2017年9月16日 (土)

週刊少年ジャンプ42号感想

■ONE PIECE
ペドロの状況は不明ながらも船は脱出してルフィはカタクリとタイマンに。
終息に向かってる感が出てきました。
ルフィ対カタクリはじっくり見たい戦いなので興味は持てますが、マムは放りっぱなしで大丈夫ですかね。
クー・ド・バーストの衝撃でケーキが出来るまで気絶でもしてくれていると助かるんですけど。

■約束のネバーランド
おっさんにはせめて見張りは付けておくべきでしたな。刃物まで持ってるしチェックが甘かったですよ(^^;

7日ぶりの布団に風呂に清潔な服と言うのはさぞや癒されるだろうと思いました。水と電気は確保出来て食料もなんとか目処は立ちそうな感じだし、おっさんと上手く和解出来ればいいんですけどね。
しかし、仮におっさんと和解出来たとしても、「余裕でずっと住んでいける」はフラグに感じました。遠からずまた旅立つことになりそうですよ。

■Dr.STONE
あさぎりゲン殺人事件(仮)の犯人は、シルエットでミスリードっぽくしていたけど、特にひねり無くマグマですか。ルリのことも早くくたばればいいとか言動が見事に悪役で、ある意味今の章のボスキャラに相応しい感じではあります。
御前試合は来月という事で、サルファ剤造りもそこがタイムリミットですかね。
「ルリの結婚相手」候補からクロムが外れてしまうのが切なくはありますが、どうにかならないですかねえ。(試合でマグマに勝った金狼or銀狼が最後にクロムに負ければ良いのだろうか)
金狼が千空を認めて協力を選んでくれたのは嬉しかったですよ。

次はガラス造りとのことですが、スイカがどう関係するのかは読めないなあ。
ガラスが作れる→メガネが作れるとか考えるけど、今のかぶりものと視力に関係があるのかどうか?(かぶりものの目の部分が実はピンホールだとか、目を細めてるのを見られたくないとか考えられますけど)

■こちら葛飾区亀有公園前派出所
実家のような安心感。やっぱり何のかんの言ってもジャンプにこち亀が載ってると安心します。
斉木楠雄あと45年はキツそうだなあ(笑)
ストック扉絵は笑いました。今後もたまに使う機会があればいいんじゃないですかね。

■鬼滅の刃
頭さえ入れば細い穴でも通過出来るとか、猫ですか伊之助。
付いた先は地下の食料庫で帯が見張り代わりということで、前回宇髄さんが感知した地下の戦いの音ってのはこいつと伊之助が戦ってる状況だったんですね。
これが上弦の分身だとしても本体ほどの強さではないだろうし、伊之助に宇髄さんがいれば大丈夫そうとは思います。
善逸や嫁達もここで救出出来そうですけど、「戦力がここに集中している=炭治郎にすぐには助けが来ない」って事で大変ですよ。頑張れ炭治郎頑張れ!!

炭治郎VS上弦は、当たり前ですけどめっさ苦戦してますね。むしろよく生き延びられているものです。
体温が上がるほど調子がいいとは言うけど心配ですねえ。

■斉木楠雄のΨ難
ひーちゃんの話は一応前回で一段落してたのね。何も解決してなかったけど(^^;
全裸オチが同じにならなくてよかったです(笑)
ところで兄は鳥束のことは知らなかったのね。能力者としてならまだ相卜も控えてるし、キャラの絡みはまだまだ可能性があるなあ。

■僕のヒーローアカデミア
ロックロックさんがちょっと株を上げている。下げて上げるのはツンデレの基本ですね。
音本と融合合体しちゃったオーバーホールさんは、何と言うか「怪人の巨大化」フラグ的にそろそろ倒されそうかと思いました。むしろ早く倒されて欲しいですな。トガちゃん達もまだ邪魔をしそうだし。

■火ノ丸相撲
バトが火ノ丸と同じ部屋に入っていたり、堀ちゃんがカメラアシになってたりといろいろ状況が変わってますな。
頼もしい兄貴感のあった冴ノ山さんが、鬼丸に追い上げられてるようで、焦りが出ている様子はちょっと切ないものがあります。

■食戟のソーマ
四宮先輩にニュータイプ的にツッコミを入れてる日向子さんや水原さんが素敵。

タクミと叡山は因縁があまり無いような気になってたけど、そういえば美作を差し向けたのは叡山だしちゃんと因縁はありましたね。なるほど。

| | コメント (5)

2017年9月11日 (月)

.週刊少年ジャンプ41号感想

■約束のネバーランド
おっさんにも交渉の余地があるように見えてきたような。
失った仲間の人格を自分の中に作り出してしまった多重人格状態とかですかね、この人。仲間=ムダとか言いつつも仲間への思いに縛られてる感じですよ。
それでもとりあえずは縛っておいたほうがいいとは思いますが。

最後のはおっさんの寝室なんでしょうか。病みまくってる感じですが、13年1人で生きてきたなら病んでも当然か。

■Dr.STONE
あさぎりゲンゲットだぜ!
軽薄男ながらのいいカッコつけっぷりでした。
ところで千空はコーラの作り方まで分かるんですかね。コーラのレシピは門外不出なんて話もあるけど検索すると自作レシピも見つかるし、それっぽい感じならいけるんでしょーか。

