« 今週のアニメ特撮感想・水分(8/27分)とサンデー感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ40号感想 »

2014年8月31日 (日)

今週のアニメ特撮感想・木~日分(8/28~31分)

■スペース☆ダンディ 21話
なんというあの世映像っぷり。
こういう話が出来るのが凄いですな。

■グラスリップ 9話
透子が意味不明にモテモテすぎる。メガネもガチだったのかー;
あーあ。

■アルドノア・ゼロ 9話
今回はスレイン君の不幸は控えめだったけど、混乱したテロ子と姫様が一気に不幸に。
まさか本当にこれで姫様が死亡ってことは無いでしょうけど(たぶん)、無事助かったとして、姫様を殺そうとしたテロ子の正体バレはそろそろありそうですかね。バレた場合テロ子立場は絶対絶命でしょうけど、さて、どうなっちゃうのやら。
正体をバラしたのに姫様が避難民の子供達に人気があったりとか、制服姫様だとかドレスニーナだとかでホッコリ和んでいたらこの始末ですよ。テロ子のアホー;

ところでテロ子がこれまで何を考えているのかは気になってましたが、姫様に対しては「火星人の裏切られ仲間」なんて思っていたわけですか。
自分達が暗殺しようとした相手にそういう感情を持つと言うのは正直ちょっとピンとこないですけど、仲間意識を持った相手がやたらと高潔で出来過ぎた人間で、自分の汚さ駄目さを浮き彫りにされるような気分で動揺したとかなら分からないでもないかも知れません。

それにしても、姫様が死んだらアルドノアドライブも停止して艦ごと墜落しちゃうとは、リスクの高いエネルギーシステムですよ。
姫様が死んでいなくて「気絶」で済んでいるとしたら、それでも堕ちちゃうシステムの不安定さがますます浮き彫りになっちゃいますね。なんというハイリスクっぷり。
もし火星の王族が姫様と爺しか生き残っていないとしたら、火星人の未来ってもう詰んじゃってますよね。爺のクローンでも作るしかないんじゃないでしょうか。

赤毛貴族のザーツバルムは、てっきりクルーテオ卿に姫様暗殺の罪をなすりつける気かと思ったら、スレインを介抱したり、あっさり自分が反逆者だと認めたりで驚きました。
結局この人は、火星の王族も憎けりゃ地球人も憎いけど、恩人の息子への義理は通す義理堅さを持ってる人ってわけですかね。歪んだ真っ直ぐさと言うか、歪みと義理堅さが入り混じってると言うか、難儀な人だなあ。
多少好感度が上がった…、気がしないでもないですが、大半の関係ない地球人一般市民や、火星の一般兵士を直接的、間接的に殺しまくっているわけで、大迷惑な人には違いないですな。
ザーツバルムがスレインを助けた理由は、言葉通り「恩人の息子だから」ってだけと考えて良さそうでしょうか。あれだけぶちまけておいて、そこだけ嘘って事も無さそうな気がしますし。

お姉ちゃんのイナホに対する「理解ある姉」っぷりはちょっと笑いました。
姉的には、今のイナホの態度は「(姫様に)相当入れ込んでる顔」なんですか。視聴者的には全然分からなかったですよ。
仮にそれが正解だとすると、敵か味方かを判断するには早急すぎたコウモリ(スレイン)への対応も、「嫉妬が混じっていた」説が少し信ぴょう性を帯びてくることになっちゃうでしょうか(笑)
まあ、姉の意見が単に「恋愛脳すぎ」なだけという気もしますけどね。
とりあえずインコはがんばれと思いました。

大尉のリハビリはなかなか厳しそうですね。あんなカクカクポリゴンでもトラウマ大暴走とは。分割2クールのはずですけど、1クールラストまでに大尉が治るかどうかは怪しそうかなあ。
ヒュームレイの事を「殺した」事情はよく分かりました。でも、あれは仕方ないよなあ…。過去のことで大尉を責める事は出来ないと思いましたが、まあ肉親(妹)が大尉を憎むのもまた仕方ないか…。

回想に出てきた反重力ロボは、バリアロボ以来のチートロボでした。あれに戦車じゃどうあっても勝てないですよ。それでもイナホ+練習機ロボなら何とかしちゃうかも知れないですけど。

バリアロボと言えばシミュレーションに出てきましたが、あれ相手に普通の銃撃じゃ倒せないでしょうに、姉はどういうつもりでシミュレーションに出したのやら。
あのシミュレーションって、イナホがやったように「海に落とす」戦術まで再現出来るんですかね?

