« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/16~18分)と週刊少年サンデー29号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(6/22分) »

2014年6月21日 (土)

今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/19~21分)

■ピンポン 11話
最終回。
実に気持ちよく満足度の高い最終回でした。原作も面白かったですが、アニメも原作を尊重しつつ独自の味を出していて実にいい作品になってくれましたよ。
ペコとスマイルの2人が並んで試合に向かうシーン、からOPに入る流れが実にいいですね。
ところでこれまであまり意識してなかったけど、あのOPってかなり最終回のシーンが入ってたんですねえ。

2人の試合は動きが凄かったですよ。卓球台が凄く小さく感じられる2人の動きの激しさが印象的だったかと。
そして、試合の中で笑顔になっていくスマイルが実に良いなあ。
僕らはみんな生きているも良かったですよ。ちょっとヱヴァを思い出しますが(笑)
エヴァと言えば「にげちゃだめだ」には笑いました。スマホといい実に現代ですな。

血が鉄の味だとか、掌を電球で透かすとか、なんとも感覚に訴えかけてくるものですよ。妙に共感してしまいます。
ジジババ3人の会話も往年の仲の良さを感じてなんかいいですねえ。さっきから「いい」とか「良い」とかしか言えなくて語彙の少なさを実感してしまって恥ずかしいですが。

海に行った山に行って海外に行ったの人の顛末は笑いつつもホロリと来ました。
数年後でもペコの応援してるし(笑)

その数年後は、すっかり丸くなって人間らしくなってるスマイルと風間が微笑ましかったです。なんですかあの和む会話。
百合枝さんを逃してしまったことを後悔してるらしい風間にも笑ってしまいました。人は変わるものですな。
原作では描かれていなかったチャイナのその後もいい形で描かれていて満足でした。

かつてペコが捨てたラケットをスマイルが拾って海に返すラストは良かったのですが、海に捨てちゃダメだろとも思ってしまいますな(^^;

■selector infected WIXOSS 12話
最終回だけど2期決定で見事な投げっ放しバッドエンドォォッ!
分割2クールだという噂は以前から見かけてましたけど本当だったんですね。

幸せな形で終わりはしないだろうとは思ってましたが、タマ消失で伊緒奈が新しいパートナーになるなんてオチは予想してなかったですよ。タマとるう子が入れ替わってパートナーに、くらいは予想してたんですけどね。
何と言うか、クレイジーサイコレズ大勝利という感じです。戦闘狂のるう子とパートナーになれるとか伊緒奈さん的にご褒美すぎますな。
伊緒奈がかけた願いは「ずっと永遠に戦いたい、永遠バトルゥ!」とかだったのかも知れませんが、本来願いは元ルリグが叶えるものなんでしょうけど、見事に本人が叶えた形になっちゃいますね。まあ仮説ですけど。
ところで伊緒奈さんはるう子にカードを捨てられる可能性は考えてないんですかね。

OPや1話のるう子のイメージから、実は不吉な存在なんじゃないかと思えてきたタマでしたが、タマ本人は特に邪悪なことを考えたりはしていない「見たまんま」の子だった様子。(少なくとも現時点では)
しかし、白い部屋の繭さんにあっさりそそのかされてるう子の願いを拒絶してしまうあたりは、愚かなお子様という感じですな。
もし、繭のゆさぶりを無視してるう子の願いを成就されてたら、どんな結末になってたんでしょうねえ。…正直そっちの場合でもロクなことにはなってない予感がしますけど。
2期は消えたタマを探す展開になったりするんでしょうか。

繭さんは、ユヅキの回想で出てきた当初は「黒幕とかでは無い、囚われの身の可哀想な存在」なのだろうかと思ったのですが、この最終回を見ると十分黒幕候補ですね。
やっぱり白くて一見可愛い存在には気を許したら駄目ですね。わけがわからないよ。

ひとえは記憶を取り戻していたようで、さらにるう子と握手も出来てましたけど、呪いは打ち破れちゃったんでしょうか?
もしそうなら救われるのですけど、気合で勝てば打ち破れる呪いとかちょっとショボイですな。まあ、願いの方も元ルリグが人力で叶えないといけないのだし、ペナルティの方もその程度であってくれた方がバランスはいいと思います。
まあ、握手の時に実は痛みを我慢してたという可能性も無いことは無いですが。

ひとえがユヅキの話す「真相」を聞いた上で戦おうとしていたのが謎でしたが、ユヅキを開放するためだったのは泣かせました。そのために自分がルリグになっても構わないとか泣かせますよ…。

ひとえと言えば、緑子さんがしっかり生き残って別の子のルリグになってましたけど、消えたわけじゃなかったんですか?
負けても単に別の持ち主のところに行くだけだったんですかね。…同じ種類のルリグがあちこちにいるなんて可能性もありますが;

おばあちゃんがテトリスビルのキラキラを視認出来てましたけど、あれは「普通の人間でも見える」ということなのか、「おばあちゃんが特殊」ということなのかどちらなのやら。
おばあちゃんはラストの「るう子と一緒がいい」の言葉がタマと同じ内容だったのも意味深でした。まさか、「タマ=おばあちゃんと同一人物説」とか成り立つんでしょうか。
知り合いの年長者が実は過去に飛ばされた知人だったという話はフィクションではよくありますし、あながち無いとも言い切れないかも知れません。→ おばあちゃん「永遠バトルゥ!」

オープニングはSE音が激しすぎて笑いました。水溜りを踏む音のあの迫力は何?(笑)
そういえば、アキラッキーは結局出なかったですよね。(見落としていなければ)
予告では出ていたし、アキラッキー復活劇とかも見られるんでしょうか。顔の傷が無いのが気になりますが、治るのか、単に映ってたのは時系列的に過去のアキラッキーなのか。
アキラッキー復活なら、アキラッキーがタマを入手してしまうなんて展開も有りかも知れず?

