« 週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/5~7分) »

2014年6月 4日 (水)

今週のアニメ特撮感想・月~水分(6/2~4分)感想

■一週間フレンズ。 9話
あんなーに一緒だったーのにー(違)

夏休み中ずっと一緒にいて距離を近づけて、お母さんからも公認(笑)をもらったのに、トラウマ転校生の出現で痛恨のオールリセット。
そろそろ「落とす」展開が来るのは読めてましたけど、折れる、これは心折れますよー; …オラちょっとワクワクしてきたぞ!(あれ?)
夏休みでいい関係性を積み上げまくった後だったので、最後の破壊力は抜群でした。

いきなり「裏切り者」とかぬかしおった転校生・九条は、普通に考えると藤宮さんが記憶を失うきっかけになった相手ですかね。
現時点での情報から推察すると、小学生時代に引越しが決まった九条と何らかの約束をした藤宮さんは、そのまま事故にあって約束を果たせず、九条はそれを知らないまま引っ越してしまったという感じじゃないかなと。分かりませんけど。

消えてしまった長谷との記憶は、日記もあればプリクラもあるし、最後には何とかなると思いますけど、今回のことで「根本的な問題を解決しないと爆弾が残りっぱなし」と言うこともよく分かりました。
その「根本的な問題」が九条絡みなんでしょうけど、さて、どうなっていくのやら。

ところで最後の藤宮さんは、長谷だけを忘れたのか、山岸さんとか他の仲良くなった人達の事も全て忘れたのか、気になるところです。あの冷たい感じだと、全部忘れてそうですけどね。
それでいて、もしも小学生時代の九条の記憶とかが戻ってたりしたら、長谷くん的にはダメージ倍増ですな! ワクワク!(おぃ)

ラスト以外のほのぼの描写では、将吾と山岸さんのやり取りが印象的でした。
まさか小学生の時点から将吾が山岸さんのお世話をしていたとは!
それがラブなのかどうかはともかく、将吾はもともと面倒見がいい男だったんですねえ。長谷みたいな面倒なタイプに引っかかるわけだぜ(笑)
山岸さんの「これからも期待してます」は、これからの2人の関係性がすごく透けて見えた気がしました(笑)

ところで夏休み最終日に課題に手もつけていなかった山岸さんは期待通り過ぎると思いました。山岸さんはよくこれまで無事に生きてこられたものですよ。
数学を全然やってない長谷もダメでしたが、山岸さんの器の大きさには負けるね!

子供のころのチビ宮さんの写真はかわいかったかと。後から思えばこれも「もうすぐ小学生時代の話が絡みますよ」という前フリだったんですかね。次回予告で九条と一緒にいた子たちも小学校関係とかなんでしょうか?

藤宮さんに向かって倒れる長谷はお約束でしたが、お母さんがその辺りへの理解がありすぎて素敵でした(笑)

■弱虫ペダル 34話
弱泉くんについては、金城さんの「今泉、挑発に乗るな」が全てだと思いました。
どうしてまともに御堂筋の言葉なんかに耳を貸してしまうのか。
とりあえず、今泉くんはネットとかはやらない方が安全だと思います。

1日目は何もしなかったバキューンさんの出番が遂に来ましたが、兎轢いちゃったというのは確かにトラウマになるよなあ…;
つーか、頬染めるのやめろ(笑)>提供

|

« 週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/5~7分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ27号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~土分(6/5~7分) »