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 22話
影でよく分からなかったけど、ポルナレフめっさモリモリ喰われてますな。
どう見てもアヴドゥルの(額はまだしも)背中の傷より重症な気がするけど、戦いが終わればピンピンしてるあたり、ポルポルの頑丈さが恐ろしいですよ。

「YES I AM!」
で復活したアヴドゥルさんは、やっぱりどう見ても性格変わってますよねえ。ポルナレフが言う通り、やっぱり頭を撃たれたのが悪かったんでしょうか(^^;

前回のアヴドゥル父の寸劇の意味の無さが本当にヒドいですよ。
DIOの追っ手を欺くためとは言え、寸劇の時点で潜水艦も買い付けていたのだし、ポルナレフをからかう以外の意味って全然無かったですよね、アレ(^^;
と言うか、アヴドゥル父を描いた時点では荒木先生は本当に父親を仲間にするつもりだったところを急遽変更したんじゃないかと思えてなりません(^^;

カメオとのバトルは、ポルポルが偽妹を刺したりと少しオリジナルで水増しされてましたが、おかげでバトルのテンポがやや悪くなっていたのは否めない気がします。

■ソードアート・オンラインII 9話
アスナ達はOP描写の通りに試合観戦してましたが、キリトさんが新たな女子と組んでるところはまだ気付いてないようで残念です(笑)

それにしてもデス・ガンはチート祭りですな。
狙撃前からシノンに気付いてるわ、すぐに姿を消して神出鬼没だわ、「(キリト同様)川に逃れてスキャンを逃れた」説も怪しいものです。
キリトも十分チートですけど、キリトはまだ一応はゲームのシステム範囲内でのチートだと思いますが(システム外スキルとかはあるにしても)、
デス・ガンはそれ以上に、システムに干渉でもしてるんじゃないかと思えるレベルです。

本来はこの大会で撃たれて死んだら「DEAD表示でその場待機」だそうですが、ペイルライダーさんはディスコネクションで「死亡」してしまったようですけど、
こういう異常事態に運営は何も干渉しないんですかね。
運営が外国で日本政府が干渉出来ないみたいなことは言ってた気もしますけど、(SAO、ALOに続いて)GGOでも“また”運営が黒だったりするんでしょうか?

ところで先週コメントでも書きましたが、「撃たれて負けたら大会終了までその場でDEAD待機」という仕様は、「究極超人あ~る」の生徒会攻防戦での死体役を思い出す悲惨さです(笑)

デス・ガン=ラフコフだと言う事にアスナもクラインも気付きましたか。
クラインがそう判断した根拠はデス・ガンの発言「イッツ ショータイム」だそうで。…まさか、デス・ガンの正体はどこぞのネゴシエーターでしょーか(´・ω・`)
それにしても、今まで聞いたことのない「包丁使いのプー(?)」とか急に言われても誰のことか分からないですよ(^^;

キリトとシノンは一時共闘することになりましたが、そういうのは一応ルール的に有りなんですね。勿論最後までそういうわけにもいかないでしょうけど。
シノンへの「頼むよ相棒」のところは、キリトさんの天然たらしっぷりが光ってました(笑)

ラストはシノン絶体絶命で続きましたが、さてどうなるのやら。まさかここでシノンが死にはしないでしょうし、普通に考えれば次回冒頭でキリトがギリギリ駆けつけるんですかね。
「銃士X」=「しじゅう」の裏返し説はそれなりに説得力がありましたが、結局銃士Xはデス・ガンとは関係無いんですかね。単なる偶然なのか、それとも「銃士X(デス・ガン)」に瞬間移動能力でもあるんでしょーか。

デス・ガンの銃が「昔シノンが撃ち殺した強盗の銃」なのは大変に謎ですが、…まさか、デス・ガンの正体は死んだはずの強盗なんでしょーか(´・ω・`)
まあ、あの強盗の息子の帽子男が犯人とかかも知れませんけどね。(まだ疑ってるのか)

■烈車戦隊トッキュウジャー 26話
こんなに生き生きしてる明も珍しい。
これほど明が笑顔だったのは猫回以来でしょうか?

