« 青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない | トップページ | 週刊少年ジャンプ30号感想 »

2023年6月25日 (日)

今週のアニメ・特撮等感想・土~日分(6/24~25分)

・江戸前エルフ
最終回。
なんということもない日常で終わるのがらしいかと。

・カワイスギクライシス
最終回。
どうぶつさんかわいい。

・タイバニ2
ムガンのやられ方がナランチャのようだ。
ヒーロー狩りとの決着でしたが、最後に悲劇的な感じで死なれても2人もおじちゃんも同情できなくて困ります。
逃げ出した奴は次のシリーズの敵になるんですかね。2クールあるみたいだし。

・ひろプリ
あげはさんはピーマン体操踊らないと!
今回の内容は生涯勉強だなあと思いました。ミックスパレットの可能性が無限大過ぎて凄いですが、知恵と知識で使い方が広がるのがよいですね。エンポリオの知識でウェザーリポートの力を引き出した感じか。
次回は隊長洗脳復活回…なのか?

・青のオーケストラ
先生同士でライバルだったのか(?)
今回はオーディション本番の巻。青野を内心で認めつつも足りない部分をきっちり指摘して煽ってくる先生がいい性格ですよ。
こういう先生って反発する生徒もいるだろうけど、青野は反発しつつ見返してやるとなる、結構好戦的なタイプなので相性は悪くないかも知れません。
佐伯との決着としては佐伯の演奏シーンがカットで少し物足りないと思ったら、風邪で不調で本当の決着は次の機会ですか。なるほど。
まあ、次回は学力を試される展開なので今回以上に青野は苦しめられそうですが(笑)
秋音はダメだったようですが、前向きで強いなあと。
ドヴォルザークの弟子さんは結婚できてよかったですね。

■スキップとローファー 12話
最終回。
よい作品でよいアニメでした。原作はまとめ買いしてるので読むぜ。

梨々華と志摩くん母が出会ってしまって、荒れた展開になってしまうのかと心配でしたが、最終的には爽やかに終わってくれてよかったです。
志摩くんはようやく前を向けたようですが、梨々華も「罪悪感を煽ってそばにいさせる」なんて後ろ向きなやり方が間違ってるのは自分でも分かっていたんですね。志摩くんが一方的に悪かったわけでは無いことも。
これで梨々華も前を向けるといいのですけど。
一方で志摩くん母の方はまだ「向き合ってない」感じですけど、今後の展開なんですかね。
あと、クリスはいいやつですな。志摩くんの中学のクラスメイト達もいい子そうでよかったです。
梨々華に子役のことをバラされちゃいましたけど、それで今のクラスでの扱いが変わったりしなければいいですな。大丈夫だろうとは思いますが。

志摩くん、演劇部の兼近先輩に声をかけなかった(かけられなかった)とのことですが、今回で吹っ切れたのなら、兼近先輩も報われるといいですねえ。
生徒会長は生徒会長で家の事情とかあったんですね。苦労とか人それぞれですねえ。

梨々華からコアリクイの威嚇ポーズで志摩くんを守ろうとするみつみがかわいかったですよ。尊い…。豹に対して震える子ねずみだったのに、がんばったみつみ。
ラストのみつみに声をかけた志摩くんは、告白か? と一瞬思ったけどどうなんですかねえ。この2人はゆっくり進んでいけばと思いますが。

2期があるかどうかは分かりませんが、やって欲しいですねえ。原作は読みますけども。

■天国大魔境 13話
最終回。
地獄サイドも天国サイドも新しい冒険はこれからだ。というところで終了。大変高いクオリティで実に面白かったですが、当然のように色々な謎は明らかにならないのだった(^^;
アニメが原作7巻の頭辺りまでで(ちょっと順番が変わってたりもするけど)、先日最新9巻が出たばかりなので、当分アニメ2期は無理ですね。みんな原作読もう!

キルコとマルは、あんな酷いことがあったのに爽やかに旅立てるところが強いですな。それにしてもマル強い。
ロビンはクソ野郎でしたが、結局ロビンが桐子を撃ったんですかねえ?

天国サイドは、ミミヒメとシロの話が切なくて良くて、この後を思うと泣けます。
シロは今回の「ボタン」をずっと持っていたわけね。今回を見てから8話ラストを見返すともう…。

勢いで名付けられたノア計画に吹きました。この話、重要キャラでも割と抜けた「普通の人」な辺りが、悲劇的展開でも奇妙なリアリティを感じるんですよね。

■仮面ライダーギーツ 41話
景和が完全に闇落ちして闇タヌキになるの巻。あーあ…。
そりゃまあ、姉を失ってショックなのも、実行犯に「なってしまった」バッファを恨むのも分かるけど、
自分の望みのために「罪の報いを受けさせる」とか言ってた女神の力を無理やりツムリに使わせて、スズメでもケケラでもなく真っ先にバッファを狙うあたり、理想も良心も何もかも失ってしまったのだなあと悲しくなりますな。
まあ近年の2号ライダーって唐突にストーリーのために納得感が薄い感じで闇落ちする人が多い気がしますが。…て、景和ってバッファさんがジャマト側に行ってた真意とかって分かってないままだった…っけ?

