« 今週のアニメ特撮感想・水分(9/17分)とサンデー感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ43号感想 »

2014年9月21日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土~日分(9/20~21分)

ログ・ホライズン2期は制作会社が変わるようで、ちょっと不安なような。予告を見る限り、キャラの絵は固くなりそうで、雰囲気は結構変わっちゃいそうかなあ。期待はしてますけども。

◆ストライクウィッチーズ サン・トロンの雷鳴
ショートストーリー3部作の1作目が公開されたので観て来ました。

前情報はほとんど入れてなかったですが、TV版2と劇場版の間の時期(芳佳が魔力を失っていた時期)の、他のメンバーの話なわけですね。
そんなわけで今回はカールスラント組3人+ウルスラの話で、ハルトマンメインの姉妹の話でした。
民族衣装でドヤ顔なお姉ちゃんがナイスです。

TV版でテストに失敗したジェットストライカーを改良する話でしたが、ジェットはジェットでいいですが、やっぱり回転するプロペラが無くなるのは寂しいので、ここぞという時以外では今後もこれまで通りでレシプロ機でやって欲しいかなあ。

■スペース☆ダンディ 24話
二次元人と三次元人と四次元人の恋愛が大人だ…。

■グラスリップ 12話
ダビデママの幻惑ピアノすげえ(違)

■アルドノア・ゼロ 12話
分割1期最終回。
分割だから決着しないのは分かっていたものの、なんというモヤモヤ感…;
主人公も姫も死んじゃって(仮)、これからどうすんだよ;

スレイン君の行動の裏目っぷりが最後まで徹底していて泣けました。
クルーテオロボで突っ込んで結果的にザーツバルムを助けることになってしまったあたりはまだ「不幸」とも言えますが、イナホを撃ってしまったあたりはもう擁護出来ないよスレイン。あれは嫉妬か? 嫉妬なのか?
「コウモリ」の呼び名が相応しすぎてホント泣けます。フラフラしやがって…;
キノコのバリアロボ撃破後に姫を見つけたところで素直に合流してれば良かったのにねえ。

“また”死んじゃった姫ですが、さすがに今度は本当に死んでるんですかねえ?
背中だけじゃなく頭も撃たれちゃったみたいですが。
イナホが撃たれたのも、頭…みたいですかね。うーむ、ホント分割2期はどうするのやら。奇跡的に助かってるのか主人公交代なのか;
しかし、姫の消息が知れないってのはどういうことやら。遺体はスレインが持って行っちゃったのか?

倒れた姫に身体を引き摺って近づこうとするイナホは、本当に愛情的に姫を好きになってたんですかねえ。何を考えているのか分かりにくい主人公ですが、あのシーンでの回想的には。

揚陸城に乗り込んだお姉ちゃん、インコはまだ出番があったものの、デューカリオン組や地下基地残留組はほとんど出番が無くてちょっとがっかりでした。
デューカリオン組に関してはあの高度から落ちて生きていただけでもまた幸運だったと言えますけど、しかし、あれだけ過去トラウマで引っ張ってきて最後まで特に活躍しない大尉の扱いってばいったい…(^^;
地下のエデルリッゾもライエも特に見せ場なく終わってしまった感がありますが、エデルリッゾは火星兵に囲まれて投降していましたけど、バズーカーの直撃をくらっても大丈夫な車なのだし、車に引き篭もってても良かったんじゃないですかね。

戦闘では、スレインがクルーテオロボに乗り込んだあたりでは、イナホと共闘展開も有り得るか…、とまだ少し期待しなくもなかったですが、スレインが駆けつけた時点でほぼイナホさんが完勝していてちょっと笑いました。
あの全部乗せチートなザーツバルムロボ相手に(インコを囮にはしてたけど)ほぼ単独で勝ってしまうイナホさんが半端ねえ。

ザーツバルムロボは、合体機能がスーパーロボットすぎて笑いました。なにあの空気を読んでない合体バンク(笑)
合体に変形に暗号通信割り込みに無限ミサイルにバリアにビームサーベルにロケットパンチにと、なんですかあのチートっぷり。
てかあれだけ撃ちまくってるのに無限に湧いてくるミサイルが不思議です。機体内部で製造してるのか?
バリアについては、隙間があったりパンチを撃つときには解除が必要だったりと、弱点は引き継いでいるものの、キノコの時とは違ってバリア使用時にバリア内部から外部は普通に見れてましたけど、あれは普通に「目をバリアで覆ってない」ってことなんですかね。

