« 週刊少年ジャンプ15号感想 | トップページ | 仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(映画) »

2020年3月 9日 (月)

今週のアニメ感想・月分(3/9分)

・イド 3人の名探偵の力が結集してジョン・ウォーカーの正体判明。…間違ってはいないはずだけど凄く違和感のある書き方をしてしまった。犯人が局長だったのは、まあ他にいないよねという感じです。
本堂町さんと穴開きが妙に分かりあった感じだったのが面白かったです。

■映像研には手を出すな! 10話
学校から金儲け禁止令が出たり、音を録りに時計塔に行ったりするの巻。
金儲けは教育的ではない云々は学校の逃げの姿勢が透けて見えてモヤモヤ案件でしたが、生徒会のソワンテ書記(書記だったのか)は潜在的には味方っぽい感じで金森氏との会話が興味深かったです。
ソワンテさんは金森氏とは噛み合う感じがあっていいキャラですな。対して生徒会長は、アホっぽいなあ(笑)

ストーリー・コンテ作りに苦戦する浅草氏でしたが、新しい刺激を受けるとどんどんアイデアを発展させていくのがさすがです。
しかし、今やってる話と関係あるものとは限らないし、思いついた描きたいシーン優先で他は後回しになりがちなので、やっぱり金森氏の舵取りが重要であると(笑)

音声を可視化する百目鬼氏の表現は挑戦的で面白かったです。
ロケ地の発電所跡の時計塔が学校から見て対岸だったというロケーションもなるほどと思えていいですね。どうでもいいけど時計塔と言うとカリオストロとついでにグリーンウッドを思い出します(笑)

施設は止まっているのになぜか鳴り続けるチャイムはロマンですね。どうでもいいけど、最近ご近所で自火報が壊れているらしくずっと鳴り続けてたりするのが困ります。

■へやキャン△ 10話
「秘密結社テーブルクロスVS秘密結社ブランケット」が見たい。
スタンプラリー戻ってよかったやね。

|

« 週刊少年ジャンプ15号感想 | トップページ | 仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ15号感想 | トップページ | 仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(映画) »