バッファさんの方は、完全にジャマト化された人はもう倒せないという事で積極的にジャマトを倒していましたが、そうするしか無いとなるのも分かりますが、やるせないですねえ。
対処方法が出来るまでジャマトを拘束する技や装備なりでもあればよかったのかもですけど。
ところでバッファさん、黒タヌキに腹をぶっ刺されてましたけど大丈夫なんですかね。予告にはいますけど。

スズメの自作自演と言うかマッチポンプが酷いですな。教団でも作っちゃうのか?
ケケラの「仮面ライダーなら諦めんな」は「どの口がどの口がどの口が」としか言えませんな。どこぞの喫茶のマスターを思い出す邪悪だ…。
ナーゴ父は全ての権力を失って、そんな状況で自分のことしか考えていなくて醜いですが、まだ何か役割あるんですかねえ。

ジャマト化して倒された一般人は樹に取り込まれてるんですかね。ジンメンのようですが、これだとまだ助けられる可能性も無くは無い…のだろうか?

■王様戦隊キングオージャー 17話
ラクレスは自国だけでバグナラクと和平を結んで他国にシュゴッダムへの忠誠を迫り、ンコソパが陥落寸前…というところで遂にギラがラクレスの前に復活するの巻。
熱い、熱すぎる。
覚悟を決めたかと問うヤンマとギラの握手が熱かったですよ。さすが心の友だ。
まさに「主人公の座」を示したギラが最高でした。ジェラミーは…今回ちょっと空回りしてましたね、大人しくしておいてくれ。

てか、「ヤンマを」「バグナラクの力を借りて」「惨殺しようとするラクレス」って贔屓目に見ても悪役にしか見えないと思うのですが、
シュゴッダム国民はラクレス支持でいいんですかね。まあ一応ヤンマが殺されそうなところはさすがに引いてたけど、ギラが出てきたらブーイングしてるし。
そう言えば今回ゴローゲさんがいなかった気がしますが、失恋のショックで寝てるんですかね。

「ラクレスの真意が何なのか」はまだ明確にはなっていないのですが、ギラへの家族愛は実のところあるのかも知れないけど、他国を侵略してチキュー統一してるのは結局本音なのかもねえ…。
ともあれ、ラクレスVSギラは来週が正念場っぽいのでどうなるか楽しみです。
映画予告でギラ即位みたいに言ってるけど、映画までにラクレス(一時)退場の可能性もある…のだろうか?(「ラクレスの秘密 3話」が7/16で、映画が7/28か…、この前後で大きな動きがあるかも知れず…)

どっちつかずのカグラギさんへのヤンマの「逆に信用できる」がいいですね。露伴先生味のあるセリフです。

メガネにグラサンをかけてるモルフォーニャには笑いました。
ゲロウジームちゃんは人前で出てくる時はちゃんと化けてなさい!
100年前のことか1000年前のことかはっきりしないジェラミーさんの記憶力が心配だぜ。

一撃将軍ダイゴーグさんはバグナラク側の幹部として当分生き残るんですかねえ。バグナラク側は幹部が足りないから…。
とか思っていたら次回で退場かも知れませんが。

■機動戦士ガンダム 水星の魔女 23話
ラス1前。今回も激動でした。姉妹喧嘩に兄弟喧嘩に嫁姑喧嘩にとなんて濃厚さだ。

色々ありましたが、まずは兄弟喧嘩でグエルとラウダが生き残ってよかったです。フェルシーGJ! えらい! よくやった!
父ヴィムと同様にコクピット付近をやられてディランザ爆発か…というところで駆け付けたフェルシーがMVP過ぎですよ。
「兄弟喧嘩で死ぬとかマジ笑えないッスから!」が素晴らしい。
フェルシーは最終的にグエルと引っ付いてもいいと思いました。ホントえらかった。

シュバルゼッテ戦はギミック満載で見ごたえがありましたが、頭のシェルユニットを潰せば機能は潰せるんですね。
水星のガンダムにはシャイニングフィンガーが有効と(メモメモ)

スレッタと姉妹喧嘩は互いを大事に思いながらの戦いが切ないですが、ミオリネがコードを入れる前に一瞬機能が止まったのはなんだったんですかね。エリクトとは違うエアリアルの意思とか?
ラスト、コロニーレーザー(違)をユニコーン(違)…じゃないエアリアルとエリクトが止めてエアリアル大破となりましたが、エリクトの存在はまだ残っているのかどうか…。
最終回でまだスレッタとエリクトの会話の余地は残ってるのではと思うのですが、多少なりとも救いのある結末になってくれるといいのですが…。
データストーム内でのエリクトの生存は、それで他者に影響が無いならいいのですけどねえ…。

嫁姑喧嘩は、一応は誰も死なずに済んでまずはよかったかと。最終回でプロスペラが最後まで生き残る気はしないのですけども;
ベルメリアさんも頑張りました。素人の銃乱射こええ、とは思いましたが。
クワイエット・ゼロ停止のコード入力は、3回以上間違えても試せるのだなあと思いました(笑)
トマトに隠された母の愛のメッセージで解決する流れが綺麗でした。

ケナンジさんがプロスペラに銃で狙われたら的がでかすぎてヤバいと思ったので、出会わなくてよかったですよ。
デリングパパは頑張ってくれましたよ。まあ議会連合は無視でしたが。
プロスペラはヘルメットが無ければ即死でしたね。

プロスペラとの決着は今回で付いたと言っても(多分)良さそうなので、最後は議会連合(4婆、真エラン含む)がラスボスですかね。
プロスペラと議会連合の共倒れになりそうな気がひしひしとしますが、どうなるやら。
…4婆はともかく真エランはしれっと逃げ出してそうな気がしないでもありません。むしろ真エランが動いて4婆達をどうにかするのかも?
ところで次回タイトルが「最終回」なのか、タイトルを伏せてるだけなのか、多分後者ですかね。

プロスペラとエリクトは厳しいと思いますが、味方サイドからこれ以上死者が出ないことを願います。

|

« 青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない | トップページ | 週刊少年ジャンプ30号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない | トップページ | 週刊少年ジャンプ30号感想 »