« 週刊少年ジャンプ42号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・月~火分(9/15~16分) »

2014年9月14日 (日)

今週のアニメ特撮感想・木~日分(9/11~14分)

■スペース☆ダンディ 23話
なんというトレンディっぷり。
録画していたアオイホノオと続けてみたら80年代にトリップしたかのようでしたよ。
結局引っ付かないオチが本作らしいですが、男運の悪いスカーレッ的にはダンディと上手くいかなくて良かったんじゃないかと思わないでもありません。

それにしてもこんなに未登録エイリアンを捕まえるダンディって始めて見ましたよ。

■グラスリップ 11話
妹がんばったなあと思いました。

■アルドノア・ゼロ 11話
ザーツバルム伯爵襲来で決戦に突入。
分割2クールで次回で前半戦終了のはずなので、ここでザーツバルムを倒して火星に連絡を付けて一時休戦…、というあたりが普通に考えられそうな展開ですが、さてどうなるやら。

とりあえず、イナホ、アセイラム姫、スレイン君のメイン3人はさすがに死なないだろうと思いますけど(たぶん)、他の面々は誰が死んでも不思議じゃない気がしますよ。
地下基地に残ってるエデルリッゾにセラムも、揚陸城に乗り込んだお姉ちゃんにインコも、揚陸城に文字通り突っ込んだデューカリオンに乗ってた面々も、誰もがかなり危険な状況にいるのは間違いないのでドキドキです。
と言うかデューカリオン組はあんな落下突入をしてしまった時点で死者が出ててもおかしくないのですけど(^^;

それにしても、ザーツバルムの部下は意志が徹底してますな。
一般兵までもが姫を殺すことに全く躊躇しないあたり、姫の(王族の)不徳なのやら、ザーツバルムの人望なのやら、そもそもザーツバルムが王族に反感を持ってる人達を集めたということなのか…、
ともかく、こんな状況ではさすがの姫様も自棄になっても仕方ないかなと思いました。
しかし、エデルリッゾに当たり散らしてしまってから落ち着きを取り戻すと、自ら揚陸城に乗り込む提案をするあたりは姫様は剛の者ですよ。実に頼もしい。

一方で我らがスレイン君は、てっきりクルーテオ伯爵のロボを使うのかと思いきや、スカイキャリアで脱出してその後は生身ですか。
前回ラストではいかにもスレインがクルーテオロボに乗りそうな流れだったのでちょっと意外でしたが、そもそもスカイキャリアは操縦出来てもロボの操縦訓練をしてるかどうか分かりませんしね。ドライブを起動出来るかも疑問だし。
姫様とは結局スレ違いになってしまったけど、次回でスレイン君に活躍の場があるのかどうかが不安です。せめてエデルリッゾと合流出来ればいいんですけどね。最後まで合流出来ないままなんてことが…、本当にありそうで困る(^^;

ところで、冒頭で前回のシーンが出てあらためて思いましたが、ザーツバルムがスレイン君の手錠の鎖だけを撃って、その後ろにあるスレイン君の身体が無傷なのが不思議です。

今回はエデルリッゾの活躍が印象的でした。幼女なのに運転技術すげえ。基地に侵入した敵がまだ一杯いますけど、無事に生き延びてほしいものです。
アクセルやブレーキに足が届くのだろうかと思わないでもないですが、バイファムみたいに高下駄でも用意したんじゃないですかね。(適当)
ライエの方は活躍シーンがあって良かったですな。

イナホがナチュラルに作戦参謀になっているのにちょっと笑いました。まあ一番実績ありますから分かりますけどね。

デコイカタクラフトが実にガンダム的なバルーンダミーでちょっと笑いました。

ザーツバルムのカタクラフトの能力は、変形とビームサーベルの他はミサイルとステルス能力ですか。強いと言えば強いけど、やっぱりバリアロボに比べるとそこまでチートという感じはしないかなと。
やっぱりバリアロボが最強だった気がしますよ。

■ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 24話
OPのSEうるせー!(笑)

女教皇戦の決着にして分割1期最終回。
前にも描いたけど、女教皇自体はシリーズ最後の敵としては物足りないものの、ここで区切ると、
「エジプト到着」「タロットの敵(ほぼ)終了」「仲間5人が勢揃いしている」「分割1期最後、分割2期最初ともに主人公の承太郎活躍回になる」「分割2期最初にて◯◯◯参入」
といった理由、で案外区切りどころとしては適してるんですよね。原作を読んでいた時はターニングポイント的な印象はあまり感じて無かったですけども。

