2020年4月 5日 (日)

今週のアニメ感想・月~日分(3/30~4/5分)

・ソマリ まさかのお父さん旅立ちエンド…かと思ったら残ってくれましたか。鬼2人はまだ今後も行動を共にしてくれるようで有り難いなあ。
・ちはやふる3 名人戦&クイーン戦、4人ともそれぞれ負けて欲しくない気になってくるのがいいですな。北野先生から原田先生への投げ座布団がよいシーンでした。
 負けた猪熊さんへのクイーンの言葉も(珍しく)敬意を感じて良かったかと。そして、トンネルでネット通信が止まる新が笑えます。
・ハイキュー 田中先輩と幼馴染ちゃん、ここからどうなって連載現在の状況になるのかホント興味深い。この頃の宮さんはちょっと怖いのがいいですな。これからというところで終了なのが残念。次は7月ですか、遅れなければいいなあ。
・プリキュア (ケースにもよるけど)各個撃破大事ですね。
・キラメイジャー レッドがコロナ陽性とは…、ご本人も心配ですが他のキャスト・スタッフも心配ですね。数週間放送休止になってもやむを得ないかもなあ。
 本編は、ビルと道路の被害がデカい(苦笑) コントロールされるレッドに笑ってしまいます。
・ゼロワン腹筋崩壊スピンオフ 久々にバカで明るいノリで笑えたけど、ランペイジ登場後のシリアスな状況で何やってるんですか(^^;
 或人がツッコミ向きなのは納得でした。イズか不破さんと組んで漫才やればいいですよ。てか腹筋崩壊の腹筋って再生して連続発射出来るんかい(笑)

■かくしごと 1話
新番組。原作未読。月刊マガジンなのね。
久々の久米田康治先生作品のアニメ化ですが、毒はやや少なめで(き△たまき△たま言いながらも)割と爽やかな印象で素直に楽しめました。
爽やかさを感じたのは愛のある親子関係ゆえでしょうけど、娘はこのまま素直な子として育つんですかね。
18歳になったら父の秘密を知ってしまうことが冒頭で明かされつつ、小学生時代からスタートするあたり、先がどうなるのか気になってなかなかヤキモキしますな。
母がどうなったのか気になりますが…。

えっちな漫画…と言いつついわゆるお下品系漫画なので、純粋なエロ漫画の場合よりはバレてもまだマシな気はしました(^^; そしてポリキュア推しに笑います。
藤…もとい、漫豪・不二多勝日郎先生(フサフサ)にはクソ笑いました。EDで宣伝協力にされてるしジュビロ先生(違)も大変だ(笑) 愛されてるなあ藤田先生。
漫画家が描きたいものを描かせないのが仕事…は、思い当たるものがあって困ります。
ドーナツ…もとい、シャミ子の枕が大活躍だな!

EDが懐かしかったです。80年代感がありますねえ。

■波よ聞いてくれ 1話
新番組。原作未読。アフタヌーンなのね。
無限の住人の沙村広明先生作品のアニメ化ですが、無限の住人も今期やるので見よう。

初っ端からの熊のインパクトとマシンガントークに圧倒されて笑いました。この、なんともどうしようもない感じが沙村先生らしいなあと。
面白かったです。感想は書きにくいけど。
眼の影の付け方が独特ですな。

■乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 1話
新番組。原作未読。Twitterで冒頭部分の宣伝は見たと思うけど。
面白かったです。
王子は今回(幼少期)時点では「腹黒ドS」さはあまり無いと思うけど、育つと腹黒になっていくんですかね。
義理の弟はすっかり仲良くなって孤独ルート回避になりそうで安心そうかと。斧で扉を破って入ってくる図はインパクトがあって素敵。
カタリナが前世のゲームの記憶はあっても割と考えたらずでアホなのもかわいい気がします。がんばれカタリナ。

