« 今週のアニメ特撮感想・水~金分(8/13~15分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・月~火分(8/18~19分) »

2014年8月17日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土~日分(8/16~17分)

・鎧武は例によって関西は休み。

■花物語
ヒゲの貝木泥舟おじさんが素敵過ぎる。
おじさんは走るフォームも美しくて素晴らしかったです。もしかしたら戦場ヶ原先輩のフォームより美しいかも知れないぜ。
焼肉屋で割と長々と会話してたけど、「肉を食え」しか印象に残ってないのが困ります。
ところで貝木は結局生きてるのやら死んでるのやら。

そんなわけで、物語シリーズの時系列的にもっとも「先」の話である、神原駿河メインの話。
原作は発売時に読んだきりで結構忘れてましたが、思ってた以上に青春っぽい話でした。
現実ではなかったであろう、仲良し中学生時代エンディングが切ないですな。

ロン毛阿良々木さんの違和感の凄いことですよ。あれって噛まれた牙の後を隠すためなんでしたっけ?
そうだとしても、もうちょっと何とかならないものかと思いますが。
SAOのキリコちゃんといい、ロン毛男のビジュアルがを続けて見せられてるみたいで「何だかなあ」という気分になりますよ。

全自動客席&コート整備システムが凄かったです。
そもそも動きの少ない会話劇だから見せ方で工夫してるのはいつものことなんですが、今回はこれまで以上に画面作りに苦労してた印象でした。
阿良々木さんメインよりキャラのポーズとかで遊びにくいから余計に気になったんでしょーか?

それにしても男子生徒扇がキモいなあ。

■アルドノア・ゼロ 7話
やっと姫様と合流出来るかと思ったら、一時共闘したイナホからあっさり「僕の敵だ」認定されるスレイン君、今回も不幸!
もう、スレイン君の可哀想っぷりを楽しむアニメだと思えてきました。いやまあ割と最初からそうでしたけど。

利用するだけ利用した後はポイ捨てなイナホがなかなかヒドいですな(笑)
もうちょっと会話が続けられれば決裂せずに何とかなったかも知れないけど、互いに相手の立ち位置を知らないままの探り合いだから交渉が上手くいかないのも仕方ないんですかね。人が分かり合うのは難しいなあ。

イナホとしてはスレインが姫のもしくは地球の敵か味方かを測りかねたのでしょうか。
とりあえず「姫を利用するつもりなのか?」をイナホが否定しなかったのは、姫を利用して和平への道を探るつもりだから、と言うなら、まあ「利用するつもり」も間違ってないのかなと。

ロケットパンチロボとの対決やスレイン君との共闘&決裂と色々ありましたが、まさかの飛行戦艦登場は吹きました。
もうちょっと謎の超テクノロジー相手にローテクで頑張って対抗する展開を続けて欲しかった気もするけど、ともあれ燃える展開なのは確かでした。
姫様の正体も艦長達にはバラしちゃったようで、その辺りの詳しい描写も見たいですが、次回冒頭あたりでやってくれるのを期待します。

ロケットパンチロボ攻略は、弱点がバレれば思った以上にあっさりでした。グーは強くてもパーだと弱かったとは。
あげく飛行戦艦に轢かれてテロ子の狙撃であっさり沈黙とは、火星ロボは一芸を封じられたら本当に脆いなあ。
ビッグバンパンチへの変身は爆笑しました。

飛行戦艦とともに15年前に鹵獲した火星カタクラフトも手に入れたようですが、このまま地球側で使うんですかね?
すんなりイナホが使うことになるかどうかは疑問ですが、イナホにはオレンジで居続けて欲しい気もするのですけどね。

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 19話
「つい最近、犬の死体を見た気がする」
“正義”の時にも見た気がするよ花京院!
“節制”の時の犬は花京院は見てないですけどね。まったくジョジョは現実でも夢でもどんな状況でも動物に優しくないぜ!

そんなわけで「死神13 その1」
DIOはどうやってこんな赤ん坊を刺客にしたのやらと思いますが、4部で吉良親父がやってたように「矢の導き」で素質のあった赤ん坊をスタンド使いにしたってことなんですかね。

ジョセフ4度目の飛行機墜落の「墜 落」演出はヒドかったです。赤ん坊も含めて全員ピンピンしてるあたりが凄いですな。なんて頑丈なんだこいつら(笑)

それにしても死神13は強敵ですね。襲われたのが花京院じゃなかったら全滅の危機でした。
とはいえ、花京院より先に油断しまくりなポルポルやジョセフを襲っていた場合は、飛行機内でのポルポルみたいに強運で仲間に起こされちゃいそうですけどね。ギャグキャラ補正で。
とりあえず、夢の中で花京院にポップコーンを払い落とされるポルポルはちょっとかわいそうでした。

それにしても今更だけど、ポルポルを筆頭として緊張感が足りないですな、こいつら。まあ、頼もしいという見方も出来なくはないですが。

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 20話
「死神13 その2」
放送休止は嫌ですが、こういう前後編話を一気に見られるのは悪くない…、のだろうか?