しかしまあ、現代人がこの時代で復活して「科学のある世界とない世界のどっちがいいか」を選択させたら大多数は科学有りを選びそうではあります。司王国には魅力は感じないかなあ(^^;

ゲンを殺した(未遂)男は髪型的にマグマでしょうか。因縁もあるしマグマ本人だったら逆にシルエットで隠す必要も無い気がしますけど。

■斉木楠雄のΨ難
なんというファイナル・デスティネーションと思ったらしっかり作中でツッコまれてますな。
ニトログリセリン原液に鎖鎌とは、恐ろしい学校ですよ。

■火ノ丸相撲
3年半経過ですか。間に怪我を挟んでいるのが辛いですが、冒頭でも言われているようにやはり怪我には苦しめられちゃってるんですね。
しかしここからが本番でしょうから楽しみです。

■鬼滅の刃
宇髄さんが聞いた戦闘の音は地面の下だそうですが、炭治郎が戦ってる場所=地下という感じでも無いけどどうなってるんですかね。
宇髄さんの太刀が爆発する仕組みが不明というのが謎ですが、音に関係した技じゃないんですか(^^;

炭治郎はそろそろヒノカミ神楽を使いこなせるようになってるんでしょうか。修行の成果に期待したいところです。こういう場面で煉獄さんの姿が出るところが泣かせますよ。

■僕のヒーローアカデミア
ミリオ個性完全消滅ですか。生き残りはしたようだけどキツいですなあ。
これをサーが知ったらますますワン・フォー・オールをミリオに渡すように迫りそうな気も。これがあと4発残っているとは嫌な伏線ですな。

しかし、結果論だしこういうことを言うのは大変にアレだけど、エリが撃たれて個性(治崎にとっての利用価値)を失った方がエリ本人にとっては良かったかも知れないと思わないでもありません。

■食戟のソーマ
第1カードのテーマ食材がバターという事は、寿司侍先輩はバターで戦わないといけないわけですか。
バターで寿司とはピンとこないと思ってぐぐってみたら、世の中にはうなぎバター寿司なんてものがあるんですね。へえ。

四宮先輩はいいツンデレコーチでした。

| | コメント (5)

2017年9月 4日 (月)

週刊少年ジャンプ40号感想

■Dr.STONE
遂に石器時代の夜に電気が誕生。これは感慨深いですねえ。
発電方法が腕力発電と言うあたりが超大変そうだし、これでこの村に電気の灯りが安定的に灯るなんてのは(すぐには)無理だとしても大きな一歩かなと。
これであさぎりゲンもきっちり籠絡出来ましたかね。(ゲンが司に信用されてるかどうかは別問題として)

子供が早い段階で読む伝記がエジソンと言うのは納得でした。でも、エジソンの名を聞くと同時にテスラを虐めてるシーンが脳裏に浮かぶのが困ります。殴られたってやめないぞエジソン!

ところで表紙といい本編の扱いといい、クロムは順調にサブ主人公の立ち位置になってるかなと。
大樹はこのまま出番が無いままだと読者に忘れられそう…とか思っちゃいましたが、大樹パートに入ったら今度は千空の出番が無くなるんでしょうね、多分。

■ONE PIECE
チョッパー・ブルックは固められてるわ、マムやカタクリに前後を挟まれてるわで大ピンチというところでペドロが自爆。あああ;
しかし、ワンピだし爆弾では死なないのではと思えてしまって困ります。だいたいペルのせいで(^^;

■火ノ丸相撲
最後のページを開いた時に最初にでかい「完」の文字が目に入ったので、あれ、結局終わるのか?、と一瞬思ったけど、新章としてちゃんと続くんですね。
この様子なら仕切り直して(もしかしたら3年飛んで?)大相撲編をきっちり描いてくれそうなのでこの先も楽しみですよ。

■斉木楠雄のΨ難
墨汁で書いたような死相がなかなかインパクトでした。
よくこれまで無事に(?)生きてこられたものだ;

■約束のネバーランド
ミネルヴァさんにしては確かにガラが悪そうだとは思ったけど、便りのミネルヴァは13年前から現れていないままで、しかも明確に「敵」ですよこの人。和解して協力関係を結べる可能性もあるかもですが難易度は高そうですね。

ミネルヴァさんは結局どうなったのやら。もう死んでいるのか…とも思ったけど、シスターがペンを手に入れたのは13年も前では無いだろうしどうなってるんでしょうね。

■鬼滅の刃
炭治郎が単独で上弦に当たることに。炭治郎も成長しているしある程度は対応出来ているものの力量差はまだまだでかそうですねえ。宇髄さんに早く来てもらわないとだけど、伊之助の方が先に来そうかなあ。
人を帯に取り込めるとは、善逸や宇髄さんの奥さん達も(生きていれば)帯に閉じ込められてるんですかね。

ムキムキねずみには吹きました。

■食戟のソーマ
三戦目の相手は武士先輩と叡山ともも先輩ですか。
組み合わせ的には(メタだけで判断すれば)今度は勝つパターンかなと。
ソーマはこの段階で負けるわけもなし、武士先輩は二戦目で強者の格ノルマは示した後だし、タクミはキャラの立ち位置的に危なっかしいけど叡山先輩がかつビジョンが見えないし(おぃ)、田所ちゃんはそろそろ本格的に活躍しそうな感じかなと。ホントにメタだけでの判断ですが。
叡山先輩はソーマに当たるかと思ってたけど、ここで来ちゃうんですねえ。

