« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/30~11/4分) | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・日分(11/5分) »

2023年11月 5日 (日)

ゴジラ-1.0

(山崎貴監督)

面白かったです。
山﨑監督の作品は(全部観ているわけでも無いしドラクエ映画も未見だけど)当たり外れがある印象でしたが、今回は作風ともマッチしていて実に良かったかと。
以前に監督が「シン・ゴジラによって次のゴジラ映画を演る人のハードルがとんでもなく上がった」というようなことを言われていましたが、
シン・ゴジラとはまた全然違った方向性の作品になっていたのが興味深かったですよ。同じ題材を持ち味の違う色んな監督に作ってもらうのっていいですね。(シンゴジ以後だとゴジラS.Pも好きだった)

シンゴジがマクロな状況を描いたシミュレーション的作品だったのに対して、今回は極めて個人的な視点で、そして「個人の戦争の終わり」を描いた映画でした。
ゴジラ映画にそこまで詳しいわけでも無いですが、1954年が舞台だった初代ゴジラに対して、今回はさらに時代を早めて1945~1947年の戦中~戦後を舞台にしたのが画期的だったかと。
「戦後」であることにこれほど意味があるゴジラ映画も初代当時以後は珍しい気がしますよ。

以下ネタバレ注意。

戦争で深い負い目がある敷島の人生のドラマとして見応えがありました。「犠牲を出さないこと」「生き残ること」の大事さと言うのは現代的な考え方と思いますが、あの結末でよかったですよ。
たとえご都合展開でも、ちゃんと脱出出来て良かったし、病院エンドになってくれて良かったです。
…ラスト、お約束的にゴジラが復活しそうなのが恐ろしいですが。7~10年くらいは帰ってこなくていいんだぜ?

それにしても今回のゴジラは怖かったですね。実に怖かった。
今回のゴジラはそこまで大きくなかったかと思いますが(感想を書いた後でパンフを見ると、シン・ゴジラが118.5mで今回が50.1mで初代と同等なのね)、
「人を踏み潰したり、噛み投げたり、船を追いかけ回したり、銀座のビルを壊したり」するのに適切なスケールで、人と距離が近くて、臨場感とリアル感のある怖さがありました。
人が踏み潰されたり噛まれたりする描写を隠さずに描いてるのが恐ろしいですね。絶対人類の味方にならないゴジラですよ。

そして今回は「日本人の戦闘力が極めて低い」時代設定だったのがまた発明的でした。
ロクな戦力が無い中であの大災害的な怪獣に立ち向かわなければならない無理ゲーっぷりが恐ろしい。
木造船で時間稼ぎしなくちゃならないとかとんでもないですね。宣伝でも印象的だった船がゴジラに追いかけられる一連のシーンは大変見応えがありました。

そんな無理ゲーに対して(軍が無いため)元軍属+民間の人達が立ち向かうわけですが、オキシジェン・デストロイヤーのような新発明ではなく、急激な加圧と減圧という現実味のある方法で戦おうというのが新鮮でした。
まあ大概のシリーズのゴジラだったらそれでも耐えるのでしょうけど、リアルに考えたら確かに相当ダメージがあるはずなんですよね。
序盤から度々出てくる深海魚が浮袋を出して浮かんできている場面もある意味伏線だったわけですね。

急浮上作戦が頓挫しそうになったところで、小僧や小さい船が応援に駆け付けてくるのがいいですね。アクシズ押しそうですね(違)
最初は生き延びて帰ってきた敷島を責めたのに、なんのかんのと助けてくれる近所の澄子さんとか、敷島的にとてつもない負い目のある整備兵の橘さんとのドラマとか、人情ドラマの側面が強かったですが、
本作ではそれらがよくストーリーと噛み合っていて良かったですよ。この辺り、シンゴジとはホントに真逆なアプローチなのが面白い。

ところで大戸島で20ミリ機銃を撃てていたらゴジラは倒せていたんですかね。(核を受ける前の)あの段階では普通の銃でもダメージになっていたし、倒せていたのかなあ。(品川くんのように)
どうでもいいけど、大戸島と入力しようとすると「大戸島さんご」と出てきて困ります(笑)(そもそもゴジラが元ネタの名前だったんですねえ)

今回以上人間側を弱くしようとすると、戦国ゴジラとかになりますかねえ。(無理ゲー)
(大魔神とか忍者を助っ人に呼ぼう)

公式サイト

|

« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/30~11/4分) | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・日分(11/5分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週のアニメ・サンデー等感想・月~土分(10/30~11/4分) | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・日分(11/5分) »