« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~木分(6/21~24分) | トップページ | 今週のアニメ特撮・感想・土~日分(6/26~27分) »

2021年6月26日 (土)

今週のアニメ特撮・感想・金分(6/25分)

・ポケモン
パートナーチェンジ的展開は楽しいですな。ニャースがロケット団から離れるわけが無いのは分かりきってたけどかわいそうではありました。

■ゴジラS.P<シンギュラポイント> 13話
最終回。
最後までハラハラさせつつも実にキレイに完結。
そう言えば「骨」はあれっきりだったけど続編を匂わせる案件なのかね…、いやいやまさか…、とか思っていたら、最後にきっちりがっつりメカゴジラを出してきて、おいおいおいおいとなりました。ホントに出すのかよ!
しかも怪しいジャーナリスト海のバックにいた黒幕は生きていた葦原ですかい!
破局を回避しようとして果たせなかった正義の科学者…ってわけじゃなくてマッド方面の人だったんかい!
ED後がジャンルが変わったかのようなオチでビックリですよ。ホント何が目的なんですか葦原博士!
本作はきっちり完結して(骨の疑念はありつつも)続編は無い形で終わるのだろうと思っていたのでビックリでした。続編あるんですかねえ???
BBさんはメカゴジラ方面のことも知っていたのか気になるところです。スティーブンと違ってそっちには関わっていなさそうな感じもしますが。

ユンとメイの天才達と怪獣のドラマの決着は、本当にギリギリまで引っ張ってくれて最後まで展開が読めなくて楽しめました。
と言うか、冗談では言ってたけど、まさか本当の本当にジェットジャガー巨大化をやるとは!
まあ、怪獣だって作中でどんどん進化して巨大化していってるのだし、ロボットが巨大化したらダメなんてことは無いですね。巨大なボディも紅塵をコントロールして造ったとか理屈付けられますし。
ロボ巨大化という無茶振りを成立させる下準備を紅塵・アーキタイプ・オーソゴナルダイアゴナライザー・超時間計算機・最強プロトコルと色々手を尽くして下準備していたのでオッケーです!
いや、それでも本当にやるとは最後まで半信半疑でしたけど!
と言うか結局のところ、本作の色々な小難しい理屈も全部「最後にジェットジャガーを巨大化させる」という無茶苦茶を成立させるために1クールかけて積み上げてきていたわけですね。なんて頭のいい馬鹿なんだ!!(笑)
大嘘を成立させるための理屈付けと言うとミノフスキー粒子を思い出したりしますが、本作はそういうところに思い切り注力して、それを面白く見せてくれたので大満足でした。
天才達とAIの奮闘を描いた本作に、政治方面に振り切ったシン・ゴジラに、リアルな感じの怪獣プロレスに全集中なKOMにと(コングもきっとそれ)、それぞれ違う方向性に突き抜けてるのがいいですね。
みんな違ってみんないい。(ファイナルウォーズはバカ方面に突き抜けてたっけなあ(笑))

過去で歌に未来の情報を残したのは葦原ではなくペロ2がやったことだったんですね。(ペロ2“達”と言うべき?)
最終回タイトルの「はじまりのふたり」はユンとメイの事かと思ってたけど、ペロ2とジェットジャガーPPのことだったんですかね。ジェットジャガーPPの「PP」もペロペロってことでよさそうですよ。
未来と過去を含めたこの2人がはじまりだったわけだ。まさに「ALL IZ DOG」で素晴らしいですね。EDで最初から語られてた!
そんな超頑張ってくれたペロ2とジェットジャガーPPが「行ってしまった」のは悲しいですよ。ペロ2はペロ3としてバックアップから戻ってくれはしましたけど、やはり切ないなあ。ペロ2本人はペロッと…もといケロッとしてそうですけどね。
そんなペロ3に対して、ジェットジャガーの方はバックアップは無いのかなあ…、あったとしても「進化」する前の状態ですかね。

