« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(2/22~24分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土~日分(2/27~28分) »

2016年2月27日 (土)

今週のアニメ特撮感想・木~金分(2/25~26分)

■ハルチカ~ハルタとチカは青春する~ 8話
芹澤さんのおばさんが初恋研究会の初恋ソムリエに初恋の審議を鑑定してもらう話。
…こう書くと何を言ってるんだかさっぱり分かりませんね。なんだそりゃ(^^;

ともあれ、おばさんの関わっていた過去が明らかになっておばさんの初恋が真の初恋だったと分かったみたいですが、
初恋の相手のクマさんは毒入りおむすびで森の仲間達を皆殺しにしていたけど、おばさんの事は助けていて真の初恋だったよと言われても、どう反応していいのか困る話ではあります。

おばさんの過去は、おばさんがわざとボカして話しているせいでもあるけど、なんとも抽象的でよく分からない話でしたが、40年前とか言ってるし、ヤングブラックジャックでも描かれていた学生運動絡みの話だったんですかね。
森の仲間達が動物フェイスで出てきた時は「ジュウオウジャーが始まった!」と思ったのですけど、なんともキナ臭い話でした。
ジュウオウジャーで象を毒殺しようとする話とか出てきたら嫌だなあ…;

今回は芹澤さん、よりも今回の変人ゲスト枠の初恋ソムリエさんのキャラがおかしくて印象的でした。こいつ本当に高校生かよ(笑)
前回のメットさんも出てきたけど、ほんのチョロリとした出番で終了だったのは少し残念でした。演劇部とか発明家とか面白いキャラは多いのに、キャラが多すぎかつ、1人あたりに使える尺が無さすぎるのが勿体ないところです。
ブラックリスト十傑とか原作だともうちょっと描写されてるんでしょうねえ。

芹澤さんは、幼馴染のカイユが学校に復帰して吹奏楽部に入ったのに、まだ参加はしてくれてないんですね。今回でもチカとは大分仲良くなったけど入部までいったかどうかはよく分からないなあ。
ところで、芹澤さんがカイユとほとんど絡まないのは意外でした。ちょっとは話してたけど、それだけ?、という感じです。
微妙にメット部長と三角関係っぽく見えなくもないですが、メットさんの方は恋愛感情とかあるかどうか疑問かなあ。

恋愛感情と言えば、ハルタとチカは外から見れば付き合ってるようにしか見えないよな(笑)、と今回も思いました。直接ツッコまない皆が大人です。

■この素晴らしい世界に祝福を 7話
前回から少し時が流れて冬の話。
ちょっと前まで湖に駄女神様を湖に漬け込んだりと、寒そうな様子は全然無かったのに急激に変わるものですよ。
だとすると、以前襲来したキャベツは冬キャベツだったんでしょうか。…まあ日本と四季が同じとは限りませんが。

今回は基本的にまったりとした雰囲気で(カズマ死んでるけど)、基本設定のおさらい的要素を感じたりとか、新女神が登場したりとか、いわゆる「新章」らしい話かと思いました。
前回が原作1巻ラストの話だったみたいなので、今回からが2巻の話ってことなんですかね。

新女神は、てっきり1話でアクアの後を継いだ女神が出てくるのかと思ったけど、あっちは金髪ショートだったし別人ですね。エリスと言うと冒険者登録の時にアクア様がお金を恵んでもらった時に話に出た女神でしょうか。
これまで出た2人の女神と違ってえらく優しそうな女神で、カズマも「イロモノ枠ではない王道の美少女」と言ってますけど、この作品のキャラのことだから何か落とし穴があるんじゃないかと構えてしまいますよ(笑)
パッドは、まあ別にいいんじゃないでしょうか(笑)

幸精退治は、とりあえず冬将軍のことは先に話しておけよ(苦笑)と思いました。カズマ以外の3人は知っていたようなのに。
めぐみんもそれを知ってたなら爆裂魔法は後まで取っておけよ(^^;

ちゃんと土下座をすれば許してもらえたようですが、間に合わなければ首チョンパと言うのがハードですな。ギャグじゃなかったら死んでたと言うか、アクアがいなければこれで完結でした。
普段の態度からしてあまり有難みが無いけど、実際アクアって超重要人物(女神)なんですねえ。

生き返れるのは天界規定で1回とか言ってますけど、前回死んで蘇生された冒険者とかも生き返れるのは1回なんですかね?
まあ、天界もいいかげんそうだし、その辺の規定の運用もザルみたいですけどね。