そんなわけで今回は「花京院、あなた疲れているのよ」の巻。
何度も花京院のおかげで助かってるのに、皆の信頼の無さが泣けるレベルですよ( ノД`)

気分的には承太郎には花京院への信頼を感じさせるセリフを言って欲しかったところなのですが、このエピソードってやけに承太郎のセリフが少ない気がしますよ(^^;

サソリの一件からするに、現実世界での脅威に直接対処出来ないのは死神13の弱点ですな。まあ今回の場合、起きてるジョセフ達の前で実際のスタンドを出すわけにもいかないのですが。
それにしても、死神13に限ったことじゃないけど、暗殺以外には役に立たなそうなスタンドが多すぎですな。

■ソードアート・オンラインII 7話
霧ヶ峰藤五郎…(笑)
今回はBoB決勝前の各人の心理描写がメインで大きな動きは無かったですが、とりあえず次回の本戦は楽しみです。

キリトが直葉にもアスナにも詳しい事情を話してないのは、極秘の任務と言うのはあるにしても、巻き込みたくないってのがメインなんでしょうね。正直見てる方としてはもどかしいですが。
しかし、2人に対してはともかく、依頼主の政府の人・菊岡には現時点での経過報告とかはしなくていいのだろうかと気になりました。(見落としてた?)
デスガン(仮)に会った事とか、「デスガン=SAOのラフコフ生き残りの可能性がある」とか、報告しといた方がいいと思うんですけどね。
すぐに報告しないのは動揺してたからかも知れませんが、菊岡が胡散臭くて信用し切れないってのもあるのでしょうか。

シノンの知り合いの帽子男は、一見レコンくんポジに見えるけど、GGOで一応デスガンと別人っぽく描写されていても、まだ怪しく思えて困ります。
仮に敵では無いとしても、試合直前のナイーブなタイミングで自分の思いを押し付けようとしたりとか、へっぽこでも頑張ってたレコンと比べてイマイチ好感が持てないなあ。

ALOのDEBAN組の方は、一見クラインハーレムが成立しているようで、毒で死にかけても気付いてもらえないクライン扱いの軽さに泣けました( ノД`)
そういえばレコンくんはリーファからハブられちゃってるんですかね?

OPでも分かってましたけど、ALOからでもGGOの試合の観戦が出来るんですね。
前回の予選の中継はアスナに見られてはいなかったようですが、女子の腰を抱いて口説いてるところをアスナ達に見られなくてキリトは命拾いしたなと思いました(笑)

■烈車戦隊トッキュウジャー 24話
「昴ヶ浜」で検索しても、見つかるのは確かにトッキュウジャー関連ばかりですな。なるほど。

ライト達の街は既にシャドーに飲み込まれていて「消えたも同然」だそうで、1話でライト達が言われた「死んでるも同然」の表現と重なってるかなと。
そういうことならライト達は普通に「まだ死んでるわけではない」と考えていいのでしょうか。

グリッタを失ったノア夫人はどうするかと思ったら、抵抗はしたけど結局は服従ですか。まあ逆らったら殺されるだけだろうし仕方ないですかね。
しかし、鏡に映ったグリッタを見るに、まだ皇帝の中にグリッタの意識が残ってたりするんでしょうか?
グリッタ復活の可能性があればいいんですけどねえ。

完全にシャドーラインに支配された街では30秒しか変身が持たないということで、珍しく「乗り換え」が有効に活かされたのが印象的でした。
しかし、この先ライト達の街を探すなら必然的に「シャドーラインに支配された街」での戦いは避けられないでしょうし、その状況下でも戦える方法を探す必要はありそうですな。

次回予告は、一瞬「リューナイト」登場かと思って驚きましたが、よく見たら「リョーナイト」でしたか。

■ハイキュー!! 20話
及川と影山のセッター対決は、及川の試合巧者っぷりが光ると言うか性格の悪さが光ると言うか、2人の経験値の差がよく分かる試合運びでした。

それにしても、自力で悪い流れを断ち切る田中先輩の格好いいことですよ。

|

« 今週のアニメ特撮感想・水~金分(8/13~15分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・月~火分(8/18~19分) »

コメント

>グーは強くてもパーだと弱かったとは
撃ち落された時、着地のためになまじ人型にならななければ良かったのに、というのは結果論ですが。
ここまでのところ、火星側が単騎でヒャッハーしようとせず、部下を連れて戦えば大体勝てる状況なので、
火星人の知能が本気で心配になる今日この頃ですw

