« 週刊少年ジャンプ33号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木分(7/17分) »

2014年7月16日 (水)

今週のアニメ特撮感想・月~水分(7/14~16分)とサンデー感想

ばらかもん1話も録画したけど。まだ見れてないので後日。

■普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 2話
奈々子のろこどる活動は危なっかしくて見ていてハラハラしますな。頑張れなにゃこ。
しかし、なんでもそつなくこなす先輩との凸凹コンビはいい組み合わせかなと。

奈々子が完璧超人っぽい先輩の素に触れて、だんだん打ち解けていくところがなごみます。

現場には走って行かされるわ、仕事では無茶ばかりさせられるわな状況に加えて、TVの出演料も無しのボランティアというのがなかなかひどい話ですよ。
いい話っぽくまとまったけど、親戚の学生バイトじゃなかったらもっと怒ってると思いますよ>おじさん

■月刊少女野崎くん 2話
新ヒロインのみこりんがヒロインすぎて困る(笑)
良いキャラだよみこりん。
ところで野崎くんの漫画って花や点描以外の背景は誰が描いているのやら。

1話ではそれほど気にならなかったですが、ネタのテンポはもうちょっとテンポアップしてもらいたいような気もしました。話の区切り的に難しいのかも知れませんが。

■アオハライド 2話
名ばかりの友達との関係は割とあっさり解消。本当に名ばかりの友達だったのだなあ。
とはいえ、本音を話せば「ノリが合わないだけ」と納得してくれるあたりは、ロングの子は悪い子では無かったかなと。言いたいことをハッキリ言ってくれる辺りはまだ好感が持てますし。
一方で何も言わないショートの子の方はただの金魚の糞って感じですけどね。
ともあれ、関係がこじれて陰湿なイジメ展開でも来るんじゃないかと警戒していたので、それが無さそうなのはホッとしました。

ベストプレイスでボッチ飯を食ってたブリッコとは友達になりそうですが、彼女の行動が極めて自覚的だったのは印象的でした。
男に好かれたい、女に好かれたいと、双葉と好対照になっていたあたりが面白かったかと。

(元)田中くんは絶妙なタイミングでばかり登場してさすがだと思いました(笑)
厳しいところは厳しく、優しいところは優しいあたりがイケメンですなあ。
泣いてる女子を抱き寄せて涙を隠すとか、中学時代のあの純朴少年はどこにいってしまったんだぜ(^^;

旧苗字で呼ぶなと言われて速攻で名前呼び捨てに切り替える双葉も中学時代から成長してますな。(図太さ的に)

■ハナヤマタ 2話
「これが噂のツンデレズってやつですね」

友達の嫉妬めんどくせえと思いましたが、友達の友達と素直に仲良くできないってのはあの年代なら分かる感覚かなと。1話のうちの解決してスッキリさせてくれて良かったです。
友達も早く仲間になっちゃえよと思いますが、しばらくかかるんですかね。5人揃うのはいつになるやら。

軽く検索すると、よさこい専門店というのは実際あるみたいですが、本場の高知ならともかく他の地域に店があるんですかね。(そこまで調べてない)
本作の舞台は鎌倉らしいですが、高知までは遠いなあ。作中でよさこい本番まで行くところまで辿り着くのかどうか謎ですが。

■ヤマノススメ セカンドシーズン 2話
OPが完成版になったようですが、フラットデザインな感じですね。

本編は、『普通の山に登っていたと思ったら、いつのまにか富士山に登っていた』 な… 何を言っているのか わからねーと思うが わたしも何をされたのかわからなかった…
…という話ではなく、
普通に登っていたら富士山が見えてビックリというサプライズを、ひなた達があおいに仕掛けようという話。

良い話でしたが、サプライズって大概失敗するよな、なんて事も思ってしまいます。駅でバレなかったのが凄い(笑)

あと、富士山が見えるかどうかは天気の要素も大きいのかなと。
昔、三つ峠より富士山に近い山中湖や忍野八海に行きましたが、天気がイマイチで富士山が全然見えなかったなあとか思い出したり。

「ライチョウ」と鳴く雷鳥て、ポケモンみたいだなあ。

◆週刊少年サンデー 33号
■銀の匙Silver Spoon
久々に駒場登場。時給もいいけど物価も高いだろう東京で出稼ぎバイトするのって実際のところ効率的なんですかね?
都会に来たのはどこかの球団の入団テストを受けるためとかかと思ってましたが、言動がプロを目指しているという感じでも無さそうな気もします。

馬術大会の方は勝ち残れたようで、この先も描写するのでしょうか。
2年生編は超高速展開だったけど、卒業だとか企業だとかでやることの多い3年生編は結構時間をかけて描いてくれるのでしょうか。

■サイケまたしても
2話にしてやっぱりヒロイン救助失敗。完全にオカリン状態に陥ってますよ、これ。
あちらと違ってタイムリープするために本人も死ななきゃいけない(?)あたりはかなりしんどそうではありますが。
この設定なら「2周目以降は実は死に掛けた主人公の走馬灯だった」なんてオチも使えそうで恐ろしいですな。

|

« 週刊少年ジャンプ33号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木分(7/17分) »

コメント

>>野崎くん
みこりんマジみこりん
背景担当は次話に出てくるはずです

四コママンガをアニメ化したのって、総じてテンポが遅いですよね
もっとサクサク進めてもらったほうがいいんですが…

投稿: | 2014年7月17日 (木) 15時47分

やっぱり背景担当はちゃんといるんですね。
花と効果だけで描いてるわけじゃなかったんだ(^^;

あと2~3本くらいネタを増やしてテンポアップして欲しい気分ですが、話の区切りとの兼ね合いで難しいんですかね。

投稿: でんでん | 2014年7月17日 (木) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ33号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木分(7/17分) »