■悪魔のリドル 12話
最終回。
偽物かと思ったら結局本物の兎角さんがトチ狂ってて、そのまま刺しちゃったのか。駄目じゃん!(´・ω・`)
あれで最後に和解してるのが凄いですが、自分を殺しに来た連中を全員許してる晴さんだから仕方ないか。
つーか、心中カップルもサイボーグの人も生きてたのかよ!(笑)
エンディングが無かった眼鏡の人は頑張って生きて欲しいものです。

「晴の肋骨はチタンの味がする」

■龍ヶ嬢七々々の埋蔵金 11話
最終回。
どうでもいいけど、うちのレコーダーで録画するとタイトルに「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金【父親に勘当された高校生と地縛霊が犯人探しの大冒険!】」と毎回ご丁寧についてるのですが、勘当要素って重要なポイントだったんですかね?
それどころか正直「犯人探し」の要素も微妙だと思ってましたが、最後に一応は原点回帰した感じでした。
感情移入しにくい主人公でしたが、最後にやっと少し好感度が上がったかなと。

とりあえず、天災はかわいかったです。

■蟲師 続章 10話
あと2話あるはずだったけど大人の事情(笑)でとりあえず最終回。
分割2クール目も楽しみです。
てか次回に蟲語 第二夜やるの?

昔読んだ話は結構忘れてるので、いきなり倒れてるギンコを見て、また行き倒れてるのかと思ってしまったですよ。あながち間違ってないけど。
今回は主の掌の上、というか甲羅の上で転がされた話でした。
ギンコとしては一杯食わされた形ですが、なんとなくこれも最終回にふさわしい気もします。

今回キャストが2人だけだったのはちょっと笑いました。珍しくギンコさんがしゃべりまくりでしたな。

|

« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/16~18分)と週刊少年サンデー29号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(6/22分) »

コメント

>セレクター
QBは存在そのものは迷惑ですが個人の幸せを考慮してくれないだけで個々の契約者に悪意はありませんが、こっちの白いのはストレートに邪悪だ!
様々な嫌展が詰め合わされてましたが、なによりも第二期が主人公の相棒がアレで開始ってのが嫌すぎる……お早うからお休みまであなたの側に自重しない戦闘狂……

それにしても、契約空振りの時に観戦してたユヅキが人間サイズだったのは一体…

投稿: | 2014年6月23日 (月) 11時08分

>セレクター
自分に都合の悪い願いをああやって潰してきていたなら正に邪悪と言わざるを得ませんな。
逆に言えば、邪魔するということは「あの願いが叶う可能性」があったのだろうかとポジティブに考えることも出来ないでもないですが。

ただ、都合の悪い願いでも叶えざるを得なかったQBさんよりも繭の方が邪悪というのは分かりますが、
願いはちゃんと叶えても、遅かれ早かれほぼ確実に命を失うQBさんとの契約と比較して、どちらの方が酷いと言うのも決め難い気はします。(結論:どっちも酷い)

2期は、たまを失った上に“アレ”とパートナーになってしまったるう子の精神状態が心配ですな。
ほんとにゴミ箱にポイでいいと思うのですけど、セレクターであり続けることが願いを叶える唯一の可能性だとかアレに言われたりしたら捨てられないかも知れないですね。

ユヅキのサイズは謎ですね。バトルフィールド内でも最初はちゃんと小さいままですし。
るう子とタマが同じサイズになってる時に何故かユヅキの大きさも戻ってたんでしょーか。
…てか、そもそも同サイズのるう子とタマはどっちが大きく(小さく)なってるのやら。

投稿: でんでん | 2014年6月23日 (月) 21時15分

>七々々
根本的なものが解決されず、というか、その糸口すら見つからない内に終わってしまったような
1クール分が、まんまプロローグって、感じでした
二期ありそう、ってな様子でしたが、どうなんでしょう
あんなんで終わって、「二期できませんでしたぁ」ってのも、ありがちだし
「サイコパス」無理編でやる必要あるんかなぁ・・・・

今期、1クール物で完走したのが「七々々」と「週フレ」と「河合荘」しかなかったという事実
(「河合荘」はクドいのに慣れたら、結構面白かった)
「セレクター」は関東だと「牙狼」の裏だったんで、録画してたら見ない内にレコーダに貯まってしまったし(結局、「牙狼」も切った・・・)、「ダイミダラー」と「」シドニア」は放送時間が体力的に無理だと思ったら、貯まってしまったクチだし、いずれBDに吸い上げるんだろうけど、今後、見る機会があるのだろうか・・・・

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年6月24日 (火) 08時11分

>777
プロローグというか、1クールかけた原作紹介という感じでした。正直これを見て原作を読もうとは思わなかったですが。

とりあえず、自分が今期終了分で楽しめたのは、週フレ、セレクター、蟲師、ピンポンですかね。
シドニアは見損ねましたが、評判が良かったようなので惜しいことをした気もします。

投稿: でんでん | 2014年6月24日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/16~18分)と週刊少年サンデー29号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(6/22分) »