« 今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/12~14分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ29号感想 »

2014年6月15日 (日)

今週のアニメ特撮感想・日分(6/15分)

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 11話
皇帝と吊られた男戦、決着。
まあ、実際のところ今回はほぼハングドマン戦オンリーでしたが。

不利を察するやすぐに逃げに徹するホル・ホースが面白くて馬鹿でいいキャラです。
さすがジョースター家伝統の戦いの発想法を受け継ぐ男ですよ。「逃げるんだよォォォーーーーーッ!」
つーか、ネーナに組み付かれてるポルポルやおじいちゃんはともかく、承太郎や花京院はボケーと見てないでホルホル追えよと思わざるを得ません(^^;)、特に射程距離Aで遠隔攻撃持ちの花京院さんは(笑)

それにしてもアヴドゥルさんについては惜しい人をなくしたものですよ。Yes,I am!

ポルナレフ因縁の敵討ちの話だったのですが、エピソードのターニングポイントというわけでもなく、戦いは割とあっさり決着して、J・ガイル自身も特に魅力ある悪役でもないただのチンピラであるあたりが第3部らしいです。
「右手」の印象は強いものの、キャラの濃さでは完全にホル・ホースに負けてますし。
しかし、早期に敵討ちが決着したおかげで、今後ポルポルくんを心置きなく馬鹿キャラに出来るとも言えるわけで、まあ良かったんじゃないでしょうか。豚トイレとかで十分馬鹿キャラだった気もしますけど。

次回は女底戦ということで、スピーディーでいいですな。しかし「チュミミ~ン」が予想以上にかわいい声で意表を突かれました。

花京院の「鏡に『中の世界』なんてありませんよ…」はやっぱり突っ込みどころですよね。第3部でマン・イン・ザ・ミラーと当たらなくて本当に良かったですよ。
ところで、移動経路は分かってるとはいえ、光なみの速度で移動する吊られた男を切り裂けるチャリオッツのスピードはかなりヤバいですな。
それにしても、ポルナレフも花京院もあれだけナイフで切られまくってよく何事もなかったかのように動けるものですよ。みんなタフすぎ(笑)

似たものスタンドといえば、エンペラーとピストルズて結局どっちが優れてるんでしょうね。
単純に銃としては弾丸もスタンドで弾切れ無しで軌道も自在なエンペラーが便利そうですが、応用性はやはりピストルズの方が上っぽいでしょうか。退屈もしなさそうですし。食費かかりますけども。

新しい第5部CMではジョルノが登場したものの、常にオチ担当であり続けるミスタがいい味です。

■ハイキュー!! 11話
音駒戦前の合宿練習の巻。
スガさんや、レギュラー外の人達が印象的でしたが、縁下力ってすごい名前だなあ。

|

« 今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/12~14分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ29号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/12~14分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ29号感想 »