ペロ2の超時間計算機内での「計算」の様子の映像表現は面白かったですよ。この人類未曾有の危機の状況で難破船を修理して航海することで解決するとは、映像のシュールかわいさが楽しい。そしてゴジラと言えば船なのか。
ジェットジャガーPPの空中戦および巨大戦は迫力があって満足出来ました。やっぱりジェットジャガーはフィギュアなりミニプラなり色々展開して欲しいですねえ。

ユンさんは最後まで生き延びてくれて良かったですよ。今回だけでも軽く3回は死にかけてたけど、ホントによく生き延びたものですよ。
そして、結構な高度からトラックごと落ちたハベルもよく怪我も無く生きてましたね。前にクモンガの攻撃を素手でさばいてたし、今回は腕力でジェットジャガーPPを投げ飛ばしてたし、ハベルさん本当に人類なんですか?(^^;
やはり筋肉…、筋肉は全てを解決するのか?
しかし、人類を(ゴリ方面に)超越していそうなハベルはともかく、おやっさんの方も頑丈だなホント!(笑) トラックに何らかの落下対策装備があったのかもですけどね。

戦い終わってのラストで、ちゃんとユン達とメイが笑顔で出会うところまで描いてくれて良かったですよ。
正直、ユンは過去に飛ばされて葦原になるんじゃないのかとか、かなり本気で有り得そうと思っていたもので。
東京遊覧飛行が出来る状況かはともかく、お寿司デートはきっちりやってください。(ハベルも一緒だろうし、むしろ打ち上げかね)

オーソゴナルダイアゴナライザー未完成版の赤いウニトゲに対して、最後の東京やシヴァを覆い尽くす青いトゲトゲは清涼感がありました。ずっと赤かったからなあ。EDの「青い」はこれを指してた?
てか、このあと東京は復興出来るんですかね(^^;

ティルダさんは、あれは死んでますよね。「サルの方が一枚上手か」のセリフとか格好いい散り方ではありました。最初から協力出来れば良かったんですけどねえ。

ゴジラの表皮にいるダニっぽいのはメガヌロンですか。ホントによく無事だったなユン。
本作のゴジラ他の怪獣については、それぞれの意志みたいなものは感じられる場面は少なめで「自然災害」感が強かったかなあと。
何を考えてるかとか全然分からなくてキャラクター性は薄めなんですけど、その分ミステリアスさと理不尽な驚異感は強かったですよ。
ところでもしもメカゴジラで続編をやったら、果たしてこのゴジラは再登場するんですかね。再登場出来る余地は無さそうな感じなんですけども。

ともあれ、新しい試みのゴジラを見たと感じられる作品で実に面白かったですよ。それでいて元作品へのリスペクトも超強いのがさすがです。こういう挑戦的な作品に出会えるのは嬉しいですね。
メカゴジラ編の2期が実現するのかは謎ですが、無しのままで今回で完結でも納得出来るし、来たら来たらそれはそれで嬉しいのでどちらになってもよいかなと。楽しい1クールでした!

■ゾンビランドサガ リベンジ 12話
最終回。
災害復旧アニメだっけと思いつつも、記者さんや知事の協力も得られてチャリティーライブは無事成功していい最終回だった。

…と思ったところで謎のUFO攻撃エンドとは一体何事???
うーむ、どう判断したらいいんですかねこれは。ライブが成功しても結局佐賀の呪いは解けていないのか?
あと巽が血を流してたっぽいのはどういうことなのか。自分の身を生贄にしてるのか?
なかなかに謎が残る終わり方でした。UFOさえ無ければ特に悩むことも無かったんですが。続きとかあるんですかね。

|

« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~木分(6/21~24分) | トップページ | 今週のアニメ特撮・感想・土~日分(6/26~27分) »

コメント

超時間計算機を長時間計算機と書いてたので修正。
長時間計算機、計算時間長そう!

投稿: でんでん | 2021年6月26日 (土) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~木分(6/21~24分) | トップページ | 今週のアニメ特撮・感想・土~日分(6/26~27分) »