四宮先輩はどんな時もおいしいなあ。

■HUNTER×HUNTER
今回分の連載はこれで終了。あまり話進まなかったなあ(^^;
1年以内くらいで戻ってくれればと思ったけど、巻末コメントによると年内にもう1回復活とな?
年内で1話分だけ掲載とか言わないだろうな(^^;

11人いる!を使ったのは、先週時点だと第1王子敬語のヒュリコフかと思ってしまっていたけど、今回の様子(あの女 何が観えている?)を見ると違うようで。犯人は今集まった面子の中にいるんですかね。外部犯だったら特定が面倒くさそうですよ。
登場人物は物凄く多いわ状況はややこしいわで、この状態で長く待たされると本当に話が分からなくなりそうなのて、本当に「年内」で戻ってきてくれるのを願います(^^;

■僕のヒーローアカデミア
やっぱりと言うか、自分の子じゃないのか。
ミリオ先輩は死んだり再起不能になってもおかしくない立ち位置なので心配ですな。

■磯部磯兵衛物語
母上の出演回数が意外に少なく思えましたが、3話に1回は出てると考えると少なくもないのね。
数えた人(バイト?)大変だったろうなあ。

| | コメント (8)

2017年8月28日 (月)

週刊少年ジャンプ39号感想

■食戟のソーマ
敗北理由の説明も省略されるラーメン先輩…( ノД`)
というわけで2戦目は想定通りに負けでしたが、それで相手のHP・MPを削っていたとは。
それで回復に翌日いっぱいかかると言うのは大分無理矢理な気がしますが、一応負けた3人の格を保とうとしたという感じでしょうか。…負けて美作が文句を付けてたりで格が保ててるかどうかは謎ですが。

■Dr.STONE
驚かされてばかりのメンタリストさんがイマイチ心理戦が強そうに見えないなあ。この人そもそも司に信用されてるんでしょうか。手品は役に立ったしペテンの才はありそうだけど。
ともあれ、現代人がこういう状況になったら「文明を発展させる」方を望むだろうとは思いました。

鉄が出来たと思ったらもう磁石が出来て発電所造りとはトントン拍子で面白いですよ。
黄金の槍はまた作ってもらえるといいですねえ。

■ONE PIECE
偶然現れたプリンのおかげでようやく助かりそうな流れになってきましたよ。いやあ偶然って素晴らしい(笑)
プリンが拗らせすぎたツンデレになっていて笑いました。

■僕のヒーローアカデミア
前回はよく分からなかったけど、トガちゃん達が能力をペラペラ喋っちゃったのは音本の能力のせいだったのね。死柄木から「裏切りの予定」は聞いてはいないので助かってたと。
ミリオは生きてるといいですけどねえ。

■約束のネバーランド
地下シェルターでようやく人間と遭遇。このおっさんがミネルヴァ本人かどうかはまだ分かりませんが、シェルターで隠れて生き延びてるんですかね。他に人はいるんでしょうか。
次回はいろいろ謎が分かりそうなので楽しみです。

■鬼滅の刃
階級が手に浮き出ることを知らなかったり(まさか伊之助に教えられるとは)、女装した男だとバレていたり(そりゃそうだよね)、炭治郎のボケっぷりが楽しかったです。
一方で事態の緊迫度は上がってますけどね。鯉夏さん死なずに済めばいいなあ。

宇髄さんは事態の危険度が上がったら炭治郎達を下がらせて行動することを選ぶとは、なかなか格好良いじゃないですか。初登場時の印象は悪かったのになあ。

■HUNTER×HUNTER
絶対時間12時間消費。大した収穫も無いままに、ほぼ5年分の寿命を消費してしまったわけですか。うひゃー。能力選択が失敗し過ぎてますよ;

ツェリードニヒの念獣はキモくて恐くて無駄に有能感がありますな。ツェリードニヒがまだ完全には念能力を覚えていない(多分)現時点ですら敵対するのはヤバそうな感じです。

オイト王妃との間には亀裂が出来かけた感じでしたが、まだ決定的では無いですかね。
そして王妃はクラピカの能力の副作用で念使いになる準備が出来てしまったということですが、これを利用して「当たり障りのない能力」をドルフィンコピーすれば確かに短期間で素人を念使いにすることは出来そうです。それをやるとクラピカの寿命がまたガンガン消費されそうですけど。

■火ノ丸相撲
2センチ背が伸びたことにもにょもにょしてる火ノ丸と親方がかわいいような。
国宝世代の揃い踏みに、満を持しての横綱登場は燃えますね。
それにしても連載でどこまで描くんですかね。本当に横綱と戦うところまでやっちゃうんでしょうか。

| | コメント (6)

2017年8月21日 (月)

週刊少年ジャンプ38号感想

■約束のネバーランド
ソンジュさんがエマ達を助けた理由は「天然物の人間を食いたい」でしたか、うおお。実際に味方と言えるのはムジカの方だけだったようで(それも比較的気まぐれ)、異種族交流は難しいなあと思いました。
ソンジュの「邪魔者を消してくる」は、エマ達を追ってる鬼って事なんですかね。

そして遂に着いたB06-32地点は何も無い荒野、と。
しばらくここにいたら何らかのアクションが起きるんですかねえ。

■Dr.STONE
ラーメン作り…もといサルファ剤作りもまだ始まったばかりの状況で新たな復活者登場。
口八丁で胡散臭そうなキャラですが、司が復活させたのでしょうけど、この人は司が嫌う「大人」じゃないんですかね。仮に未成年でもロクデナシっぽいんですけどいいのか司。

