« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/9~11分)と週刊少年サンデー28号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(6/15分) »

2014年6月14日 (土)

今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/12~14分)

■ピンポン 10話
ペコVSドラゴン風間の準決勝の巻。
清々しさを感じる名勝負で、見ていてなんだか泣けてしまいました。

風間が孤立と苦悩から開放されていく描写が救われます。
細々と原作からセリフや描写は変わってますが、風間の「飛べるのだ」は良かったですよ。

風間の「また、連れてきてくれるか?」に対するペコの無言の返事は爽やかながらも切ないなあ。

■selector infected WIXOSS 11話
伊緒奈主催のセレクタートーナメントに参加を決意してひとえと勝負の巻。

決選の場はテトリスビルということで、やっぱりなという感じでしたが、あのビルの意味って単なる「決戦場」の役割だけで終わりなんですかね?
ばあちゃんが「ビルが立ったら街ごと消えちゃう」みたいな事(うろ覚え)を1話で言ってたけど、やっぱり何らかの伏線なんでしょーか。あのビル、スカラーシステムでも実装するんですかね。
ところで、建設中のビルに人が集められてトーナメントが始まったあたりはカイジっぽい雰囲気だと思いましたが、カイジの世界感の方がハイリスクに対して一応リターンがあるだけまだマシに思えますな。

これまで願いの無かったるう子がついに願いを見つけて戦うことを決意しましたが、その内容は、
「全ての魔女を生まれる前に消し去りたい」
…じゃない、
「全てのルリグを元の世界に(人間に)戻したい」
になりましたか。まあ、そりゃあそうなるしかないよなあ。

しかし、そういうシステム破壊系の願いは叶えられないと先手を打たれていたはずでしたが、ここで「タマが特別(かもしれない)だから何とかなる(かもしれない)」という話になりましたか。
これまたか細い希望ですが、果たしてこの話でそんなハッピーエンドが認められるのかどうか怪しい気がします。
たとえ、ユヅキやタマや他のルリグが人間に戻れたとしても、るう子だけが生贄として囚われるような未来図が見えまくって困りますよ。作中でも言われてますけど。

タマが特別かどうかは別の話として、普通のルリグの場合は「普通の女の子に叶えられない願いはやっぱり叶えられない」という新事実はまた酷いものでした。ユヅキもそりゃあ怒るわけですよ。
普段の女子では精神的な枷があってできない事も、他人事である元ルリグなら平然とやってのけられるという理屈で、「そこにシビれる! あこがれるゥ!」という話でしたが、方法は「元ルリグが自力でがんばる」だけということで、
つまり、花代さん入りゆづきにしても、別に特殊な魔法を使ったとかではなくて、自力で弟をたらしこんでただけだったわけですね。やっぱりあの弟ダメだ…;

負けた時のペナルティでは「友達に関係するものを触っただけでビリビリ痛みが走ったり」「友達の記憶が無くなったり」「友達の名前が見えなくなったり」するという、明らかに「普通の女の子」では出来ないオカルト的パワーが発生するくせに、
勝った時には元ルリグが自力で地道に、誰も得をしない願いを叶えることを強要されて、それが出来なかったら存在を消されるとか、理不尽というのも生ぬるいですよ。「誰得」ってのはこういうことを言うのですな。

るう子が戦いを決意したのはまあ分かりますが、ユヅキの説明を聞いたひとえが、まだ「願いを叶えたいから」と戦いを続ける心理は正直謎でした。
まあ、ユヅキの説得も通らなくなってるし、今のひとえには理屈も何も通じ無さそうですけどね。

それにしても、ユヅキはルリグ化してから一皮むけたようで、以前に比べて随分と人に気を使えるようになったものだと思えました。前は自分の望み(弟)最優先で余裕無かったですしね。

るう子の「タマが人間になった幻想」はなかなか切なかったかと。そんな明るい結末になるとはなかなか思えないですが、どうなることやら。

トーナメントは、6回勝ち抜いたら伊緒奈と戦えるということでしたが、ひとえと戦ってるるう子は、ここまでで何回勝ち抜いたんですかね。描写的には最低3回戦目くらいのようですが。
ところで、このルールだと伊緒奈本人は1回しか戦えないけど、バトルジャンキーの伊緒奈的にはそれでいいんですかね?
最後まで勝ち残った最強と戦えればそれでいいんでしょうか?
伊緒奈的に回数より質が大事なのか?
……その勝ち残るべき「最強」が、途中で「願いが叶っちゃう」可能性もある気がするんですけど。

それはさておき、「あの白い部屋」を知ってるらしかったり、「これが私にとって浦添伊緒奈としての最後の戦い」だなんて意味深なセリフを吐いたりしている伊緒奈は、もしかしたら元ルリグなんですかね。
ユヅキがまだ把握してない事も伊緒奈だったら知ってたりするんでしょーか?

そういえば、アキラッキーって今回も出てない……ですよね?(見落としてなければ)
伊緒奈とるう子の決戦の場に乱入してきて、いきなり伊緒奈を刺したりしそうな予感がプンプンしますけど。(そしてその時点で伊緒奈の意識は入れ替わってたりして)

ところで、OPにも出てる、前にちょっとだけ出てゆづきに負けた八九寺っぽい子はあれで出番終了だったんですかね。別媒体でのキャラとか?

■蟲師 続章 9話
雪景色の中での青々とした風景が、アニメでカラーで見ると違和感が凄いですな。

便利だけれども危険な力というものは現代でも大なり小なり思い当たるものですが、今回の場合は折り合いをつけて、「雪に覆われるようになった」数年後には手放すことが出来たようで良かったんじゃないかなと。
最後には奥さんもまた子供が出来ていたようだし、あのままだったら奥さんが次の犠牲者になる可能性が高かったですから。

親としての愛が感じられる話で良かったですよ。そのあたり、前回の話とは対照的ですね。

|

« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/9~11分)と週刊少年サンデー28号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(6/15分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/9~11分)と週刊少年サンデー28号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(6/15分) »