さて、2期は本当にどうするんですかねえ。定番なら姫もイナホも何とか助かってるんでしょうけども、素直にそんな展開になるやらどうやら。
仮に助かったとしても、スレインの仲間入りなんてのはもう夢のまた夢って感じですね。

■ソードアート・オンラインII 12話
デス・ガンがペイルライダーを殺してからシノンを狙うまで30分しか経っていないことから、デス・ガン3人以上説が浮上。どうせなら13人いればスナイパーなゴルゴ13と死神13のダブル被りで楽しかったのにと思いました。
ところで、そもそも住所が近い人間をターゲットとしてピックアップして狙いをつけてた可能性もあるんじゃないかと思いましたけど。

闇風もデス・ガンのターゲットになっているかも知れないということで、闇風とデス・ガンの潰し合いを狙う作戦は消えたわけですが、闇風を先に倒したとしても大会では死体は残っているわけで、“死体”をデス・ガンが撃つ可能性とかはあったんでしょうか?
さすがにそれはデス・ガンの美学(笑)に反したりするのか?

強いと噂の闇風さんについては実にあっさりシノンに負けていてちょっと笑いましたけど、まあこの期に及んでデス・ガン戦以外を長々やられても困るし、あれくらいでいいか。

シノンのデス・ガンの相互武器破壊はなかなか格好良かったかと。
しかし、デス・ガンの銃が仕込み銃だったのは笑いましたよ。銃ゲームの最後の決戦(仮)が剣同士の斬り合いになるとは運営も予想外ですよ。
だいぶ違う気もしますけど、最後はモビルスーツでの殴り合いになったアムロとシャアを思い出さないでも無かったです。

次回は決着ですかね。

■烈車戦隊トッキュウジャー 29話
シュバルツとご飯の絵面に笑いましたが、結局シュバルツが食って無くてガッカリですよ。

シュバルツが結局裏切るのも予想の範疇ではありましたが、少しは仲間入りで7号化なんて可能性もあるかもと期待したので、そちらもやっぱり残念でした。
グリッタの敵討ちをしたいというのは本音のようだけど、敵の敵は味方とはいかないんですねえ。

■仮面ライダー鎧武/ガイム 45話
あと1話あるけどラストは番外編っぽいので今回が実質最終回…、だと思っていたのですが、予告からして普通に次回も話は繋がってるんですかね。次回は鎧武とドライブの無理矢理コラボ回なのかと思ってたんですけど。

戒斗と紘汰の決着は、やはりどちらかが死ななければならない戦いだったようで、切ない決着でした。最後の言葉が「お前は本当に強い」な辺りが最後まで戒斗らしいですよ。
…と、しんみりしたところで次回予告でも戒斗出ちゃってるんですけど、どういう扱いになるのやら。来週を見ないとはっきりとは言えないけど、こういう苦味のあるラストをやった後で番外編の都合であっさり復活とかだと萎えるんですが。

紘汰の「泣きながら進む」は、悩みながら戦い続けてきた紘汰らしい結論でした。
しかし、金髪紘汰には笑うしかありませんでした。これがアニメならまだそこまで違和感は感じなかったかも知れないけど、実写でこういう事をやると下手なコスプレにしか見えないのが辛いですな(^^;
紘汰と舞は旅立ちエンドになってしまいましたが、来週とか今後の映画とかどうするんでしょうねえ。

ヘルヘイムの実は(とりあえず)この世界から一掃されたみたいですが、仁藤(ビースト)とキマイラが手持ちの「実」が無くなった後どうしてるのかが気になりますよ。そもそも世界が違うっぽいですけども。

城乃内が初瀬ちゃんの死を知らないままらしいのは泣けます。城乃内の中では初瀬ちゃんはずっと行方不明のままなのだなあ…。
凰蓮と城乃内の師弟らしい会話には癒やされましたけども。

ザックは生きていてくれて良かったですよ。行き場の無いミッチにまた一緒に踊ろうと誘いかけてくれるザックが本当にいい奴だ…( ノД`)