遂に鉄が手に入って、次回からはDr.Ironですね。

■ONE PIECE
武装色が効かない太陽相手でも水なら効くと。
クロコダイルと戦った時の事を思い出しました。ルフィは割と万能は武装色を覚えたことで基本的な応用力が落ちてないかなと思ったりして。

プリンは一応サンジの味方のはず…だと思うんだけど不安になってくるなあ(^^;
一応はプリン、シフォン、サンジでケーキを作ってマムを鎮める流れだとは思うのですが。

■鬼滅の刃
ああ、本当に上弦(の陸)なのか。しかも柱を7人も倒したそうで、祭りの神でも勝てるかどうか心配ですな。
善逸はとりあえずは死なずに済んだようで良かったかと。単に餌的に生かされただけではありますが(^^;

■僕のヒーローアカデミア
回想シーンはトゥワイスさんの嘘の付け無さっぷりに吹きました。それにしてもヤクザ達の小物なことですよ。

ミリオは、この流れだと既に死んでいてもおかしくないですがどうなのやら。「分解」に対して「透過」は相性は良さそうな気もするんですけどタイミングとか難しそう?

■食戟のソーマ
「久我って誰とか言わせやしない」のセリフの3~4ページ後に描写も無く敗北とは;
全滅の可能性が高いとは思っていたけど、負ける様子すら描かれないとかえって完全敗北感が高まります。せめて武士だけでも倒せれば良かったんですけどねえ。

■HUNTER×HUNTER
モモゼ王子がいきなり脱落。狙われている描写は35号でありましたが、こうもすぐに殺されてしまうとは思いませんでしたよ。モモゼ王子の念獣は「おヒマ」の巨大ネズミでしたが、派手に動いたからこそエネルギー切れをおこしたわけですね。
王子を殺したのは、頭の形的にはニペイパー警備兵でしょうか。多分今後出番もないでしょうけど。

モモゼ暗殺に対するオイト王妃の「デメリットを無視しても腹違いの娘を見殺しにしなかった」反応は、凄く「真っ当な人間の反応」でした。読者的にもこの漫画でホイホイ人が死ぬのは当たり前みたいな感覚になっていたので、ちょっと申し訳ない気分になりましたよ。

バビマイナは第一王子の部下ですが、最初に刺客として来たビンセントと比べると王妃への敬意はある感じですかね。だとしても油断は出来ない相手でしょうけど。

モモゼの護衛で王妃によってマラヤームの護衛に回されてたハンゾーは責任を感じて黒くなっちゃってますけど大丈夫やら。クラピカの仲間だろうが死にかねないからなあこの漫画;

忘れかけてましたけど、クラピカ側(ワブル王子)の護衛を狙った念獣(と思われる存在)はもう1種類「血を抜く奴」がいましたっけ。これはどの王子の念獣なんですかね。

テータちゃんは、最後のコマで血が飛んでますけど生きてます…かね。いつ死んでもおかしくな立ち位置なので心配ですな。
それにしても、たった半日程度で凝にまでたどり着くとはツェリードニヒのチートっぷりが凄いですな。

クラピカの「たった2週間であなたも念使い講座」は、クラピカ自身が倒れちゃいましたけど出来るんですかね。ここでクラピカが倒れるとは、本当に展開が読めないですよ。
強制的な絶対時間が始まってから(30号でサイールドの能力を奪ってから)今回の1ページ目で3時間程度ということなので、多分倒れた時点でも4時間足らずというところでしょうけど、その間に事態が動きまくっていて時間の密度が濃いですなあ。
とりあえず、3~4時間として、クラピカの減った寿命は450~600日というところでしょうか。そして機械的に寿命が減るだけじゃなくて、当然現在の身体にも負担がかかるわけですね。やはりクラピカの能力選択はまちがっている。と言わざるを得ません。

■火ノ丸相撲
「横綱になりたいかー!!」の軽さには笑いましたが、駿海さんの大相撲を盛り上げることへの思いが熱くて面白かったですよ。大相撲編がどこまで描かれるのか分かりませんが次も楽しみです。
監督も選手を目指すとはちょっと予想外でしたが頑張って欲しいところです。

| | コメント (6)

2017年8月 7日 (月)

週刊少年ジャンプ36・37号感想

■ONE PIECE
プリンはやっぱり味方してくれる展開になりそうな様子。解決は遠くはない…んですかねえ?
ナミの悪女っぷりが素敵だ。

■約束のネバーランド
安価量産型農園の話はショッキングでした。なんというマトリックスと言うかブロイラー。
心臓が明らかになるほどにエマ達のハードルが上がっていきますな。
エマが助けようとするのはどの範囲までなのだろうと気になりました。まあ、フィル1人を助けるのでも難易度は激高でしょうけど。

■僕のヒーローアカデミア
ヴィラン連合出向組、まさかのヒーローと(一方的)協力体制…と言っていいのか?
大人しくヤクザに従うとも思えない2人だったけど、やっぱり破綻しましたか。オーバーホール編(?)もそれほど長くは続かないかもですね。

