« 今週のアニメ感想・月分(3/23分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ18号感想 »

2020年3月29日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(3/24~29分)

・ソマリ 世界が人間に厳しすぎてバッドエンドしか想像出来ない; この作品のラストはソマリとお父さんの別れを描くことになるのかと思うけど、お別れしたらすぐにソマリが喰われそうで困ります。
 そのお別れも、まだ100~200日くらいはあるのかと思っていたら、腕ももげちゃったし案外近そうなんですよね。原作は続いているようだし、次回のアニメ最終回で死別にはならないでしょうけど、たぶん、きっと。
・ちはやふる3 ツキノワグマ原田先生かっこいい。どっちの婆ちゃんもTVで見れてないのが寂しいですな。
・空挺ドラゴンズ 最初は3Dが絵柄に合わないのではと不満でしたが割とすぐ慣れて楽しめました。
・ハイキュー 木兎さんの生態の不思議と赤葦さんのコントロール力が素敵。
・恋する小惑星 よい私達のちくわ活動はこれからだ。でした。最近まぞく目当てできららキャロットを買ってるけど(電子なので1ヶ月遅れ)こちらはほぼ原作消化しちゃってるのね。
・マギレコ メンタルやられたマミさんのめんどくさいことよ。そして消火器、…もといさやかちゃんが実に頼もしかったです。話としては(先週も書いたけど)ようやく面白くなってきたところで一旦終わりなのが残念ですな。
・鬼太郎 よい元気玉エンドでした。記憶抹消エンドかと思ったけど最後はハッピーエンドでよかったです。今回の鬼太郎は攻めた始終内容でしたよ。

■群れなせ!シートン学園 12話
最終回。
ケナガマンモスとの戦いが思った以上にガチバトルでかなり痛そうでしたが、決着はユルめでいい感じだったかと。
巨大なシルエットだったケナガマンモスの正体に笑いました。最後に出た昆虫シルエットのファーブル学園の面々も実際に出たら人と変わらなかったりするんですかね。
まあ、原作で出てないみたいだけど(^^;>ファーブル学園

■異種族レビュアーズ 12話
最終回。
最後まで放送出来るとは思わなかったですよ。ありがとうBS11

前に行きそびれた悪魔の店(契約大事)に夢魔の店でこれまでのリピートということで、最終回ということもあって割と総括的な内容でした。
ところで夢魔ってシャ(自制)

この世界での避妊だの、天使がいる状況での信仰行事だの、30歳まで守ったら本当に魔法使いになるだの、ちょっと気になるポイントの小ネタ補完もされて面白かったかと。
この世界も異世界転生者いるのね(笑)
飛行機が無理な事情はオーガスの相剋界みたいなものですかね。
トレント爺の薬を待つクリムくんは原稿を待つ編集者みたいでした(笑)
そして最後の最後は(親父の)ハーレムエンドか(笑)

■虚構推理 12話
最終回。
鋼人七瀬消滅後はほぼエピローグでしたが、意外にラブラブエンドでよかったかと。妖怪の万歳三唱は楽しそうで和みました。
そう言えば大変にどうでもいいけど、鉄骨の霊体なんですねえ。
六花さんについては、六花さんとの戦いはこれからだと言う感じで、鋼人七瀬の話はむしろ序章でした。

あの坂を自転車で登る紗季さんがなかなか凄いな。

■仮面ライダーゼロワン 29話
不破諫ゥ!
なぜ君がアサルトウルフに変身できたのか!
なぜ頭が痛むのか!
その答えはただ1つ!

不破さんが本当に格好いいですな。
洗脳からの熱い反抗展開に、全部乗せパワーアップにと、もう不破さんが主役でいいんじゃないかな?
…という流れだったけど、ラストは或人が主人公らしく終わって良かったかなと。社長の座を追われて元社長になっちゃったけど良かった…んですかね?
まあ、まだ中盤だし苦難の展開が続くのは必然なんですけど、本当にカタルシスの薄いライダーですよ(^^;

社員の脳にチップを埋めて道具として洗脳する1000%の外道っぷりが最悪でした(そもそも不破さんは社員ですらない)
前に「1000%は悪ではない」みたいな言を見たけど、どこが悪じゃないのやら。1000%純粋な悪ですよ。
そして、これまでの1000%の悪行に加えてこの洗脳の真相を世間に公表すればZAIAの評価なんて地の底に落ちるだろうに、それをしない味方陣営の無能無策っぷりも際立ちます。
出来る事をやり尽くした上で相手に上を行かれて負けるのなら納得しますけど、1000%が己の悪行を全く隠していない(どころかペラペラ喋ってくれてる)のに、それを活用出来ない或人サイドがストレスが溜まるんですよねえ。やれやれ;

不破さんは主人公らしく覚醒したけど、唯阿さんはどうするんでしょうねえ。不破さんの「お前はどこに向かってんだよ」が同意しかありませんでした。
今回の不破さんの言動でかなり揺さぶられてはいると思うけど、目が覚めるのはいつになることやら。

不破さんに埋め込まれてるのは「亡の人工知能」の人工知能だったそうで。つまり、雷の登場回の時点で「滅亡迅雷4人勢揃い」はある意味実現してたのだなあ。
滅亡迅雷側では滅と迅が方針で対立してる状態だけど、今後は勢力図がややこしくなりそうですね。予告の印象だと迅と或人元社長の共闘もあり得るのだろうか?、という感じだけどどうなるのやら。

副社長はようやくいいキャラになってきたかな、と…思ったら予告で1000%の太鼓持ちをやっていて困ります。芝居だと思いたいですけど。
この先、副社長が脳にチップを埋め込まれて泣く泣く或人と戦う展開が来ちゃうのか?(たぶん無い)

|

« 今週のアニメ感想・月分(3/23分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ18号感想 »

コメント

シートン学園はユルめなのに、今週のランカのダメージはガチだったのでビックリしました

投稿: | 2020年3月30日 (月) 14時13分

ギャグ漫画のダメージ描写じゃなくて作風が変わった感じでした。

投稿: でんでん | 2020年3月30日 (月) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ感想・月分(3/23分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ18号感想 »