« 週刊少年ジャンプ48号感想 | トップページ | ゴジラ-1.0 »

2023年11月 4日 (土)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/30~11/4分)

・聖女の魔力は万能です SEASON2
作戦中に口説いてくるホーク様に笑います。

・ミギとダリ
一条家キモ! 怖っ!

・呪術廻戦
伏黒パパの暴れっぷりよ。タコと戦ってる辺りは頼もしく見えなくもないけど、味方なんかではないただのバーサーカーなのよね。
タコをようやく(パパが)倒したと思ったら、漏瑚相手に3人があっさりやられて泣きます( ノД`)
宿儺にサクッと殺されたJK2人は哀れですな。関わっちゃいけない存在っているよね。

・魔法使いの嫁 SEASON2
フィロメラ周りの空気が淀んでいてお辛い。そしてベロニカこええ…。
このあたりのドロドロっぷりと比べるとルーシーの率直さに救われます。ケビンワンパンだけど(笑)
「クリスマスツリーが襲ってくる映画」で検索すると複数ヒットするのね。観る機会は無いかもだけど(^^;

・Dr.STONE NEW WORLD
万端に準備を整えてからの最終決戦開始。
…まあ(細かいところは忘れてるけど)ここからもまだ長かった気もしますけど。
最初に司と戦ってからざっくり3年も経ってるのね。たった3年でここまで来れて凄いとも言えるけど。

・ポケットモンスター テラパゴスのかがやき
やっぱりカレーにはまごころだな!
ワイルドエリアでカレーパーティーの巻。焦っていたドットとの絆が深まるよい話でした。ドットのためにハイテンション気味だったリコがかわいかったです。
オニキスはエクスプローラーズの評判なんて気にするのですか。エクスプローラーズって世間的にはどういう存在だと思われてるんだろう。(そもそも認知度がよく分からないが)

・アンデッドアンラック
スポイル戦に無理やり巻き込まれるシェンに笑います。
忘れてたけどクロちゃんの登場ってこんなに早かったのね。てか翻訳とか交通ICカード的な機能もあるんだっけクロちゃん?

・ウルトラマンブレーザー
特別総集編。「新しいウルトラマン」ということなので、ブレーザー作中世界のネットってわけではないのね。
今回は特に本編に深く絡むような話は無かったかと思いますが、「生臭深海魚(げ~どすくん)」と「化けモグラ(もぐ~じょんちゃん)」には笑いました。
ところでモグージョン、お前…女だったのか?
次回は人間(宇宙人?)の黒幕的な存在が登場してしまうのか、単に1話限りのゲストなんでしょうか?

■葬送のフリーレン 9話
フェルンとシュタルクの戦い、決着。勝負が付くところまで描いてくれてスッキリでした。
(見た目は)美少女な魔族もきっちり斬り殺すところが本作らしいかなと。

最初は自分達だけでは勝てない勝てないと嘆いていたシュタルクでしたが、シュタルクもフェルンも十分強かったですよ。
あの状況でも冷静なフェルンの戦いっぷりも凄いですが、
シュタルクの頑丈さがまたとんでもないです。「たびびとのふく」くらいの装備で胴に斧を叩きつけられて無事なシュタルクの防御力はどうなってるんですかね。
装備が薄い方がアーマークラス下がるとか、底力のスキルでもあるのでしょうか。師匠のアイゼンの防御力もデタラメなんですけども(笑)
この作品の戦士、別に気合やオーラで防御力が上がるみたいな設定とか特に出ていないのにあの頑丈さなのがトンデモですよ。
何故無事なのかを本人に聞いても「わかんない」だしなあ(笑)
アイゼンはよくこのクソ頑丈なシュタルクに後々まで残る額の傷なんて付けられたものですよ。
そして師匠も弟子も脳筋でステキだ(笑)