■仮面ライダーゼロワン 30話
1000%によりヒューマギアは撤廃で強制停止。代わりにザイアスペックを配るので、これまでヒューマギアに頼っていた作業は人間がやってくださいて、人手不足を補うための存在を個人のスペックを上げてカバーしろって、割と頭おかしいのでは?
全自動洗濯機(乾燥機能付き)を撤廃して高性能AI付き洗濯板を配るって感じでしょうか。(いや、せめて二槽式洗濯機か)
(次回出るみたいだけど)漫画家とかアシスタントヒューマギアがいなくなって背景も何もかもザイアスペックを付けた先生1人で描けという地獄になるんですかね。そもそもザイアスペックで描くスピードは上がらないだろうし更に地獄です。
…いやまあ、ヒューマギアの代わりに人間のアシスタントを雇えばという話かもだけど、ヒューマギア全盛だった時には存在しなかったアシスタント達はどこから湧いてくるのやら。
病院や警察なんかもあれだけヒューマギアに頼りまくりになっていた世界なのに、今更ヒューマギアを無くして全部人間がやれって普通に社会が崩壊しそうですよ。
まあ、そういうところにツッコんでも答えが用意されていない作品なのはもう分かりきってるけどな!
ライダーでよくある個人レベル~中規模レベルでの状況変化なら細かい点もスルー出来るけど、本作は状況の変化が(視聴者にも見に覚えがあるレベルの)社会生活全体に影響しすぎるのでツッコミどころが大変大きくなるのよね;

細かいところは置いておいて、迅や不破さんや唯阿さんといった主要な面々の立ち位置の変化は見ていて面白いかなと。
ゼアともアークとも繋がっていないという迅とは共闘の流れも有り得そうではあります。滅の方はどうなるかまだ読めませんけど。
友達(ヒューマギア)を傷付けてきた事を自覚して迅が変わったというのは納得感がありました。ところで今の迅はちゃんとゼロワンに倒された時の記憶も残ってるんですね。

不破さんと唯阿さんの問答は、不破さん主人公らしいなあと思いました。唯阿さんがこちらがわに来れるのはいつになることやら。
不破さんはめでたく無職ライダーになりましたか。平成ライダーらしくなってきた!(おぃ)
でもまあ、ラストで株式会社 飛電製作所も出来たことだし、こっちで雇ってもらえばいいですよ不破さん。(給料出るんだろうか飛電製作所)(株式会社として成り立ってるのか飛電製作所)
ランペイジバルカンの炎と氷(とサソリ)の同時攻撃はいいですね。メドローアですね。

或人は社長ライダーを辞めて無職ライダーになるのかと思ったら、中小企業(つーか超小企業)の社長に収まりましたか、なるほど!
ところで、ゼロワンの特許技術は個人にあるので横領ではないとのことだけど、エイムズを辞めたのにショットライザーを持ったままの不破さんは横領かもとは思いました(笑)
ゼロワンへの変身権限は別会社の社長になったからいいとして、バッタは衛星ゼアにいるままなんですかねえ。今後は敵(ZAIA)の所有物になった衛星からバッタやマンモスやバイクが出動することになるのだとしたらシュールです。

副社長達は1000%の太鼓持ちになってますが、今後いいところを見せてくれる…はず、だといいなあ。

或人が胸にヒューマギアのキーを仕込んでいたおかげでヒューマギアのデータは守られたようですが(スピンオフでやってたのはこれ?)、あれだけで飛電が流通させていたヒューマギアの全データは収まってるんですかね。
まあ、どこに持ってるか分からないプログライズキーもどこからともなくいきなり出てくるから大丈夫か(おぃ)
銃弾を防げたキーの防御力はビックリでした。つーか、明確に人間を殺そうとした1000%(と部下)は普通に殺人未遂では?(大変物凄く今更ですが)

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (3)

2020年3月29日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(3/24~29分)

・ソマリ 世界が人間に厳しすぎてバッドエンドしか想像出来ない; この作品のラストはソマリとお父さんの別れを描くことになるのかと思うけど、お別れしたらすぐにソマリが喰われそうで困ります。
 そのお別れも、まだ100~200日くらいはあるのかと思っていたら、腕ももげちゃったし案外近そうなんですよね。原作は続いているようだし、次回のアニメ最終回で死別にはならないでしょうけど、たぶん、きっと。
・ちはやふる3 ツキノワグマ原田先生かっこいい。どっちの婆ちゃんもTVで見れてないのが寂しいですな。
・空挺ドラゴンズ 最初は3Dが絵柄に合わないのではと不満でしたが割とすぐ慣れて楽しめました。
・ハイキュー 木兎さんの生態の不思議と赤葦さんのコントロール力が素敵。
・恋する小惑星 よい私達のちくわ活動はこれからだ。でした。最近まぞく目当てできららキャロットを買ってるけど(電子なので1ヶ月遅れ)こちらはほぼ原作消化しちゃってるのね。
・マギレコ メンタルやられたマミさんのめんどくさいことよ。そして消火器、…もといさやかちゃんが実に頼もしかったです。話としては(先週も書いたけど)ようやく面白くなってきたところで一旦終わりなのが残念ですな。
・鬼太郎 よい元気玉エンドでした。記憶抹消エンドかと思ったけど最後はハッピーエンドでよかったです。今回の鬼太郎は攻めた始終内容でしたよ。

