« 週刊少年ジャンプ30号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~土分(6/27~29分) »

2019年6月26日 (水)

今週のアニメ感想・月~水分(6/24~26分)

・ガンダムORIGIN
今度はOPで「BEYOND THE TIME」と来ましたか。さすがに「アニメじゃない」や「シャアが来る」は無かったか(笑)
歌の途中でザクが昔風の塗りになるところはいい感じかなと。
EDはガンダム開発中みたいな感じなんですかね。ポケ戦の頃に出た本「M.S.ERA」を思い出していいですね。ラストのMSの足元での集合写真もいいですが、テムはいない…ですかねえ。

何億人ものミネバを殺したと嘆いていたのに最後は自己正当化に走ってしまうドズルの狂気が哀しい…。

■進撃の巨人 58話
「進撃の巨人」

厳粛な雰囲気で過去回想からエレンの巨人の名前が分かりタイトル回収が成された瞬間であった…のに、エレンを精神的に追い詰めるハンジさんが実にヒドい(笑)
まあ、15歳だしそういう時期だし仕方ないよねー(笑)

とまあ、ギャグのインパクトで塗りつぶされそうになりますが、いろいろな真相が分かった重要な回でした。
エレンが「始祖の力を使えた条件」に気付いたことも重要なターニングポイントだった…んでしょうねえ…。
エレンの気付きが「そういう時期」で「年頃だから」と流されてしまうのはヒドいですが(^^;

フクロウの最後の発言「ミカサやアルミン みんなを救いたいなら」が大変に謎ですが、原作最新刊まで読んでも明確には分からないですねえ。
ループしてるのか、始祖に繋がる「道」が時間をも超越して、未来の記憶をフクロウに伝えたということなのか。ループ物と考えるよりはそっちの方がしっくりくるかなあ。

ユミルの最後の手紙は切なかったですよ。

■どろろ 24話
最終回。
どろろと百鬼丸の巻。
悲劇的フラグが立ちまくっていてどうなるかと心配でしたが、思ったよりは平穏な印象で終わりましたけど、やっぱり離別エンドになっちゃいますかー。いやまあ未来への希望は感じさせる終わり方でしたけど、切ないなあ。
ぶっちゃけ原作もお別れエンドだったので、できればアニメでは一緒に生きていくラストで合って欲しかったんですが。百鬼丸の自立エンドとは言えるんですかね。
これから戦国の世らしいし、今後もますます大変になるでしょうけど、成長したどろろと百鬼丸がまた再開出来るといいですねえ。

百鬼丸は身体の全ては戻らない終わり方もあるかもと思いましたが、多宝丸自ら目を返すことになりましたか。
多宝丸と殺し合いにはならずに済んで、2人ともギリギリ人の道に踏みとどまれたのはホントに良かったものの、多宝丸も母上も寿海も燃え落ちる城の中で死亡…と言うか行方知れずエンドとは、こちらも哀しいですよ。
3人ともそれなりに納得はしていたようだけど(特に寿海パパは死に場所を探していたようなものだし)、それでも生き延びてほしかったですよ。特に多宝丸には生きて国を継いで欲しかった。

地獄堂での百鬼丸と醍醐景光の対面は、百鬼丸が父を殺す結末にならなくて良かったですよ。
苦しい世の中でも百鬼丸を鬼神に捧げなければ立派な跡継ぎになったであろうと父が悟ってしまうのが自業自得でやるせないですな。

ともあれ、とても楽しめた2クールでした。
原作以上に百鬼丸に重い物を背負わせて、原作とはかなり違った話になっていたものの、今あらためてのリメイクだとこうなるのも納得のいくもので、良い作品だったかと思います。

■キャロル&チューズデイ 11話
普通に考えてシベールが犯人ながら捻ってくる可能性もあるかもと思ったけど、普通に犯人で頭のヤバいストーカーでしたか。もう出てこないといいですが。釈放されちゃって最終回辺りで成功したチューズデイを刺しに来るとか勘弁な!
かわいそうなのはアンジェラのマネージャーでした。ピョートルがネットに上げた「痩せ型の女」の動画をアンジェラが自分の目で確認してればああはならなかっただろうになあ。そもそも言葉が足りなすぎる;
真犯人は分かったし関係修復出来てればいいけど、どうだろうなあ…。アンジェラは基本的には善人で正しくあろうとしてそうだけど、ちょっと視野が狭いのね。

ヒドい火傷を負いながらも2回戦はなんとか突破出来たものの、キャロルとチューズデイはギクシャクしてしまって、その上チューズデイ誘拐…と言うか強制送還ですか。トラブル展開を重ねてきますねえ。
そりゃあ、兄は見逃してくれてもTVに出たら家にはバレますな。
チューズデイがあまりに迂闊だったのは確かなのでキャロルが苛立つのはよく分かりましたが、普段のキャロルだったらもうちょっとうまい言い方が出来ただろうにとは思いました。キャロルも余裕が無くなってたかなと。
チューズデイは何のかんの言っても戻ってこれるとは思うけど、誰かに助けられて…でもいいけど一回り成長して戻ってきて欲しいところです。兄は助けてくれそうだけど、結局はチューズデイ自身が家族と決着を付けないといけないのね。

今回のキャロチューの曲は結構好みでした。
無事勝ち抜くことが出来たけど、手厳しいことを言っていたアーティガンも一応は評価してくれたんですかね??
審査員は3人なので単に2対1(アーティガン)で評価が割れたのかもですが。「意見が割れた」とも言ってたし。
ピョートルはいいやつでした。

|

« 週刊少年ジャンプ30号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~土分(6/27~29分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ30号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~土分(6/27~29分) »