« 週刊少年ジャンプ17号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~金分(3/29~30分) »

2018年3月28日 (水)

今週のアニメ感想・月~水分(3/26~28分)

■三ツ星カラーズ 12話
最終回。おつカラーズ☆

皆を紹介する動画とかお花見客とか、レギュラーやゲストキャラやらこれまで関わってきた人達がいっぱい出てきてよい最終回でした。
最後も好き勝手やってた悪ガキどもだけど、平和で楽しそうで微笑ましくて何よりですよ。

ラスト、公園の真ん中で布団で寝てる3人には吹きました。リアルで考えると怪しすぎる気もするけどまあ良し!
気持ちよさそうだけど、シーツ凄く汚れそうですね(^^;

動画撮影は顔の映ってないオヤジとか、美人だけど便秘なママとか、店員だと指摘されるののかとか、割と皆の扱いがヒドくて笑えます。
「かわいいさっちゃん」を見る結衣の目がヒドいですな(笑)、さっちゃんかわいいのに(^^;
警察の電話は切るなよ(^^;

ぐるぐる遊具で回転が遅すぎる結衣がお約束ですね(笑)

小学生がイチゴ売り歩きは問題がある気もするけど、フィクションだしまあ良しで。
小学生に就職活動相談する就活生に「おいおい」と思いましたが、「春が来たー」特典はなかなか良かったですよ。元気が出そうです。無理矢理イチゴを買わせる商法はヒドいけどな!

1話時点では苺ましまろっぽいと感じたりもしたけど、いつしかそう思ったことも忘れていました。3人ともみんなきっちりキャラも立って子供が元気で愛着も感じられて微笑ましくて、良い作品でしたよー。

■りゅうおうのおしごと! 12話
最終回。
運命の第四局で、桂香さんやあいのおかげでドン底から立ち直った竜王が、皆の声やあいのひざまくら(おぃ)に支えられて、大勝利して希望の未来へレディー・ゴーの巻。
やっぱり新婚パワーは強いですね(違)

既定路線ではありますが、いい最終回だったんじゃないかなと。
第四局勝利後の全勝防衛がナレーションで済まされたのはあれ、と思いましたけど、そこは原作通りらしいから言っても仕方ないか。

名人の顔が出たのはビックリでした。最後まで出さないままで終わるのかと思っていましたから羽生さん。
八一自身があの場でやっと名人の顔を認識した=相手を神ではなく人として認識出来たことや、視界が開けた感があっていい演出だったかと思いました。

1人対局中断を読んでひざまくらをしに…もとい食事を用意したり(違)、対局終了後に1話再現で水を渡したりと、あいの正妻っぷりが凄かったです。花見でも出し抜いてるし。
姉弟子は一応和解は出来たようだけど、やっぱり扱いの悪さを感じますよ(^^;

■宇宙よりも遠い場所 13話
最終回。
前向きで爽やかで、本当にいい最終回でした。
すっかり南極に馴染んだ面々の別れと帰還をしっかり描いてくれて、素晴らしく満足度の高い終わり方でしたよ。

しらせは本当に成長しましたよ。母との別れをちゃんと済ませられて、しらせが今回始終すっきりしたいい顔をしていたのが見ていて救われました。髪を切って吟隊長に見せた笑顔がいいですねえ。
夏隊の帰還式典でのしらせのスピーチも目頭が熱くなりました。最初は南極にいいイメージは持てなかったけど、全てがむき出しの場所で自分をさらけ出してぶつかって、ここを愛した母の思いを理解して「私はここが大好きです」と言えるようになったのが素晴らしかったかと。
あの、レポートであわあわしていた子があんなにしっかりとしたいい挨拶が出来るようになったことも良かったですよ。まあ、帰りの船での最後のレポートではまたあわあわしてるんですけど(笑)
ペンギンに囲まれて「助けて」とか、ここしばらく鳴りを潜めていたポンコツさが戻っていたところもホッコリしました。てか臭いのねペンギン(笑)