■仮面ライダー鎧武/ガイム 43話
紘汰はミッチに刺されて瀕死だわ、
舞は肉体的には死亡しちゃって、2Pカラーで魂だけの存在みたいになっちゃうわ、
ミッチは舞を失って生きた屍状態だわ、
ミッチ・戒斗・湊のゲネシスドライバーは戦極に破壊されるわ、
戒斗は「おれは人間をやめるぞ!戦極ーーッ!!」だわ、
戦極はアキラ的に壁にめり込んだ挙句に墜落死だわと、
今回は激動につぐ激動で、最初から最後までクライマックス過ぎる展開でした。終わりが近いとは言え何という状況の激変っぷり。

ミッチは、旧ドライバーは残ってるものの、さすがにもう戦闘的にはリタイアしそうですかね?
ここからラストまでは戒斗VS紘汰での決着になりそう…、でしょうか?
全然予想出来ないラストに辿り着くかも知れないですけど、オーバーロードもミッチも戦極もリタイアっぽいし、ラスボスとしては戒斗で決まりになりそうな気がします。サガラの可能性も無いでは無いですけどね。

紘汰VSミッチの決着は、腐った目線で見る人には楽しめそうな展開だなあと思いました。と言うかあの羽毛(?)はどこから湧いたのやら。後の掃除が大変そうですよ。
自分の罪を数えろ、…じゃなくて、自分の罪を許せと言われたミッチは果たして立ち直れるのかどうか分かりませんが、今回を生き延びたからには案外最後まで生き残れるかも知れません。

これまで要所で現れては思わせぶりなことだけを言っていた2Pカラー舞の謎が判明しましたが、つまり当人的にももっとちゃんと説明したかったけど出来なかったわけですか。
しかも、その行動がサガラに重要人物3人を早い段階で認識させることになっていたとは、皮肉ですなあ。

戒斗は、先週予告の段階で「単にバロンがパワーアップスするわけでは無い」のは分かってましたが、実を食っちゃった上で意識を保つとは。インベス王に俺はなる!
敵と同じ力で変身するという意味では、鎧武のライダーの中で誰よりも「仮面ライダー」らしくなったと言えなくもないかも知れません。
数話前の時点ではインベス化、オーバーロード化は紘汰の未来かと思えましたが、戒斗が先にそうなってしまうとは皮肉ですよ。

湊さんは、あの状態になってもなお戒斗の行く先を見守るつもりのようで、一途と言っていいですかね。
戦極のゲネシスとレモンエナジーを手に入れてましたけど、あのドライバーで変身したら、ミッチ→(偽)斬月・真のようにデュークの姿に変身することになるんでしょうか。体型に無理がある気もしますけど。
 →後日追記:予告をよく見たら一瞬だけマリカ出てますな。ピーチは無事だったから戦極のゲネシスでも普通にマリカになれるのね。

■ハイキュー!! 22話
影山の笑顔こええ。
ハイタッチしたり、日向を(上司っぽく)褒めたり、頑張ってるよ影山。
月島ともコミュニケーションしようとしたりして、影山頑張ってるなあとホッコリしました。
そして、影山の頑張りの裏で、スガさんの影響力のでかさがよく分かる回でした。

及川さんと岩ちゃんは昔からいいコンビですな。岩ちゃんは付き合いのいい人ですよ。

|

« 今週のアニメ特撮感想・水分(8/27分)とサンデー感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ40号感想 »

コメント

アルドノア・ゼロ 9話
ザーツバルム伯爵は、火星の支配構造の空虚さを語れるだけの視座を持ちながら、自作自演のアセイラム姫暗殺で開戦という陰謀を押し進めた、救われない人という印象になりました。もしかすると、陰謀を途中で止められることを少しだけ期待してたんだろうか・それがなかったことで、自分と自分の周囲の人間の下劣さみたいなものに絶望を深めたのだろうか、とも思いましたが。

副長・不見咲中佐の独白にも、艦長を背後から撃ちそうな不穏さを覚えましたが、二人が見てた地図の、海岸線のボロボロ具合も凄かったです。たぶん内陸部もヘブンズ・フォールの落下痕が無数に付いてるんでしょうね。艦長の副長イジリは、不見咲→不見識の言葉遊びなのかな、と思ったり(--;。