あえて言えば花京院の「いろんな所を通りましたね」の発言が区切り目っぽいですが、そういえば「死神13」の話って結局仲間達にはしてないままなんですね。
誰も死神の暗示を持つ刺客がいないことを怪しく思わなかったのだろうかとか考えないでもありませんが、あの脳天気な連中だし、そんな細かいことなんて気にしないか。

「パンツー丸見え」もとても脳天気で笑いました。ポルポルはまだしも花京院までノリ良すぎですよ(笑)

女教皇戦では、敵スタンドを飲み込んだポルに対してハーミット&ハイエロファントの協力で「喉の奥に行く前に」吐き出させることに成功しましたが、
あんなに色々喋ったりしてる時間が経過してるのによく間に合ったものですよ。ジョジョで経過時間のこととか言っても仕方ないですけど!(第二部の崖落ちとか長かったよね…)

女教皇は原作以上に脅威感を感じる恐ろしい敵として描かれていましたが、それに対しての逆転方法が作戦でも何でもない、スタープラチナのパワー押しなあたりが、とても第三部らしい決着でした。
頭を使った策が逆転の決め手になることが多い歴代ジョジョの中で、第三部って力押しでの勝利が非常に多いのですな。勿論承太郎もかなり頭は切れるキャラなんですけど。
やはりスタープラチナの性能がチートすぎるのが原因でしょうけど、第三部が一番「ジャンプ漫画している」というのも理由かなと思います。時代ですかね。

ところで、海水に浸かった学生服って塩抜きが大変そうですね。ダークブルームーン戦で言うべきことでしたけど(笑)

今後の新たな刺客として「9人の男女」の情報が分割2期に先んじて出ましたが、動物とかも混じってるはずなんですけど、どういうカウントなんですかね。
ヌケサクあたりがカウントされてるとかでしょうか。まあ、ジョジョでそういう辺りに突っ込んでも仕方ないですけど(笑)

その情報を掴んだ男も殺されてしまったようですが、スピードワゴン財団でだけは働きたくないと思います。第二部以降どれだけの社員が死んでるのやら(^^;

今回はラストということでオリジナル要素が多かったですが、スージーQ婆ちゃんとジョセフ・承太郎との会話は良かったです。
あのスージーQの「分かってる」感じがいいですねえ。若い頃はただの軽い姉ちゃんだったのに、すっかりジョースター家の女になったものですよ。

再開は1月とのことで、1クール開くだけで済むようで良かったですよ。分割2期も楽しみにしています。

■ソードアート・オンラインII 11話
真面目にシリアスな話をしてる最中にシノンの尻が気になるキリトさん…(笑)

ファントム・バレット編クライマックス直前といった風ですが、結局洞窟でトラウマの話をして作戦を決めただけで終わってしまって、ちょっと焦れったくなってきました。次回で決着…するんですかね?
ところでシリアスな話をしてるのに、いちいち「たらこ、たらこ」と言われるのが笑えて困ります。

デス・ガンの殺人方法については、「デス・ガンは2人いる」のだろうということで、割と無難な結論でした。ますます帽子男が怪しくなってきましたよ。
1人が現実世界でターゲットを殺しているのだろうということですが、それって事前に住所を知って移動してセキュリティを突破して、それらをクリアした後にゲーム内とタイミングを合わせて殺人って、恐ろしく(無駄な)手間がかかってますね。

今回だと、ペイルライダーを殺した後で大会中にシノンの自宅に移動して乗り込まないといけないわけで、ペイルライダーさんの自宅が沖縄とか北海道とか海外とかだったら大変なところでした。
以前の描写からしてシノンは最初からターゲットだったみたいだし、ペイルライダーも移動距離を見越してターゲットに選んだのかも知れませんけどね。
ところでこれって、1人暮らしでセキュリティの甘い家に住んでる相手しかターゲットに出来ないですよね。その上でゲーム内とタイミングを合わせて殺すって、なんて意味の分からないこだわりやら。
こんな無駄で無意味な殺人に情熱をかけられる狂人っぷりが凄いですよ。狂人だからこそ殺人ギルドなんてものに加入してたんでしょうけど。

デス・ガンがターゲットの住所を知る方法は、透明マントをかぶって住所登録情報を入力してるところを背後から覗き見したと思われる…のだそうで。その光景を想像すると滑稽で笑っちゃいそうです。
そんな方法で個人情報が漏れるとか、セキュリティに問題ありすぎじゃないですかね、このゲーム。個人情報入力時に「本人の視覚だけにしか入力した文字を見えなくする」なんてことも出来そうなのになあ。
現代の銀行のATMの危機管理の方がまだマシなんじゃないかとさえ思えてしまいますよ。

