« 今週のアニメ感想・火分(8/13~14分) | トップページ | 今週のアニメ感想・木分(8/16分) »

2018年8月15日 (水)

今週のアニメ感想・水分(8/15分)

■プラネット・ウィズ 6話
宗矢VS爺さんの決着はあっという間について、所長VS犬(封印派)からの所長VS猫(穏健派+宗矢)でパラディンとの戦いが完全決着するの巻。
爺さんからの伝言を(大雑把にだけど)伝えて、いい感じに終われたかと思いきや、所長が粉(塩…ではないか)になって消滅してしまってと衝撃的なラストでした。宗矢は人を殺してしまったことになるんですかね?、重いなあ…;
爺さんの「(息子の)力を取り上げてやってくれ」の言葉を受けてのあの結末はやりきれないですねえ。生身での対峙からの下駄パンチのところは燃えたのですけども。

所長に封印派に穏健派にと、それぞれが「EDの歌詞のように」自分なりの(独りよがりな)正義感で戦ってるのがやるせないですね。それぞれが他者からは傲慢に思えてしまうあたりがまたやるせない。見ていて誰を応援したものやらという気分になりますよ。
そして犬曰く宗矢の故郷を滅ぼした“龍”にしてさえも正義感で動いていたんだそうで…、なんと言ったらいいやら(^^;
宗矢については正義と言うより私怨が元ですけど(正義なんて下駄ほど役に立たないし)、それでも街に被害は出すまいと戦っていて、結局みんな善意なんですよね。

それにしても完全にクライマックスなバトルでしたけど、まだ6話なんですよね。ホント次回からどうするんでしょう。
封印派と戦うことになるとしても割と今回で底が見えて驚異感は薄れた気もするし、“滅んでいなかった龍”と戦うことになるんですかねえ…?

犬閣下のお言葉をいちいち翻訳してくれる白石くんは笑えました。あれは一応所長に対して翻訳してたんですかね。フェア精神的に。と言うか、普通に人間の言葉喋れるのかよ犬!(笑)
先生も喋ろうと思ったら喋れるんですかねえ?、まあ前に精神空間的なところでは喋ってましたけども。

銀子は2人分の力で所長と戦うと格好良く先生に乗り込んだのに、その後は割とあわあわしているばかりで和みました。宗矢に振り回されて余裕が消し飛んじゃって可愛そうに銀子(^^;

|

« 今週のアニメ感想・火分(8/13~14分) | トップページ | 今週のアニメ感想・木分(8/16分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ感想・火分(8/13~14分) | トップページ | 今週のアニメ感想・木分(8/16分) »