« 週刊少年ジャンプ20号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~土分(4/18~19分) »

2014年4月16日 (水)

今週のアニメ特撮感想・月~水分(4/14~16分)と週刊少年サンデー20号感想

■ラブライブ! 2話
合宿回。
順調に皆がバカっぽくてほっこりしました。
忘れ物扱いされてる主人公兼生徒会長の扱いのヒドさに笑います。

■一週間フレンズ。 2話
本当に友達に関する記憶「だけ」が消えるようで、不思議な症例ではありますが、細かいところは置いておいて、見ていて本当に切ないなあですよ。
それでいて、実に先が気になる作品です。仲良くなればなるほど辛くなりそうなんですけど。

エンディングでも示されていたように、記憶喪失対策として「日記」を書くようになったわけですが、それが更に切なさを加速させてくれているのがたまりません。
「覚えている」と嘘をついてしまう藤宮さんも、嘘をつかせてしまった事を悟ってまっすぐに謝れる長谷くんも、どっちもいい子ですよ。
幸せになって欲しいけど、前途は多難そうですな。

デートの様子は実に初々しくて微笑ましかったです。マラカス藤宮さんがかわいいですよ。

次回は「友達の友達」ということで、長谷の友達も交流に参加するんでしょうか。
黒板前で藤宮さんが固まっているのは、「友達」と一緒に勉強したら勉強の記憶も消えちゃったとか?
もしそうなら厄介だなあ。

■弱虫ペダル 27話
東堂カチューシャ先輩の巻島先輩へのラブコールが実にウザ熱い!
東堂もいいキャラではありますが、チームのために自分を抑えて仕事に徹する巻島先輩が実に格好いいですよ。
2人のの馴れ初めは実に「馴れ初め」と以外に言いようがなくて苦笑しました。

実際には時系列が少し戻っているのでしょうが、山上の巻島先輩サイドを見た後で、市街地で未だに発進していない小野田くんを見ると「とっとと行け」と突っ込まざるを得ません。
次回からの100人抜き展開には勿論期待しますが。

◆サンデー感想
■神のみぞ知るセカイ
まさかのちひろエンドとは!
正直誰か1人と引っ付くなら普通に天理かと思っていたのでビックリしましたが、
しかし、桂馬の心に一番傷と影響を残したのは間違いなくちひろだろうし、記憶とは関係無く好きになってくれた相手だし、女神編ではもう1人の主役として感情移入しまくったしで納得はいきます。
素直にハッピーエンドとして祝福出来るかなと。

まあ、あと1話ありますので最後にどうなるかは分からないのですが、さすがにここから覆りはしない…、んじゃないかなあ。
とりあえず、桂馬が他のヒロインに刺されるエンドとか、ハーレムエンドとかは勘弁な!

記憶のある女神入りの娘たちの動向が気になりますが、歩美はちひろ相手なら認めそうだけど、天理はどう思うのやら。
天理については「桂馬の手紙」で分かっていたかも知れないですけどね。手紙の内容は最終回で明かされると思うので期待です。

エルシィが家族になること自体は想定しましたが、将来妹なり娘なりとして生まれ変わってくるのかと思ったら、記憶・記録改変か歴史改変かで速攻で家族化していて笑いました。
ハクアから忘れられているのは切ないですが。

ともあれ、綺麗に締めくくってくれればと思います。

|

« 週刊少年ジャンプ20号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~土分(4/18~19分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ20号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~土分(4/18~19分) »