毬戸大尉のトラウマ・シーンでは、これまで出てきた「戦車から同僚を引き出そうと抱えていた」絵は、大尉自身の自己欺瞞の絵だったのかな、と思いました。拳銃で撃つところは、ほむほむが撃つ場面を思い出したり。

ライエは……まさか姫のアルドノア成分に憑依されて姫に偽装し成り済ましたりするんだろうか、そしてOP最後のシーンになるんだろうか、等と空想が。でもそれはミッチの道ですし、なんとも破滅に一直線ですね……。

投稿: 四国の者 | 2014年9月 1日 (月) 02時46分

今週のスレインいじめ
心をこめて送ったお守りが姫様殺害の凶器に…
スレインに直接のダメージはなくても、見ている側に重いです。
本当にこの製作者は性格悪いなw(一応褒めてます)

それにしても、ライエにしてもザーツバルムにしても果てはヴァース帝国そのものまで、
実に残念な人々というか集団だなと逆に感心。
でも、昨今の国際情勢を考えると妙なリアリティも感じてしまいます。

投稿: | 2014年9月 1日 (月) 03時05分

>鎧武
舞さんが円環の理に!
メインキャラのほとんどが人間やめちゃいました。

戒斗のオバロ化がキン肉マン並におかしい理論だと思いましたが意志の強さもあるんだろうねー

戦極は悪人らしい最後でしたがのめり込みはギャグかー
何気に自分より弱い相手か有利な状況でしか戦ってなかったのは悪人らしくていい。

兄さん復活→ミッチが改心したことを知らずにSASTUGAIとか…もう尺がないか

投稿: くらげ班長 | 2014年9月 1日 (月) 05時45分

>アルドノア
前回に使い手死亡→ドライブ停止の描写があった以上、少なくとも気絶ではなさそうに思えます。寝るのと気絶どう違うのかって問題もありますし。
まあ、心肺停止からイナホが人工呼吸という黄金パターンでお姉ちゃんの恋愛脳大当たり、位が妥当なところでしょうか。
今回の展開が予想の遥か上をすっ飛んでったので今度もガチ死亡も覚悟しないといけませんが。もしくは王族はアルドノアの力で死亡後再生する能力持ちで実は影武者など存在しなかったとか。

バリアロボシミュレーターは、背後に回り込み既に位置がわかってる通信穴を狙うっていうのが解法じゃないでしょうか。実戦ではどこに穴があるかわからないから水で探しましたが、もうわかってるわけですし。

そして大尉。この手のシチュエーションだと俺にかまわず逃げろ的なことを言われるのが多い中、出してくれ出してくれと連呼されるとか、そりゃもうトラウマになりますよという状況。ごめんね大尉。いままで無能扱いして…まあ回想での数でなんとかなる判断とかちょっとどうかと思うけど。

>SAO
狙撃回避については、射撃予測線が見えていた=シノンがあの場所に潜伏する前にグレネード撃って一人倒した時からその辺に居たけど気付けなかった、という事だと思われます。今回ラストの透明マントの伏線でしょう。

Pohはラフコフのリーダーで、アニメ一期の圏内事件の話で最後に出てきたラフコフ幹部三人集のうち、真ん中に居たフード被った男ですね。そういえばあの時アニメでは名前出てなかったような……
ちなみに、包丁使いと言っても実際にはダガー使いで、愛用してたのが友切り包丁(メイトチョッパー)という肉切り包丁(ミートチョッパー)のシャレアイテムだったのでそう呼ばれています。

あ、脱落者の皆さんは中継だけは見れるそうですよ。あ~る君と違って数時間で済むからマシと考えるべきか、食事届けて貰ったりできたサバゲの方が楽と考えるべきか……


>鎧武
頼れる仲間はだいたい人としては死んでいる……
あの羽根は倉庫に積んであった荷物ですね。ミッチがジャンプ中に邪魔だから薙払った時にドバッと散ってます。
今週は鬱すぎるせいか多すぎる羽根、いろんな意味で浮いてるぐっさん、めり込む戦極とシュールな絵面が多くわらっていいものやら。
オバロは、正式名称オーバーロード・インベスなので、インベス化しても意志を保てるならそれはオーバーロードなのでしょうね。
戒斗は種が入る→ドライバーで侵食抑える(超痛い)→体内に毒への抗体発生→実を食べて身体が変化するも抗体の作用で意志が残る……という理屈らしく、おそらくはこれを一気にやってしまうのが、フェムシンムがオーバーロードになるとき施すという「改造手術」なのでしょう。

