« 今週のアニメ特撮感想・月~木分(9/29~10/2分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(10/5分) »

2014年10月 4日 (土)

今週のアニメ特撮感想・金~土分(10/3~4分)

■ガンダム Gのレコンギスタ 1・2話
新番組。
先行上映で1~3話までは視聴済みで、かなり楽しみにしていました。なお、先行版の感想はこちら

関西ですが何故かタイトルが「らいよんチャンネル」として録画されていたので焦りました。中身はちゃんとGレコが録れていて良かったですが、まさか今後も「らいよんチェンネル」として録画されるんじゃないだろうな(^^;
とりあえずBSでも録画することにしました。

ほぼ説明なしで独自の専門用語山盛りでどんどん話が進むあたりが富野監督らしいですが、先行版を見てから再見すると大分分かりやすかった気もします。
情報量も専門用語も多いけど話の流れ自体は割とシンプルなんですよね。人物の言動はエキセントリックだったりしますけど。
情報の洪水で未知の世界観に浸されていく感覚は快感でした。
基本的にはエンディングで歌ってる通りに元気なノリで進んでいきそうなので今後も楽しみですよ。

(3話まで見たから思うことかも知れませんが)人間関係もこの先どんどん変わっていきそうなのが面白そうです。
エンディングで敵味方陣営関係無しに肩を組んでたりするあたりでも、人間関係の移り変わりを感じたりしますけど、2話で死んじゃってるカーヒルとも腕を組んだりしてるし、本編の内容とはあまり関係無いかもですね。
と言うか、仮面先輩は何やってるんですか!(^^;
仮面先輩とは敵対することになるんですかね。先輩の…、と言うより主人公の立ち位置がどうなるのやら。

エンディングはクセになりまくりで何度も繰り返して見ちゃってますが、「元気のG」はともかく「はじまりのG」ってどういうことなんですかね(^^;)、やっぱり「はGまり」なのか!?

それにしても、あらためて見てもやっぱりアイーダさんはへっぽこキャラですな。
G-セルフは私以外動かせません(ドヤ顔)と言った直後にベルリに動かされたり、G-セルフは自分が名付けたとかドヤっているあたりが愛らしいです(笑)

明るめの印象の割にきっちり人が死ぬ容赦の無さはやっぱり富野作品かなと。主人公の動じなさがUCでのバナージを見た後だと際立ちます。
アイーダがいるのに百烈拳で攻撃しまくりなカーヒルは反撃されても仕方ないですけどね。ところでカーヒルを失って泣き崩れた直後にエンディングで元気に飛び跳ねてるアイーダさんはちょっと泣けそうになりますよ(^^;

G-セルフに乗れる人間は目にアイリスサインとやらが現れてるらしいですが、カーヒルがモニタで見ていた場面でベルリ、アイーダは目が赤くなってるのに、Gに乗れるはずのラライヤの目が赤くなってないのが謎ですね。
乗れる乗れないってのは結局どういう条件なんでしょう。単純に体質や血統とかなのか、他の特殊要素なのか。
「偶然だろう」とか言ってるキャピタルガードのクンパ大佐のセリフからして、ベルリには何らかの特殊事情はありそうですけど。

コアファイターはどう機体に収まるのかと思ってましたが、オープニングからして背中から突き刺さる形式ですか。
クロスボーンを思い出しますが、コアファイターのコンパクトなサイズ的にはむしろバイファムのポッドに近い気もします。

1話ラストの「第一挙動」がとても印象深いシーンなのですが、アオイホノオのせいで「岡田斗司夫でーす\(^o^)/」と脳内で聞こえて困ります(苦笑)

クラシックなモビルスーツは、劇場で見た時は把握しきれませんでしたが、ザク、リックディアス、ガルバルディβ、ジェムズガン、ドム、ゴッグ、ガンキャノン、ジェガン、カプールってところですかね。
Vは詳しくないのでジェムズガンは調べて確認しましたけど(^^;
ファースト、Z、ZZ、逆シャア、Vから各種出ているわけで、富野ガンダムから満遍なく機体をチョイスしたってところでしょうか。
最低でもVから1000年以上経っているはずなのに、よく機体が残っているものですよ。既にナノスキンにでも覆われてるんですかね。

