« 週刊少年ジャンプ11号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~金分(2/18~19分) »

2016年2月17日 (水)

今週のアニメ特撮感想・月~水分(2/15~17分)

■Dimension W 7話
今回は次の大きいエピソードの下ごしらえのプロローグ回と言う感じでした。色々準備してるのは分かるけど、現時点ではあまり言うことが無いかなと。
キョーマが出会ったショタ王子は義体ってことなんですかね。攻殻のパンドラと繋がりますな。

呉服屋の人はキョーマの姉、と言うか義姉ですかね?
なかなかいいキャラでした。
ミラとの関係をどう答えたのかが気になるので、そこは見せて欲しかったですよ。ぷぅ~です。

ルーザーの娘さんは今回はストレートな髪型に暗めの髪色で、これまででた2種の髪の中間という感じですな。まさか今後も出るたびに髪が違ったりするんでしょうか。

■ルパン三世 19話
辞めたのに家族を人質に働かされて、結局は家族ごと始末されかける。なんてブラック企業だMI6;
とりあえずパーシバルが死んだみたいなので、ニクスの安全は確保された…んですかねえ。

ダヴィンチさんが実に便利なキャラになっていますが、最終的には敵対するのやらしないのやら。こういう超然としたキャラは明確には敵対しないエンドの方が好みかなあ。

■GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 18話
大事な式典中に皇帝暗殺でえらいこっちゃの巻。まだ死んだのかどうかは分かりませんが、最後は「イシャはどこだ!」と思いました。
誰も医者を呼ぼうとしないのがちょっと不思議ではあります。

予告の様子からみても、ゾルザル的にはめでたく(親父抜きで)皇帝に就任して「この世の春が来た」という状態になりそうですが、テューレも暗躍するだろうしロクなことにならないのが目に見えていますな。
ゾルザルとしても積極的に今更日本と戦争する気はないと思うのですが、どうテューレに引っ掻き回されることやら。

日本と帝国の講和交渉がこの影響でどうなるかは正直読めないですが、誰が犯人とされるかが気になるところです。
さすがに日本側が犯人扱いされるってのは無いと思うんですけどね。講和がうまくいきかけてる状況で日本側に皇帝暗殺のメリットが何一つないし。

一方で、日本側としてはゾルザルを疑うことになりそうですな。そもそもノリコ暗殺未遂の容疑者としてゾルザルを疑ってるし、今回も菅原ゾルザルの様子を訝しむ描写を入れてましたし。
その状況でゾルザルが皇帝になってしまったら、日本としてどう交渉を進めるかは難しそうではあります。

ノリコ暗殺の件についてはテューレが勝手にやったのかと思ってましたが、ゾルザルも把握していたんですね。つまりテューレ→ゾルザル→指紋の執事→デリラの順番で提言・命令が回ってたわけだ。
仮にゾルザルがノリコ暗殺の件を知らないままで陥れられてたなら多少同情もしたかも知れないですが、知った上だったら全く同情しなくていいなと少しスッキリしました。

栗林にタコ殴りにされた件について「あの夜は敢えて抵抗しなかった」との発言はちょっと笑ってしまいました。そうだったのかー。(棒読み)

菅原が未来の嫁をゲットしていたのには笑いました。それにしても「私を利用してください」とかなかなか末恐ろしい12歳ですよ。

伊丹サイドの方は、2週間停職となったはずですが、レレイ達と一緒に魔法都市に行ってるのは「停職中」の出来事なんですかね。
とりあえず、貴族だの名誉族長だのの称号はともかく、ヤオの所有権には苦笑してしまいました。現代日本人としてはそんなことを言われても困る気がしますよ。

レレイの話がどう展開するのかさっぱり読めないですが、レレイ姉が髪色とかの見た目でも、感情的な性格でも、全く似ていないのはビックリでした。嫉妬深くて面倒そうな姉ちゃんだぜ。
ところで見た目だけで伊丹を下男と判断する宿屋の人は、確認もせずに見た目だけで判断とか嫌な社会だなあと思いました。

炎龍退治の件でレレイが「帝国の臣民と言える」とか言われてたのは笑いました。
本人は前に帝国民では無いとか言ってたと思いますけどね。
褒美がどうとか言ってたけど、皇帝暗殺の件で吹っ飛びそうではあります。

|

« 週刊少年ジャンプ11号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~金分(2/18~19分) »

コメント

導入部ということで、新キャラ登場やキョーマの過去の一端なんかに触れられましたが、ミラの「ぷぅ~です」がすべてを持って行った気がします笑

キョーマはなんだかんだで面倒見がいいですね~子供に好かれやすいのでしょうか。

最後に出たのが呉服屋の妹、雅さんですが、あの車に挟まっている状況は何度見てもよくわからないです笑
かなりのドジっ娘特性を感じますね。

投稿: HOKO | 2016年2月18日 (木) 11時58分

>W
「ぷぅ~です」はあの状況でそういうセリフが出ると想定していなかったこともあってインパクトがありました。
最後に出た人がキョーマの嫁(故人)ということなんですかね。車に挟まってるとか、パンをくわえてぶつかるより凄いですよ。

投稿: でんでん | 2016年2月18日 (木) 20時37分

>ルパン   前回からMI6がダヴィンチと組んでいるのか?疑問でしたが、MI6の方は、一応コントロールしているつもりだったみたいですね、ダヴィンチ
には、そのつもりはさらさらなかったみたいですが。ニクスとルパンが組むシーンは一度見てみたかったので満足してたが、1クール目から登場し続けて
きた危険な組織であるMI6のラストとしては、かなり間抜けな幕引きでした( ̄▽ ̄)

投稿: 俺ガイルサイコー!! | 2016年2月20日 (土) 11時41分

>ルパン
MI6の敵組織としての登場はこれでケリが付いたことになるんですかね。パーシバルが死んでも頭が入れ替わるだけと言うのもありそうではありますが。

投稿: でんでん | 2016年2月21日 (日) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ11号感想 | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・木~金分(2/18~19分) »