2019年8月19日 (月)

週刊少年ジャンプ38号感想

■約束のネバーランド
始まっちゃいましたか。今回出ている鬼達に思い入れが無いのであまり感慨が無かったりしますが、エマとしてはこれを止めたかったはずですが「約束」って結局いつ発動するんですかね。

■鬼滅の刃
痣が出たら25歳までに死亡で、25歳を超えた者が発言させたら一晩保たずに死ぬ、ですか。
痣のリスクとして寿命が削られる…くらいは予想しましたが、25歳とは予想以上に厳しい条件でなかなか衝撃でした。しかも25歳超ならすぐ死ぬとか実にエグい;
思わずwikiで痣が出た柱の人達の年齢を確認してみると、義勇さんは21歳ですか。他の人達はよく分からないですが。
今晩で戦いが決着して鬼がいなくなったら、鬼殺隊の人達はその後どうするのだろうかとか思っていましたけど、生き残っても仕事を探すとかどころじゃなくて切ないですよ。

痣が出て25歳を超えて生き続けた者と言うのは、黒死牟本人か、はたまた開祖でしょうか。

無一郎は自力で磔状態から抜けましたか。凄い、と言うか痛そう;
数時間で失血死するとか言ってますけどどうなるのやら。「上弦の髪」を無一郎が食っても駄目なんだろうなあ。

■ONE PIECE
ゾロVS牛鬼丸は河松の乱入で一段落しそう…と思ったところでまだ続きますか。もうちょっとかかるかなあ。
ところで今更だけど河松は魚人なんですかね。人間でも凄い造形の人がいたりするので見ただけではよく分からないです(^^;

カイドウVSマムは当然のようにまだまだ戦っていますが、上手いこと場を去ろうとしているクイーン様が笑えます。
それにしても桃太郎印のきびだんごの恐ろしいことよ。
そしてチョッパーの有能なことですよ。ウイルスがこうもあっさり解決していたのは驚きました。

戦力は増えたものの武器の刀が足りない…問題が牛鬼丸が集めてる武器に繋がるんですかね。

■Dr.STONE
あっという間に酸素ボンベを作って全員の石像を発見。相変わらずのテンポの速さがいいですな。
しかし、全員分の石像を引き上げて復活するまでどれだけの手間と時間が必要なのやら。カセキ1人を引き上げるだけでも10分じゃ厳しそうなんですけど(^^;
ボンベについてはカセキが復活すれば再生産出来る…のかなあ。カセキの次はとりあえず体力担当の大樹か石像組み立て担当の杠を復活させるべきでしょうか。

■ハイキュー!!
熱い展開でした。

■チェンソーマン
ヤバい奴ばかりなのはよく分かった。

■アクタージュ
千世子が壮絶な事になってますが、“友達”だった千世子から凄まじい怒りの目を向けられても、すぐさま状況を理解して自分を向上させる術を見つけようとする夜凪もやっぱり凄いやね。
そしてこのドシリアスな場面での「アサガヤ」の浮きっぷりが素敵。

| | コメント (4)

2019年8月 5日 (月)

週刊少年ジャンプ36・37号感想

■ONE PIECE
カイドウVSビッグ・マムが恐ろしいと言うか夢の対戦カードですが、これでどちらかが倒れる…ことにはならなさそうかなあ。多分。

■鬼滅の刃
こちらも頂上対決。岩柱さんVS黒死牟という最強対決で、いい感じで渡り合えてる感じですが、それでもいつやられるか分からなくて恐ろしいですな。
ところでガンダムハンマー&斧使いの岩柱さんは「剣士」なんですかね?

岩柱さんのおかげで風柱さんは腹の傷を縫う時間が出来たので、バラバラになってたり柱に縫い付けられてる2人もどうにかしてやって欲しいところです。
自由の身になっても無一郎はさすがにもう戦え無さそうですけど。

そして、さらば善逸…( ノД`)

■約束のネバーランド
ノーマンも最後は死にそうだなあ。

■Dr.STONE
龍水バラバラ活人事件。いやあ…よくこの状態から復活出来るものですよ。最初欠けてた右手もちゃんと付いててよかったです。
前は黒かった指先もキレイに治ってる辺り、二回復活者になると痣とかも無くなるんですかね。杠のぐるぐる痣もおさらばでしょうか。

