« 週刊少年ジャンプ13号感想 | トップページ | 今週のアニメ等感想・土分(3/2分) »

2024年3月 1日 (金)

今週のアニメ・サンデー等感想・月~金分(2/26~3/1分)

・SYNDUALITY Noir
「親方! 空から女の子のデータが!」
つまりミステルは普通の0型メイガスでノワールの方が特殊な存在だったのね。
おばあちゃんの地球満喫っぷりは楽しそうでよかったです。
ところであの記録映像はどこから撮ってたんですかね。記録用ドローン?
ラスボスの相方は爺さんの方になるかも知れなかったのか。…案外その方が平和だったかも知れない?
「ここに3体のメイガスがおるじゃろ?」

・戦国妖狐
灼岩が死…にはしなかったものの岩になって、真介闇堕ち寸前の巻。
踏み止まってくれてよかったですよ。
魔剣も抜けましたが、内なる魔剣が今見るとミカルゲのようだ。
山の神も出て世界が広がってきました。

・ポケットモンスター テラパゴスのかがやき
ドット母登場。
マイペースでやかましくて、ドットとは合わないかと思えたけど、最後はバトルで語り合って分かってくれてよかったですよ。いい母ちゃんじゃないか。
それにしても戦闘民族な母ですよ。
ドットとクワッスの出会いの話もいつかやって欲しいですね。

■ダンジョン飯 9話
ナマリと再会の巻。
マルシルはファリンを見捨てたと怒ってるけど、最大の当事者のライオスが全くこだわっていないのが面白いですな。そして、チルチャックの対応は大人だなあ。
まあ実際、「友達」ではなく大人の仕事の集まりだと思えば、マルシルの反応が子供過ぎではあるかも知れません。それでもライオスはこだわらなさすぎかもですけども(苦笑)
なんやかんやと最後はマルシルとファリンのわだかまりも解けて穏やかに別れられてよかったですよ。

タンスさんは「精霊は隣人」と言いつつ、実際怒っているウンディーネを見てすぐに「だめだこりゃ」となる割り切りの速さに笑います。

バナナ過ぎるテンタクルスには笑いました。まあ味はバナナとは随分違いそうですけども。
ウンディーネ相手にアダマントの鍋で焼き(煮?)殺すアクションも面白かったです。
鍋を押さえたまま火にかけてるドワーフの手は頑丈だなあと思いますが、ちゃんと火傷はするのね。

■勇気爆発バーンブレイバーン 8話
「また会おう、スミス」
予告の時点から不穏さが漂ってたけど、アバンから序盤から中盤まで全部不穏で、実際えらいことになりました。
どうなるんだぜ、どうなったんだぜ、スミス?

さすがにこれでスミスが死んで出番終了…ってことは無いでしょうけど、ホントどうなったんですかねスミス。再登場する時は敵になっちゃってるのか???
スミスが触手洗脳されてぴっちりスーツで再登場したらどうしよう。(ありそう)
変な仮面つけて再登場してらどうしよう。(これはどうだろう)
スミスの勇気が爆発すると信じて…!

霧に包まれた中でのクーヌス、ヴァニタス、ペシミズムの3体同時攻撃はかなりの絶望感でした。
クーヌスの相手も自分も自在に転移させる能力が厄介過ぎる。
1人宇宙に飛ばされちゃった人とか、何度も爆発させられた人とかはあれで死んじゃってるんですかね?
ところで、クーヌスは転移担当、ペシミズムは霧担当だったけど、ヴァニタスはどんな能力だったのかよく分からないですな。羽は派手だったけど。(「同士討ち」がそれだった?)

