊分というのも難しそうだし、オリジナルエンドとかも有り得るんですかね。

あんパンが難しいのは、他の料理と何が違うんでしょうね。やっぱりアンコなんでしょうか。あるいは普通の洋食よりも対応出来る人が少ないとか?

カナミさんの話はリンクの海外編というものですかね。実はwikiで海外サーバーにいるらしいという事は知っちゃいましたが。
アニメ化で色々遅れるのは、まあよくあることですね(^^;

投稿: でんでん | 2014年3月 2日 (日) 21時07分

>ログホラ
5巻はまだ始まったばかりですよー
6巻と7巻で同時期の話なので今回は5巻まで
ミナミは原作でも主要メンバー紹介くらいなのでまだ腹の探り合い状態ですな。

悶えるアカツキはかわいいというより変な人でした。
シロエスキーは基本重い人ばかりなのでヘンリエッタが一番オススメだけどねー
カナミとの関係は恋愛がからんでたかは不明なのよねー
直継と同じくリアルで会ったことあるそうだけど人間台風呼ばわりされてるような人だし。

ルディと飼い主は今回ほとんど出番ないねー

>鎧武
サガラが紘汰に期待するのも納得のユグドラシルメンバーでした。

損得なしに戦うナックルはこの番組の清涼剤

投稿: くらげ班長 | 2014年3月 2日 (日) 22時57分

>ログホラ
5巻までですかー。10巻まで出ないと2期が出来ないとかだと2期はあっても大分先になりそうですね。1クールでなら2~3冊で行けるかもですが。
ミナミは原作でもまだそんな状態ですかー。

カミナさんは自分で書いておいてなんですが、恋愛が絡むかどうかは謎だと思いました。シロエへの影響力はでかそうなんですけどね。

>鎧武
確かにあのメンバーを見てれば不安も不満も溜まりそうですよ(^^;>ユグドラシル
ナックルさんはずっとこの調子でいてほしいものです。

投稿: でんでん | 2014年3月 2日 (日) 23時11分

>トッキュウ
棺桶引きずりながら、不気味な歌を歌いながら歩き回る怪物と言うのはトラウマもんですねぇ
(実にマカロニウエスタンですが)

トッキュウオー
・・・「先行者」思い出してしまいました。レッドレッシャーの、あの攻撃は封印されるような気がします

>ガイム
「緑の恐怖」(ウルトラセブン)拡大版っすねぇ

ミッチはちゃんと説明されてから腰抜かしたんでしょうか
でなければ、めっちゃ想像力たくましいです

コータの「龍騎」の城戸を思い出しました、大甘過ぎですね

メロン兄さんはあまりのマジメさ故に、可哀相通り過ぎて、哀れに見えてきますよ

ミッチの二重生活は、その内壊れるような気がします
メロン兄貴に付くというより、ユグドラ三人衆に近くなりそうな

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年3月 2日 (日) 23時21分

>トッキュウ
すっかり忘れてましたが先行者ですねえ(笑)
クレームは付ける人は付けてそうな気もします。

>鎧武
正直説明無しで遺跡だけ見せられても自分ならすぐには理解出来無さそうな気がします。やるなあミッチ。
しかし、今の立場がそのうち崩壊するのは確実かなと。

兄さんはフラグを積み上げてる感じで先行きが心配です(^^;

投稿: でんでん | 2014年3月 3日 (月) 07時30分

>鎧武
ミッチはユグドラシルがクラック処理してるの見てますからある程度は考えてたんじゃないですかね。目の前に既に滅びた証拠出されてうわーぁと。
ダンスが森に影響というのは、可能性としては舞が神木に捧げる神楽舞の巫女だったという設定があるので一概に否定できないところではありますが……虚淵展開なら神楽舞で一人が浸食の全てを受け止めて地球は守られるのがわかってそれを必要な犠牲と割り切る側と割り切れない側で揉めるくらいのことはあるかもしれません。

投稿: | 2014年3月 3日 (月) 09時43分

>ログホラ
ヘンリエッタは「好意は持ってるけど恋愛に移行したいとは思わない」というスタンスらしいです
ラブコメにおける主人公の異性な友人ポジションで「恋人より友達のほうがいい 私は友達友達」と言い聞かせてるタイプっすね

アカツキは「中学生っぽいとは言われてたけど恋敵が中学生ってどんなだー」と原作で悶えてました

あとギルド「記録の地平線」は入会希望者結構いるらしい
ただギルドマスターが引きこもりの人付き合いあんま好まないヒトなんで面接を軒並み拒否してるという理由でメンバー増えないそうだ

投稿: | 2014年3月 3日 (月) 20時07分

>鎧武
ダンスが影響というのは単にマクロスネタとして言っただけのつもりでしたが、舞の巫女設定からすると案外冗談で済まないかも知れないですね。
そして虚淵節ならそれが悲劇的展開に繋がると言うのもありそうです。

>ログホラ
原作は今2巻を読み始めたところですが、その悶え方は早く読みたいです(笑)

入会希望者多いのですかー。シロエを悪く言う人がいる一方で、シロエを認めてる一般冒険者とかもいてくれると嬉しいのですけどね。

投稿: でんでん | 2014年3月 3日 (月) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・金分(2/28分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ14号感想 »