そして龍水は滅茶苦茶話が早いのが助かりますな。
次はカセキ…と言うかバラバラで沈められた仲間たちを助けないとですが、潜って回収して組み立ててって、難易度激高にも程がありますよ。まあなんとかなるんでしょうけども。

■Fけん
読切。
カラー1ページ目時点では気付いてなかったけど、2ページ目をめくったところで凄く懐かしさを感じて松井先生の名前で納得しました。
邪道で変態的なフェチも肯定的に終わる辺りがらしいですよ。

■アクタージュ
千世子の「悔しい…!」が圧巻でした。
このエピソードでハッピーエンドは無さそうな気がしてきたけどどうなることやら。

| | コメント (4)

2019年7月29日 (月)

週刊少年ジャンプ35号感想

■約束のネバーランド
エマ戻れてるのね。約束を結べたからと言ってすぐに世界が変わるわけじゃないのか。
ごほうびの件が気になりますが、他者を犠牲にする系では無さそうかなと。

■ONE PIECE
キッドとは一旦お別れですか。同盟にトラウマがあるのは納得でしたが、まあ最後までには美味しいところで活躍してくれるかなと。
ルフィは思った以上にボロボロになってますね。チョッパーがいてくれてよかった。

■鬼滅の刃
兄弟の絆的に弟の銃を持ち出しても傷1つなし、強すぎる。
風柱さん危機一髪のところで岩柱さんが来てくれましたが、風柱さんは無事、なんですよね?
岩柱さん登場は助かるけど総力戦になりすぎて、最後に控えている鬼舞辻無惨(よみかたむずかしい)相手の戦力が足りなさそうで心配ですよ。
お館様はトレーズ様だなあと。

■Dr.STONE
百夜の最期が切なくて、そしてその思いと何十年もの頑張りが有難いですよ。千空に繋がってよかった…。
コハクが送った砂の中にちゃんとプラチナが混ざっていてくれて良かったですよ。
しかし、これだけ資源が希少になってると人類を復活させられてもその後が大変だなあ。

■アクタージュ
味方だと頼もしいなあわ前髪三本男。そして触角ガールといいコンビです。
チームもいい感じになってきましたが、千世子はやはり焦っていたようで、次は千世子達サイドですね。

| | コメント (4)

2019年7月22日 (月)

週刊少年ジャンプ34号感想

■ONE PIECE
こういう時のルフィは本当に格好いいですな。
ウイルスでルフィを含めてボロボロな人が多いけど、ババヌキが薬なり持ってたりしますかね。これがジョルノなら無理やりワクチンを作って接種するんでしょうけど。

■呪術廻戦
いきなりの犬!(素敵)

■鬼滅の刃
いきなりの犬!(表紙で)

風柱さんが予想以上に善戦してくれてますが、いつやられてもおかしくないので心臓に悪いバトルですよ。
黒死牟の攻撃の月のエフェクト=実際に発生している攻撃範囲なのだと考えると恐ろしいですが、無一郎すらやられたその攻撃を捌ける風柱さんが凄いですよ。経験値の差ってわけですね。
足で刀を使ったりする辺りも戦い方の幅が広いなと。

玄弥は早いところ身体を引っ付けてください。

■Dr.STONE
ソユーズはどうなってるのかと思ったらコンクリートで守られてたとは。「レコードの時と一緒」という辺りは言われてみれば納得でした。あれなら「既に回収されている」ってことは無いなあ。

そしてコハクはやっぱり頼りになりますよ。戦闘メンバーだけどかなり頭いいんですよね、コハク。
銀狼の槍術でのアシストもナイスでしたが、「それっぽいだけの無意味な動き」なのかよ(笑)

Boichi先生のONE PIECEは構図とかに個性が出ていて結構面白かったです。やっぱりゾロ対ミホークは名勝負ですな。

■僕のヒーローアカデミア
救われねえ…;