前回満足して死んだはずのクピリダスがまた出てきた時は「ええー」と思いましたが、クーヌスによって母艦ごとボカンされた…ってことですかね?
これでもうデスドライブズは復活しないらしいのですが、クーヌスの攻撃力とんでもないですな。

「会いたかったぞ、ルイス・スミス」とクーヌスがスミスを特別扱いしてるのは謎です。そもそもブレイバーンも最初からスミスを特別扱いしてきた気がするけど、一体どういうことなんだぜ。
クーヌスが「時を巻き戻し」とか言ってけど、本当に時間巻き戻しな話…なんでしょうか?
色々謎がばらまかれたままのこの結末で今回はモヤモヤが残りましたが、次回で少しは何か分かるのでしょうか。

鳴物入りで登場したスミスの新型TSやブレイブナイツがまともに活躍出来ずに出番終了っぽいのは泣けます。
ガンダムヴァーチェみたいに脱衣したのはビックリでしたが。

敵の3体同時攻撃は、ボスロボだけでなく塔ごと移動してきていたのは驚きました。そんなホイホイ移動出来るんだ。
この感じだと、各地に向かわなくても残り4話で敵6体を撃破して1クールで完結…という展開もあり得る…のだろうか?
あと、スペルビアがどこにいるんだぜ?

◆週刊少年サンデー 14号
・フリーレン
帝都で、ゼーリエが狙われて、一級魔法使い集合と。かなり豪華な話ですな。これも結構長い話になるのでしょうか。
おそらく、ゼーリエだけでなくフリーレンもまた狙われてるんでしょうねえ。
ゼーリエとの再会がこんなに早いとは思いませんでした。直接会うのはいつになるか分かりませんが、フリーレンとゼーリエの会話がまた描かれるなら楽しみです。
しかし、フリーレン達もおそらくまっすぐここまで来ただろうに、ゼーリエやゼンゼ達が先に着いてるのはどういうことやら。この世界にルーラは無いと思われるけど。
フリーレン達は結構各所で長期滞在もしてるし、古い道の知識しかないので遠回りとかしてるためですかね?
ユーベルとメガネ君の再会は笑いました。ストーカー怖え。まあ、暗殺者を相手に戦うなら向いている人選かも知れません。
フェルン達に怖がられる(フリをされる)シュタルクかわいそー(笑)
(フェルンへの依頼ではあるのだろうけど)待ち伏せしてフリーレンを巻き込むのはなかなかヒドイですな。せめて報酬の魔導書はきっちりあげてほしいところ。

・龍と苺
「いちご100年後」(100%みたいに言うな)
まさかの100年後とは!?
なのに苺が若い姿でいるのは何なんですかね。
夢オチかも知れないけど…、GS美神のラストみたいな感じとか?

・MAJOR2
ヤバー。
ここからでも入れる保険があるのだろうか?

・キヅキノB
腕痛めそー(^^;
痛みは波紋で和らげればいいか。

・トニカワ
ごまかせたかー。再生のコントロールなんて出来たとは。
まあ最後にうっかりバレるかも知れないけど。

・あおざくら
中條と豪快なお姉さんは案外いい組み合わせじゃないですかね。

|

« 週刊少年ジャンプ13号感想 | トップページ | 今週のアニメ等感想・土分(3/2分) »

コメント

>フリーレン
以前たしか「海路ルート」が話に出ていましたので、そちらの方が早いのかも(それでなくてもあちこち寄り道してるからなぁ…追い抜かれてもおかしくなさそう)。

>トニカワ
27日リセットって…月の満ち欠けですかね。

投稿: | 2024年3月 3日 (日) 23時04分

>フリーレン
ルーラがあると台無しになる話だし、そういう別ルートですかねえ。

>トニカワ
月はちょっと考えましたがありそうですね。

投稿: でんでん | 2024年3月 4日 (月) 07時38分

戦国妖狐
灼岩、生きててマジで良かったです。
次に登場するのエピローグとかになりそうなのが残念ですけど。

フリーレン
過去に戻る石碑に立ち寄る往復時間だけで6日も使ってるので、結構寄り道してるんじゃないでしょうか。

龍と苺
山野辺が100年名前が残る棋士とか言ってたからそういう事かな、タッキー達のが見たいけど。
とか思ってたら最後苺が出て脳がバグりましたよ。

投稿: | 2024年3月 7日 (木) 03時04分

>妖狐
再登場がいつになるかは触れませんが、生きていてよかったですホント。

>フリーレン
やっぱり結構寄り道してますよねえ。マハト編でも結構日数かかりましたし。

>苺
おかしいですね!

投稿: でんでん | 2024年3月 7日 (木) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 週刊少年ジャンプ13号感想 | トップページ | 今週のアニメ等感想・土分(3/2分) »