« 今週のアニメ特撮感想・木~土分(4/24~26分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ22・23号感想 »

2014年4月27日 (日)

今週のアニメ特撮感想・日分(4/27分)

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 4話
ジョルノ母もこんな風にDIOにこまされたのかねえと思いました。>冒頭

今回は灰の塔、タワーオブグレー戦、…でしたが前半で終了。やっぱりタワー戦は早いな!
スタープラチナが舌を攻撃されてる時にアブドゥルさんが延々解説してましたが、スタープラチナの掌でニードルが固定されてる間に横から皆で攻撃すればいいんじゃないですかね。まあ、それでも回避されただろうけど。

動のスタンドでは飛行機を壊してしまうから花京院の静なるスタンド(自称)で対抗すると言って、飛行機内でエメラルドスプラッシュを撃ちまくっているのは笑いました。近接型のスタプラよりよっぽど機内を壊しそうだよ!
まあ、壁に当たる前にエネルギーを消すとか出来るのかも知れないけどね。

あて身(ドスッ)は笑いました。結局タワー本体に効いてないし。
それにしてもタワー本体の人は、舌を引き裂かれてるのによくあれだけ長々喋れるものですよ。それもプロ根性だったんでしょうか。
ところで本体の人ってパイロットも殺してしまっていて、暗殺が首尾よく成功していた場合どうやって脱出するつもりだったんでしょう。
タワーオブグレーに捕まって飛行……なんてのは無理がありそうなんだけど、やっぱりそういう感じで逃げるつもりだったんでしょーか。

「ひきちぎると くるいもだえるのだ 喜びでな!」
「おぞましいスタンドにはおぞましい本体がついているものよ」
……うん。ハイエロの事を言ってるようにしか聞こえないよ、花京院さん。

承太郎と花京院にときめいてるCA(と言うかこの時代ならスチューワーデス)の人達に笑いました。そんな花京院を何か言いたげに見てるアブドゥルさんも含めて。

ジョセフの飛行機不時着は描写を増やしてくれても良かったんだけど無かったですね。残念。
代わりにおかゆシーンが増えてましたが、観光シーンはある意味第三部の見所なのでそれはそれで良かったかと。

ポルナレフ登場は嬉しいですね。次回はがっつりポルナレフ回かと思うので期待です。
戦車をネコが引っ張ってるタロットカードがいいですな。

■烈車戦隊トッキュウジャー 10話
さらばトカッチ! トッキュウ2号、夕焼けに死す!の巻。
そして復活!
前回予告時点でも本当に死ぬことはあるまいと思ってましたが、期待通りにギャグ敵で良かったです。

敵の能力をうまく活用した面白い作戦でした。トカッチって案外頭脳プレイ派ですな。
乗り換えが最近戦闘に上手く活用されるようになってきたのも良かったかと。
タイプ怪人を習字で倒す流れも面白かったです。

ロボ戦でもタイピングをやってましたが、ディーゼルオーはあの不器用そうな手でよくタイピングが出来るものですよ。キーがでかくて良かった!

イマジネーションを持つってのは単に祈ってるだけじゃだめというのは子供番組的にいい描写だったかと。

銀河鉄道になってるトッキュウレッシャーには笑いました。

■仮面ライダー鎧武/ガイム 27話
戦極一派とのスレ違い、紘汰との理解と共闘、弟に後を託す予告でのセリフにと、すごい勢いで貴虎兄さんの死亡フラグが積み上がってますよ!
一時退場はやむなしとしても、死なないで欲しいよ兄さん( ノД`)!
生き残るなら水落ちしてしばらく行方不明とかでしょうけど、さて兄さんはこの先生きのこることが出来るのやらどうやら。

兄さんと戦極との過去は、兄さんを英雄視して勝手に失望した戦極と、紘汰をヒーロー視して勝手に失望したミッチとが凄く重なりました。兄さんは戦極を、紘汰はミッチを、どっちも信頼してるのにねえ。
「傷つき、疲れきった戦士のために、休息の時が必要だ」とか言って、戦極ときたら兄さんを害する気満々ですよ。次回あたり背中から兄さんを撃っちゃったりするんですかねえ。

ミッチは予告で兄さんに「お前が人類を救うんだ」と言われてますが、それで闇堕ちから多少は浮上することが出来るんでしょうか。逆にますます堕ちそうですけど。…戒斗にも敵認定されるみたいだし。