トガちゃんは(仲間には)優しいなあ。

■鬼滅の刃
善逸は花魁王の道を突き進むのかと思ったらそれで終わるわけもなく、一気にシリアスモードで大ピンチですよ。善逸が会った花魁は本当に鬼で上弦なんですかねえ。
ともあれ女子のピンチなので善逸には頑張って欲しいところです。

伊之助は伊之助で鬼に近づいてはいるけど、客を殴っちゃって潜入捜査を続けられるかという意味ではピンチかも知れません。

■食戟のソーマ
6品をまとめて実食審査。料理人より審査員の凄さと言うか人外さを感じる勝負になってきました。
普通に考えると2回戦は全滅の可能性が高そうだけど、一矢でも報いることが出来るのやらどうやら。あまり週をかけずに結果を出して欲しいところだけど、今回合併号なのね;

■ハイキュー!!
烏野の試合もいいところだけど、ここで音駒の描写ですか。どちらにも勝ち抜いて対決を実現させて欲しいんですけどねえ。

■Dr.STONE
まさか料理漫画になるとは(笑)
クロムの原始のリアクションは現代の料理漫画のリアクションに対して素朴ですな。クロムが脱がなくて良かったですよ(笑)
原始のラーメンは現代人の千空にとってはまともな味じゃなかったようですが、ここに別行動してる杠がいてくれたらもっとマシな料理になったんでしょうか。まあそれでも十分な味らしいですけど。
これで一気に協力者が増えるといいんですけどね。

男4人(戦力608)でもコハク1人(戦力1000)に勝てないのは笑いました。

■火ノ丸相撲
チヒロとの名勝負の後でまさか部長に一瞬で負けるとはと驚きましたが、ここで部長も大相撲入りに進むとは嬉しいサプライズでした。ラストの潮の表情が絶妙ですねえ。

■HUNTER×HUNTER
Gと同期するってどんな気分だろう;
嫌そうだと思うけど、そんなこと言ってられる状況じゃないだろうしなあ。

クラピカの絶対時間は終わらせることが出来たんですかね?
30号での説明だと「能力を発動してイルカを解除しない限り絶対時間が続く」ということだったけど、王妃が「裏窓」の能力を使い終わるまではイルカも残ってるんでしょうか。現在クラピカがコンタクトを付けてるはずなので目で判断出来ないなあ。

念能力の説明を兼ねて王妃に能力を使ってもらうのはいいアイデアでした。上手く芝居に乗ってくれるビルさんも頼もしいですよ。

他の王子にも念の事を話して能力取得も指南すると言うのは思い切った手ですね。確かに膠着状況を作るのには有効ですが、それで想定外の事態と余計な混乱が増えるとも考えられますよ
とりあえず今の室内で一番厄介な相手は第1王子付きのバビマイナさんですが、心理戦が面白いですねえ。

| | コメント (4)

2017年7月31日 (月)

週刊少年ジャンプ35号感想

■ハイキュー!!
田中先輩の格好いいところが見られて満足でした。
潔子さんとの初対面エピソードと田中先輩の一途さも良かったですが、でもそれはそれとして幼馴染ちゃんは応援するぜ。

■僕のヒーローアカデミア
デク達は早速出向組と激突ですか。トガちゃんもトゥーフェイスも厄介だなあ。
デクに会えてハイテンションなトガちゃんが微笑ましい…と思っていいのかどうか大変に微妙ですが、

ところでヒーロー側ってトガちゃんの個性=変身だとこれまでバレてましたっけ?
もしこれまで分かってなかったとしても、今回の事でバレてそうではあります。トガちゃんが持ってる「デクの血」も、変身能力がバレてる状態でなら脅威度は落ちる気がしました。

■鬼滅の刃
花魁王にアタイはなる!(違)
遊郭に女装潜入した3人がそれぞれなりに評価されてるのは良かったですが、誰も「男」だとはバレて無いのが凄いですな。
炭治郎も伊之助も「宇髄さんの嫁」の情報に近づきつつありますが、善逸は1人全然別の方向に突っ走りそうで笑えます。このまま最後まで花魁王を目指して欲しいところ。

宇髄さんは結局いつもの派手な格好に戻ってるんですね。潜入捜査ならもうちょっと地味にしとくべきだと思うんですが(^^;
嫁は1人は生存が確認出来たけど(捕まってるけど)、他の2人は生きているやらどうやら;

■Dr.STONE
鉄造りって大変だなあ。てか、前回出た「サルファ剤造りフローチャート」の1コマ目の「鉄」にもまだ辿り着けてないとは、先は長そうですよ。

コハクがゴリラを知っていたのは確かにちょっと引っかかってましたが、ちゃんと話に絡めてきましたか。ワイルドな桃太郎には笑いました。
ルリがますますキーキャラになってきましたけど、ルリ本人が考えたのか、ルリに教えた先代がいたのかとか色々気になりますよ。

“ただのスイカになれる”スイカの諜報力は一見高そうに思えますけど、村の人ならスイカだってすぐ分かるんじゃないかなあ。

■HUNTER×HUNTER
今週も順調にクラピカの寿命が減っていく。今回の連載終了までに王妃が能力を使えるチャンスは来るんですかね(^^;
上位王子の警備兵の存在がかなり状況をややこしくしていますな。このエピソードでの新キャラとして王子達だけでも数が多いのに警備兵達まで覚えるのが読者として大変です(^^;

争いを悲しんでそうな第11王子(フーちん)は可愛そうですな。第10王子(カーちん)の方はセンリツ曰く「自分を偽ってる」らしいですが、それを間違っていると思っているセンリツが危険な方向に近づかないかが心配ですよ。準レギュラーキャラでも簡単に死ぬしなあ;
第7王子(ルズールス)はバショウと意気投合しちゃってて、意外と有能な感じですかね。
第6王子(タイソン)に付いてるイズナビさんは、クラピカの仲間達の中で一番大変そうでなあ(笑)

団長はシャルナークとコルピトが殺られた事を知った状態ですかね。他の団員も既にヒソカにやられた可能性もあるのか?

