« ガンダム Gのレコンギスタ | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »

2014年8月24日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土~日分(8/23~24分)

■アルドノア・ゼロ 8話
スレイン君、前回ラストの後は普通に放置されて捕まったのか。ほんとに不幸すぎる…;
今回も延々20分くらいまで拷問されて、あげく最後は赤毛に誘拐されるとか、アセイラム姫よりもある意味スレイン君の方が姫ポジションと言えなくもありません。誰か助けてあげてー;

金髪貴族のクルーテオ卿は、戦争大好きな馬鹿貴族かと思っていたら、最後にやっと姫様暗殺の真相に気付いてくれて、ここから姫様派の金髪貴族VS暗殺派の赤毛貴族の内乱になるのかと思いきや、
クルーテオ卿、もしかしてあっさり死んじゃいましたかね?
生身のところを至近で赤毛ロボのビーム攻撃を受けてるから、よほどのご都合展開でもなければ生きてるのは難しいよなあ。さすがに姫様の時みたいに「影武者でした」はムリだろうし。
ともあれ、それまで楽しそうに拷問していたのに、あっさり掌を返すクルーテオ卿にはちょっと笑いました。
赤毛がスレイン君を殺させなかったのは、姫の居場所を確かめるためとかですかね。

地球側では姫様の正体が偉い人やブリッジ組やイナホの友人周囲までは明かされていい感じになってきました。
避難民全員にまでは明かされてないようだし、普段は姫様もセラムの姿でいた方がいい気もしますけどね。姫様の姿でないとアルドノアが使えないとか、船が落ちるとかってわけでも無いんじゃないかと思いますし。

火星人憎しだったイナホ友人が姫様に会った途端にあっさりほだされたのは笑いました。まあ冷静に考えれば姫様は和平派で味方だと分かりそうなものですしね。
テロ子はまだ頑なですが、まあテロ子の立場では仕方ないかなと。当人ではなく親の話だとしても率先して戦争を起こそうとしていた側だし、今から急に和平を目指そうとか言えるわけも無いですわな。

イナホが前回会ったコウモリの話を姫様にしましたが、それがスレインだと言うところまでは伝わりませんか。スレインもイナホもそれぞれ自分の情報を素直に開示出来ない立場だったから仕方ないですが、もどかしいですなあ。

前回島で見つかった「15年前のカタクラフト」は壊れているのだそうで。
カタクラフトを積んでいた疑惑のあったスレインのスカイキャリアも放置だったし、アルドノアの船は手に入ったとは言え、さすがにロボの入手まではいかなかったですか。
まあ、イナホには旧ザク、じゃない練習機で最後まで頑張って欲しい気もしますし、安易に超強力なロボが手に入ってもつまらないので、それで正解かなと思います。

地球組としてはこれからロシアの本部を目指すようですが、あの船で移動してると火星側の敵だと認識されたりしないですかね。
まあ、連合の上層部が種子島にあの船を隠してたのなら誤認はされないかも知れませんが、都合よく利用される展開はありそうだなあ。現時点で地球連合の上層部とか全然存在感無いですけど。

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 21話
審判戦その1。
アヴドゥルの父を巡る寸劇やら、敵だと分かり切ってる審判の罠にみすみすとハマるポルポルのバカっぷりやら、第3部のエピソードの中でも最も「話の都合」感が強い話という気がします。
まあ、シリアスに引っ張る挙句のYES I AM!だから仕方ないですけどね。父周りの話は当時の荒木先生もノリで先を決めずに描いていたんじゃないかとすら思います。
それにつけても花京院のしらじらしさよ…。

審判は3つの願いを叶えて攻撃に利用するわけですが、「漫画家にしてみろ」を通していたらどうなっていたのか大変気になります。「そんな願いでいいのか?」でのらりくらりと逃げたかも知れませんけど。
◯部のポルが漫画家だったら嬉しかったのですけどね。

