« 週刊少年ジャンプ30号感想 | トップページ | リバー、流れないでよ »

2023年6月29日 (木)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~木分(6/26~29分)

・君は放課後インソムニア
そろそろ終わりかと思ったら来週まであるのね。最後は愛の逃避行なのか(違)
バナナだらけに吹きます。

■ゴールデンカムイ 49話
最終回。
変態大暴れだった前回に対して、今回は尾形の過去を掘り下げたり、アシㇼパさん・杉元・白石の関係性を掘り下げたりと割と静かな終わり方でした。
いやまあ、今回も尾形の話で変態・宇佐美が喋りまくりでうるさく目立ってはいたけど!
尾形のことは(共感出来るとは言わないものの)まだその闇っぷりの理由が分からなくもないけど、宇佐美は本当にただただキチガイとしか言えないですな(^^;

樹の下敷きになってのアシㇼパさんと杉元の会話は、杉元の金塊を探す理由を語ったり、杉元・アシㇼパさんの白石への信頼を示したりと、3人の絆を深める、しっとりとしたよい話でした。
白石が2人になんやかんや言っても信頼されているのは、見ているこちらとしても嬉しくなりますな。しょーもないところも多いけど、実際義理堅い良い奴だからなあ白石。しょーもないところも多いけど(笑)
白石はキロランケに情を示したり、今後   に情を示したりと、杉元が対立する相手に対しても友情に厚いところがいいですね。

最後までやることは分かっていたけど「最終章決定」で締めてくれるのは嬉しいですね。ここからは盛り上がる一方なので楽しみですよ。
ただ、ここからラストまでは1クールで終わるのは難しいと思いますけど2クールあるんですかね。出来れば分割ではなく一気に見たいところではあります。

■【推しの子】 11話
最終回。
前回ラストで「ただの新人アイドル」だと吹っ切れた様子だったのに、舞台に上がってまた暗くなってるかなでしたが、オタ芸アクアさんを見て元気を取り戻せて良かったですよ。この時のかなの吹きそうな顔が良い。
「誰か私を見て」からの「あんたの推しの子になってやる」の流れが良いですよ。タイトル回収はオタクの好物ですね。
それにしてもアクアさんのオタ芸、相変わらずキレッキレだな(笑)

音痴とヘタウマと言われたルビーとMEMちょも、単独パートではちゃんと歌えてるやんと思いましたが、短いフレーズなら問題無いのですかね。
ところで、頭タオルの人は1話でも出てたんでしたっけ。覚えてなかったですよ。「真ん中の子が歌も上手い」とか、ああいうライブで誰の声とか聞き分けられるのが凄いですな。自分は無理です。
ところで2、冒頭で出ていた別のアイドルグループの「まな」さんがやけに印象的でしたが、今後出てくる人なんですかね。

その後のタクシーシーンでは、かなが楽し嬉しそうで良かったですよ。アクアを楽しそうにバンバン叩いてるのがかわいい。
ミヤえもんはかなとアクアの微妙な関係性は分かってるんですね。所属タレントが目の前で恋愛してて(?)いいのん?、と思わないでも無いですが、母として普段どんよりダークなアクアが楽しそうなのは微笑ましい感情もあるんですかね。

MEMちょはまだアクアとかなが仲が悪いと思ったままでしたか。視聴者目線だとタクシー内でのアクアかな会話も「なかよし」としか思えませんが、神視点の視聴者と認識がズレるのはまあ普通か。
やっと自分が三角関係の3人全員と親しい、厄介な立場であることに気付いちゃったMEMちょの明日はどっちだ(笑)

ぴえヨン2号の正体バレ会話もニヤニヤでした。アクアをめちゃくちゃ楽しそうに煽るかながかわいいよ。「恥ずかしくて逃げんの~」が実にかわいい。
仲直りした2人を微笑ましそうに見るルビーでしたが、ルビーは兄への理解度は極めて高いですが、かなの感情が恋愛感情なのは分かってるのやらどうなのやら。その辺鈍そうなのよね。

次の話は2.5次元舞台の東京ブレイドだそうで、刀剣的なやつですかね。(よく知りませんが)
かなが目立った話の次なので、今度はあかねが目立つ話になるのかと思ったら、アクア・かな・あかねが3人揃って共演とは。うわーい剣呑(笑)

かながあかねをライバル視してるのは分かっていましたが、あかねの方もあそこまであからさまにかなを意識していたのは意外でした。積年の恨みて(^^;‬ こわーい(笑)
しかしまあ、今後はアクアが劇団らららいに近づくわけで、重い展開が待っていそうですよ。

2期決定ということで今後も楽しみですな。単行本は買ってるので原作はもう読んじゃいますが。

◆チェンソーマン(ジャンプ+)
デンジかわいそう、よしよし…
あの偽物はもう1人のチェンソーマンなのか違うのかどうなのやら。

◆週刊少年サンデー 31号
・ラストカルテ
ペンギン界は進んどるなぁ!
当麻の記憶力は凄いけど、もっと凄いのは観察力かなと。どちらの足を先に出したとか、よくそんなところに着目するものですよ。
まだよく分からないけど、足を痛めてるとか???

・龍と苺
軽音部が苺の文化祭の仕事に繋がるとは。
最低でも23人同時対局とかとんでもなさすぎますな。どんな頭してるのやらと思いますが、だからこそ他局面同時練習とか出来るのか。

・トニカワ
付き合いたいならひまりの方から進めばいいんじゃないですかね。

|

« 週刊少年ジャンプ30号感想 | トップページ | リバー、流れないでよ »

コメント

こんばんは。ゴールデンカムイ最終章も推しの子2期も楽しみですね。原作マンガも面白いですよ~

投稿: 根岸鴨 | 2023年6月30日 (金) 22時38分

楽しみに読みます~

投稿: でんでん | 2023年7月 1日 (土) 09時40分

龍と苺
良く聞くのは
プロレベルになると、現時点の盤面見るだけで流れが分かる
とかですかね。
毎回見てすぐに判断してる可能性が。

トニカワ
男から告白したという、男のプライドを立てたいんでしょう。
ぶっちゃけ、相手のいる前でもナサ君を説得にかかったあたり告白をOKすると宣言してるようなもんだし、もはや付き合った時に良い気分でいられる為の儀式といった方がいいのかも。
男には一定数、付き合うなら自分から告白したいってのがいるので。

投稿: | 2023年7月 5日 (水) 21時53分

>苺
恐るべし…

>トニカワ
面倒な人達ですなあ。

投稿: でんでん | 2023年7月 6日 (木) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ30号感想 | トップページ | リバー、流れないでよ »