■群れなせ!シートン学園 12話
最終回。
ケナガマンモスとの戦いが思った以上にガチバトルでかなり痛そうでしたが、決着はユルめでいい感じだったかと。
巨大なシルエットだったケナガマンモスの正体に笑いました。最後に出た昆虫シルエットのファーブル学園の面々も実際に出たら人と変わらなかったりするんですかね。
まあ、原作で出てないみたいだけど(^^;>ファーブル学園

■異種族レビュアーズ 12話
最終回。
最後まで放送出来るとは思わなかったですよ。ありがとうBS11

前に行きそびれた悪魔の店(契約大事)に夢魔の店でこれまでのリピートということで、最終回ということもあって割と総括的な内容でした。
ところで夢魔ってシャ(自制)

この世界での避妊だの、天使がいる状況での信仰行事だの、30歳まで守ったら本当に魔法使いになるだの、ちょっと気になるポイントの小ネタ補完もされて面白かったかと。
この世界も異世界転生者いるのね(笑)
飛行機が無理な事情はオーガスの相剋界みたいなものですかね。
トレント爺の薬を待つクリムくんは原稿を待つ編集者みたいでした(笑)
そして最後の最後は(親父の)ハーレムエンドか(笑)

■虚構推理 12話
最終回。
鋼人七瀬消滅後はほぼエピローグでしたが、意外にラブラブエンドでよかったかと。妖怪の万歳三唱は楽しそうで和みました。
そう言えば大変にどうでもいいけど、鉄骨の霊体なんですねえ。
六花さんについては、六花さんとの戦いはこれからだと言う感じで、鋼人七瀬の話はむしろ序章でした。

あの坂を自転車で登る紗季さんがなかなか凄いな。

■仮面ライダーゼロワン 29話
不破諫ゥ!
なぜ君がアサルトウルフに変身できたのか!
なぜ頭が痛むのか!
その答えはただ1つ!

不破さんが本当に格好いいですな。
洗脳からの熱い反抗展開に、全部乗せパワーアップにと、もう不破さんが主役でいいんじゃないかな?
…という流れだったけど、ラストは或人が主人公らしく終わって良かったかなと。社長の座を追われて元社長になっちゃったけど良かった…んですかね?
まあ、まだ中盤だし苦難の展開が続くのは必然なんですけど、本当にカタルシスの薄いライダーですよ(^^;

社員の脳にチップを埋めて道具として洗脳する1000%の外道っぷりが最悪でした(そもそも不破さんは社員ですらない)
前に「1000%は悪ではない」みたいな言を見たけど、どこが悪じゃないのやら。1000%純粋な悪ですよ。
そして、これまでの1000%の悪行に加えてこの洗脳の真相を世間に公表すればZAIAの評価なんて地の底に落ちるだろうに、それをしない味方陣営の無能無策っぷりも際立ちます。
出来る事をやり尽くした上で相手に上を行かれて負けるのなら納得しますけど、1000%が己の悪行を全く隠していない(どころかペラペラ喋ってくれてる)のに、それを活用出来ない或人サイドがストレスが溜まるんですよねえ。やれやれ;

不破さんは主人公らしく覚醒したけど、唯阿さんはどうするんでしょうねえ。不破さんの「お前はどこに向かってんだよ」が同意しかありませんでした。
今回の不破さんの言動でかなり揺さぶられてはいると思うけど、目が覚めるのはいつになることやら。

不破さんに埋め込まれてるのは「亡の人工知能」の人工知能だったそうで。つまり、雷の登場回の時点で「滅亡迅雷4人勢揃い」はある意味実現してたのだなあ。
滅亡迅雷側では滅と迅が方針で対立してる状態だけど、今後は勢力図がややこしくなりそうですね。予告の印象だと迅と或人元社長の共闘もあり得るのだろうか?、という感じだけどどうなるのやら。