ミッチは、罪を背負って後ろ向きに生きていくしかないのだろうかと思いましたけど、まさかの貴虎兄さん生還で救いがあったのは良かったですよ。あの状況で漂流して生きてたとは、兄さんの生命力はホントに凄いな!
紘汰と貴虎の会話での、「今の自分が嫌いなら新しい自分に変わればいい」は「変身」という番宣キーワードと上手くリンクして良かったですよ。
過ちを犯しても生まれ変わる事は出来るというのは前向きなメッセージかなと。勿論罪とは向かい合わないといけないと言う事が前提ですが。

兄さんの目覚めで締めくくったのは良かったのですけど、あまりに余韻無しで次回予告に突入してしまったのはちょっと苦笑しました(^^;

■ハイキュー!! 24話
最終回。
ここから先が本番とも言えるし、是非いずれ2期をやって欲しいところです。

敗北後の奮起と3年生残留問題が描かれましたが、シリーズの締めにはいい感じに相応しいエピソードだったかなと思います。
まあ、自分が3年だったら自分の進路が大事だしあっさり引退してるんでしょうけど(駄目駄目)(そもそも美術部だったし)

ジャンプして2階の手摺に捕まるって凄いですなあ。青春の暴走という感じで暴れる日向と影山の2人は面白かったです。暴れ疲れて変なポーズで寝ているところも笑えました。

ところで谷地さんがチラッとでも映らないかなと思いましたけど出なかったですね。ちょっと残念。

|

« 今週のアニメ特撮感想・水分(9/17分)とサンデー感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ43号感想 »

コメント

アルドノア・ゼロ 12話
「味方に銃を向ける奴はいない」
互いに銃口を向け合ってしまったイナホとスレイン。で、スレインは上記の言葉のままにオレンジ色を撃っちゃった、のかなと。でも、銃を向ける奴を問答無用で敵認定するのも頑迷固陋じゃないか、とスレインに問いたいと思いました。

ザーツバルムの懊悩の吐露は、何故かロッチナ@ボトムズの「私が異能者だったなら」という叫びを思い出しました。そして、ザーツバルムも理性と感情の間に揺れ続けるコウモリだった、と思え、だからスレインはザーツバルムが殺される場面に介入してしまったんじゃないか、と。

アセイラム姫もイナホもザーツバルム伯爵も、とりあえず生死不明だと思えます。

第2期で、スレインのアルドノアドライブ起動権が姫由来のもの・かつ・有効で、あるいは、デューカリオンのアルドノアドライブが稼動を続けていれば、少なくともアセイラム姫の身体は死んでない、ということかな、と。植物状態での延命処置をスレインがしていたとしても。
そしてスレインは、半身不随なザーツバルム伯爵の代行として火星騎士になってそうな気もしてますが、はたして(--;。

地球上の揚陸城/火星騎士が駆逐されたわけでは全くない状況からすると、アセイラム姫暗殺事件の真相を公にして、ザーツバルム伯爵という大物を倒したという実績があっても、火星騎士と地球軍の間で和平を結ぶにあたっては、地球の一部を火星人が支配することは認めざるを得ないんじゃないか、という気がしてます。

九死に一生を得たイナホが、止まっていたデューカリオンのアルドノアドライブを再起動できたら、それもまたアセイラム姫存命の証拠になると思います。

投稿: 四国の者 | 2014年9月21日 (日) 19時16分

>アルドノア・ゼロ
スレインが何故にイナホ撃ったのかと言うのはオレンジが姫を利用して始末する気だとかはたまた姫が騙されているだけとか思ってるのかもしれませんな。何にせよスレインのコウモリというのがここまで皮肉を帯びるとは思いませんでした。スレインの行動は最後はともかく(最後もスレインの考えがよく分かりませんし)大体空回りでして視聴者視点ではいつでも味方になれそうなものですが擦れ違いがここまで来るとは・・・虚淵脚本じゃなくなっても鬱展開。2期が望まれますなぁ

>SAO2
闇風さんは原作から描写がかなり削られているようです。まぁ、商品になる前の展開を少しだけ聞いたのですがweb版だと闇風さんあっさりだって聞きましたし死銃との戦いに集中して闇風は切ったって判断でしょうな。原作の闇風さんはOPにもありましたがあんなふうに超スピードで動く変態として描かれていました。てか、あれは人間の動きじゃあありませんよね。GGOがいくらプロのゲームで極AGIでも人間離れしている気がします。キリトやユージーンといいこの世界の廃人ゲーマーはゲームの中とは言え極めると反応速度が人間を超えるのでしょうか(笑)

