« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~水分(12/6~8分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ2号感想 »

2021年12月12日 (日)

今週のアニメ・特撮感想・木~日分(12/9~12分)

・サクガン
世界観説明に謎の敵との因縁にと、もう少し早くやっとくべきだったんじゃないかなあ。実は分割なんですかね。
久々にビッグトニーのバトルがあったのはまあ良かった気もしました。怪獣は雑に消えたけど。

・アクアトープ
くくると風花は別の道エンドですか。それもまた有りかなと。最終回は2年経って再会ですかね。
「生き物を守る男」と急に他者から言葉だけで副館長を持ち上げられても納得感が全然無い。「実はいい人だったんだ」をやりたいなら本人の描写でそう思わせてくれないと…。
そういえばキジムナーってどこいったんだろう。

・ポケモン
サトシ達が2人ずつ出たり、ポケモン達が進化前に戻ったり、ディアルガとパルキアが出たりと、スペシャルだけあってかなり豪華な話でした。
別世界のキャラがみんな性格が全然違っていて楽しいですな。あっちのゴウとコハル(ボクっ娘)の頼もしいことですよ。
さらにジャリになったジャリボーイ&ジャリガール達もかわいかったかと。
ピカチュウのピチュー時代はレアでよいものでした。ポケモンが進化前に戻ったら即座に呼び方も変えられるのが凄いですな。
事態の解決が気持ちでなんとかなるのはあっさりめですが、時間も無いので仕方ない。

・シンカリオンZ
アブトの闇堕ちはともかく、カメラマンの人があっち側だったとは。
Twitterとかを見ると声優でバレバレだったらしいけど、アニメを見る時に声を気にすることが無いので全然気付いてなかったですよ。
セツラは人間とテオティの架け橋的存在になるのかと思ったらあっさり連れ戻されたようで残念。
…と、そんな衝撃の展開がまさかの「ハヤトと車窓から」に全部持っていかれて吹きます。変わってないなハヤト(笑)
セイリュウが探しにいったのはハヤトということだったようだけど、この感じだとハヤトが運転士として戻ってくることは無さそうですかね。
出来れば新旧シンカリオンE5はやぶさ揃い踏みとか見たいものですが。むしろゲンブさんにも乗ってもらってE5はやぶさ3台を並べてほしい。
あと、ダークシンカリオンVSブラックシンカリオンは見てみたいかと。

・メガトン級ムサシ
司令や姫は異星人を裏切ってきてるし、町長は人類を裏切ってるでどっちも大変だ。
まさか南司令が死ぬとは思わなかったですよ。マッド道に堕ちてるかと思われた科学者パパが南司令を助けようとするところはぐっと来ました。

・ブルーピリオド
目の異常と蕁麻疹と疲労で1日目の午前に何も出来ない大ハンデ発生。主人公に立ちはだかる障害が高い。
しかしそれでも諦めずに考え続けて立ち向かうのが凄いですよ。自分だったら心が折れそうだ。大人になった後「学生時代に戻ってなにかの試験を受けてるけど何も出来ず終わる」夢を見たことはあるけど夢でも割と最悪な気分ですよ。
最後はこれまでの人達とのやりとりから方針が固まったようですけど、スケッチブックにテレピン油を垂らしてるのはどういうことかよく分からないなあ。
片手であの大荷物を運ぶ桑名さんが凄かったですよ。荷物はロッカー保管で済んでよかったです。あれを2・3日目も持ち運ぶとかたまらないだろうし。
落ちた人にもドラマがありますが、実力だけでなく体力や財力がネックになるの辛いなあ。

・結城友奈は勇者である
細かいところは覚えていないものの概ね2期ラストの焼き直しだった気がするけど、乃木若葉を見た後だと感慨深いものはあります。
次回最終回は世界のその後と、勇者組と防人組が会うのが楽しみかなと。

・大正オトメ
原作既読なので分かってたけど、遂にこの時が来てしまったか。
大震災なんて出来れば一生のうち一度も遭いたくないですよね。阪神で遭ったので南海トラフとか来なくていいぞ…;
このタイミングで風立ちぬやはいからさんやおしんでも地震に遭ってるのだなあと思ってしまいます。おのれ加藤保憲…。

・トリガー
「なんで関西弁なんや」のお前が言うな感に笑いつつ、
映画「LIFE!」を吹替版で観てしまった時も「なんで関西弁なんや」と思ったなあと思い出しました。あの吹替は本当に酷かった…。
バリガイラーさんは卑怯なところもあったけど愉快なやつでした。アドバルーンが飛んでたり昭和にしか見えない街並みも素敵。

・異世界食堂2
あの衆人環視の中で店内プロポーズ出来る心臓が凄い。成功して良かったですな。
国での立場とか大丈夫かと思うけど、父王も攻略してるから大丈夫なんでしょう。国と国の間も王が1人で行けるくらいの距離っぽいし。
…あの王様、徒歩で1人で砂漠まで行ったんですかね。砂漠にプレートメイルて、そんな装備で大丈夫か?