イナホの最後のアレw
地球側所属の軍人として当然の対応なのでそれほどヒドイとは思わないのですが、
最後のセリフのせいで私的な感情でブッぱなしているように見えますな。
スレイン君は、本人としては精一杯頑張っているんだけど、元々置かれた状況がベリーハードモード過ぎてw

投稿: | 2014年8月17日 (日) 21時54分

騎士のカタクラフトと同等の性能じゃなくても、ぶっちゃけ地球ロボレベルでも部下を連れていればもうちょっと普通に戦えそうですよね。
火星人馬鹿ですねえ…w

こちらとしてはどうもスレイン君の可哀想っぷりに同情しながら見てしまうので、「イナホひでえ(笑)」と思ってしまいましたが、
慎重になるのは当然ですな。
最後のアレが私情に見えてしまうと言うのはちょっと同意ですが、一応は「姫のため」よりは「地球のため、もしくは身近な仲間のため」に行動してるとは思うんですけどね。多分(^^;

投稿: でんでん | 2014年8月17日 (日) 22時19分

アルドノア・ゼロ 7話
個々の眷(拳)属に名前を付けてたのに驚きました(笑)。

今のところ火星カタフラクトには、光子力研究所がマジンガーZの超武装をひとつひとつ分離して作ったロボ、的なピーキーさを感じます。

前回、現実とは違う種子島の形を見て、マリト大尉の話もあって「マクロスの南アタリア島みたい」とか思ってましたが、まさか大地を割って超戦艦が出現、には呆然でした。しかも轟天号かMJ号かν-ノーチラス号か、な感じの描かれ方で。
思わず、次回は超戦艦のアルドノア炉が制御不能になり火星上空にワープ、などという空想が(^^;。
あの超戦艦、デザインが人類の水上戦艦の発想の延長線上のモノとしか思えないのですが、そうであるなら、月の遺跡で火星移民たちが独自に建造していたもの、なんでしょうね。揚陸城を建造した技術と同系統で。そして、赤毛の伯爵とトロイヤード博士が関わってそうな予感が(苦笑)。

火星側の超技術ロボに地球側が奸計(ぉ で挑む、という構図が、地球側も超戦艦ゲットだぜ、で変わりそうですが、火星からも地球からも追われることになってスペースランナウェイ、にはなりませんように、と願わざるを得ません。

投稿: 四国の者 | 2014年8月18日 (月) 01時29分

アルドノア・ゼロ 7話
私情かも、という指摘について、こんなことを考えました。

 「コウモリ」の出現と飛行戦艦の取得は、確実に伊奈帆たちに世界(地球と火星)の関心が集まることを意味します。
 「コウモリ」の存在は、火星人の内部でアセイラム姫生存が認識されていることの証拠です。伊奈帆からすると、今回のロケットパンチ・ロボの襲撃がアセイラム姫殺害目的のものだった可能性を大きくするもの、と思いそうです。
 敵の攻撃は激しくなり、味方との関係は複雑になり、状況は厳しくなりこそすれ、楽になることは期待できそうにありません。
 そう考えると、伊奈帆の「僕の敵」宣言は、スカイキャリアへの攻撃を翼だけに止めたことからすると、状況悪化の象徴に思える「コウモリ」への不信感・不快感・隔意の自覚なのかもしれない、とも思えてきました。

 次回以降、伊奈帆が周囲に自分の考えをどのように表明して行くのか、で、彼の真意が判る、でしょうか。

投稿: 四国の者 | 2014年8月18日 (月) 10時05分

>アルドノア
イナホ交渉はドライですね。
問1の姫が生きてるのを何故知ってるのか、は「生きてるのを知っているのは自分達以外にはバリア機の仲間だけ」という意図でしょうから、スレイン側はストレートにあの時見てたんだという答えでよかったとは思うんですが、そう答えてもバリア機の仲間というのは認めたことになるんで、死んだ友達の仇となってしまうという。
キノコにトドメを刺して離反したとまで言ってしまえば良いのでしょうけど、地球側の相手にあの状況でそこまでさらけ出していいのかは咄嗟にはわかりませんね。
問2の「利用されると困るのか」については、多分姫の利用価値は戦争を止めること、火星の戦争推進派の嘘を覆すことなので、それをされて困るならもうおまえ敵だよな、という事でズドンなのかと思われます。
思われますが、スレイン君もテンパってるんだからそんなスピーディーに展開されても付いてけないでしょうに……
そして、トドメの一撃がまた別人だった大尉はいつ復活するんだろう……平和な時期には役立たずだった飲兵衛キャラが戦い始まってもこんな有り様なのは初めて見た気がします。