投稿: 通りませ | 2014年9月21日 (日) 19時32分

>アル
うわっ、これで分割一期終わりって、ある意味、「Fate/zero」よりタチ悪いなぁ

関東だと、コレの後「劣等生」なんで、アルドノアの回復魔法で復活あり?のありかも、とか思っちゃいましたね

>SAO
狙撃試合で壊れたのスコープだけってのは幸いか
昔見た「シャタラー」って映画だと、スコープごと目を打ち抜かれてたな、なんて事を思い出しちゃいました

んー、銃をぶっ壊れたら、剣が出てきたでござる
つーか、キリトいなきゃ、意味無しじゃないですか
実体剣だから、それなりの重さはあるだろうし、銃の取り回し考えたら、かなり不利になる装備じゃないですかね

PS
あぁ、恐れていたことが
GGOの番外編時雨沢著で描き下ろしとか
だから、SAOに深入りして欲しくなかったのに・・・・

>トッキュウ
最初から騙されるんだろうな、と思っていたし、案の定かと
でも、グリッタの事だけは嘘ではないようで、これは意外
どこで心境の変化があったんだろうか

>鎧武
極フォーム、弱い弱いと思ってましたが、最後まで弱かった・・・・

今回で最終回なら綺麗に終わったのに
来週の蛇足感には不安しかないですねぇ

今回旅立って、次回に戻って来たじゃ、「恥ずかしながら帰ってきました」じゃ済みませんよ

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年9月22日 (月) 00時16分

>アルドノア・ゼロ
僕は逆で、ザーツバルムを助けてしまったのは何やってんねん?という気持ちが先立つし、イナホの方は精神的にグチャグチャ過ぎて無体なことをするのも分からないではないって感じです。
ザーツバルムが姫を殺そうとしていることなんて分かりきっているんだから、ザーツバルムと姫とどちらを選ぶか事前に覚悟を決められなかったのかなぁと思ってしまいます。
まあ決められないほうがスレインらしいとも思えるあたり、製作者の術中に嵌まっているんですが。

あと細かいですが、前回エデルリッゾが運転する車にロケットランチャーは命中したわけではなく、直前でライエの弾幕で爆発してますね。

ディアスクリア、中二マインド満載で楽しかったんですが、何故よりによってイナホが対戦した相手の能力ばかりなのかw
それにしても、ロケットパンチとバリアの同時使用不可だの、狭い場所でのロケットパンチの効果だの、実はバランス悪いのかもしれませんw あるいは、使い方がまずいのか。

>ハイキュー
全編通してハイクオリティのアニメ化で、スポーツアニメ=ガッカリだった時代を知るものとしては感慨深いです。
僕も動く谷地さんを見られなかったのは残念です。

投稿: | 2014年9月22日 (月) 00時45分

>アル
最後のあたりを観直してみましたが、描かれた範囲ではザーツバルムは死んではいないようですが、姫とイナホはやっぱり頭を撃たれてそうかなと。
「死んでない」とする場合、姫の方はまだ角度が微妙なので「かすっただけ」という理由付けが使えるかもですが、正面から頭を撃たれてるイナホの方は生きている言い訳が難しそうですね。
実はスレインの弾が麻酔銃だったとかトンデモ設定を付けるとか…(無理矢理過ぎ;)

スレインロボがオレンジロボに突っ込んだあたりもやっぱり偶然とかじゃなくて故意に突っ込んでるようで、スレインってホントにフラフラしてるなあとあらためて思いました。
その場その場の感情に流されまくってるあたり、銃や武器を与えたらいけない子だなあ、スレイン君。

エデルリッゾの車へのロケットランチャーは見返したら確かに直前で撃ち落とされてますね。なるほど。

ザーさんロボの能力が都合よく「イナホの対戦した能力」ばかりだったのは確かに気になりました。2話で出てた目からビームどか鞭とか電撃とかもいましたのに、初見の能力だったらもっとイナホも苦労したでしょうにねえ。

お兄さまの方は感想書いてないがながらも一応見てますが、あの回復魔法ってバックアップからの復元なんですよね。
バックアップを取った時期次第では、記憶もえらく前まで遡っちゃうのかと思うとなかなか恐ろしくはあります。まあ死ぬよりマシですが。

