« 週刊少年ジャンプ28号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~土分(6/13~15分) »

2019年6月12日 (水)

今週のアニメ感想・月~水分(6/10~12分)

■進撃の巨人 56話
遂に地下室に到着。
3期56話かけてようやくスタート時点に帰ってきたんですねえ。変わり果てた故郷を歩くエレンとミカサが過去映像を交えてじっくりと描かれて感慨深かったです。
しかしまあ、地下室が無事で良かったかなと。壁の反対側だったら猿ピッチングでえらいことになってたでしょうし。

エレン父・グリシャの昔語りは本格的に描かれるのは次回として、今回ラストが希望ある感じに終わっているのがアレだなと。

■どろろ 22話
あかん…、これはどう考えても悲劇エンドしか見えないですよ;
百鬼丸はどろろを拐われた怒りでよりにもよって鬼神(馬)と手を組んでジエノサイドしちゃうわ(直接殺してしまってるかどうかは何とも言えないけど)、
多宝丸達は12体目の鬼神との約定で半鬼神化しちゃうわ、どちらも人として超えちゃいけない領域にズブズブ踏み込んじゃって、もう戻れないもう帰れないですよ。やさしかった日々にさらばですよ。
多宝丸達に生えた「腕2本と目2つ」は本来百鬼丸のものってことなのね。酷い話だ;

多宝丸達は出来れば生き延びて欲しいと思っていたけど、これはもう無理かも知れません。
それどころか、このままだと母の目の前で弟を殺してしまうとか、兄弟の戦いの巻き添えで母を殺してしまうとかありそうで恐ろしい;
せっかくどろろが母の思いを聞いていい感じになってたのに、ホントに意地が悪いなあ…;
百鬼丸パパが近くに来ているのも悲劇の下拵えとしか思えなくて困ります。そして誰か重要人物が死んでしまった最悪のタイミングで百鬼丸に目が戻るとか、凄くありそうで困る;

陸奥は流行り病で死んでしまうのかと思ったら、鬼神と契約とか予想の斜め上でした。むしろ病で死んだ方がまだマシだったということになりそうで怖い;
鬼神は「百鬼丸の身体じゃないと駄目」なんだそうで。陸奥の身体だと駄目だけど、百鬼丸と同じく醍醐の息子の多宝丸の身体なら良い…なんてわけでも無いのね。わがままと言うかグルメと言うか、鬼神的に多宝丸は跡継ぎじゃないのかね。
ところで陸奥って女性だったんですね。女性っぽい男かと思ってました(^^;

燃える馬さん・ミドロ号は今見るとギャロップっぽいなあと(笑)
鬼神にとっては百鬼丸は殺すべき対象だろうに、百鬼丸の怒りに同調しちゃったとかなんですかね。(実は鬼神じゃないのか?)

■キャロル&チューズデイ 9話
オーディション番組1回戦の後編。番組自体も30分番組なんですかね。贅沢な時間の使い方してるなあ。
1人目、2人目は今回もまた色物かと思ったら音楽自体は悪くなかった…かに思えたけど歌詞はヒドかったようで。

今回の本命は後半でしたが、シベールも歌はいい感じだったけど本人は自己中なストーカ過ぎてひたすらヤバさを感じました。
チューズデイは今回はちゃんと断れたけど、ここから先も変に妨害とかしてきそうで嫌だなあ。
ところでシベールって女性だったんですね。先週はどっちかよく分からんなあと思ってました。

アンジェラは普通に見ていても圧倒的に感じました。決勝戦はまずキャロチューVSアンジェラでしょうね。そこで負けそうな気もしますけど。
タオがキャロチューに関心を持っていたのが気になります。AIを使ってないことが気になってたようだけど、どういう方面での関心なのかまだ何とも言えんなあと。

|

« 週刊少年ジャンプ28号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~土分(6/13~15分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ28号感想 | トップページ | 今週のアニメ感想・木~土分(6/13~15分) »