投稿: | 2014年9月 1日 (月) 11時19分

>アルドノア
バリアロボは、確かに今なら弱点は分かってるのでそこを撃つことは出来ますね。
しかし、基本ワンオフで同じ機体が出てくる可能性は低そうなのが残念ではあります。

姫様については、気絶でドライブ停止ならさすがに危なすぎるし、本当に心停止したと考えるべきかも知れません。
そこから蘇生となるのかとは思いますが、ガチ死亡も有りそうなのが恐ろしいです。

スレインくんの不幸は今回少なめかとは思ったものの、お守りを使われてるあたりはやっぱり不幸ですねえ。

ライエの姫様化とかは、さすがに無いと思うんですが、この作品は何があってもおかしくないとは思います(^^;

>SAO
本当に透明マントとかだと恐るべきチートアイテムですね。ハリーめ!
プーさんはアニメの圏内事件で意味ありげに出てそれっきりだった人ですか。SAO本編ではまさかあれっきりになるとは思いませんでした。

脱落組のみなさんは、視線もあの場所固定だったらムゴいと思いましたが、観戦可能なのは良かったです。
ところで、大会中にトイレに行きたくなったらどうすればいいんですかね。

>鎧武
レギュラーがことごとく人外化したり人として終わったりで凄い状況ですね。
黄金の果実で過去が変えられないとなった以上「リセットエンド」も無さそうですし、本当にほぼ全滅エンドも有り得そうです。
まあ、次のMOVIE大戦をどうするかということもあるだろうし全滅は無いかも知れませんが。(…とも言い切れないか?)

インベスとオーバーロードの差って、実際「意思が残ってるかどうか」くらいの差なのかもですね。

兄さんは、もう復活は無さそうな気がしてきました。
本編で復活せずに、特別編とか映画で復活とかは…、有り得そうで怖い(^^;
そういえば、ジンバーメロンはもう実現しそうにないですかね。

投稿: でんでん | 2014年9月 1日 (月) 22時05分

>SAO
ログアウト禁止中のトイレは、よっぽど切羽詰まっていれば機械側で異常を感知して強制ログアウトしてくれるはずです。シノンは夏場に冷たい水がぶ飲みしてからゲーム始めて、腹痛→強制ログアウト→トイレ駆け込んで再ログイン→死んでたという悲しい経験があるそうで……
まあ、Bobのログアウト禁止への抜け穴としては、勝ってる間に落ちる可能性があるから使えないでしょうけど。

ちなみ、シノン曰わく快適にプレイするならログイン前の飲食は避けるべし、だそうです。

投稿: | 2014年9月 2日 (火) 10時20分

>トイレ
なるほどそんな仕様が。
SAOで意識不明で入院してた人達を思うとほんと大変そうですよ;

投稿: でんでん | 2014年9月 2日 (火) 22時23分

こんばんは
以下鎧武の批判且つ罵詈雑言が含まれますので、不快な面がございましたら削除してください

なんというか虚淵氏って特撮嘗めてません
ここまできたらフォローできませんよ、少なくとも私は
まずとにかく鬱、グロやるぞって考えでもっとコウタやミッチその他大勢のキャラ掘り下げしましょうよ
なんでミッチが舞好きになったのかってことのほうが大事ですし、こんな表面だけの鬱見ても萎えますよ
今回のにいたってわ、貞子みたいなことやるサガラや、壁めり込みとかギャグでやってんですかコレ?
これがシリアスのためにだったら呆れて物も言えません
しかも金髪舞が未来から来て、会話もポエムみたいになるというまどマギの設定ほぼ使いまわしてる上にこれですか
PもPで特オタから大いに嫌われてるPですのでこんなんで良い作品できれば苦労しませんよ

投稿: | 2014年9月 2日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・水分(8/27分)とサンデー感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ40号感想 »