>ハイキュー
正直自分もスポーツアニメ=ガッカリの印象があってあまり期待していなかったのですが、予想以上のハイクオリティで最初から最後までがっつり楽しめました。
是非2期をやって谷地さんを動かしてほしいですねえ。

>SAO
闇風さんはOPに出てたっけと思いましたが、シノン相手に高速横移動してるのが闇風さんなんですかね?
確かに変態っぽい(笑)

スコープだけ破壊でその後ろの頭が無事ってのは不思議ではありますが、スコープを破壊した時点で弾も消えちゃう仕様とか?
…かと思ったら、シノンの撃った銃弾は岩を削ってから後ろの闇風さんを貫通してますし、不思議ですねえ。ヘカート2のスコープがそれだけ頑丈だったんでしょうか(^^;

デス・ガンの仕込み剣は、普通に考えたらデッドウェイトだし不利になりそうですね。仕込むならビーム刃でも仕込んでおけば良かったのに。(出来るかどうか謎だけど)

デス・ガンの名前は、キリトは聞いてなくてもアスナが知ってるなんてことは無いですかね。

>トッキュウ
確かにかなり心境の変化はあったようですねえ。

>鎧武
まあライダーの強さはメンタルとか話の状況で変わりまくりますし(^^;

来週予告でも鎧武が出てますけど、どういう扱いにするんですかね。
いっそ完全に番外編で別の話設定なら特にどうとも思わないですが、今回と話が繋がっていて、その上で「あっさり戻ってくる」とかだとガッカリですねえ。
まあ異世界にワープしただけなのだから戻ろうとすれば戻れるんじゃないかと思わないでも無いですが。

投稿: でんでん | 2014年9月22日 (月) 10時22分

アルドノア・ゼロ 12話
>> ザーさんロボの能力が都合よく「イナホの対戦した能力」ばかりだった
ザーツバルムのディオスクリアの変形分離組み換え増設ゲタ履かせは、芯ロボに他のロボの良い点を取り入れて行った結果ではないか、という仮定を、先ず考えて。
ニロケラス/トリルランの次元バリアーは、手下のロボなので一番簡単に解析入手できそうです。
アルギュレ/ヴラドの光の剣は、懇意にしてるクルーテオ伯爵の手下(?) ということで、それなりの対価で技術情報を得られた可能性が高いと考えます。
ヘラス/フェミーアンの拳属が謎ですが、ザーツバルムの故婚約者の女騎士つながりとか、若そうなので伯爵騎士になる時にザーツバルムが助力・後援・後見したとか、彼女が身内に近い立ち位置だった可能性は幾つか考えられると思います。また、彼女の地球降下位置がクルーテオ伯爵の位置に近かったのも、身内的な関係だったから、という可能性も。あるいは、元々ディオスクリアの眷属の方が元ネタで、ヘラス/フェミーアンに技術供与した可能性も、無いとは言えませんし。
光線ロボと落雷ロボと触手ロボの火星騎士は、そう考えると、クルーテオやザーツバルムとは仲が良いとは言えない相手なのかもしれませんね。

投稿: 四国の者 | 2014年9月22日 (月) 20時05分

ロボの開発がどういう形で行われてるか次第ですかねえ。騎士が能力を注文してるのか、それとも既にある能力を分配してるのか。
ザーさんロボだけがあれだけ能力てんこ盛りなのは爵位が高いからとかなんだろうかと想いましたけど、ロケットパンチ姐さんもザーさんと同じ伯爵なんですね。

投稿: でんでん | 2014年9月23日 (火) 14時23分

アルドノア・ゼロ 第2期
アルドノアドライブ起動権を与えた者が死亡したら、与えられた者の起動権はどうなるのか、と、ふと。
もし姫が死亡してなくて、騎士たちに起動権を下賜した寝たきり皇帝が死亡したら、姫由来の起動権を持つと思われるスレインと、あれで死んでなければイナホも、この二人以外、全ての火星騎士が戦闘能力を喪失する可能性が。
そうなれば、スレインvsイナホの一騎討ち展開が期待できるかも(笑)。
スレイン専用火星カタフラクトとイナホ・デューカリオンとか。あるいは、地球連合軍が接収したであろうザーツバルム揚陸城にタルシスかディオスクリアが残っていれば、それをイナホ用カタフラクトにすれば(--;。
姫と火星のアルドノア本体をどうするか、は思い付きませんけど。

投稿: 四国の者 | 2014年9月24日 (水) 09時26分

>アルドノア
スレインてめぇ……
スカイキャリアで飛び出しておいて何もせず戻って飛び出す前に居たところにある機体に乗り換えるのを含めて、彼は目の前の事にしか対処出来ないタイプなのかもしれません。先の先まで考えるイナホとの対処的にも。
撃った理由は結局のところ混乱と嫉妬だったようで……種子島で撃墜された後地球側に捕まっていれば!