■火ノ丸相撲
今までの集大成と思えるガチのぶつかり合いがいいですな。蛍の勝負もユーマの勝負も良かったですよ。
次はチヒロで最後は部長で締めですかね。(監督はまわし姿になってなかったし)

ラストページは「こっからがメインイベント」の発言に怒ってるレイナさんに笑いました。

■食戟のソーマ
見開きでの十傑トレース…(笑)
これがやりたかったんだなあとよく分かりました。もも先輩(可愛いもの好き)と寧々先輩(ツンデレ)はああいうキャラなのね。

武士っぽい人の無断な拘りが素敵。

■約束のネバーランド
おおう、コニー達の胸に刺さっていた花はそういう意味があったのね。
「食べなければ生きていけない」は避けられないテーマだけど重いですな…。

| | コメント (6)

2017年7月24日 (月)

週刊少年ジャンプ34号感想

■僕のヒーローアカデミア
この流れだと組は壊滅してもオーバーホールには逃げられそうかなあ。最後に出てきた出向組が「来ちゃったv」という感じで不穏感が高まりますよ。てか、こいつらは素直にオーバーホールに従うんですかね。
トガちゃんが持ってる「デクの血」の出番は…まだ早いですかね。もっと最悪の場で使われそうな気がしますし。

頭どころか上半身もろともふっ飛ばして即再生出来るとはオーバーホールのチートっぷりはヤバイですね。今のデクに対抗出来るとは思えないですがどう対処するのやら。(そもそも今回は会えないまま終わりそうな気がしますが)

敵にまで認められる漢になった切島は報われた感がありました。
ところでファットさんが元の姿に戻るには、食べないといけないんですかね。

■約束のネバーランド
ギルダさん、格好いいけど怖ぇー(笑)
エマ・レイ以外の子供達も段々頼もしさが上がってきていい感じですよ。

最後の「約束を破るなら…を敵に回す」「…は疾うに食用児の敵だ」は誰のことですかね。普通に考えると鬼と約束をして今の状況を維持している「人間」という気もしますけど。

追手に「06-32へ行け」を見られたのはマズかった気もしますが大丈夫ですかね。現時点では分からんらしいですけど。

■ONE PIECE
高速で追いかけてくるビッグマムが実にホラーです(^^;
食いわずらいで海賊団全滅という都合のいい展開を期待するのは難しいかもとは思いましたが、今週のうちに大ピンチになるとはちょっと予想外でした。ホントどう解決するのやら;

プリンの「サンジに侮辱されたの」はどこまで真意なんですかね。最後には味方してくれるのではと、まだ期待してるんですけども。

■鬼滅の刃
遊郭に潜入するのなら女装だな、女装に違いあるまい…と思いながら読んでいましたが、想像を遥かに超えてヒドかったよ炭子と善子と猪子…(笑)
てか、伊之助の素顔は「少女のような美少年」じゃなかったんですかい?(^^;
まあ、きっと化粧担当の腕が悪かったんでしょう(天元さん?)、多分、きっと…。
1人格好良くなってる天元さんがヒドいですよ。ところで目の廻りの模様は消せるんですかね。入れ墨じゃなくて描いてるだけなんですかね?
とりあえず、猪子については、引き取ってくれた荻本屋のやり手おばさんの手で美女として再登場する可能性が高いかもですね。

それにしても、3人組と天元さんが組むとギャグ度が天井上がりですな。4人のうち3人がボケ役だから善逸がツッコミ役として冴えまくりですよ(笑)

■Dr.STONE
先週感想のコメント欄でも書いたようにペニシリンを思い浮かべましたが、「石ルート」でサルファ剤ですか。(よく知りませんけど(^^;)
それもまた「ドクターストーン」に繋がるわけですかね。
作るのにどれくらいかかるか心配ですが(^^;

千空がクロム達のおかげで地軸のズレに気付くところは良かったですよ。千空が天才でも1人で何でも分かるわけではない辺り、仲間の大事さが出ていていいなあ。

■HUNTER×HUNTER
クラピカが寿命も神経もすり減らしていて大変です。
電話を第1王子に繋ぐはずが第3王子に繋げられた時は、また身内が操られているのかと思ったけど、王家の事情に詳しいシマノ(シマヌ?)の冷静な判断ということで良かったですよ。この状況で事情に詳しい人間は貴重ですな。

第3王子は話が通じる相手のようですが、いつまで協力関係を保てるかは疑問かなと。そもそも誰がいつまで生き残るかも読めませんし(^^
第1王子・第2王子の兵士もいたりして交渉がどう転ぶかも読めなくて面白いですけど、仮に今回の連載が10回で終わるならあまり話が進まないままで終わっちゃいそうな気もしてきました(^^;
ところで王妃には第3王子の念獣は見えるんですね。(一時的に念使いになってるからか)