・トロプリ
「味もみておこう」
作家に経験が必ずしも必要とは思わないけど、経験出来ることならしておくに越したことはないですね。
まあ、みのりん先輩に蜘蛛を食われても困るけど…と思っていたら、パパイアを食ったことがないキュアパパイアがパパイアを食う話になって楽しかったです。「そう…、一味…違うのね…」
照れて走るみのりん先輩がかわいいですよ。「キュアパパイアとして不甲斐なし!! 穴があったら 入りたい!!」 本当に穴を掘ろうとするまなつに笑います。
…フラミンゴやサンゴを食う話にならなくて良かったですよ。
バトラーは出る度に黒幕感を高めてますな。やはりラスボスか。

■ドラゴンクエスト ダイの大冒険 61話
今回は昔のアバン先生の「勇者アバン」の話。
連載当時描かれた番外編の話でしたが、近年のスピンオフの「勇者アバンと獄炎の魔王」の第1話もほぼ同じ話なんですよね。
先週以後にあらためて両方を読み比べてみましたが、コマ割りとかもほぼ同じだったのねと面白く読めました。勿論後発の獄炎でブラッシュアップしている部分もあるので差異のある部分も面白いかと。
アニメではアニオリで魔弾銃のプロトタイプが出ていたのがニヤリとしました。

この頃のハドラーさんは魔王らしい魔王をやってるなあとほっこりしました。姫を奪いに来る魔王とか実に魔王らしい。
そして最近の格好よさに溢れた武人ハドラーさんを見た上で昔の魔王ハドラーさんを見ると、小物感の高さが際立って見えて人の恥ずかしい黒歴史を見ているような気分になりましたよ。
実際は上には上がいまくるのにイキってる当時のハドラーさんを生暖かい目で見てしまいます。

髪のロールが少ない昔のアバン先生は素直に格好いいですね。ちょっとなろう感がある気もしますが。
しかし、本来は普通の番外編だったのにアニメでは「フローラ様がレオナ達にしている過去話」という体になったので、フローラ様が盛大なのろけ話をしているように思えて困ります(^^;
そして、ミナカトール会得のために時間が無いの状況なのに昔話してる余裕があるんですか? という気分にならないでもないけど、まあ実際の話をしている時間はそこまで長くないのでしょう。多分。
フローラ様がアバンやハドラーさんのセリフをいちいち熱演しているわけでは無いのだろうと思います。多分。
…人に話している過去話をこういうストーリーの形で描く手法はよくありますが、実際どんな感じで話しているのだろうとは気になりますね。自分だったらうまく伝えられる気がしません。
最後は話を聞いている現代パートに戻るのかと思っていたけどそれは無かったですね。レオナ達がどんな感じで話を聞いていたのか気になるけど次回そのあたりは触れるかどうか。

今回のイオナズンだとかベギラゴンだとかメドローアだとか、この世界の極大魔法は両手を使う必要があるのが格好いいですね。
魔族の鏡通信が前々回に続いて使われていたのはいいタイミングだったかと。魔族間でメール的に使われてるんですかねえメルメル。

今回は旅立ち時点の話なので無理なのは分かってるけど、昔のマァム母も見たかった気はします。あの頃の姿を娘に見せたい。
ロカはマァムと髪色が同じなのがいいですね。ロカはどうして死んだのだろうと気になりますが、獄炎の魔王で描かれるのかどうか。

■仮面ライダーリバイス 14話
神や悪魔の花嫁と言うなら、最初から生贄そのものだよねえ。ゆゆゆでもやってた!
子供の頃からギフ様の花嫁となるように育てられたアギレラ様がピエロで不憫な存在になってきましたよ。とは言え仮にここから改心したりしても生き残れるかどうかは微妙ですが。
アギレラ様も生贄だと最初から知っていたオルテカに対してフリオの方は知らなかったんですね。フリオがアギレラ様をかばってデッドマンズを裏切るみたいな展開も有ったらおいしいですけど、さて。
ところでそもそも「ギフ様の生贄になる=死」なんですかね? もしそうなら幹部級(?)5人が一気に消滅しちゃいますが。

若林司令官については、裏切り者ではなく偽物でしたか。1話の最初時点では本物だったところを、1話の途中で入れ替わっていたとは想定外でしたよ。遺体すら残らないのが惨い。
嘆くヒロミさんが痛々しいですが、2人もライダーがいるのだから悠々と去っていくカメレオンを止めようよとは思いました。変身も出来ないほどのダメージ&ショックだったのか…。
普通に歩いて帰っていく敵を止めようよとは一輝やさくらに対しても思いましたけど(^^;

友達がいるからなかなか変身出来ないさくらは、人の目をいっさい気にせず変身して一輝とは違うのだなあと思いました。まあ知り合いの前で(ましてや通ってる学校で)正体バレしたら面倒だと思いますよね普通は。
敗者の心が見えていないエゴイストだと糾弾されて動けなくなる一輝は、見ていてエゴイストでもいいじゃないと思ったので、バイスがさくっと言ってくれてスッキリでした。覚悟を決めてエゴイストのお節介の自覚を持って戦えばいいんですよね。
「俺を殴れ」と言われて「はいよ!」と秒でハンマーで殴るバイスには吹きます。

