« 週刊少年ジャンプ21・22号感想 | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・土~日分(4/29~30分) »

2023年4月28日 (金)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~金分(4/24~28分)

・僕とロボコ
ロボコお姉ちゃん時空こええ。

・君は放課後インソムニア
天文部は何をやるのか問題。昔、地学部にいたことがあるけど普段は天気図書いてたなあ。
天文部活動を真面目にやってるのが好感が持てるなあと。
そしてが先輩かわいいですよ。自分の高校時代は1人部活だったから余計に楽しそうなのかなと。猫かわいい。

・ヴィンランド・サガSEASON2
ガルザル編そろそろクライマックス。
ガルザル&アルネイズの逃亡を手助けするトルフィンとエイネルですが、5人以上(元主人のところを含めれば9人くらい以上?)を殺している危険人物を助けるのはちょっと…とは思えてしまいます。
トルフィンとエイネルにしてもガルザルが何人も殺してるということは聞いてるしなあ。
嵐をやり過ごすことが出来なかったアルネイズにしてもエイナルにしても、理屈ではなく情で動いているので仕方ないのですが。にんげんだもの。
大旦那と蛇さんのやり取りは印象的だったかと。

・Dr.STONE NEW WORLD
謎のホワイマンに対抗すべく、レーダー&ソナー誕生&金属探知機誕生から鉱山発掘に舗装道路誕生で流通網が整うの巻。トントン拍子とはこの事か。
ラストのトロッコはデフォルメなのは分かってるけどあまりにデコボコ過ぎて吹きます。脱線必須だったアレ(^^;
次回はいよいよ船が出来るんですかね。

・魔法使いの嫁 SEASON2
突然お姑さん…もとい、エリアスの先生のリンデルの先生のラハブさんに呼び出されるの巻。
エリアスが人間のことをあまり分かっていないのに「嫁」とか言い出したのはこの人が原因だったわけですが、当時情緒が未発達なエリアス相手にラハブさん頑張ったんだなあと分かって和みます。
ところでステラサイドの描写やサイモンの話はカットなのね。
後半の「裏道」は、例えあれで通勤通学時間が超大幅に短縮出来るとしても、あんな通学路は嫌だと思います。

■鬼滅の刃 刀鍛冶の里編 3話
原作の細かいところを忘れてたけど、300年前の刀を見つけたと思ったらすぐに壺と半天狗が来るのね。存外早かった。
刀研ぎの時間が無さ過ぎでしたね。
ムキムキ鋼鐵塚さんは笑いました。「任せろ」のやり取りがしつこいですが。
人死が出るような研ぎ方って結局どういうことなのやら。

そして無一郎の改心と言うか変心も早かった。ほんの少し炭治郎と話しただけだったのに、感化されるのが早い。
玄弥や無一郎にも普通に接する炭治郎のコミュ力が凄いですな。

半天狗の攻撃で炭治郎が早くもボロボロですが、今シリーズでの炭治郎達の戦いの夜はまだ始まったばかりなんですよね。ホント頑丈だなあ。

■【推しの子】 3話
ロリ先輩(違)…もとい有馬かなの現状とドラマ共演の巻。
わがまま天才子役から不遇な時代を経て苦労してきて大人になった有馬かながいじらしいですな。
自分の演技を抑えても現場と作品を大事にする姿を見ると、報われて欲しいと思いますよ。
少なくともラブコメ的には報われる気がしなくて困ります。現時点の感情は戦友的なものかも知れませんが。
急にドラマに出る気になったアクアの思いを勘違いするところもかわいいですが、あれはラブコメ的な勘違い…ではなくBL的な勘違いか?

そんな有馬かなの真摯に頑張る姿を見たからこそアクアも最後に、有馬かなを小馬鹿にする鏑木勝也に怒ったのでしょうけど、「せっかくだから無茶苦茶やって帰るか」ってどうする気ですかね。
本気の演技で大根役者達をぶり大根にして現場を無茶苦茶に…とかだと、それはそれで有馬かなの思いを踏みにじるわけですが。
ともあれ次回に期待です。てか毎回最後の引きが強いな。

今回のターゲット・アイの相手候補の鏑木ですが、雰囲気的には違うんじゃないかなあとは思えます。10数人の候補の1人目だし。
本当に父親だったらアクアの名前なり顔なり目なりに何らかの反応がありそうな気はします。まあアイとアクアとルビーの「目の星」は単に演出的なもので作中世界でも実際に目に星が見えているってわけじゃないのでしょうけど、多分(^^;

アクアはアイの交友関係を調べるために、アイの携帯から4年かけて45510通りのパスワードを試していたとは、恐ろしい執念です。パスワードを何度も間違えたらデータ消去とかじゃなくてよかったなあ。(いや、復讐の道のりが進んだのは良かったのか?)