■食戟のソーマ
「パーフェクトトレース・フラッシュ」…キモいですな、うん。
凄いことは凄いけど、やっぱり勝てる気がしないなあ。

■ハイキュー!!
格好いいなあ田中先輩。

■火ノ丸相撲
やっぱりもうすぐ終わりですかね。
潮大相撲入り決定。…によって高校は辞めないといけないわけですか。切ないですね。
最後に作り直した手作り土俵で仲間達とガチの送別相撲とはいい終わり方になりそうです。

| | コメント (3)

2017年7月15日 (土)

週刊少年ジャンプ33号感想

■ONE PIECE
20周年おめでとうございます。読み始めた頃に小学生だった子も今ではいいおっさんなんだろうなあと感慨深く思いました。自分は読み始めた時点で大人でしたけど(笑)
ところでポケモンアニメと同期なわけね。
てか、たけしと同時期でもののけ姫をやってた頃だったのかー(^^;

玉手箱の爆発は予想以上に大きかったですが、これでほぼ死傷者が出て無さそうなあたりが本作らしいかなと。シュトロイゼンのおかげですけど。ケーキでも場合によったら窒息者とか出そうですけどね(^^;
ところで能力で作った食べ物って美味くはないんですか。残念ですな。

ベッジとはこれでお別れのようですが(ついでにシーザーも)、ベッジは当初は雑魚っぽいと思ったのにいいキャラになりましたよ。悪だけど義理堅くてかつ馴れ合わない格好良さも有りってのがいいですな。
キャッスルタンク格好いいなあ(笑)

ここからは追撃との戦い…かと思ったら、……おや!? マムのようすが……!
(状況も違うのでよく分からないけど)ここで「カルメルが消えた時に起きたこと」が再現されちゃう展開も有りですかね。

■僕のヒーローアカデミア
挫折を乗り越えてここまで来た切島が主人公感が高いですな。
切島と芦戸のやり取りがいいなあ。

■約束のネバーランド
この世界はおよそ1000年前から鬼の世界と人の世界が分断された世界だったと。
現代的地球から約30年後の未来の世界なのかと思っていたけど、そうとも言い難い感じになってきましたね。それでいて人間側から送られる「旧型の中古品」は10年前後前の現実的な代物だたりで、本作での「人間の世界」がどういう世界なのかが益々謎が深まったような気もしてしまいます。

人と鬼の世界の「道は完全に閉ざされている」というのも、どういう形で分断されているのかが謎ですね。
単に物理的・進撃的な壁とかで分けられているのか、はたまた異次元的に分けられちゃっていて「ゲート」的なものでだけ行き来出来るのか、ともあれここから先の難易度は高そうですよ。

「道」が実際にはあるとして、ソンジュさんが嘘を付いたというわけでは無さそうかなと。
単に「道」が鬼にとって極めて秘匿度が高い情報でソンジュさんが知らないだけという事なんじゃないかと思いました。多分。

ミネルヴァさんが(もしくはその先祖が)世界を分けた張本人として(過去のイメージでもフクロウ連れてるし)、子供達を助けることは人と鬼の新たな対立の火種にもなりそうなんですが、その辺はどう考えているのか気になります。

タイトルの「約束」がキーワードとして出てきたのが印象的でした。フィルと交わした「約束」もあるし、いろんな意味が込められたタイトルなんですかね。

■食戟のソーマ
おお、やっと連帯責任…じゃない連隊食戟的な協力体制が来ました。忘れてるのかと思いましたよ(^^;
美作の偽久我先輩芸がキモくて素敵でした(笑)

■Dr.STONE
千空とクロムの意気投合っぷりが微笑ましいなあ。通じ合える同士が出来てくれて良かったですよ。
とりあえず次のミッションはルリの病気を治すことですかね。治るものなのかは分かりませんが、それが出来ないと40人の信頼を得るのは難しいだろうなあ。

それにしても千空の知識の広さがあらためて凄いですよ。

■鬼滅の刃
しのぶさん・煉獄さんの次に出会う柱は音柱の天元さんですか。前に柱が集合した時(45話)で「派手派手地味地味」言ってた人ですね。(順番的にはその次は恋柱の人かなあ)
しのぶさんや煉獄さんとは分かり合えたけど、果たして天元さんとはどうなるやら(^^;
とりあえず(今のところは印象が悪いものの)今度は死なないで欲しいとは思います。

カナヲは大分自我が育ってきたかなと。

■ハイキュー!!
田中先輩昔は金髪だったのね。坊主にしてからの「触らして」に笑いました。
ともあれ、田中先輩には早く闇を抜けて欲しいですよ。

■火ノ丸相撲
いい結末でした。
負けた悔しさを味わう久世とか、大和国親方との会話とか、泣いてぐしゃぐしゃのレイナさんとか良かったですよ。

■HUNTER×HUNTER
エンペラータイム1秒ごとに寿命が1時間縮むとは、便利過ぎる能力だとは思っていたけど制約が思いの外でかかったですな。ある意味ネフェルピトー戦で「ゴンさんがやったこと」の超簡易版みたいなことだったわけですね。
仮にエンペラータイムを1時間=3600秒使うと3600時間=150日寿命が縮むと。うひゃー。船が出港してからクラピカの寿命ってどれくらい減ったのやら。