■機界戦隊ゼンカイジャー 39話
「新年あけましておめでとうございます!」
新年一発目でやるやつをクリスマス前にやるとは(笑) 本当の新年最初の放送がどうなるのか私気になります。「20日後に来てくれますか?」とか相変わらずセリフのセンスが冴えてるなあ(笑)
「年が明けたら嫌なことを一旦忘れてしまう」…に対して「ワルドを倒すことを楽しみにすればいい」という解決法がさすがですね。てっきり「最初から正月モードで戦う」かと思ったけどそれよりロジックがしっかりしていましたよ。
まあ、実際は年が超えてもやってない仕事は残るし忘れても意味無いんですけどね!( ノД`)

現場に到着するまでに1時間経って正月が来てしまったりしていましたが、今更気づきましたがこの人達の移動手段って(ツーカイザーのクロコダイオーを別とすれば)徒歩しか無いんですね。ブルーンのダンプで移動という手も無くは無さそうだけど。
最近の戦隊ってバイクに乗ったりしないなあと今更思いました。前に(合体用メカとか移動拠点とか以外で)バイクとかに最後に乗っていたのって何でしたっけ。ゴーバス?

今回は久々に色々ギアを使ったりしてましたね。さすが正月回(違)(むしろクリスマス前だからか)
キョウリュウのサンバは楽しそうでよかったですよ。ゴーカイの力が武器交換とかまあ納得。和風戦隊の紅白呼び出しはおめでたそうでいいですねえ。
ロボ戦で虎のキグルミが襲ってくるのが悪夢のような絵面でした(笑)

ハカイザーはどういう状態になっているのやら。洗脳が解けたとして人間として戻ってこられる状態なんですかね?
ステイシーは今回も不憫でしたが、次回が正念場っぽいなあ。そしてそんなステイシーを唆していたゲゲは何がしたいのやら。
(介人がトジテンドに潜入した時みたいに)単体で出てきたゲゲは、実はボッコワウスと一緒にいるゲゲとは別人(別鳥)とか言わないでしょうね。

|

« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~水分(12/6~8分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ2号感想 »

コメント

>異世界食堂
パフェ姫のとこの帝国は東大陸、コーヒーフロート王子の砂の国は西大陸の南部と実はむっちゃ離れてます。
王子というか砂の国はそれを踏まえた上で自国に一つしかない長距離転移の秘宝・・・ねこやの扉みたいな二カ所に設置するとワープできるやつを帝国に持ち込んでお互いの国に直通ルートを作りました。
友好国になればこれを今後も設置したままにしときますので船使わずに大陸間を安全に行き来できますよという方向でメリットを示した形です。
なお、真意は姫に別大陸まで嫁いできてほしいので気軽に里帰りできるようにしとかないと断られるかも・・・という部分にあったり。
ちなみに皇帝の鎧はドラゴンの火炎ブレスすら打ち消す古代エルフが残した秘宝で、今回はどんな酷暑でも中はむっちゃ涼しいから着てきました。

>リバイス
アギレラ様を育ててたやつらってのが存在してることを考えると、今月いっぱいで現行のデッドマンズは壊滅して年明けからそっちの組織が敵になるってのもありえそうな気がします。
小道具の使い回しかもですが今回カメレオンが使ってた盗聴器が牛島家のと同じでしたし、さくらにドライバー送ったのを含めてカメレオンと牛島家が現行のデッドマンズとは別の意図で動いていたみたいな。

>ゼンカイ
一応全力全開キャノンも戦闘機にはなりますがむっちゃ狭い一人乗りなんですよね・・・そして一人で到着しても全力全開キャノンは撃てないという。
乗り物は・・・前作キラメイは魔進達の形が乗り物ではあったのですが移動用には使わなかったですね・・・でかいし。
3作遡ってパトレンジャーが専用パトカー使ってたあたりが最新ですかね。

投稿: | 2021年12月13日 (月) 14時31分

>食堂
なるほどどこでもドア(行き先限定)設置済みでしたか。
砂漠で鎧にそんな秘密があったとは(笑) 空調服だったんですねえ。

>リバイス
滅亡迅雷も正月前に一度壊滅しましたし、敵組織自体がここで様変わりする展開はありそうですね。牛島家の謎も実際そのタイミングで分かるのかも知れません。
(悪魔5番勝負は勘弁な)

>ゼンカイ
キラメイでは遠方への移動には使ったりもしてましたけど、近距離で気軽には使ってないですよね…でかいし。
パトカーはそう言えばありましたね。忘れてたけどゴーバスの次のキョウリュウでも一応バイクありましたっけ。

投稿: でんでん | 2021年12月13日 (月) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~水分(12/6~8分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ2号感想 »