« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 地球外少年少女 後編(映画) »

2022年2月 9日 (水)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~水分(2/7~9分)

・プリコネ
よい回でした。ペコキャルいいよね…。

・ルパン
ランウェイの五ェ門…、なかなか狂った回だったけど五ェ門が楽しそうでよかったです。

■鬼滅の刃 遊郭編 10話
ようやく決着。長い戦いでした。
それにしても指ぐしゃぐしゃとか喉刺しとか腕チョンパとか目潰しとかエグい描画がてんこ盛りで痛そうですな。炭治郎よくあの状態から指治るな! しのぶさんが頑張ったんだろうけど!
妓夫太郎のねちっこいイビリシーンが長くて嫌でも印象に残ります。てか、ブーメランですねえ。
そこからの反撃と決着はカタルシスがあったかと。痣発動のシーンは熱いですね。代償がアレだけど。

街の被害描写がアニメだと分かりやすいですが、本当に大変な壊滅状態でした。復興にどれだけかかるのやら;
そして街にも人にも大被害を出してようやく倒したと思ったら最後っ屁で大爆発とは怪獣ですか。本当に迷惑過ぎる。

内蔵の位置をズラせるとは伊之助は人間やめてるなあ。
炭治郎母が猪を頭突きで撃退した話は吹きました。無惨様相手にも頭突きが通じれば良かったんですけどねえ…。

■進撃の巨人 The Final Season 80話
地鳴らしの準備が「ととのう」の巻。

グリシャの過去を見たジークとエレンの対立から始まって、始祖ユミルの過去からの2000年が明かされた回でしたが、…いやあ…、これは酷い。本当に酷い。
ユミルの真意はまた置いておいて、第三者から見ればユミルは「何か」に取り憑かれる前に死んでいた方が幸せだったのではと思えてなりません。
生きている間も死んでからいいようにこき使われているのが酷すぎる。
そんな状態で「お前が決めていい」と言ってくれるエレンと「俺の命令に従え」と言ってくる王家の血を引くジークがいたら、そりゃあエレンに付きますわな。
まあ、その結果えらいことになるわけですが。

そして、ついにエレンが始祖を支配して地ならしが発動してエレンがラスボス化と。
最初からこの展開を想定していたとすると途方も無い構成力ですよ。1話のタイトルからして「二千年後の君へ」だものなあ。(そして1話表紙の超大型巨人の足跡が1つしか無いと言う…)
サウナ入ってる場合じゃねえ!!

◆週刊少年サンデー 11号
・よふかし
オタクさんと探偵さんの対面は見たいと思っていました(笑)
眷族の人は恩義で動いてましたか。下手に愛憎で動く人より厄介かも?

・フリーレン
黄金に変えられたら僧侶でも戻せないとは恐るべしミダス王の呪い(違) 確かにこれは勝てる気がしませんがどうするのやら。
フリーレンは昔「マハトに負けた」そうですが、防御も回避も出来ない黄金の呪いからどうやって生き延びたんですかね。

・龍と苺
遂に古閑さんに勝ち越しとは、恐ろしい成長っぷりですよ。1回目は古閑さんが疲れていたとは言え、2回勝てば本物だわなあ。

・あおざくら
プライバシー0の誓約書ひでえ(笑)
「母もオッサンじゃん」に笑います。PVでの近藤の落としっぷりに笑いましたが、落として上げるよい内容でした。

|

« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 地球外少年少女 後編(映画) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 地球外少年少女 後編(映画) »