■ログ・ホライズン2 1話
2期開始。
キャラデザインは変わっているけど予想したほどには違和感は無かったかなと。まあ慣れそうですかね。

1期は原作5巻までだったので普通なら原作6巻から始まるところですが、原作とは構成を変えてきて7巻の話からスタート、と言うか特番でも言っていたけど同時進行なわけですね。
うまい具合に見せてくれる事を期待してます。
最後のシロエとアカツキのクリスマス描写はいきなりすっ飛ばしてきましたねえ。

1話早々シロエがアキバを離れる展開ですが、仲間に加わったリ=ガンさんの挙動が怪しさ大爆発で楽しいですよ。なんでいつも手をワキワキさせてるんだこの人(笑)

ちょくちょくリアル世界の描写が入っていたのが印象的でした。OPの様子からしても最後には現実世界への帰還の話が大きく動いちゃったりするんですかね。

かぼちゃ祭り(違)で、シロエが一般の冒険者からも気さくに話しかけられている描写はホッとしました。シロエの事を知りもせずに悪口を言う人もいるけど、親しく見える人以外にも普通に接してくれる人達がちゃんといるのね( ノД`)

|

« 今週のアニメ特撮感想・月~木分(9/29~10/2分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(10/5分) »

コメント

>ログホラ
先の展開もふくめたいい見せ方な1話でした。

平和なアキバ描写はハロウィンからクリスマス・イブと時間的な説明もできて一石二鳥

カナミはよく動くなあ。しかしケロナルド緑すぎ。

シロエに話しかけてたのはハーメルンから救出されて三日月同盟入ったメンバーなので好感度高い人たちですな。

モブで目立ってた狼頭と仲間たちはログホラ・テーブルトークRPGリプレイのキャラ
OPの乙女レイドメンバーにも入ってるからまた出番ありそう。

相変わらずEDはヒロイン度高いアカツキちゃんでした。

投稿: くらげ班長 | 2014年10月 4日 (土) 23時08分

ああ、あの人達は救出組でしたか。なるほど。

EDアカツキは凄いヒロインっぷりでした。やっぱり本作はアカツキがメインヒロインなんですねえ。

ケロナルドはあの格好のままで特に問題は無いんですかね(^^;

投稿: でんでん | 2014年10月 5日 (日) 08時11分

マスク変更と甲羅なくなっただけよね>けろ

シロエから見た恋愛ランクは
アカツキ>濡羽>ミノリ&梅子らしい
カナミは別格

投稿: くらげ班長 | 2014年10月 5日 (日) 09時06分

濡羽2位が不思議ですが趣味に合っちゃうんですかね。
ミノリは応援したくなるけど、無理だろうなあと見ていて思います。

投稿: でんでん | 2014年10月 5日 (日) 11時34分

>Gレコ
冨野って、視聴者置いてきぼり感がますます酷くなったような気がしますが、こっちが年喰ったせいなのだろうか・・・・
よくファーストについていけたものだなと、我れながら一瞬感心しましたが、再放送見るとサブタイ前に世界観を説明するNAを繰り返していたのは意味があったんだなぁ、と今更ながら実感

G-セルフ、主役機で「ガンダムなんとか」「なんやらガンダム」じゃないと、なんか違和感
G-アーマーとかG-フォートレスとかの支援機っぽい物のように感じますね
それに目が光ってる状態だとやけに愛嬌のある顔
どっかで見たことあるなぁって思ってたら、「スーパーヒーローなんとか」とかいうゲームのCM見てわかりました
目光状態だとエターナルっぽい

四角い顔のモビルスーツは見るたびに苦笑せざるえないというか
一昔前の戦隊物のテレビモチーフの怪人にありそうです

それとハロもどき
こっちはカワイクないなあ
ソニーのローリーっぽいというか
まぁ、アレがハロっぽかったんだろうけど

投稿: 通りすがりの・・・ | 2014年10月 6日 (月) 09時41分

>Gレコ
ターンエーやキンゲと比べてもちょっと敷居は高そうと言うか振り落とされる人が増えそうな気はしますね。

G-セルフの猫目っぽい顔のデザインは愛嬌と言うか可愛げがあって結構好きです。
レクテンのいかにも作業用といったデザインは自分は好きですねえ。現代のアシモとかから通じるものを感じます。そして将来的にはフラットとかに通じていきそうな感じかなと。

ハロBはあまり好みじゃないかなあ。

投稿: でんでん | 2014年10月 6日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・月~木分(9/29~10/2分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・日分(10/5分) »