キリトが予想した「デス・ガンの殺人方法」が正解なら、リアル住所を登録せずに、病院で看護師さんに守られてるキリトの身は安全ということになりますね。キリトが前面に出てシノンがバックアップするのは正解かと思われます。
まさか看護師が犯人…、なんてことはいくらなんでも無いか。そもそも帰還したSAOサバイバーを看護してた看護師さん本人がSAOサバイバーであるわけもなし。

と言うか、デス・ガンの登録名が「スティーブン」と分かった時点でキリトの任務は半ば達成出来てる気がしないでもありません。まあ、それが間違いないかを確認しないとコンプリートでは無いですけどね。ミスリードという可能性もありますし。

ところで洞窟内にまでカメラが入ってきてましたが、シノンとひっついている様子を観戦組に見られてないかが気になります。キリトさんピンチ!(笑)

クリスハイト(菊岡)に対するアスナの問い詰めっぷりは迫力でした。
アスナは病室に乗り込むつもりらしいですが、そこで美人看護師と2人きりでいるところを見られるわけですね。キリトさんピンチ!(笑)

■烈車戦隊トッキュウジャー 28話
ヒカリの野菜嫌いが何かの伏線になるのかと思ったらそんなことは無かったぜ。好き嫌いダメ的な教訓的なエピソードにでもなるのかと思いました。

今回はゲスト怪人は無しでノア夫人の羽にライトが操られる話でしたが、あんな能力があったとは。
頭に羽が刺さった人達が、HUNTERの針人間を思い出しましたが(つい先日アニメHUNTERで出てたし)、あっちと違って羽を抜いたら元に戻るのが気楽に見れていいですね。

しかし、暴れる1号を5人がかりでも抑えられないあたりは実に不自然さを感じました。お前らもうちょっと上手く押さえ込めよ(^^;
こういった戦闘以外の技能が必要になる場合、案外トッキュウジャーは応用力に欠けるなと分かりました。
キョウリュウジャーの獣電池とかシンケンジャーのモヂカラみたいな特殊能力が使えればもっと簡単だったんでしょうけどね。必殺技はゴレンジャーハリケーン的に応用力が高いんですけど。
ともあれ、ライトへの普段の不満を大爆発させて抑えるあたりは笑いました。

ノア夫人は、一応グリッタを取り戻そう的には動くことになるんでしょうか。グリッタへの親としての愛情がどれだけあったのかが謎なんですが。
ゼット皇帝はグリッタを消化しきれずに胸焼けを起こしてるようだし、グリッタ復活も期待は出来るかも知れません。

で、次回はまさかのシュバルツ仲間入りなんでしょうか?(笑)
明の例もあるし、敵からの仲間入りも案外本当にあるかも知れません。

あと、テレビマガジンDVDを見ましたが、人形を手につけてチケットくんとぺちぺち戦ってるシュバルツには和みました。

■仮面ライダー鎧武/ガイム 45話
そして紘汰と戒斗以外は誰もいなくなって最終決戦開始。
前回も出た1話冒頭映像でこの未来図は示唆されてはいましたが、数々のラスボス候補を乗り越えて結局戒斗がラスボスになってしまいましたか。(多分)

ザックと湊さんはやはり共倒れ的な形になりましたが、2人とも本当に死んじゃったんですかね?
切ないなあ…、と思ったけど、公式のストーリーを見るとザックは「意識を失ってしまった」だそうで、大丈夫なんでしょうか。オールアップも湊さんだけみたいですし。

ともあれ、裏切られたと知ってもザックのあり方を認める戒斗とザックとの対決シーンは名シーンでした。ザックは良いキャラに成長しましたよ。
湊さんの方は、いくら変身していてもビルから落ちたら死んだりもするんですねえ。湊さんも、最初はただの嫌な感じの敵で終わるキャラかと思ったのですけど、女の魅力のある良いキャラでしたよ。

ミッチは全てを失って黄昏れてますが、まだ何かやれる役割はあるんでしょうか。出番があっても「全ての決着が付いた後」になりそうな気がしないでもありません。
世界の命運を背負った者達に比べて「どれだけ恵まれてることか」とのまぼろし兄さんの言葉が印象的でした。
兄さんは未だにオールアップしてないようで、ラストでも出番がありそうですかね。きっとまぼろしでしょうけど(^^;

