« 週刊少年ジャンプ38号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・水分(8/22分) »

2018年8月21日 (火)

今週のアニメ感想・月~火分(8/20~21分)

■進撃の巨人 Season3 42話
遂にクーデター達成。
エルヴィン団長的には苦渋の決断な面もありましたが、視聴者的には3期開始以来ずっと追い詰められ続けていたので、ここでの逆転劇は実にスッキリしました。

それにしても、命懸けで苦しい決断をしていたエルヴィンやピクシスやナイルに対して、好き嫌いと気分だけで動いたことをぶちまけるザックレー総統の台無しなことですよ(笑)
ザックレーのセリフは今回割と削られてた気もするけど、今後のザックレーの「下から」描写とかはやっぱりカットされますかね。アニメで見たいかと言うとあまり見たくは無いですが(^^;

支配層の貴族達は本当にクズでしたが、「王」が本当にただの老いぼれでしか無いあたりが面白くもやるせないですね。本当に何も分かってないボケ爺でしか無いものなあ。

ここからはどんどん謎の本質に迫っていくと思われるので次回以降も楽しみですよ。

■ヤマノススメ サードシーズン 8話
ちょっとしたスレ違いからあおいとひなたが別行動になるの巻。
喧嘩したわけではないけれど、些細なスレ違いで素直になれないままに行動が別れてしまうというのがあるあるな話でヤキモキしますね。

しかし、あおい・ほのか組とひなた・ここな組の組み合わせ(受験生のかえでさんはお留守番)というのも見ている側としては新鮮味があって、こういうのも「たまにはいいものですよ~」でありました。
ところで、前々回はあおいが内なるひなたを意識し過ぎだったし、前回は別行動なあおいがひなたを意識し過ぎだったりで、あおいとひなたが互いを意識し合う話が続きますね。3期のエンディングが2人の関係に絞った作りになっているのも納得です。

2組の行き先は、かたや人も店舗も多い365段の石段で、片や草を掻き分けてのハードな山道とも言い難い山道でと、方向性がかなり違っていて見ていて楽しかったです。

ところで実際のところ、兄と2人の時のほのかは本当に甘えんぼなんですかね(かわいい)。見てみたいものです。

■ガンダムビルドダイバーズ 20話
ナナミお姉さんことナミさんも本格的に仲間に加わって、さあこれからというところで、サラの衝撃の真相が明かされるの巻。
電子生命体なのは分かりきっていたけど、バグの原因がサラ自身にあってブレイクデカール以上の驚異だと明言されてしまったのはショッキングではありました。

鳥さんはサラにとっては味方だったんですね。しかもサラを助けようとしてくれていたとは、鳥がバグの元凶かと思っていたので、疑っていて悪かったですよ。
鳥はGBNの開発者だそうですが、運営とは別行動で方針も全然違っていたのがちょっと意外でしたが、まあ鳥さんが住宅メーカーや不動産会社・もしくは設計者で、運営が管理会社みたいなものと考えればバラバラなのもしっくりくるか。

運営によるサラ公開手配は…まあヒドいですね。
運営の姿勢としては分からないでも無いけど、これまでさんざん無能っぷりを晒してきていて、マスダイバー経験者も放置なベタ甘ザル運営っぷりだったのに、ここに来てサラ1人を悪役としてGBN世界中に晒すエグさを見せられるとドン引きではあります。
次回は運営と鳥さんが話すみたいですけど、ちょっとは希望を持てる展開になってくれるといいんですけどねえ。

しかし、実際どう解決するんですかね。作風的にバッドエンドで終わりにはならないと思うんですけど。コーイチさんはシバさんを頼るみたいだけど、ブレイクデカールとバグを足してプラスマイナスゼロ的に解決するとか、ううむ;
このまま最終回までサラ問題で引っ張る…のは長過ぎる気もするし、ジェガンの出番とかザクレロフラグとかライバル達との戦いとかもあるだろうし(オーガさんとは次回戦うみたいだけど)、この問題が意外と早く解決…してくれると嬉しいんですけどね。

ところで、ナナミさんは仕事はどうしてるのだろうとちょっと気になりました。コーイチさんもだけど割と時間の融通効くのだろうかあの職場。
「やってみる価値はありますぜ」とか「ここ掘れマウンテンサイクル」とか、ミッションは相変わらず楽しそうだなあ。

|

« 週刊少年ジャンプ38号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・水分(8/22分) »

コメント

>ビルドダイバーズ
ログに残らない(本来運営レベルではどうしようもない)異常事象にいいようにやられたからその経験を生かして今回はガード機駆使してちゃんと原因突き止めてますし、ゲーム内に発生したゲームを破壊しかねないNPCに対して問答無用の消去でなくまず隔離を検討してたりと運営はちゃんとしてると思いますけどね。何するかわからないのに放置したらそれこそ無能でしょう。
そもそも開発のトリさんも既存のシステム内でしか動けない運営の手に余るブレイクデカールの時に出てきてくれればこんなことには……

解決策ですが、ELダイバーそのものについては本来問題にならず全サーバーに断片が存在することが問題と言っているのでなんらかの手段でサラ本体を待避させたあとに全サーバーから断片をお掃除すれば戻ってきても大丈夫になると思われます。
その待避・隔離が運営も開発もお手上げなわけですが、ハードディスクとシバさんで兄さんがピンときたので、「実体のあるプラモをゲームと連動させて動かす」のデュエルシステムでサラをハードディスクでなくガンプラに移動させる!とかだと夢があるような気がします。
頑張って兄さんとシバさんに1分の1スーパーサラに挑んで貰いたい……

バグが起きなくなっても残る指名手配の汚名の方はレイドバトルがシルエット的にデビルガンダムの改造版討伐ミッションのようなので、そっちを突貫作業でコアにされてしまったイメージガールのサラちゃんを救出してGBNを救え!的な方向に変更してこないだの変な発表は一連のイベントだったのかあみたいにして有耶無耶にする感じではないでしょうか。

どう納めるにしてもガンダイバーの中の人の首が繋がったまま終われるような気はしませんが……

投稿: | 2018年8月23日 (木) 10時40分

>ビルド
鳥さんはブレイクデカールの時は何してたんでしょうね、ホント。
悲しい過去があるがん細胞でも抹消しないといけないし、運営がサラを消そうとすること事態は別に有りだと思いますが、今回わざわざサラを公開手配しているのは「仕事してます」アピールくさいなあと。まあ、わざとヘイトを貯めるような演出をされていてかわいそうでもあります。

投稿: でんでん | 2018年8月23日 (木) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ38号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・水分(8/22分) »