副社長はようやくいいキャラになってきたかな、と…思ったら予告で1000%の太鼓持ちをやっていて困ります。芝居だと思いたいですけど。
この先、副社長が脳にチップを埋め込まれて泣く泣く或人と戦う展開が来ちゃうのか?(たぶん無い)

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2020年3月24日 (火)

今週のアニメ感想・月分(3/23分)

■ID:INVADED イド:インヴェイデッド 13話
最終回。
救いがあったかどうかは疑問だけど、連続殺人鬼製造事件は一応解決して一区切りですかね。なんとも不思議な面白みのある作品でした。
肋骨が粉砕されててあれだけ動ける百貴さんは凄いなあ。
ところでキャラメリゼCMは一瞬アニメ化するのかと思ってしまったですよ。(やってくれていいんだぜ)

■映像研には手を出すな! 12話
最終回。
実に良い「私達のアニメ制作はこれからだ!」エンドでした。
浅草氏の「まだまだ改善の余地ばかり」が前向き・前のめりな姿勢でいいですね。彼女達の未来を応援したくなる良いラストでしたよ。ここから彼女達のアニメ道はまだまだ続いていくんですねえ。
ラストのぐんぐん情景を引いていってこれまで登場したメカやロボが登場する絵もワクワク感があって素晴らしかったかと。

音楽がああなっちゃったトラブルは、2週間前には連絡が来ていたけどチェックを怠っていたわけですね。
勝手に音楽を変えられたとは言えこちらのチェックミスなのは確かなので、相手を責められない困った案件でしたが、そこから浅草氏的にはより納得のいくラストに向かえたのは良かったのかなと。
転んでもただでは起きないですねえ。あの段階からラストを変えて朝までに完成させるのが凄いですよ。
戦いの原因が分かってもすぐに和解出来て万々歳にはなかなかならないというのは確かにそうですねえ。

「芝浜UFO大戦」のアニメは、イベント当日終了時点で浅草氏が「まだ見ていない」と言っていたので、ちゃんとDVDに焼けていて良かったなあと思いました(笑)
売った後でプレスエラーがあったらえらいことでしたから(^^;)

流されたアニメは「セリフ無し」でしたけど、見た人は結構複雑なストーリーをセリフ無しで理解出来たのだろうか…、と少し思いました。
声優オーディションをやっていたはずだし、放送では省略されただけで実際にはセリフも喋っているんですかね。

コメットAは、今回見るまでどういうイベントか分かっていませんでしたけど、コミケやコミティアみたいな即売会なんですね。
袋を被っての売り子は笑いました。
イベント会場に教頭が来ていたのが興味深かったです。お金が絡むことには反対していた教頭だけど、この結果を実際どう思っているのか聞いてみたいところかなと。対立はしたとしても気にかけてくれているならいいですね。

金森氏の1000%発言は笑ってしまいました。

最後まで楽しめる、新鮮で挑戦的で根源的な実によい作品でした。
是非2期もやって欲しいけど、アニメは原作3巻までで(アニメでやったところから読み進めているので、まだ3巻ラストまで読めていませんが)、
現在既刊は5巻までという事で、すぐには無理そうですけど気長に待ちたいかなと。

■へやキャン△ 12話
最終回。
あの部室で寝ているとまさにうなぎの寝床である。
ゆるく気楽に見れましたが、やっぱり早く本編の続きを見たいですな。
ところで、本編もしょっちゅうキャンプしていて結構スケジュールがキツキツな気がするけど、スタンプラリーとかやれる隙間があるのかなあとはちょっと思いました(^^;

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(3/17~22分)

・ソマリ 優しげなおばさんですらニオイだけでアレとは、とことん人間に厳しい世界だ。
・へんたつ これがワルプルギスの夜…(違) とりあえず新作をやるということは分かりました。
・マギレコ 大部分は視聴者が知ってることの説明でもう少しテンポを早めて欲しい気もしたけど、説明の演出は工夫されてたかなと。
 魔女化に対抗してのドッペルは悪いものじゃない気がするけど何か裏があるんですかね。やっと面白くなりそうなのに次回で一旦終わりなのね。
・ヒーリング 今日のためにみんなが頑張ってきたイベントが台無しになるのが昨今の状況だと辛い…。
・キラメイジャー 「変だよね」 時代劇で主役が頭に万力付けてたら吹かざるを得ない(笑) ギャグが似合う二枚目ブルーはいいよね。
・鬼太郎 ラス前。鬼太郎は何とかなりそうですが、鬼太郎が戻っても1話でどうにかなるのだろうか。
・読んでいなかったので何とも言い難いですが、色々見誤るとえらいことになるなあと思いました。恐ろしい…。