二人が撃たれたことについては、まあ大丈夫じゃないですかね。火星の秘密とかイナホの過去とか美味しい伏線残ってますし。あのパイロット用エアバッグがいい感じに直撃を避けてくれたとかでイナホは頭ぐるんって回してたから側頭部に当たったとか……結果撃たれた側の目が見えなくなって隻眼になったりするとスレイプニル(オレンジ)に続投フラグが。

ザーさんロボですが、バリア張ってる間はちゃんとモニターが黒かったと思いますので、移動中とかは解除してたんじゃないですかね。張りっぱなしだと壁に接触した時に外へ放り出されそうですし。

>SAO2
闇風さんはシノンの腕でも移動中に当てられる気がせず、牽制で足を止めたいけどそれすると予測線出ちゃって以後はアドリブで避けられそうという割と詰んだ状況でした。結果、自分の存在がバレてないからキリトを攻撃するために足を止めたところを撃つしかないという結論に。
実際のところ、キリトに近づいたらどっからか無音で狙撃弾飛んできたんで足を止めたところで別の方向から撃たれたという闇風的には何人がかりなんだよと文句言いたい状況なので、わりと可哀想。吹っ飛び方もギャグっぽかったし。
ちなみに、原作の彼はその状況でも足を止めず、岩陰へと無理に方向転換しようとして速度が落ちたところで狙撃されました。

なお、シノンが無事だったのは、予測線が自分の顔に向いてたので撃ったあと肉眼で状況確認すべくスコープから目を離そうとしていたからです。原作ではそのままスコープ覗いてたら即死だったというモノローグもありました。

>鎧武
戒斗さん、あれで死んだんですかね。
サガラと喋ってる間とかなんかずっと死体放置されてましたけど、他のオーバーロードは死んだらサラサラサラ……って消えてったので、案外普通に起き上がってきたんじゃないかなあとか思いました。
普通は魔王だのなんだの言って負けたら恥ずかしくて昔の仲間の前に出れませんが、彼の鋼のメンタルなら翌日に平気な顔でドルーパーズ来てコーヒーとか飲んでてもおかしくないので。

投稿: | 2014年9月24日 (水) 13時33分

>アル
皇帝が死んだら騎士全員無力化だとかだと脆弱にもほどがあるシステムですね。実際そうなりそうな気もしますけど。
とりあえず2期ではビームやムチや電撃のカタクラフトと戦うんじゃないかと思うのですけどね。

スレインは、これまでの話では不幸で同情心が湧いてましたが、最終回ですっかり「駄目駄目な子」に天秤が傾ききってしまいました。ホント目の前のことにしか対処出来てないですよねえ。

>SAO
闇風さん不幸(笑)
でもまあ、下手すればデス・ガンに殺されるかも知れないところを助かった(のかも知れない)のだから、まあ良かったんじゃないでしょうか。
シノンのスコープについてはちゃんとそういう説明があるのですね。なるほど。

>鎧武
確かに、生きていたならあんな状況の後でも確かに戒斗さんの面の皮なら平気でパーラーに顔出ししそうではあります。まあ、食事は出来ないでしょうけど。
しかし、もし生きていたなら他のインベスとかと同様に新天地の星に飛ばされちゃってるんじゃないかとも思えます(^^;

投稿: でんでん | 2014年9月24日 (水) 21時39分

>アル
気になるのはサブタイのサブタイ「Childhood's End」
クラークの「幼年期の終わり」の原題なんですが、展開も同じで二期はいきなり十数年後なんてことはならないかなぁ・・・・・
(「アゲ」の悲劇は繰り返さないで欲しいところ)

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年9月26日 (金) 01時35分

あの状況から十数年レベルで飛ばされたらたまらないですねえ;

投稿: でんでん | 2014年9月26日 (金) 07時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・水分(9/17分)とサンデー感想 | トップページ | 週刊少年ジャンプ43号感想 »