ガールフレンドが欲しいとの願いを叶えていたら、妹のパターンと変わらず、土から出てきた女の子に襲われたんでしょうねえ、多分。

ポルポルも警戒心が足りませんが、「まさか敵と出会ってるんじゃああるまいな」な承太郎も大概警戒心が足りないですな。単独行動させるなよ!(^^;
まあ、ジョセフはこの島によること自体を仲間にも黙っていたわけだし、警戒自体はちゃんとしているのですが、刺客の追跡力が高すぎるんですかね。

■ソードアート・オンラインII 8話
キリトちゃんにファンが出来ていて吹きました。みんな女だと思ってるのか…。もしかしたら男だと分かった上で「それでもいーや」という人達なのかも知れませんが(^^;

そんなわけでBoB開始。
参加者がそれぞれ1キロ離れたところから開始するバトルロイヤルですか。
定期的に衛星のスキャンがあるとはいえ、画面上のゲームならともかく(バーチャルながら)身体を使ってやるなら移動も索敵も面倒そうなゲームだなあと思いました。

観客達にはどういうカメラアングル&距離で見えてるんですかね。とりあえず、キリトさんが女子とイチャついているところをアスナ達に見られているのだろうかと思うと微笑ましくなります(´・ω・`)

やけに動きが良かった銀仮面は、デスガンなのかと一瞬思わせてただのミスリードでしたか。デスガンに撃たれたらこの人も死んじゃうんですかね。
次回にはシノンがデスガンのことやキリトの事情を知るのかも知れないと思うとちょっとワクワクします。キリトが「あのゲームの中に」いたことも察したようだし。

雷電の名前を見ると、「知っているのか」と言いたくなって困ります。

■烈車戦隊トッキュウジャー 25話
「なりきりが足りない」
さすが手厳しい。カグラはガチコスプレイヤーの素質があるなと思いました。

そんなわけで今回はおとぎばなしのキャラが実体化する月光条例の話(違)
リューナイト、じゃないトカッチの兄であるリョーナイトさんに焦点が当たったので、他のおとぎばなしキャラが単なるギャグキャラで終わったのは少し物足りなかったかも知れません。
とりあえず、桃太郎は馬乗らないだろ!とツッコみたかったです(笑)

トカッチ兄の件は、また記憶の一部がよみがえったということでしょうけど、今回の兄はトカッチの心の中のイメージが実体化したものだったとして、闇に落ちた街を救い出すことが出来れば本物の兄もまた出てくるんですかね。
結局行方不明になった家族を救出出来なかったゴーバスターズの例もあるので、こっちでも故郷の街を救えるとは限らないのですが。

水落ちしたシュバルツは当たり前のように生きてましたか。
同じように水落ちした、鎧武の貴虎兄さんが復活しないのか気になります。ミッチの幻覚中では大活躍なんですけどねえ。

■仮面ライダー鎧武/ガイム 41話
1週遅れでやっと関西でも放送だけど、例年だと2週遅れくらいになるし、今年はマシな方でしょうか。

オーバーロードの王、ロシュオとの対決回でしたが、レディエとの決着までついてしまって、展開のハイスピードっぷりにちょっとビックリでした。
しかし、考えてみればラスボスっぽい相手が最終回前に消えるパターンも結構あるといえばあるでしょうか。テラー・ドーパントとか白い魔法使いとかみたいに。

今回でオーバーロード(フェムシンム)編は終わりみたいです、ここからは、期せずして黄金の果実を得てしまった舞を巡って、ミッチや戦極と対立する展開になるのでしょうか。
腕がいよいよヤバくなってる戒斗も果実を求めてるし、最後はいよいよ人間同士の戦国時代的バトルロイヤルになるのかも知れません。

ミッチは今回も幻覚兄さんに「価値が無いのはお前だ」とか弄られてましたけど、結局は自分で自分に言ってるのでしょうけど、トッキュウで兄のイメージに励まされるトカッチを見た後だとミッチの哀れさが際立って涙を誘われましたよ。