■火ノ丸相撲
これが三刀流…(違)
ワンピの再現漫画とタイミングがいいなあと思いました。鬼丸も口で刀くわえてるし。

それはともかくいい決着でで良い最終回でした。
出来ればあと1話くらい、エピローグがあっても良かったかもとは思っちゃいますけどね。

ラストページで大統領が妙に目立っているのがちょっと笑ってしまいます。

■約束のネバーランド
「ごほうび」が何か分からないけど、ロクでもないことを言われたのだけは分かる。

■アクタージュ
やっと求めていたものに出会えたという感じの王賀美さんが微笑ましかったです。よかったねえ。
この作品は初登場時はそれほど印象が良くなかったキャラでも見ているうちに好感度が上がっていくのがいいですね。

大手の事務所がどうとかは詳しくないので触れないぜ。(触れてる)

ラストの千世子の「うん そうだね」は何を考えているのかがちょっと読めないのが不穏感を感じる気もします。

| | コメント (2)

2019年7月13日 (土)

週刊少年ジャンプ33号感想

■鬼滅の刃
前回、無一郎が一撃でやられて大ピンチで終わって、
今回、助けに来た玄弥が「グエーッ」とやられて次回に続く…、だったらとんだオシシ仮面展開になるところでした。
オカメ仮面…もとい風柱さんも一撃でやられたりしなくてよかったぜ;

それは置いといて、あの無一郎が何も出来ずに腕を飛ばされて串刺しになっただけでもショッキングだったのに、今回の玄弥のやられ方はまたエグかったですよ。
実力的に柱に及ばないとは言っても、まさかわずか3ページで両腕を落とされて胴体両断とは。鬼喰いのおかげで死なずに済んでるけど、この戦いの中で復活とかはもう難しそうかなと。
…無一郎にも鬼喰いさせれば腕が治らないかなとか思ってしまったけど、無いか。そもそも玄弥の場合は特殊体質らしいし。

風柱さんは今のところは黒死牟と渡り合えてるけど、いつやられてもおかしくないのでなかなか心臓に悪い戦いですよ。
ところで黒死牟が「兄弟で鬼狩り」を懐かしいと言ったのは、日の呼吸の剣士と繋がりがあるってことですかね。月と日で対比的だし。

■火ノ丸相撲
もう、これで勝たなきゃ嘘だなと思えるラストの笑顔でした。
次回に注目です。

■約束のネバーランド
「代償」が嫌な予感しかしねえ。

■Dr.STONE
コハクが何を見つけたのかと思ったら、なるほどプラチナ(ソユーズ)ですか。
たしかに今プラチナをゲット出来れば、島主との決着の前に皆を助けられて状況逆転のチャンスではあります。
「プラチナは今でもソユーズの中にあるのか」「仮に密閉されてるとしたら(敵側にバレずに)開けられるのか」とか気になる点はありますけども。
皆を復活させるなら、身体がもげてる人もいるからまず杠を復活させないとだなあ。

コハクの暗号を解読するゲンはさすがのメンタリストっぷりでした。てか最早探偵ですな。
解読された後でもあれを解読するのはかなり厳しい気がしますけど。難易度高いよ(^^;
文字を覚えてなかった銀狼には笑いました。キャラがブレないなあ。

ところで、日本近海のこの島でプラチナと石化兵器をゲット出来たら、地球の裏側まで行く理由が無くなっちゃいそうな気がしないでもありません。
千空達の探究心はさておいて、とりあえずすぐに日本に戻って司を復活させれば良さそうってことになっちゃいそうですよ。多分そうはならない気がしますけど。

■ハイキュー!!
月島のドヤ顔が素敵。

■アクタージュ
夜凪の一皮むけっぷりが気持ちいい。停電まで味方するとは「持ってる」なあ夜凪。

◆期間限定公開されてるDEATH NOTEの新作読み切りネームがさすがの読み応えでした。
今回の主人公のやり方は上手かったけど、デスノートに関わるとやっぱりロクなことにはならないのだなあ。てか後付けルールがヒドいですが(^^;
完成版が楽しみです。

| | コメント (4)

2019年7月 8日 (月)

週刊少年ジャンプ32号感想

■Dr.STONE
コハクもアマリリスも頼もしいですな。対して銀狼はまだ驚き役をやってるだけだけど、後々活躍するんでしょう。多分。
コハクが何を見つけたのかは、まださっぱり分かりません。