第1王子の刺客の人が1話保たずに退場したのは予想外でした。でも、2人目はもっと慎重な手段を取るだろうしどうなることか読めないですねえ。3つの電話までかかってるし。
第1王子は明確に「敵」だとして、第3王子と第5王子が電話をかけてきたのは情報収集のためですかね。
とりあえず、クラピカが目標(第4王子)に近づくためには接点のある第5王子と接触するのが良いかもだけどどうなることやら。(それもクラピカは知らないことですけどね)

| | コメント (6)

2017年7月 3日 (月)

週刊少年ジャンプ31号感想

■ONE PIECE
大量の強敵に囲まれて、これ以上は増援も望め無さそうで(可能性があるとしたらコメントでも頂いてたヴィルマ兵くらい?)どうするのかと思ったら
「逃げるんだよォ!スモーキーーーーーッ!!」
でしたか。マムを絶対に倒さないといけない状況でも無いし、今は逃げる選択肢がベストかもですね。それでも難易度は高そうし、ここで逃げ延びられても後々が怖いですけどね(^^;

同盟相手はともかく、かわいい部下達や愛する妻や子供を「死なせるわけにゃいかねェんだよ!!」と啖呵を切るベッジは格好良かったですよ。ベッジはルーキーの中では悪人度の高いキャラだけど、こういうところは格好いいじゃないですか。
サンジとジャッジのケジメも良かったですよ。よい決別だったんじゃないでしょうか。

ラストは、やっぱりルフィとサンジは飛び出しますよね。そう来なくては。
ところで玉手箱はどうなったのやら。

■鬼滅の刃
煉獄家でのやりとりはやるせなさはあったのですが、「やってしまった…」炭治郎にはちょっと笑ってしまいました。基本的には温厚な炭治郎だけど、怒る時にはかなり激しく怒るんですよね。これまででも分かっていた事ではありますが。
こんなんで「書物」を見せてもらうことは出来るのだろうかと心配でしたが、弟さんがちゃんと話が通じて良かったですよ。

「火の呼吸」は正しくは「日の呼吸」ですか。太陽の呼吸ということだとしたらますます波紋法ですね。吸血鬼にはよく効きそうです(笑)
煉獄父がかつて打ちのめされた相手は鬼なのかと思ってたけど、日の呼吸の使い手だったわけですかね。もしかして炭治郎父なんでしょうか?(煉獄父の回想の後ろ姿の人が髪型は近い感じだけど)

■食戟のソーマ
「ついに…ついに……! 十傑第三隻の実力を個の目で見られる!!」
いやその、(料理してたソーマはともかく)タクミは一回戦を観戦してたんじゃないんですかね。

ワニVSゾウだったらゾウの方が強そうだけど、りんどー先輩がここで負けるビジョンが見えないなあ。

■HUNTER×HUNTER
「上の3人は醜悪過ぎる」ということで第4王子ツェリードニヒと共闘しようとする第5王子ですが、第4さんも相当醜悪なんですけどね。それを知らないのか、上位3人は第4以上に酷いという認識なんでしょうか。

で、そのツェリードニヒの念獣の醜悪なことですよ。テータさんは、ラストのあの場面で念の事をしらばくれたりしてたら念獣に殺されてたんですかね。(教えてもいずれ死にそうだけど)
王子が念を覚える展開は実現しちゃうんですかね。作中でも言われてるように念習得には時間がかかるはずだし、蟻と違って「念の攻撃を受けて生き残る」のも普通の人間では困難なんでしょうけど、
でも、そういう困難も乗り越えて、ツェリードニヒが念を習得しちゃう展開は必須という気もします。クラピカ的にラスボスだろうし、強敵度が上がっていくんだろうなあ。

ところで、王子達が「念」を知るきっかけになった緊急チャンネルってのは、クラピカが34巻ラストで流したもののことですね。廻り廻ってクラピカ的には大失敗だったかも知れません。
まあ、クラピカがあの場で緊急チャンネルを使って無くても遅かれ早かれ王子に念の事は伝わるんでしょうけど。

第6王子の「妖精」には笑いました・妖精と言うかオタマジャクシと言うかアンノーンと言うか。
第9王子のハルケンブルグさんは遠からずに死にそうだなあ。

ところで、王子達のキャラを確認するのに33巻が必須ですな。

■僕のヒーローアカデミア
痩せた!

切島くんは格好良かったです。

■約束のネバーランド
鬼…なんですか?
ともあれ、最近の環境や獣相手の展開よりも、やっぱり知性のある相手と対する方が面白くなりそうです。

レイが助けてくれた相手を鬼だと認識したのは、持ってるランタン的な花(?)を見てのことなんでしょうか。鬼にやられた人に咲いてる花と関係あるんですかね。

■火ノ丸相撲
遂に勝った…んでしょうか。
次回には決着でしょうね。

■ハイキュー!!
最初の山口も、「諦めてる余裕は無い」田中先輩も影山もいいなあ。

■Dr.STONE
40人ですか。思ったより多かったですが、集落としてはむしろ少ないと言うべきか?
とりあえずは一番歳を取ってる人と話してみて欲しいところです。しばらくかかりそうだけど。

コハクの病弱な姉と言うのはルリがそうですかね。それともサファイア・ガーネットか?
1人名前が無いのは何ですかね。
ところでコハクも「雌ライオン」は傷つくんですね(笑)
メンタルは現代人とそれほど変わらなそうだなあ。

| | コメント (3)

より以前の記事一覧