帰還式典は吟隊長の挨拶もいい感じに自然体で力が抜けていて良かったですよ。しらせが救われたことで吟隊長も救われたんでしょうねえ。
男性隊員達への「彼女達は帰ります。諦めて下さい」は笑ってしまいました。
吟隊長もいった「ここでまた会いましょう」は実現してくれるといいですね。四人ともすっかり南極に染まっていて、また南極に来る気満々だし、きっと本当にまた来ることになるんでしょうねえ。
それで2期をやって欲しいとは言いませんけど、彼女達の今後の人生を応援したいですよ。

船での帰還シーンでのオーロラは「待ってました」と思えました。そして、そこに母から送られるはずだったメールを重ねてくるのがまた上手いですよ。
母が最後に綺麗だと言っていたのもオーロラのことだったんですね。あのメール自体は遭難する前に用意していて送りそこねていたものだったんでしょうけど。

3月のライオンに続いてこの作品でもそうめん流しをやっていたのは笑いました。
まさかの野球回があったのもビックリですよ。南極で場外ホームランを打ったらボール見つからないんじゃね、と一瞬思いましたけど、ボール黄色いのね。
敏夫が隊長の事をまだ諦めていなかったのはちょっと見直しました。見込みは無さそうだけど(笑)
「ユウくんにおみやげ」は、はたしてちゃんと渡されるんですかねえ?、ある意味責任重大で困る(^^;
「南極に行ってきました!」クランチ(?)の土産には笑いました。画像検索したら本当に見つかるんですけど、一般販売してる…わけでは無いんですかね?(^^;
しらせの「しゃくまんえん」のオチは、やっぱりそうなりますよね。あれ、越冬隊員達が見つけてもずっと昭和基地に残ることになりそうな気も。

最後の最後がまさかのめぐっちゃん北極オチはビックリしましたが、納得感もありました。どうやって行ったのかは分からないけど、めぐっちゃんも踏み出せたのだなあと少し泣けましたよ。
本当にいい作品で、1クール最初から最後まで楽しめましたよ。

|

« 週刊少年ジャンプ17号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~金分(3/29~30分) »

コメント

>宇宙よりも遠い百万円
北極は南極より観光しやすくてツアーもありますからマネーパワーがある程度あって思い切れれば行くこと自体はそんなに難しくない筈です。もちろん女子高生が旅するには言葉の壁とか学校とかどうなってんだとか色々と障害が多いのでかなりの苦労があったとは思いますが……

ちなみに、オーロラは南極と北極で同時に発生するという調査結果があります。
タイミングを考えると、キマリ達がオーロラを見上げてた時に地球の反対側でめぐっちゃんもオーロラを見ていたのかもしれませんね。

投稿: | 2018年3月30日 (金) 17時19分

>よりもい
軽く調べてみると安いツアーなら30万程度から行けそう…なんでしょうか。どのみち言葉とか期間とか障害は多いでしょうね。時期にもよるでしょうけど。

キマリ達が南極から帰ってくるまで割とかかってるでしょうけど、同じタイミングだったりするとロマンですね。

投稿: でんでん | 2018年3月30日 (金) 21時42分

カラーズ>最後まで酷いというか、更に酷い悪行を重ねる3人でした。文字で『やるな』と出てくるなんて…

りゅうおう>名人の性格が予想外でした。初日の戦法は後日有利にもってく為とばかり思ってました。なんだかんだで将棋関連もかなり熱を入れていて楽しめました。ただ才能に関しては、キャリアが全然違う上にまぐれかもしれないが最年少タイトル保持者になってる人間が才能を羨む必要性はないと思いますが。

宇宙よりも>しらせの成長もですが、皆にとっても良い経験になったのが分かる内容でした。

投稿: 名無し | 2018年4月 8日 (日) 20時22分

>カラーズ
恐ろしい悪行っぷりでした(笑)

>りゅうおう
努力もあるでしょうけど、充分才能にも恵まれた天才ですね。

>よりもい
皆に思い入れ出来るいい作品でした。

投稿: でんでん | 2018年4月 8日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ17号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~金分(3/29~30分) »