ところで、戒斗と話すザックのアップの向こうの遠景で橋の上で車が動いてたのが「ミスか?」と思いましたけど、あれもきっと救助隊の動きだったんだよと脳内補完すればいいかなと(^^;
救助隊によって生き残った凰蓮や城乃内達が助けられたのは良かったですよ。さすがに彼らはもうきっちり生き残れそうですかね。

紘汰が既に「実を食っても」平気になっているあたりは結構ショッキングなシーンでした。もう完全に戻れなくなっちゃってますねえ。
さて、どう決着を付けるのやら。

■ハイキュー!! 24話
青葉城西戦決着。
初めてチームメイトを信頼することを覚えたが故に攻撃を読まれたと言うのが皮肉ですが、大きな意味を持つ敗北経験だったかなと。
敗北後の先生やコーチの言葉が染みますよ。最後の泣きながらの食事風景がいいですねえ。
次回で最終回ということですが、まだまだここからが本番だし、またいずれ続きをやってほしいものですよ。

これだけ手強い青葉城西でも白鳥沢には勝ててないというのが壁の高さを感じますな。
それにしても青城の岩ちゃんの格好いいことですよ。

力が入りすぎてノートがぐしゃぐしゃになってる潔子さんが良かったです。

|

« 週刊少年ジャンプ42号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・月~火分(9/15~16分) »

コメント

アルドノア・ゼロ 11話
>> 一般兵までもが姫を殺すことに全く躊躇しない
テンプレならザーツバルムが「あの[姫殿下の映像]は地球人どもの創作である」とか檄を飛ばして煽動するところじゃないかな、と思いましたが。
で、なんとなくですが、日本で武士→戦国大名という変遷の中で衰退して行った朝廷の権威は、火星騎士と火星王家の関係性の変化に重ねることが出来るだろうか、と思ったり。
貴族の私兵が統治の実権を握り領民を支配する、歴史では12世紀~17世紀までの長い変化と、せいぜい三世代(実質50年くらい)の火星移民とでは違う要素が多い気もしますが。ザーツバルムは平氏なのか源氏なのか織田信長なのか(笑)。

エデルリッゾは、全く個性というか人間的な要素というか彼女個人のエピソードが描かれてないので、感情移入のとっかかりがなくて残念な感じです。

ライエが地球カタフラクトを入手する展開は、『Zガンダム』のジェリド墜落→カミーユのMk.II 強奪、を思い出しました。

ザーツバルムのミサイル攻撃ですらダメージを受けるデューカリオンが、猛烈な勢いで揚陸城に追突して中の人は大丈夫だろうか、ですが、あらかじめ衝撃が来る方向が判っていれば反重力機関で相殺可能かもしれない、と強引に理屈付けしました(苦笑)。

投稿: 四国の者 | 2014年9月14日 (日) 21時34分

>アル
しっかり一般兵が「姫を発見したら殺せ」って言っちゃってますからね。どれだけ王族嫌われてるのやらと思いました。
ザーさんは、自分的には明智光秀かなと。

エデルリッゾはこれまで姫様姫様というばかりでしたが、今回の出番でようやく名前を覚えました。生き延びて分割2期目ではキャラを深めてくれるといいですけどね。

デューカリオンは、中で巨大なエアバックでも膨らんだんじゃないでしょうか(笑)
普通に考えたらあの衝撃だと全滅でもおかしくなさそうです。

投稿: でんでん | 2014年9月14日 (日) 22時29分

>アルドノア
スレインくんが乗らなかったことで、揚陸城に突入したイナホと姫様がオレンジ大破後にクルーテオロボに乗り換えて最終戦、そのまま二期の主人公機になるって展開もあるような気がしてきました。
ついでにザーさんロボをスレインくんが引き継げばスカイキャリアー→変形機といい感じにイメージが引き継げるような。

それにしても、スレインくんがなにしようとしてるか全くわからないのが実に怖い。


>SAO2
今回、推理パートがすんっ…ごい改変されてて何だこりゃという展開でした。
まあ、結論は一緒なんですが、そこへ辿り着くための「ダインは撃たれない、ペイルライダーは撃たれる」「キリトは撃たれない、シノンは撃たれる」「ゼクシードは撃たれる、うす塩たらこは撃たれる」っていう取っ掛かりと、「シノンはたらこと前回大会後に少し話をしていて、たらこが自分と同じで賞品としてモデルガンを貰うと言っていた」という情報があって、ダインは賞品としてゲーム内の装飾アイテムを貰っていたこと、ゼクシードは実利のない装飾アイテムより高価なモデルガンを選ぶだろうこと、キリト自身は個人情報を入力していない事まで考えてようやく大会エントリーの入力が怪しいと辿り着くんですが…うーん…