新キャラのミラクルパワーさんはマグマと対決させてみたいところです。マグマさん石化中だし実現は無いかもですが。

■ONE PIECE
心折れた囚人達の前に勢揃いする皆がいい感じでした。チョッパーはかわいそうですが!
わっと反撃が始まりそうで楽しみかなと。次回休みですけど。

■鬼滅の刃
最強の上弦なのは分かっていたけど、無一郎が一閃で片腕を落とされて串刺しにされるとは、実力差が圧倒的過ぎて勝てるビジョンが全然見えないですよ;
岩柱さんが来てくれたとしても勝てる気がしないし、どうすりゃいいんですかね、こんなの;
せめて無一郎が「有無を言わさず鬼にされる」展開だけは勘弁して欲しいですが。

■火ノ丸相撲
裁判所の次は面会室とは、横綱の脳内はいろいろあるなあ。
ここまで来たら勝つしか無い勝負だと思いますが、さてどうなるやら。

■アクタージュ
普通に山を降りられてるとは。
ハリウッドに戻ろとする王賀美の前に現れるのは夜凪…かと思ったら千世子と阿良也ですか。
まあ、最後に止めるのは夜凪だと思いますが、次回に期待です。

| | コメント (2)

2019年7月 1日 (月)

週刊少年ジャンプ31号感想

■Dr.STONE
登場した時は威圧感が凄かったおじちゃんが凄くただのエロオヤジだった。もう威厳もかけらもないけど油断しちゃダメですわな。
銀狼は僕っ娘でちょっと可愛く見えて困ります。コハクのカワイイポーズは、まあ自然体の方がカワイイかも知れず(笑)
ところで後宮の選抜でも結構な人数がいましたが、結構人口多いのね、この島。

次に作るのはドローンと来ましたか。どのくらいのものが出来るのかまだ分からないけど、相変わらず飛ばしてくるなあと楽しみです。

■鬼滅の刃
炭治郎達は今晩はもう戦えないのではと思っていたけど一休みすれば大丈夫…なんですかね?
とりあえずダメージがでかいカナヲのところとか救護班と出会って欲しいところ。

次のマッチメイクは「恋柱・甘露寺さん&蛇柱・伊黒さんVS上弦の肆(新)・鳴女」と、「霞柱・無一郎VS上弦の壱・黒死牟」ですか。
甘露寺さんのところは甘露寺さんのキャラもあってややギャグチックだし、相手も直接的な殺傷力のある攻撃はしてきていない(いやまあ高所から落としたりするだけで十分怖いけど)ので、やや緊張感は薄いけど、
しかし今のダンジョン状態な空間を維持しているのは(多分)鳴女の能力なのだろうし、撃破出来ればダンジョン状態が解消されるかも知れなくて、かなり重要な戦いという気はします。
あの建物変形能力はちょうどアニメで出た太鼓鬼さんの上位互換な感じですな。

一方で、黒死牟の相手は無一郎が1人ですることになっちゃいましたか。確かに因縁はある組み合わせだけど、無残様以外では最強の相手だし、1人での戦いだと死にそうで困ります。岩柱さんも参戦出来るといいのですが。

ところで上弦の肆と上弦の陸(善逸の兄弟子)は補充されてたけど、上弦の伍は新メンバーは補充されてないんですかね?
まあ、大体の有力キャラの動向は分かったし、今から伍が出てもそこまで驚異感は無さそうかな…と思ったけど、考えてみるとまだ不死川兄弟の動向が分からないですね。
玄弥の相手として伍が出たりするのか、はたまた不死川兄弟の相手は無惨様になっちゃったりするんでしょうか。

■ONE PIECE
自然災害級なおリンさん・もといビッグ・マム相手に意地を見せたクイーン様がなかなか格好良かった気がします。
でも、ビッグ・マムを倒す(と言うか寝かす)ことは出来たけど、マムの記憶が戻ってかえって厄介なことになった気もしますけど。
これでしばらくマムは退場だろうけど、次に出た時はマムVSカイドウですかね???

