« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 今週のアニメ等感想・土分(2/10分) »

2024年2月 9日 (金)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~金分(2/5~9分)

・SYNDUALITY Noir
白仮面と白執事…、全然ほのぼの感が無いな。
ノワールとミステルを両方助けるには身体を分けるしか無いということですが、本当に2人になっちゃうのですかね。正直入れ替わりキャラとしての面白みは無くなりますがどうなるのやら。
それ以前にトキオもシエルも敵(暫定)になってカナタのメンタルがピンチですが。

・マンキンフラワー
スピリットオブアースで機関砲って防げないのか?
ガトガトガト。

・戦国妖狐
雷堂斬蔵の妹が刺客として現れたと思ったら灼岩(火岩)の知り合いが混ざっていて、龍のおっさんと千夜まで現れてと怒涛の回でした。
ここからが本当の旅立ちですね。(…と数週前にもそんなことを言いましたけども)
正義の名のもとに対話すら拒む神雲はたまとは対極だなあ。
氷岩を友の仇(死んでない)と怒っていた迅火が、友のために変わってくれと言う火岩にさくっと譲る場面は、迅火もなんのかんのと善良だと思えるシーンで好きです。

・ポケットモンスター テラパゴスのかがやき
ドットが買い物に行ってカヌチャンと出会うの巻。手近な金属が勝手にハンマーにされるとはなかなか迷惑ですが、マイクを取られたドット自身が満足そうなのでよかったです。
マードックは過保護だなあ。
船のダメージがでかい話でした。

■ダンジョン飯 6話
前半は絵に描いた餅の巻。
絵の中に入ってみたいとは一度は思うことかもだけど、絵の中の人に怒られるのは恐ろしいですわな。
絵の中の食べ物を食べるのは、あの世の食べ物を食うような気持ち悪さがあります。ヨモツヘグリ…。
デルガルが出たりシスルが出たり、何気に重要な回でした。

後半はチルチャックさんの巻。
このパーティー、種族寿命での年齢換算だとチルチャック・センシが中年でライオスが壮年でマルシルが子供なのよね。
それで子供扱いされるのは確かに苛つきもしよう。
今回の食材はミミックでしたが、こっちのミミックはフリーレンのより大変厳しいですな。(フリーレンのミミックが攻撃力が無さすぎなのですが)
中身がザリガニ・エビ的なあたり、確かに食用向きではあります。

■勇気爆発バーンブレイバーン 5話
イサミVSスミス 魂の殴り合い。スミスいいヤツだよ。若干ホ…ミユが興奮する場面もあったけど。
てっきりスミスかルルが等身大ヒーロースーツでイサミと戦うのかと思ったらそんなことは無かったぜ。

スミスはイサミを大変気遣っていますが、
ブレイバーンもかなり特別にスミスを気にしているように見えますよね。
ブレーバーンがルルに「スミス」呼びされたりとか、「君も遅かれ早かれ知ることになる」なんて意味深なセリフだったりとか、
ネット上では「未来のスミス=ブレイバーン」説も見ますけどどうなんでしょうねえ。1話の「ヒーローになりたかった」モノローグとか、そうであれば頷ける部分もあるのは確かですが。

ヒビキ達といてもブリーフィングでも曇り顔のイサミでしたが、肩に仲間達の命がかかっている重圧からだったんですね。そんな1人で張り詰めているイサミと拳で語り合うスミスがいい奴でした。いやほんとにホ…ぽかったけど!
ブレイバーンのマイク(正式名称なに?)で皆で2人の会話を共有するのが良かったですよ。ところで皆英語で喋ってるんですかね?
最後は一応イサミの勝利だったけど、まあどっちが勝ってもいい勝負ですな。

ブレイバーンは今回は比較的マトモ(あくまで比較的)でしたが、ソウルメイト云々のあたりは「このメカ東堂め」と思いました(笑)
そしてブレイバーン用のデスクが出来ていて吹きます。ブレイブポリスかお前は(先方への風評被害)
デスクも超次元3Dプリンター・ビルドバーンで作ったんですかね? それどこから持ってきた!?(^^;
スミスがブレイバーン部屋に来た時にえらく慌てた感じでしたが、何か制作中だったんですかね。
机の周りに巨大スタチューが並べられている辺り、ブレイバーンのヒーローオタクっぷりがよく分かります。
やっぱりブレイバーンは勇者ロボじゃなくて勇者ロボプレイしてるよなあ。

ルルはかなり喋れるようになりましたな。食事もそれなりに出来るようになったようでよかったです。
スミスパパの英才教育(笑)でルルもヒーローオタクに育っているようですが、最後のヒートビーム…ルルキックで足が光ってたのはホントに赤熱化してるのか?(ヤベェ)

仕事しないレフェリーな上級曹長はいいキャラでした。サタケ隊長とともにいい上司ですな。

ラストの東京の惨状が酷いですよ。
東京での戦いが1話で終わる気がしないですが、まだまだOPで出ている残りの敵も多いのに、ホントに1クールで終わるのか疑問です。分割なんでしょうか。
2クールあるならその方が嬉しいですが。

◆週刊少年サンデー 11号
7日時点では小学館は何も言わないのかと、ガッシュの頃から何も変わらないのかと落胆したけど、8日に編集部からの声明は出たのね。
問題の漫画もドラマも未読・未見なのであまり余計なことは言えないのだけど、小学館は本当に漫画家・作家サイドに立ってしっかりして欲しい。

・フリーレン
「乗ったれ!乗ったれ!」がかわいい。フリーレンが仲間との旅を楽しんでいて何よりですな。
30年前に街道が出来ていたは笑いました。
爺さんは、てっきりいつかのくそがきのように子供の頃にフリーレンに会ったとかかと思ったら、まさかの帝国の刺客とはビックリでした。今後帝国の長いエピソードが始まるんですかね。
シュタルクはどんまい。対魔族ならともかく対人戦には慣れてないよなあ。

・龍と苺
なんやかんやと逆転の一手が成立してしまったのだろうか。

・ラストカルテ
ヒグマ対ヒグマ殺しのエゾシカ!
そりゃあギャラリーも集まるわ。
さすがにヒグマ優勢と思いますがどうなるやら。

|

« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 今週のアニメ等感想・土分(2/10分) »

コメント

>ダンジョン飯
「メトロポリタン美術館」はトラウマ

投稿: | 2024年2月 9日 (金) 23時04分

あれはトラウマですね。
ロープつけとかないと!(仲間がいないと無理)

投稿: でんでん | 2024年2月10日 (土) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ10号感想 | トップページ | 今週のアニメ等感想・土分(2/10分) »