« ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・日分(2/25分) »

2024年2月24日 (土)

今週のアニメ等感想・土分(2/24分)

・薬屋のひとりごと
これまでの細々とした事件が全部繋がっていたと判明。
どうも壬氏様を狙った計画だったみたいだけど、偶然頼りで風が吹いたら桶屋が儲かると言うか、「コロリころげた木の根っ子」ですね。なんという気の長い迂遠な計画だ。
犯人は片眼鏡男…では無いか、さすがに。
猫猫は結構な大怪我だけど、予告だと次回はもう元気そうですかね。とりあえず今回ラストでは「壬氏様もうちょっと急いで運んで」とは思いました。

・アンデッドアンラック
安野雲先生登場。あらためて見てもかっ飛んだキャラですよ。治せないのに自分で左腕を落とすところは最初に読んだ時もギョッとしました。

■葬送のフリーレン 24話
メトーデ+レンゲで「メレンゲ」になると気づく。

今回は魔物シュピーゲルによる完璧な複製体とそれぞれが出会っていくの巻。
一切容赦無しのフリーレンとか恐怖でしか無いですな。本物のフリーレンなら人間相手に殺そうとはしないし手加減もしてくれるものなあ。
なお、「ミミックを囮に使え」説はネタとしてはよく言われてるけど、いくらフリーレンでもバトル中にミミックに気を取られたりはしないだろうしなあ。たぶん!
フリーレンが参加しているせいで攻略難易度が激増してるのがヒドい(笑) 「面白くなってきた」じゃないですよ(笑) まあ悪いのはフリーレンじゃなくてゼンゼさんだけど。

(小さい子大好きな)(いい匂いの)メトーデさんに抱きしめられるフリーレンでしたが、フェルンがムッとしているのがかわいいですな。ヤキモチかわいい。
フリーレンのプロテクトは古いから脆弱性が突けるかもとか、PCソフトみたいな話でした。

今回はバトルが盛り盛りにされていて見応えがありました。ユーベルパートはまだ原作と変わらないと思うけど、エーデルパートやヴィアベルパートはかなり盛られていてよいですな。

ユーベルパートは、ユーベルとの会話はいちいち分析されてそうで嫌だなあと思いました。全然気が抜けねえ。
まあ、相手がメガネくんならどっちも曲者なので負けてないでしょうけども。

エーデルパートは、エーデルさん何歳? と思いました。語尾が「じゃ」女子いいよね。女子という年齢じゃないかもだけど。

フリーレンが見つけた隠し部屋は良いアニオリでした。壁画を見て嬉しそうなフェルンを見て、嬉しそうなフリーレンがよい。

フェルンの「フリーレン様を殺せるかも知れません」はショッキングでよい締めでした。
それを聞いてるフリーレンが嬉しそうなのが度し難いですな(笑) 自分を超えて欲しいのよね。

|

« ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・日分(2/25分) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウルトラマンブレーザー THE MOVIE 大怪獣首都激突 | トップページ | 今週のアニメ・特撮等感想・日分(2/25分) »