« 週刊少年ジャンプ47号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~金分(10/23~24分) »

2014年10月22日 (水)

今週のアニメ特撮感想・月~水分(10/20~22分)

■弱虫ペダル GRANDE ROAD 3話
もう少しでゴールというところで御堂筋の過去回想。
確かに悲しい過去なのですが、この回想を描いた上で負けさせるのが酷ですな。御堂筋の象徴の歯まで欠けてるし。まあ1人であれだけ他校エースと渡り合っていたら限界が来るのも当たり前ですけどね。
しかし、こんな過去がありながら今泉に母親が死んだネタを吹っかけていたあたり、凄いメンタルというべきなのやらどうやら。

こんな話をやった後での福富予告と提供がヒドい(^^;

■寄生獣 セイの格率 1話
新番組。原作既読。
最初にキャラデザインを見た時は盛大に「無いわーーー」と思ったものですが、
関東よりかなり遅れての放送なので、待ってる間に「デザインはともかく出来はいいらしい」との噂が嫌でも目に入って、まあニュートラルな気持ちで見ればいいやと心の準備は出来ていました。
見た結果としては、確かに意外と悪くなかったかも知れません。まあ、やっぱり原作の無機質な絵の方が作風には合ってるという気持ちはありますけどね。

アニメのシンイチは何故メガネなのだろうと思ってましたが、OPの最後を見る限りイメチェン後のギャップを出すためですか。
シンイチがウトウトしてる時でもスマホでミギーが情報収集してたり、変なことがあったらすぐ検索する辺りは時代を活かした面白い改変ですかね。

最後に出たのは殺人鬼の浦上ですか?
他はまだしも浦上だけはイメージがあまりに違いすぎるような。もっと物静かなイメージなんだけどなあ。

ミギーの声は悪くありませんでした。「男の声のイメージだった」という意見をチラホラ見たけど、自分は特にそういうイメージは無かったんですよね。

■甘城ブリリアントパーク 3話
「一度でも無料を認めたらゲストは二度と有料を受け入れてくれない」
ごもっともごもっとも。
投げ売り商法はやっぱり首を絞めるだけだよな、…とMのマークを脳裏に浮かべながら思いました。

それにしても、今回も順調にマスコット達はダメダメですな。ブーイングは掃除くらい自主的にやってからしろと言いたい。
モッフルに関しては、無料の件や告知なし休業の件ではいい事を言ってたり、ゲストを馬鹿にされて怒ったりと、一見まともな面もあるのですが、一方で年に一度は客と暴力事件とか…、駄目駄目じゃないですかー;;;
いやまあ、何だか結果オーライみたいになってたし、あの客は酷かったけどマスコットが暴力で解決したらアカンだろ(^^;

主人公としては、パークの立て直しのための直接的な手段も大事だけど、何より従業員達の意識改革が最大の課題ですな。本来主人公にそんな責任も無いのでしょうけど。
ところで主人公ってもう学校行ってない?

自分だったらあの水着動画を見てパークに行きたくなるかどうかと考えると、特に行こうとは思わないだろうなあ。当人も勿論「あの動画を見て来るのは1%以下」と分かってるけど。

■ガンダムビルドファイターズトライ 3話
ギアナで修行中て…、どれだけドモンなんだよ師匠!
このドモンっぽい師匠がどう思うかはともかく、拳法の師匠に「ガンプラで拳法を極めます!」とか言ったら普通は怒られそうですよ。
まあ、正体が前作の既出キャラかどうかはともかく、師匠もガンプラやってそうですけど。

ところで、ポケットからガンプラを出してた先代に対して、セカイは懐からガンプラかよ!
四次元ポケットなり四次元懐でもあるのかこの世界は!(笑)

前回まで割とシリアスキャラを気取っていたユウマの、セカイ姉を前にしての爽やかな変貌っぷりには吹きました。恋すると人はこんなに変わってしまうのか?(笑)
キノコ部長も恋人が出来てすっかり人が変わってるしなあ。