戒斗VSミッチは途中でミッチVS凰蓮&城乃内に切り替わりましたが、決め手がグリドンのスーパー頭突き(強制)で吹きました。自分でぶん投げといて「坊や大丈夫?」じゃないですよ(笑)

ところでミッチのドライバーは前回も戒斗に攻撃されていて、そろそろ偽・斬月・真の出番も終わりだろうかと思いましたけど、まだ壊れては無いんですね。次回からは久々に龍玄が出そうですけど。
一方で紘汰のドライバーはロシュオに破壊されてしまって、これからどうするのやらと思ったら、まさか自分で直してしまうとはビックリでした。
あの場面は、サガラがそこらのフルーツからカチドキを創りだした時のことを思い出しましたよ。紘汰の人外化がいよいよ進行してるってことですね。

紘汰の人外化が進み、舞も黄金の果実で強制的に人外化させられてと、2人の姿がロシュオと王妃に被りますけど、さてどうなるのやら。
ところで王妃は2Pカラー舞とは別の人だったんですね。2P舞って結局どういう存在なのやら。未来から来た舞とかなんですかね。

■ハイキュー!! 21話
スガさんの観察力とムードメイク力がいいなあ。
2人のセッターの心情描写が素晴らしい。

|

« ガンダム Gのレコンギスタ | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »

コメント

>鎧武
ボスキャラが主人公以外に倒されるのはなかったかも。
不意打ちでもなきゃ倒せそうにもない相手だしねー

ロシュオも死を覚悟してたんだろうけど舞にとってはいい迷惑かも。

レデュエはミッチ対応だからか後ろから撃つよ!
ロシュオぐりぐりするところはキチガイじみてていい演技でした。

オバロ化した紘汰に嫉妬する戒斗は以前の強者にもどった感じ
あれがうらやましいのかいな。

王妃役の人は凰蓮役の人の実の嫁さんだったりします。
でも顔あわせてないなー

投稿: くらげ班長 | 2014年8月24日 (日) 22時13分

ボスキャラが主人公以外にって無かったでしたっけ? 平成1期はあまり把握してないですが。ともあれレデュエはいい感じのキチでした。
戒斗のあれは羨ましがってるんですかね。ともあれ果実を巡って争うことにはなっちゃいそうですが。

投稿: でんでん | 2014年8月24日 (日) 23時32分

アルドノア・ゼロ 8話
ザーツバルム伯爵は拳カタフラクトについて前回、上空から見てたはずが、クルーテオ伯爵には告げてない様子に思えました。飛行戦艦についても認識してそうな気はするんですが。

クルーテオ城を強襲しスレインをお持ち帰りしたのは、火星カタフラクトDEUCALIONについて15年前に「何か」あって、それをクルーテオ伯爵に突つかれたくなかったので城ごと葬ろうと来たのが、運良く光剣でクルーテオ伯爵を殺すことが出来、スレインは偶然に(?) 目の前に出てきたので、種子島の詳細を含めて色々と訊こう、とかなのかな、と現時点では考えてます。

飛行戦艦DEUCALIONは、火星カタフラクトDEUCALIONのアルドノアドライブの流用以外は地球技術で建造した、感じでしょうか。でも、それなら操船も武装も、想定動力が無い以上は試験も試射もできなかったはずで、よくもまあ起動直後にトラブルも無く動いたものだと。
そもそも名前が敵である火星カタフラクトものを引き継いでる、というのは不可解というか、何かそう名付けた必然性が欲しいです。
で。15年前から火星カタフラクトDEUCALIONを解体解析して、アルドノアドライブは無理だったものの、それ以外の機構は地球自前の技術で再現できて、でもそれを組み上げると非常に巨大になってしまうことが判ったので、そのDEUCALION(コピー)は機体外観を戦艦型にしちゃった(てへぺろ)、という空想をしています。
そういう、ある意味デッドコピーだったので、アルドノアドライブと齟齬を起こすことなく動いた、のかもしれない、と。