割とクズでサイテーなカズマさんですが、仲間達を迷惑だなんだと言いつつ「案外気に入っていた」と言うのはちょっとホロリと来たポイントでした。

最初の方で話に出ていた「機動要塞デストロイヤー」はいかにも伏線ですね。後々絶対関わることになりそうですよ。

■僕だけがいない街 8話
深夜にバスにやってきた謎の人物は、犯人かと思ったらミスリードで悟母でした~!
…と言う展開を希望していたのですが、どうやら本当に犯人だった様子。

幸いにも雛月がいることは気付かれなかったようですが、つまり犯人(暫定)は誘拐のための荷物置き場・実行場所としてあの廃バスを利用していたわけですかね。
そういう事なら、雛月が見つからずに済んだのは本っ当ーにラッキーでした。なんて綱渡りだ;

一方で悟母の方はさすがでした。弁当にメッセージを仕込んだりとか、家に雛月+αを連れてくることを想定してカレーを準備していたりと、さすが妖怪ですよ(笑)
でも、先生に雛月の事を連絡してしまったのは失敗だった気がしないでもありません。まあ、親として根回しが必要なのは間違い無いんですけども。
メタ視点的には先生が怪しく思えて仕方ないのですけど、実際どうなんでしょうねえ。
少なくとも表に見える「先生としての行動」は真っ当なので、メタでしか判断出来ないんですよね。

最後は雛月母との直接対決になったようですがどうなるやら。

雛月が手袋をくれるところは実に良いシーンでした。悟もそりゃあ感極まって泣いちゃうわけですよ。
泣いちゃうと言うと、温かい朝食を前にしての雛月の涙も印象的でした。これまでがカップラーメンや焼いてない食パンや200円であれば、そりゃ泣きますよね。ホント、なんとか助けてあげて欲しい。

雛月を家に招いての悟・雛月・悟母との3人の夜は幸せそうでいい一時でした。
3人で寝ているところが「川の字」と言うか、あれは「小の字」ですね。微笑ましいですよ。
「あたし、邪魔だべか」「うん(声に出てた)」、の後の雛月の「バカなの?」がまた温かみのある「バカなの?」でいいなあ。

そういえば「第二の被害者」の中西さんが出てましたが、こちらも話に絡むんですかね。勿論助かって欲しいけど、全員助けるとなると悟にはかなり荷が重そうですよ。

|

« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(2/22~24分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土~日分(2/27~28分) »

コメント

>ハルチカ   初恋ソムリエ…正直、「うわー、胡散臭いなー」って感じでしたが、高校の研究会?(研究ってどうするの?って聞きたい)、まぁ同好会的
なもんでしょうかね、発想力はすごいですね、自分ではとても思いつかないです(゚0゚)ただ、芹澤さんのおばあさんが結構マジで相談しに行ってそうだった
ので(これがお遊びとかならアリだと思うんですが)、彼女が心配するのも無理ないかも。初恋ソムリエの彼もそうですが、ハルタも容姿は中学生っぽい
のに、頭脳は高校生離れしてるなぁ…、もっと学校内のちょっとした謎に個性的な学生が絡む話を並べたら、学園青春モノって感じなんですけどね、今回
登場したソムリエ君もなかなか面白そうなキャラなのに、時々マジで重い謎が挟まれて、見ている方が微妙な気持ちになるのが残念です( ̄Д ̄;;

>このすば   こっちは、(いい意味で)ぶれないなぁ(* ̄ー ̄*)いきなり駄女神が「私をもっと甘やかして!!」って叫んでるし、それだけならガチで困った子
なんですが、復活不可能になったカズマをゴリ押しで生き返らせてるし、まぁなんというか、憎めない子ですね、めぐみんとダクネスも生き返ったカズマに
抱きついてワンワン泣いてるし、いい子達ですよ。その後でご飯貪ってる姿で台無しだけどね(;´▽`A``冬将軍って何だろう…?って思ったんですが、
まんますぎるのが、いかにもこの作品らしくて笑いました。

投稿: 俺ガイルサイコー!! | 2016年2月28日 (日) 02時07分

〉ハルチカ
学校内で相談者がいるだけならまだしも、学外の大人が依頼に来るってのは凄い話ですね。前回のメットさんも大学と協力していたし特殊な人材が多過ぎますね、この学校(しかも吹奏楽とは関係ない(笑))

匂いで初恋の記憶を再現ってのもそうそう出ない発想ですねえ。

〉このすば
まぎれもなくダメなキャラばかりなのですが、皆憎めないですねえ。

投稿: でんでん | 2016年2月28日 (日) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・月~水分(2/22~24分) | トップページ | 今週のアニメ特撮感想・土~日分(2/27~28分) »