>SAO
そういえば報告してませんね。原作記述でも、直葉の心配そうな顔を見て菊岡にやっぱやめたメールだそうかとか一瞬考えてますけど、実際には連絡取ってません。
どうも、名指しでターゲットにされたことや、理屈では有り得ないVRMMOでの殺しが殺人経験者だけに可能な謎のロジックで実現するなら、自分の剣が人の命を奪うことも有り得てしまうと言う可能性も込みで死銃のことが依頼されたことというより自分の問題になってしまったので一人抱え込んでしまったようです。

SAOと違ってALOとかの派生ゲームはゲーム内からネットが使えるようで、ネット配信されてる動画をスクリーンに映して鑑賞したりできるようです。

ちなみにレコン君はリーファの友達として時々キリトパーティーにも呼ばれてるという設定は語られるも、実際には短編でも長編でも身内イベントには呼ばれてないという悲しい立場です。
最も、ALO編で出てきたシルフの長やってるプレイヤーに気に入られて種族運営に参加させられちゃったので忙しいというのが呼ばれない理由に含まれるので、リーファのことを除けば割と恵まれた立場かもしれませんミートボール。
尚、菊岡もVRMMOに慣れる為にキャラを作っており、こちらもたまにキリト達と遊んでるようです。

投稿: | 2014年8月18日 (月) 10時55分

 アルドノア・ゼロ 7話
 「利用されると困るのか」について
 地球側が「利用する」ということは、火星に対して・ひいては世界中に、アセイラム姫の生存を公示すること、と言えるでしょう。
 それが「困る」と言うなら、「コウモリ」は、姫の命は奪うことには反対しているけれど、姫の生存は隠したい=戦争を続けたい火星人勢力の一員である、という解釈をイナホがした、ということかもしれない、と思い付きました。

投稿: 四国の者 | 2014年8月18日 (月) 12時14分

>アル
パンチに名前を付けてたのは笑いましたね。てか見た目で区別がつくんでしょうか。
次はどんなビックリドッキリカタクラフトが出てくるか楽しみですよ。

種子島の形には気づいてなかったですが違ってたんですね。戦艦はマクロスやナディアっぽいなあとは思いました。
ここから一気に火星にワープ、となるかどうかは謎ですが、あの戦艦の通信能力で世界中に姫の生存を発信とかは出来ないですかね。
戦争を止めるなら、それが一番効果的とは思いますが。

今回のパンチロボやコウモリの出現でイナホ側に分かりそうな情報を考えてみると、、
・火星も一枚岩ではない
・パンチロボ=姫暗殺派かどうかは不明
は分かるとしても、
・コウモリ=姫の生存を知っている
…からと言って、あの会話でコウモリ=姫暗殺派と断定は難しいと思いますが、姫派(戦争反対派)かどうかの確信は得られなかったということかなと。
口では「敵だ」と言ったけど、完全な敵と断言は出来ないから羽を撃つに留めたのだろうか、と思いました。
姫が次回でコウモリ=スレインの可能性に気付いてくれればいいんですけどね。難しいかなあ。

>SAO
レコンくんかわいそう…、というべきかどうか。ともあれ(本文で出番が無いとはいえ)交流が切れたというわけでは無いならまだ良しですかね。

投稿: でんでん | 2014年8月18日 (月) 23時17分

>アル
無茶振りするイナホはヒドイが、答えてしまうスレイン君の操縦技術はスゴイ
カタクラフト2機(たぶん)載せて、木の葉落としはありえないですわー

パンチの名前はソロモンの悪魔の名らしいですね
カタクラフトの名前のヘラスはギリシア神話のヘラ(操縦者がそれっぽい)かと思ってましたが、火星カタクラフトの名前って火星の地名だとか

埋まってたカタクラフトが気になりますね
公式では姫パパは戦死って事になってますが、地球側戦力で戦死まで追い込めると思えないし、もしかして元パパ機だったりしないですかねぇ(巻き込まれ死)

喜ぶ姫様+従者娘に対して、艦橋の空気が冷え過ぎ
即、独房(というか二人房)行になったら、外道でしょうが

>トッキュウ
今回ルークで、次回ナイトとなると、今後はチェス駒モチーフでしょうかね
(「サイレントナイト翔」!)

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年8月19日 (火) 09時29分

あの船、明らかに海がない火星じゃ必要ない洋上航行を想定した形ですし、ブリッジの中身も今まで乗ってた船と似た(少なくとも火星側の貴族が乗ってるのとは違う)システムだから、地球製じゃないですかね。
埋まってた機体(色が火星代表カラーだから姫のパパが乗ってた奴?)を元にアルドノアドライブ搭載艦を作ったけど認証がなくて起動しなかったから封印しといたとかそういう。

投稿: | 2014年8月19日 (火) 10時37分

サイレントナイト翔とは懐かしい…
なんとなくの概略しか覚えてませんが。

投稿: でんでん | 2014年8月19日 (火) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・水~金分(8/13~15分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・月~火分(8/18~19分) »