ルフィの新技会得はまだ不完全だけど、ババヌキ相手に開花するんですかねえ。

■アクタージュ
気分良くて調子に乗る夜凪がかわいい。

役者としてまた一段覚醒した夜凪の前に実際の自然の猛威が立ち塞がっちゃってますがどうなるのやら。これで本当に無事に下界に降りられたら笑っちゃいそうなんですが。

■火ノ丸相撲
「…作為を感じる…(作者の)」

遂に横綱との戦いが始まりましたが、まさかの大統領登場に吹きます。

■チェンソーマン
マキマさんがラスボスにしか見えなくて困る。

■最後の西遊記
まさかのブラック・ジャック先生(笑)

| | コメント (6)

2019年6月24日 (月)

週刊少年ジャンプ30号感想

■ハイキュー!!
東峰さん格好いい。

■ONE PIECE
13億の男・クイーン様が2撃で轟沈。ビッグ・マム…もといおリンさん素敵ー。
水漬けだったキッド達も助かって素晴らしい災害っぷりでした。

そしておしるこが無いと分かったら今度はルフィが矛先になったものの、おかげでルフィが覚醒して首輪も外せて結果オーライですな。おリンさん素敵ー。
おしるこを助けてもらった村の人達に配りたかったと言うのは思わぬ優しさでした。おリンさん(略)

■鬼滅の刃
「とっととくたばれ糞野郎」
この言葉が似合い過ぎる童魔の最期でした。本当にちゃんとくたばってくれて良かった。
あの軽薄な性格で猗窩座みたいな執念も無かったおかげで助かったっわけですね。そうであってもやっぱり糞野郎で感謝は出来ませんが。
すでに死んでしまっていますが、しのぶさんの毒舌が素敵でした。糞野郎に「これが恋」とか言われちゃってるのが可愛そうですが。

伊之助は母のことを知れた、思い出せた事自体はまだ良かったことなのかなあと。
カナヲの目は片方は大丈夫なようで良かったですよ。全く見えないのとでは全然違いますから。
ラストシーンは心にきました。

■Dr.STONE
ビューティコハク大改造計画が銀狼に持っていかれた(笑)
戦闘も出来る潜入要員としては銀狼は意外といい人材だったかも知れません。船で石化されたメンバーでも、戦えて、かつカワイイ選抜に挑めそうな女装が出来そうなメンバーは他にあまりいなそうですし。(羽京くらい?)
スイカがビューティーになってないのは年齢が足りないのね。相手がロリコンじゃなくてよかった?

戦えてカワイイ選抜もいけそうと言えばほむらはどうなってるんですかね。氷月ともども普通に石化されちゃってるんですかね。万一無事でも協力はしてくれないでしょうけど。

■チェンソーマン
わーい、えぐーい;

■約束のネバーランド
アイシェは反ノーマン派でしたか。しかしこれでドン・ギルダは安心してしまったので、この辺もノーマンには折り込み済みだったってことなんだろうなあ。

■火ノ丸相撲
よい勝負でした。冴さんの「あー…!悔しい!! 勝ってこい!!鬼関!!」がわだかまりが無くていいですね。

「堀ちゃんは冴さんと仲良いな?」
ほう!?(ニヤニヤ)

■アクタージュ
えー、役者手からビーム出ないのー?
とガッカリしましたが、またひとつ夜凪の世界が広がっていく展開が良かったです。

ところで夜凪の親も何かあるんですかね。亡くなった母か出ていった父かどちらのことか分かりませんが。

■呪術廻戦
虎杖マジイケメン。
「そういうこと」な話でいいラブコメでしたが、この先戦いやら陰謀やらに巻き込まれなければいいですが。

思惑が外れたMr.東堂は笑いました。

| | コメント (2)

2019年6月17日 (月)

週刊少年ジャンプ29号感想

■鬼滅の刃
童魔戦ついに決着?
…と言うか頼むから決着しといてください。しのぶさんの命とカナヲの視力までかけて戦っているのだし。
ともあれ、しのぶさん・カナヲ・伊之助の全員の力での勝利としてよい決着(仮)だったかと。
伊之助の技は思いつきだったけど、カナヲに当たったりせずちゃんといいところに命中してくれて良かったですよ。

しのぶさんは最初から死ぬ覚悟だったんですね。
しかし、しのぶさん体重37キロて、軽いなあ。
「しのぶさんと珠世さんの共同研究」のところはもうちょっと描写を掘り下げて見たいのですけど、今後機会がありますかね。