投稿: 四国の者 | 2014年8月25日 (月) 00時55分

>アルドノア
スレインくんの不幸が止まらない!
火星人しか知らないだろうデュカリオンという名前が船の方に付いているということは、乗っていた誰かが生きたまま地球人に捉えられたか協力してたかではないかと思います。船の技術的な面はその誰かからもたらされたのではないかと。
ただ、今週クルーテル卿が消し飛んだ後に城のアルドノアドライブ(らしきもの)が止まる描写があったことから、現代ではデュカリオンのアルドノアドライブが止まってたというのはその誰かが死んでいるという意味だと思われるのですがさて……

赤毛貴族の思惑については、スレインが何か吐くのを恐れるのではなくスレインが死ぬ方を恐れて行動を起こした以上クルーテルが吐かせようとしてた「何故あそこに居たか(=姫の行方)」以外のことを知りたいのではないかと思います。
そもそも姫を殺そうとした事自体、高齢でこれ以上子供作れないだろう皇帝しかドライブ承認できなくなり、皇帝も死んだらその後どうするという問題がありまして、それと合わせて考えると、スレイン父博士がドライブ承認を王族から委譲させる研究をしていて、その遺産をスレインがそうと知らず持っているのではないかという予測ができます。
この線でいくと、姫が貰ったペンダントがあからさまに怪しいてす。

>SAO2
キリトさん全裸サービスシーン!
原作だと下着は解除してないんですけど、まさかこういうサービスを持ってくるとは……
カットされた会話で「そのアバターの下着姿とか外は大喜びでしょうね」「中継は戦闘状態だけだろ?」というのがあり、泳いでるところは映ってない模様。直前に銃を向けあってるキリトシノンの揉み合いは戦闘じゃないのかという気もしますが、そちらも映っては居なかったらしく、キリトさんセーフ。

尚、ペイルライダー氏はかなり素早く描写されてましたがステータスはSTR型で、高い腕力と極限まで減らした装備重量で、銃を構えたまま片手でぶら下がったりよじ登ったりの性能に特化したタイプだったりします。
また、この大会では負けた人が他の参加者に情報を漏らさないように死んでもログアウトされずその場に放置される仕様となっています。序盤に倒れたプレイヤーはさぞ暇だろうと思われます。

投稿: | 2014年8月25日 (月) 12時08分

アルドノア・ゼロ 8話
>> 乗っていた誰かが生きたまま地球人に捉えられたか協力してたかではないか
…ま・まさか、トロイヤード博士=地球に落ちて記憶喪失になった前皇帝=アセイラム姫の父、だったりは(笑)。スレインの年齢如何では無理過ぎですけど。

投稿: 四国の者 | 2014年8月25日 (月) 13時01分

カタフラクトに機体名を記したプレート付けておくのが火星騎士の流儀、とかありそうです。無駄に気位高いから。

火星カタフラクトが種子島に落ちたのが15年前、スレインが火星にたどり着いたのが5年前、
その間の10年間に種子島で研究していたのがスレインの父なのかな、と推測。
あの船はその成果であり、限界でもあったがためにスレインと共に火星を目指したのでは。
その過程でザーツバルムと知り合い、協力関係を結んだのかもとかいろいろ妄想してしまいます。

ところで、DEUCALION でググるとギリシア神話のデウカリオーンにたどり着いて、読んでみると、
大洪水伝説の登場人物で、旧約聖書のノアに相当する人物とのこと。
アルドノアを備えたノアっていかにも曰くありげで、確かに皇帝の機体としてはピッタリという気もします。

投稿: | 2014年8月25日 (月) 20時24分

>アル
スレインが必要だったのはトロイヤード博士関連と言うのはありそうですね。前にもそんなことを言ってた気もしますし。

>SAO
負けた人がその場で動けないというのはなかなか辛いですね。
「究極超人あ~る」でサバゲーで負けた死体役が延々動けなかった様を思い出します。

投稿: でんでん | 2014年8月25日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガンダム Gのレコンギスタ | トップページ | 週刊少年ジャンプ39号感想 »