« 今週のアニメ特撮感想・金分(6/10分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ28号感想 »

2016年6月12日 (日)

今週のアニメ特撮感想・土~日分(6/11~12分)

■キズナイーバー 10話
うーむ重い重い。過去のキズナ実験の失敗の真相が重すぎですな。
なんだかもう(当事者にとっては重いと分かった上で)恋愛どころじゃない気分にもなってしまいますが、残り数話(?)でどう終わらせるのやらこの話;

過去に大失敗した非人道的(に結果的になった)実験を経てどうして今なお実験を続けようとするのやらとも思いましたが、
だからこそ新たな実験でのりちゃんや「解放されなかった子達」を助けたかったんですかね。
まあ、そうだとしても山田はムカつきますし、ロクでもない実験だと思いますが。

前回の悲惨な状態から繋がりを絶ってしまっていた7人でしたが、その中で一番身軽に自由に動ける日染がいい味でした。
正直このドMどうしているんだろうと思ったことも無かったでもないですが、正に今みたいな状態になった時のためにいたのかなと(メタ的に)

そして、日染と違って大きなダメージを受けただろうに、それでも友達になりたいというニコが凄くて本当にいい子でした。
まったく、みんな最後には幸せになってほしいものですよ。

■ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 11話
レッド・ホット・チリ・ペッパー戦開始。
よく喋ってよく煽るレッチリが小狡い小物感たっぷりでいい中ボスキャラですよ。
ただ、レッチリについてはスタンドは大変印象深くて記憶にも残ってましたが、スタンドに比べて本体はやや印象が弱い気がしますよ。本体の個性が薄いんじゃなくてスタンド時が濃すぎるんですけどね。

電気の能力ってのは能力バトル物としては定番な能力ですが、いわゆる(キルアみたいな)「電気使い」に対してスタンド自体が電気で相手を電線に引きずり込めるってのはかなり恐いですね。
スタンドとしても遠隔型のくせに電気があればあのパワーと言うのが恐ろしいですよ。電気スタンドと呼んだら間抜けな感じなのに!

億泰との戦いは、頭の悪い億泰を煽りまくって目的を遂げるレッチリの狡さがいい感じのウザさでした。
と言うか、漫画を読んでた時でも少し思ったけど、承太郎達はもうちょっと急いで走るなりして欲しいところです。いちいち立ち止まって会話してるなよ(苦笑)


千切られた腕を治して電線から億泰を助け出す辺りは、むしろ軽い腕の方が億泰の方に飛んで行くんじゃないかとも思ったけど、あの時点の億泰は電線内で電気と同化していて腕より軽くなってる…なんて考えればいい、のでしょうか?

ジョセフの登場が楽しみですが、ボケジョセフはアニメから入った人はショックかなあ。

■仮面ライダーゴースト 35話
ご飯食べられないタケル殿が切ないですな。最後には生き返れるといいんですけどねえ。

アラン様の顔に落書きしていた御成がちゃんとお仕置きされていたのは良かったですよ。むしろあれくらいで許すアラン様が丸くなっったかなと。
御成さんは今回は夢の中へ行けて、髪もフサフサで良かったですな。

ムゲン魂は新武器無しでこれまでの武器を使い回すスタイルなのね。

|

« 今週のアニメ特撮感想・金分(6/10分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ28号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ特撮感想・金分(6/10分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ28号感想 »