■アクタージュ
天知を助けるための走れメロス…、やる気でねー(笑)
前髪三本男(笑)が王様役なのはピッタリですな。

ここで夜凪が死にかける展開になるとは予想外でしたよ。こっち側の演出家が出てきたけどこの人も奇人っぽいですねえ。
役作りのために火山に行く展開は吹きました。(しかもセーラー服のままで)
しかし演出家も同じ考えで結果的に正解だったとはなんてバカな展開だ(笑)

■食戟のソーマ
完結。いやまあ特別編はあるようだけど。
正直、学園祭以降はあまり楽しめなかったですが、最後は急ぎ足ながらも一応何となくは綺麗にまとまった感を感じなくもない最終回だった気もします。ホント急ぎ足だったけど。
最後まで美味いと言わないのもお約束ですね。(前にも書いたけど)「いまわのきわに言ってやる」ですね。

しかしまあ美味で建物破壊とか迷惑な。ちょっとヒロアカの建物倒壊とシンクロして笑いました。

■Dr.STONE
スイカと奮い立った銀狼の活躍で1話にしてラボカーゲット&千空達との合流成功。テンポが早くていいですな。
そして銀狼は、やっぱりこういうヘタレキャラはいざという時に活躍してくれるのが花かなと。

ラボカーをケダモノと誤解させるのは笑いました。現代人的には凄く無理がある気もしますけどまあいいか(笑)、さすがに(小指一本分のズレに気づいた)おっさんが見ていたら誤魔化せなかったかもですが。
水陸両用だわウンコも作れるわ、便利だなあラボカー。

■キン肉マン
まさかの特別読切。
最近の展開は知らないのですが、ロビン対キン肉マンは凄く満足感がありました。「一度は食らってみたかった…」が泣かせるなあ。

■火ノ丸相撲
同部屋対決開始。刀皇対大包平はあっさり決着。仕方ないけどちょっと寂しいですな。
鬼丸対冴ノ山は学生時代の出会いの頃からのことを思うと感慨深いものがあります。

| | コメント (5)

2019年6月10日 (月)

週刊少年ジャンプ28号感想

■ONE PIECE
遂にビッグ・マムもといおリンさん大暴れ開始。こんなクソ面白くなりそうなところで次回休みとは辛い!( ノД`)
とりあえずおリンさんはまずキッド達が水漬けになってるところをぶっ壊して欲しいところです。あと、クイーンの部下やチョッパー達は今のうちになんとかおしるこを用意すべきではなかろうか。(材料も無いのかね)

人質戦法なホーキンスはエグいですな。
そしてマリモ野郎に嫉妬するサンジは面白かったです。

■鬼滅の刃
おおお、遂に来たー。
こうならないかと期待していたけど、いつまで経ってもならないので無理だったかと思いもしましたが、しのぶさんの毒が遂に効いてきましたか。
しのぶさんは無駄死にじゃなかったですよ…。

どうして今になって毒が効き出したのかとかの説明は次回あたりやってくれるかなと、期待です。

■Dr.STONE
龍水も羽京もホント有能だなあ。
それに対して銀狼のがっかりされっぷりときたら…(苦笑)
まだ銀狼の事を知らないアマリリスにさえ2ページくらいでがっかりされているのが笑えます。
しかし、自分もガチャはよく分かりませんけど、この時代の人間にSSRカードとかで例えても全く伝わらないよ>ゲン
そのがっかり状態からの満を持してのスイカ登場はテンションが上がりますよ。確かにスイカも有能で潜入任務にも最適過ぎる。

敵のでかいおっさんは侮れないですね。小指一本分のズレに気付くってあーた(^^;
嫁のちょっとした掃除ミスにもすぐ気付く嫌な姑になりそうです(違)

■アクタージュ
凄い女優は卵をカラのまま食えてしまうのかと思った;
確かに怖さをも感じる一皮の剝けっぷりの新生千世子ですが、“天使”の顔は捨ててしまうことになるってことですかね。

■火ノ丸相撲
なんというギリギリの勝利っぷり。まさに悪足掻きですが納得感はある展開かなと。
そして次はW同部屋対決ですか。この4人ならやっぱりこの組み合わせになりますよね。

■チェンソーマン
身体が消えていくところがエグ過ぎる;
ホントどうするのやらコレ;

| | コメント (4)

より以前の記事一覧