フェルンの冷静な戦い方は実に玄人っぽくて格好良かったかと。敵の攻撃の方向を見もせずに的確に防御しているのが凄いですよ。
しかも肩を貫かれる結構なダメージを負ってる状態で(シュタルクでもないのに)痛みに負けずに戦っている辺りが凄え。
攻撃の速さと連射性能って大事ですねえ。

フリーレンVS天秤座のアウラ(違)の本格的な戦いは次回ですが、鎧軍団相手のフリーレンの戦い方の玄人っぷりもさすがでした。魔法使いなのにあれだけ動けるのがホント凄い。
まあ、この世界の魔法使いって「殴り合い」力も大事ですしねえ(笑)
アウラの「ヒンメルはもういないじゃない」は禁句でした。この世界の魔族ってこうだから、言葉は通じても気持ちとか倫理観とか通じないのよね。

ところで前にアウラと戦ったのは80年前らしいけど、最近の情報だとその頃には飛行魔法は使えていなかったのでは…とも思うけど(使えるようになったのは40年前?)、
その頃でも浮遊くらいは出来たってことでしょうか。

◆週刊少年サンデー 49号
・フリーレン
未来にフリーレンを帰すために、
未来にフリーレンが帰った後で何十年もかけてフリーレンを帰す方法を探す。
さらっとコレを言って、魔王を倒した後に過去のフリーレンを巻き込まずにこれを実行したわけですか。王都から石碑の場所に戻るだけでも数年掛かりだろうに。ヒンメル本当にイケメンだな!
戦力的にだけなら、未来フリーレンと一緒に魔王と戦う方が有利だろうに、そんな事をお首にも出さない辺りが無償の愛過ぎます。
これで未来帰れる…かと思ったところでまさかのソリテール他の大魔族達が来てしまいましたが、これは既定の過去の通りなのか、歴史に変化があったのかどっちなんですかね。おそらく既定の過去なのだろうけど。
この後戻ってくる過去フリーレンにヒンメル達は何も言わなかったわけだから、ホントイケメンだよヒンメル( ノД`)
あと、「女神の三槍」や「目覚めの解呪」はザインが使っていたやつか。

・龍と苺
苺に対して「なんでアイツはこんなことできるんだ!?」と言ってるタッキーも大概マルチタスクっぷりがとんでもないですよ。
そして、相手の手を読んだり予想を潰したりな対局の決着はどっちだ。

|

« 週刊少年ジャンプ48号感想 | トップページ | ゴジラ-1.0 »

コメント

呪術
ここでパパ黒が伏黒を外に追い出すのが数秒遅かったら、もしくは漏瑚が来るのが数秒早かったらその2人で潰しあってくれて宿儺復活もなかっただろうにとか思ってしまったり。

フリーレン
ふと思ったんですけど、シュタルクが産まれたのってアイゼンが「もう斧を振るえる身体じゃないんだ」って言ってたのより10年くらい後、当然弟子入りは更に後なんですよね。
その衰えたアイゼンが思い出されるあたり、真似は完璧じゃないのでは?とか思ったり。
そんなニーリエにギリギリだったあたり、対戦相手が逆ならシュタルクはちょっと危なかったかもしれない。
防御力設定は明かされてないだけであるかもしれません。アイゼンの身体にも魔力流れてるから、真似出来たわけですし、その魔力で頑丈になってる可能性が。

投稿: | 2023年11月 6日 (月) 03時17分

>呪術
パパVS宿儺が実現していたらまた展開も違ったかもですね。
さすがに宿儺が勝ちますかねえ。

>フリーレン
シュタルクはまだアイゼンのレベルには到達してなさそうですしね。
それと、フェルンとシュタルクはそれぞれ敵との相性も良かったので、相手が逆だったらまた違ったかも知れません。
アイゼンシュタルクの無茶な防御力は、魔力でガードしてるってのはありそうですね。シュタルク本人は無自覚で「わかんない」だけで。

投稿: でんでん | 2023年11月 6日 (月) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ48号感想 | トップページ | ゴジラ-1.0 »