紘汰を背中から撃った挙句、生身の紘汰に止めを刺そうとするミッチはもう完全に一線を超えちゃってますな。
それに対して、紘汰を助ける戒斗さんは珍しく格好良かったです。「この男は邪魔者ではあっても敵ではない」とか、普通に格好いいじゃないか戒斗さん。

ドライバー開発回想は興味深かったです。やっぱり最初は失敗もしてたんですね。
ドライバーのプロトタイプの画面が出てましたが、蛇口型ドライバーに笑いました。下手すれば股間に蛇口ライダーが誕生していたわけですか…、そんな兄さんを見ずに済んで良かったよ(笑)
蛇口型って、案外番組開始時のアイデアの一つだったりするんですかね。股間蛇口ライダーが実現していたら、是非足にはフォーゼの蛇口モジュールも装着してほしいものです。

あの画面をよく見てみると、左から4列目にドライバーのモチーフが書かれているようですが、蛇口、鍵、ジューサーの他に、消火器、三味線、信号機、ブラシ、ハシゴ、フライパン、ドーナツなどと色々書かれていて笑います。
他にもリング、スイッチ、メダル、USB、カードとかも書かれてるし(笑)

ロックシードが食料代わりになる描写は面白かったですが、腹が満たされても食事の満足度は無さそうですな。

凰蓮は無事に生きていて良かったですよ。地獄のサバイバル訓練のおかげで正体不明のものを食わないでおいて助かったですな。
凰蓮がオーバーロードから兄さんを庇ったあたりは、脳内で「さらば凰蓮、ブラーボ、ヘルヘイムに死す!」とタイトルが浮かびましたが、生き延びてくれて良かったですよ。「そして復活!」

兄さんが遂にオーバーロードのことを知って、紘汰と共闘したり、「貴虎だ」と名乗ったりする流れは熱かったです。おかげで兄さん死にそうですけど!
ミッチ的には兄さんが苗字までは名乗らなかったのは助かったでしょうか。この先ミッチがまだ(生き残って帰ってきた紘汰相手に)仲間ヅラをするかどうか分かりませんが。

兄さんが森を彷徨いていれば、いつかオーバーロードと出会うのは必然でしたが、当然戦極もそれは予想内だったわけですね。そしてその時は、戦極的に「さらば貴虎、残月、疲れきって死す!」の時だったと。

バトル脳な赤いオーバーロードに対しての紘汰の「お前、戒斗と似たもの同士だろ!」には笑いました。案外赤いのと戒斗って、気が合うのかも知れません。

■ハイキュー!! 4話
田中先輩のチンピラ臭が和みます。

日向・影山・田中先輩VS月島・山口・大地さんの試合開始。
中学時代のトラウマを超えてだんだんコンビになっていく日向・影山と、変人速攻が完成に近づいていく流れが熱いです。面白いなあ。

それにしても本当に月島は性格悪いですな!
影山よりこっちの方が問題ありそうですよ(^^;

試合中に延々話をしているあたりが自由だなあという気分に一瞬なりますが、公式試合どころか練習試合以前の試合ですからノープロですな。
ところで試合はまだ続くようで、忘れてましたが結構長い試合だったんですね。

|

« 今週のアニメ特撮感想・木~土分(4/24~26分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ22・23号感想 »

コメント

>鎧武
ジョージ!

何気に戦極一派以外からは一目置かれてるのね紘汰。

食べることは大事なのはログホラでもやってましたけどプロフェッサーはその辺の意識薄そう。

ミッチは改心したら死亡フラグ。
人類よりも舞サンなのでそのあたりで一波乱ありそう。

オーバーロードは白赤緑とライダーのカラーに対応してる説。
鎧武に対応するオーバーロードがいないのがなんか意味あるのかしらん。

投稿: くらげ班長 | 2014年4月27日 (日) 22時32分

確かに、本人がお馬鹿な割に、意外と認めてる人が多いようは気はしないでもありません。

プロフェッサーは、栄養さえ確保出来ればいーや的なタイプに見えますね。

ミッチについて、ネットで「闇ッチ」という名称を見つけて吹きました。

オーバーロードはライダー色なら黒も出そうですかねえ。
さらに一色増やせばオーバーロード戦隊です。

投稿: でんでん | 2014年4月28日 (月) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・木~土分(4/24~26分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ22・23号感想 »