« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/2~7分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ45号感想 »

2023年10月 8日 (日)

今週のアニメ・特撮等感想・日分(10/8分)

・ひろプリ
オトナプリキュアは見たけど、プリキュア5を見ていないので感想が書きにくいですよ。
世知辛い現実に夢が潰される展開は、まあやるよねと思いました。敵は存在するみたいだけど、変身とかするのかね?

そして今回はあげはさんが世知辛い現実にぶち当たる話でした。あげはさん成人でオトナプリキュアだからなあ。
さすがに飲酒は無くてよかったです。(まだ20歳未満だし)

・ビックリメン
徹夜組も迷惑客も悪質買取り(?)も強盗も転売ヤーもターセルス・ミルーリア・ダ・パーゴだなあ。

・青のオーケストラ
最終回。
ドヴォルザークの新世界より、意識して通しで聞いたのは初めてかも知れませんが、聞いたことがあるものだなあと。解説付きで聞けるのがありがたいです。
今回のモノローグは佐伯、上級生たち、青野でしたが、3年生の引退、個人ではなくオーケストラとしての演奏というものを強く印象付ける内容だったかなと。
「先輩やみんなと出会えて本当に良かった」と言えるようになった青野が成長したよなあと。
ところで鮎川先生は、皆の演奏で微笑んだり、立石部長の名前連呼からの「誕生日おめでとう」だったりであざといな!
2期もやるようなので楽しみです。

・仮面ライダーガッチャード
三姉妹が一般人の闇落ちを誘っていましたが、街に天然の野生の悪人が増え続けるよりはこっちの路線の方がいいかとは思いました。…まあ結局は今回の敵もアカデミー産の野生のストーカーだったのですけども。
それにしてもスパナに対してボルトって、なんて名前だ。親戚でも無さそうなのにこんな名前で、まさにスパナのライバル向きな名前なのに覚えられてもいなかったのが哀れすなあ。(本当に覚えていなかったのかどうかは謎)
宝太郎の飯を不味い不味いと言いつつ全部食うスパナはちょっとだけ好感度が上がった気もします。

■SPY×FAMILY 26話
新番組。2期の1クール目開始。
ヨルさんが尻を撃たれて負傷する話でしたが、撃たれて「痛い」だけで済んでるヨルさんの防御力が高いですよ。尻の皮が厚い。
そんなヨルさんが不機嫌なのは家庭の危機と勘違いするちちが実にポンコツでした。いまさらだけど本当に優秀なスパイなのだろうか(^^;
そして、この状況なら「体調が悪い」とでも言えばよかろうに、それが思いつかないははもポンコツです。アーニャもポンコツなのでポンコツしかいねえ(笑)

ちちとははのデートは、映画館でもボートでも直立なははに笑います。映画館でそれは実に迷惑ですが、空いていてよかったですよ。
レストランで座れずに空気椅子してるははは、そっちの方が尻痛くないですかね?
フグ毒がむしろ薬になるははがでたらめですなあ。

赤いサーカスの人はアーニャが相手でよかったですねえ。ははやちちが相手だったら死んでるか投獄とかですよ。

■王様戦隊キングオージャー 32話
まさかのキョウリュウジャー編(多分)前編。
本作にキョウリュウレッドが出ると最初に知った時はどういうことやらと困惑しましたが、
王様達全員がチキューから地球に飛ばされる展開で、キョウリュウ側もレッドだけでなくダイゴとウッチー以外は全員登場で、かつ未登場の2人も声は出演でと、納得かつゴージャスなコラボ展開で楽しかったですよ。
キャンデリラとラッキューロも出ましたし。まあ、ほぼ賑やかしでしたけども(笑)

実際のところはキョウリュウジャー10周年に加えて「キング」繋がりでのコラボなんでしょうけど、ジェラミーの言葉で「地球」と「チキュー」に繋がりがあったとするのはビックリでした。
次回ラストで王様達がチキューに戻るための理由付けにするんですかね?