ハイメガキャノンモックには吹きました。モックってすっかり練習用対戦相手になってるのね。

セカイが射撃が駄目なのは想定内でしたが、一方でユウマの近接戦スキルがどの程度のものかが気になるところです。まあそちらは駄目駄目ってほどでは無いんでしょうけど。
セカイとユウマの凸凹コンビっぷりはなかなか楽しいかなと。

グフR35の久々の登場でしたが、7年経ってるんだからそこは「グフR42」じゃないんですか!?
永遠の35歳なんですかラルさん!?
ところで対グフ戦もそのうちやって欲しいところです。

そして今回のメインイベントはギャン子でしたが、ガタイのいい系女子ながら惚れっぽいチョロさが面白かわいい、良いキャラでした。てかブラコンなのか(笑)
R・ギャギャはなかなかいいデザインでした。そういえばR・ジャジャってHGUCは出てないんでしたっけ。こういう形で未出の機体がキット化されるってのはいいですねえ。

練習試合の最後はコロニーから放り出されそうなR・ギャギャを救出しての締めでしたが、あれって放っておいてコロニーから吸いだされてたらどういう扱いになったんですかね。
なんだか普通に宇宙戦に移行しそうな気もしたのですけど、やっぱり吸いだされる力はかなり強そうだし、場外扱いで聖オデッサの負けになっていたんでしょうか。

さて、ギャン子はチョロくセカイに惚れてしまったようですが、カップリングはセカイとフミナかと思ってたけど、ややこしいことになりそうですな。
当初想定していたセカイ-フミナ-ユウマの三角関係が回避された様子かと思ったら、こっちで三角関係になっちゃうのか、あるいは、フミナは全然ラブコメには絡まなかったりなんてこともあるんでしょーか。

■ヤマノススメ セカンドシーズン 15話
かえでさんメイン回。
心配してくれる友達はありがたいやね。

思い出のレインコートを手に持って「会いたいよ…」とか切なそうに言って空にゆうかが浮かんでるあたりは、まるでもう会えなくなった人みたいだったじゃないですか。
まあ原作既読なので普通に今も一緒に仲良くしてるのは分かってたんですが。

◆週刊少年サンデー47号
・絶対可憐チルドレン
「ああこれで澪達をびっくりさせられると思ったら、 もう3人のあきれる顔が見たい一心で、他の事はあんまり…」
「こいつ出たての芸人か」

生徒会長兵部を前にしたパンドラ年少組(パティ除く)の反応が素晴らしかったです。そりゃあ兵部も張り切りよね。

兵部が来たのは松風くん目当て(かも知れない)と言うことで、ホントに中心人物っぽくなってきたなあ。

・BIRDMEN
鴨田くんファイト…;

5人(と言うより鷹山以外の4人)が馬鹿をやってる間に“敵”も動き出したようで、シリアス展開も近いんでしょうか。

・NOBELU -演-
2人して“ママ”に首を絞められてるところが何だか凄い絵面です;

|

« 週刊少年ジャンプ47号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~金分(10/23~24分) »

コメント

>ビルダー
一話でセカイが初めてガンプラ動かした時に移動しすぎてフィールドの端から落ちそうになってたので、吸い出された結果フィールドから飛び出して落下→床激突粉砕!になると思ったのではないでしょうか。

そういえば今回の試合開始前にダメージゼロとかなんとかコール入ってましたし、この時代のシステムではプラモへのダメージ反映カットできるんですかね。
本大会はともかく、当面はそうしとかないとバーニングガンダムが壊れたら直せなさそうですし。プラモ部分はともかく、RGシステムなりなんなりのセイオリジナル技術も入ってるでしょうし。

投稿: | 2014年10月23日 (木) 10時48分

>トライ
吸い出されたら壊れるかも、という思いは確かにありそうですね。

ダメージゼロコールは気付かなかったですが、ダメージカットが選べるなら練習試合にはもってこいですね。
と言うか、普通にダメージゼロの方が競技人口は増えそうな気もしますけど。
バーニングガンダムの修理は、やっぱりユウマが面倒を見ることになるんですかねえ。

投稿: でんでん | 2014年10月23日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ47号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~金分(10/23~24分) »