監督のかーちゃんは今回も癒しでして。こどおじ呼ばわりの次は寄生虫呼ばわりとかヒデえ。
ところでアクアは有馬かなを口が悪いと言いますが、君のところの妹さんもかなり口が悪いとは思うよ‪;‬

原作14巻分をドラマ6話でやるってのはヒドいながらもある話ではありますが(長い原作を映画2時間でとかねえ)、
14巻を6話=84巻を3クールってところですか。43巻を3クールのからくりの倍近い速度と考えると、確かに酷すぎるな!
漫画原作ドラマは、そもそもほぼ見ないのよね…。

■ポケットモンスター リコとロイの旅立ち 4話
親方! 空からホゲータが!!
…飛行中じゃなくて、そして下が海で良かったですよ。ほのおタイプが海に落ちたらヤバい気がしないでも無いですが。
あの飛行船、2話でニャオハも落ちたし落下対策がなってない気がしますよ。空挺ドラゴンズの捕龍船も落下対策がヤバかったですが(^^;
まあ、結果的には落ちたおかげでロイと出会えたから結果オーライ?
ところでホゲータは特定のトレーナーはいなかったわけですかね。

自分はニャオハを選んで妻はクワッスだったので、ホゲータが歌うとは知らなかったですよ。いやゲームでもそんな設定があるのか知りませんが。
ホゲータ、あほっぽくてかわいいですよ。ところで頭のアホ毛(違)は炎だったのね。

ランドウ爺さんがやっと普通に喋った気がしますが、爺さんポケモンじゃなかったんですね(おぃ)
爺さんのシーンでクワッスも近くにいたけど、もしかして爺さん=配信者のぐるみんだったりするのか?

ロイは純粋に素直で元気ないい子で和みます。サトシを少し幼くした感じですかね。身体能力も高くて、ロイなら電撃やひのこを食らっても大丈夫そうですよ(笑)
今回は仲間入りまではいかなかったけど、飛行船もまだ直っていないし、島にエクスプローラーズも来そうだし、次で仲間入りなんですかね。

フリードさんはポケモンに戦わせるだけでなく自分も表に出るんですね。リコの「博士だったの、聞いてないよ」に笑います。フリードさん、これまで博士っぽい描写全然無いからなあ。(ラストのコーナーくらいか)

◆チェンソーマン(ジャンプ+)
チェンソーマン2号?
ユウコをやったチェンソーマンと同じ奴?

◆週刊少年サンデー 22・23号
・スーパーストリング
…正直かなり見難いですな。
Dr.STONEは見やすかったですが、原作の違いや詰め込み方の違いのせいなんでしょうか。

・魔王城
唐突な花京院ネタに吹きます。

・MAJOR2
弟、腕はいいけど性格は悪いしチームプレイの経験値もゼロなのね。
ホントに「いい勉強」になってくれるといいですが。

・龍と苺
浮かれてるなあイトモモちゃん。
苺はいきなり運任せのピンチで吹きました。やはり人の話は最後まで聞かないと(^^;
最後の挑発がとても苺らしいですな。斎藤二冠は無視すべきと思いますが、どう出るやら。

・よふかし
一応の救いはあったと取るべきなんですかね。

・ラストカルテ
玄関前に新聞紙にくるまれた鳥の遺体。普通に考えたら嫌がらせか事件かと言うところなんですけどねえ。

・第九の波濤
もうちょっとエピローグ的な部分も見たかったけど、キレイに終わったかなと。

|

« 週刊少年ジャンプ21・22号感想 | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・土~日分(4/29~30分) »

コメント

こんばんは。推しの子のロリ先輩はネットでは重曹ちゃんという愛称で呼ばれることが多いですよ。重曹を舐める子役(笑)
重曹ちゃんで覚えちゃって一時期本名が思い出せなくなるくらいでした。

投稿: 根岸鴨 | 2023年4月29日 (土) 22時53分

毎回フルネームで書くのもなんだし、愛称としては重曹ちゃんで書くべきなんですかねw

投稿: でんでん | 2023年4月30日 (日) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ21・22号感想 | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・土~日分(4/29~30分) »