宇蟲王ダグデドはこちらの地球に新たなデーボスを連れてきていたとは、どこにいてもひたすら迷惑なやつですよ。
新たなデーボスという事で、キョウリュウジャーのラスボスの蝶絶神デーボスとは違って、兜武神デーボスなんですね。カブトムシモチーフな辺りがキングオージャーとのコラボにピッタリの敵役ではあります。

新たなキョウリュウレッド、プリンスはダイゴの息子…というわけではなく、未来から来た次世代レッドでしたか。いやまあ未来世界でのダイゴの子孫とかかもですけどね。
少なくとも100年後(90年後)でもキョウリュウジャー戦ってますしねえ。
まだ未熟なプリンスが、ギラの悪役演技で焚き付けられて覚醒する展開は熱かったかと。ギラの下手な悪役演技が役に立ってよかった!(笑)
プリンスは演技はちょっとたどたどしいですが、初々しさがあるのはまあ納得感はあるかなと。

ヤンマ達は(シュゴットがいないから)変身出来ないのに、ギラだけは変身出来るってのは、クワゴンのソウルがギラの中にあるから、ですよねえ。
その理由は「レインボージュルリラ」なんでしょうけど、このあたりの答え合わせっていつぐらいでやるんでしょうねえ。それが描かれる時にはラクレスの真意も明らかになるのではと思っていますが、さて。

そして予告では、次回はちゃんと全員で変身出来ているようですが、キョウリュウジャー側は「アミィが獣電竜を解放するから」なんでしょうけど、キングオージャー側のギラ以外の5人はどう理屈付けるんでしょうね。
地球とチキューの繋がりを知ったジェラミーがどうにかしてくれるのでしょうか。

キョウリュウジャーの剣を直せるヤンマ総長はさすがですな。キングオージャー側からしたら異世界かつ古代のテクノロジーだろうに。
スカポンキング呼びは笑いました。

今回は皆さん生身アクションで頑張っていて見ごたえがありました。
そして次回は全員揃って変身ということで、来週も楽しみですよ。

◆もっふんといっしょ 第3528もふ
密猟者はターセルス・ミルーリア・ダ・パーゴ!!!
…終わってねーじゃねーか(笑)
ここから反撃という感じでここで終わりかよ(笑)
密猟八部衆が対象を絶滅させてどうするんですかね(^^; むしろ絶滅が目的なのか? なんて修羅な世界だ!(優しさの結晶はどこに…)
どうでもいいけど八部衆と言われるとシュラトを思い出します。黄門★じごく変では八部衆の言葉は使ってたっけ???

|

« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/2~7分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ45号感想 »

コメント

> ガッチャード
ボルトさん、自分は名家の後継者だ!をしきりにアピールしてるのを考えると、みんな自分を知ってて当然と思ってただけで、実はスパナとはテストで対戦しただけの関係なんじゃないかとか思ってしまいます。
あの距離で一度顔を合わせただけの相手とか、覚えてないよなあって……
スパナも実はなんかのタイミングでピカッとやられて記憶消されてる部分があるんじゃないか説も見ましたが、今のところあまり信憑性なさそうに思います。

> キングオージャー
なにげにプリンスの獣電池ゲットの展開が、強大な存在と生身で戦って一矢報いるという説明された通りのキョウリュウジャー覚醒プロセスなのがよくできてるな、と思います。
まあなんか、ギラ=ゴッドクワガタって構図を強調してきてる感じもしますが……

壁画、2000年前の地球にコーカサス城(シュゴッドモード)があったということは地球からチキューにコーカサス城で移動して移民したということになるので、おそらく来週のクライマックスで帰還手段としてシュゴッド載せたコーカサス城を逆走でチキューから地球に呼ぶのだと思われます。それによって変身解禁と。
それにしても2000年前にバグナラクとの戦い終結、2000年前の地球にシュゴッド存在となると、バグナラクと戦ってたのは地球ってことになるんですかね?
戦いが終わってずっと後に昔話として壁画描かれたのかもですが……

投稿: | 2023年10月12日 (木) 13時44分

>ガッチャ
因縁のライバルみたいな名前なのに、ホントに一度会っただけだったら吹きますね。
スパナが記憶を消されてたらそれはそれで面白いですが。

>キングオ
キングオージャーとキョウリュウジャーが上手いこと繋がってますねえ。
ギラの中にクワゴンソウルがあることは確定と言って良さそうですが、いつネタバラシするのか気になります。

投稿: でんでん | 2023年10月12日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/2~7分) | トップページ | 週刊少年ジャンプ45号感想 »