後ろから覗き込む、についてはさすがに密着してたら透明でも気付かれるみたいですし、少し離れたら遠近エフェクトで見えないようにはなってるようですが、ALOでアスナが鳥かご脱出した時のように、鏡とかのアイテム経由だと普通に見えるんですよね…透明マントがなければさすがに無理でしょうけど、それ実装したなら少しは悪用考えとけよと…

なお、スティーブンについてはあくまでもGGOアバターの名前であって、知らなくちゃいけないのはその中身がSAOで名乗ってた名前です。キリトたちはコンバート組なんで同じ名前ですけど、あのデス☆ガンがそうという保証がないのがネックですね。

>鎧武
戒斗は完全に悪堕ちしているように振る舞ってますが、対戦したライダーを誰も殺してないことと運命を決める相手は絋汰がふさわしいってあたりから、絋汰に負けて納得したいって思いがあるように見えますね。
もちろん、これで勝ったら宣言通りに一人で世界に戦いを挑んじゃうんでしょうけど…

ミッチについては、どうも来週でストーリー決着、再来週はまるごとエピローグというペース配分っぽいですし、最終回で絋汰も戒斗も居なくなった街を守る為に一人で戦い続けるとか人外になった絋汰が去っていくのを見送るとかそういう人間の側に取り残されるエンディングになりそうですね…

投稿: | 2014年9月15日 (月) 00時08分

ディオスクリア(ザーツバルム卿の機体)は、一機だけの筈なのにデュカリオンに本人が現れると同時にライエのところになんかシンプルなデザインのが来てますので、自動操縦か遠隔操作の子機との分離合体機能も能力のうちだと思われます。
待たれよクルーテオ卿!しに来た時と比較すると、バックパックが分離するタイプでしょうか…

あと大尉、ついに機体のるの諦めちゃいましたね…

投稿: | 2014年9月15日 (月) 08時19分

>鎧武
戒斗の舞と湊に対する受け答えが正反対で面白い

ミッチは怪人化したコウタを知らずに殺す役

投稿: くらげ班長 | 2014年9月15日 (月) 10時03分

>アル
クルーテオロボはイナホが乗っちゃう展開もあるかも知れないですねえ。さすがに次回1期最終回で乗るかどうかは疑問ですけど。

ライエの前に出てきた三日月っぽいやつは、部下が乗ってる量産型か何かかと思ったのですが、子機なんですかね。

大尉は、ロボに乗せたら周りが迷惑しそうなのであれで正解かと思います。

>SAO
推理パートはそんなに変わってたのですか。トカゲとかで状況を表現していて分かりやすいなあとは思いましたけど、あのへんはアニメオリジナルなんですかね(^^;
ダインが撃たれなかったのも推理の条件になっていたとは、結局準備をしている相手しか殺せないわけですね。

鏡経由はなるほどアスナがやってましたね。ホントにセキュリティ甘いですねえ。

名前については誤解してました。GGOの名前でも分かったなら運営に連絡すればと思いますけど、国外運営だからすぐに対処してもらえないと。困った話ですねえ。

>鎧武
戒斗がライダーを殺してないってのはポイントですね。(戦極除く、…と言うか戦極も自滅みたいなものか)
実際止めてみせろみたいな気持ちもありそうですね。勝ち残ったら本当に言動を実行しちゃいそうですが。

ミッチは中盤で闇堕ちしたあたりでは、最後まで生き残れないかと思いましたが、(凰蓮とか少し外野組を別として)1人生き残らざるをえない立場になるかもですね。

投稿: でんでん | 2014年9月15日 (月) 11時04分

>トッキュウジャー
 拘束手段、あるにはあったはずですよ。「赤の」レールスラッシャー(剣)ですけど。
 なまじ普段あれを便利使いしすぎているものだから、「乗り換えてレッド」が封じられた途端どうしようもなくなったのでしょうね。

 またトッキュウジャーならではの要素として、「ライトを抑える自分たちがイメージできなかった」というのもあるかと。
 五人がかりなら「勝つ」ことくらいはイメージ可能だったでしょうけど、それでは殺してしまいかねないのが困ると。

 それで悩んでいたところ、「そんなに重たく考えなくても、ツッコミ入れて黙らせちゃったらいいんでしょ?」言われ解消したってことなのだろうと考えています。

投稿: kanata | 2014年9月15日 (月) 17時48分

そういえばあれは捕縛系でしたね。一番操られちゃいけない人が操られちゃったんですねえ。

投稿: でんでん | 2014年9月15日 (月) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ42号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・月~火分(9/15~16分) »