■群れなせ!シートン学園 11話
チョロくていなアンちゃん。すっかりヒトミにメロメロになっていて安心感がありました。
最後に相手のボス(マンモス)が出てきたけど、さほどシリアスな展開にはならなさそうですな。
怒りで髪が伸びるキンくんが実にスーパーライオン人で格好良かったです。

■異種族レビュアーズ 11話
前回ラストからするとレビュアーズ最大の宿敵登場か、みたいな展開かと思ったらそうでもなかったぜ(笑)
店でタマゴ1個で1日粘ってたのはヒモで金が無いってことだったのね。

金と言えば後半のカンチャルさんはやり手でした。まあ、不労所得に溺れると破滅ルートに至るという話でしたけど。
スタンク達が有能な冒険者で良かったですよ。てか、世界崩壊の危機とかあるのかこの世界。

■虚構推理 11話
ノセられやすいな一般大衆!
「七瀬かりん、あなたが犯人だ」「ひどい嘘だ」の流れに吹きました。
ちょっとした情報やら扇動やらで世の流れはすぐ変わりますわな。弁解しても誰も信じない流れとか恐ろしい。

ところで延々夜中の公園で戦ってるのに誰のも気付かれないのが凄いと思いますが、階段の下側で戦っていて人目に付きにくい場所なんですかね(笑)

■仮面ライダーゼロワン 28話
ノセられやすいな一般大衆!
1000%の仕込みに簡単に踊らせられる一般大衆の手のひら返しが酷いですが、昨今の世の中を見ていると実際こんなものかも知れないとも思えて鬱です。
まあ、1000%のやらかしが酷いとは言っても、実際ヒューマギアが物っ凄く簡単に暴走する危険物なのは事実だからなあ。飛電は強制停止ボタンでも付けておくべきですよ。
投票対決はここからの逆転とかどうあっても無理な気がしますけどどうなるやら。負けて飛電も乗っ取られて社長の座を失ってのアンダーグラウンド展開の可能性もあるかなあ。

ヒューマギアに対抗するために一般大衆も(ZAIAから)武器を買って戦えという話になりそうですが、無茶な流れだなあと。
一般人が武器を持つなんて速攻で国から規制されそうですが、現実社会じゃないし1000%にとことん都合の良い世界だから大丈夫なんですかね。

不破さんに人工知能搭載の特殊なチップが埋め込まれてるとか(そう言えば病院回で頭の検査はしてなかったなあ)、
ハッキングされてレイドライザーを配っていたのが不破さん自身かも知れない疑惑とか出てきて、不破さんがとことんかわいそうですよ( ノД`)
…と言うか、主人公感が高いなあ不破さん。以前からだけど!
不破さんも「改造手術された仮面ライダー」だったんですねえ。

脳にチップの件といい、1000%は世間に公表されえたらヤバいことをペラペラ自分から喋るなあと思いますが、それを上手く世間にリーク出来る人もいないし、したとしても今回みたいに「捏造だ」で済んじゃうんでしょうねえ。あーあ。

それにつけても、ここにいたっても社長の言いなりでレイダーにまでなってしまう唯阿さんの株の落ちっぷりが酷いですよ。
出来れば1000%を裏切って浮上して欲しいけど、どうなることやら。
唯阿さんの脳にもチップがあるなら、逆らったら電流でも流されたりするんですかね。まあチップに「逆らえない機能」があるなら不破さんに使ってるかもですが。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(3/10~15分)

・サンデー 魔王城でおやすみのドラえもん&のび太に吹きました。そしてこれでドラえもん企画をやってるのに気付きましたよ。藤田先生と椎名先生が素敵だ。
 最初は全作品にドラが隠れてるのかと思ってけどそうじゃなかったのね。でも、現代物やギャグならともかくシリアス展開の話には入れにくいだろうし正解かなと、無理矢理ズボンの柄に両さんを入れていたBLEACHを思い出したりしました。
 そして読切版ののび太の恐竜が懐かしい。
・ちはやふる 出世しそうな太一と、太一が千早の恋人じゃないと分かった途端に態度を変える周防さんが笑えます。貫禄のある原田先生が素敵。
・空挺ドラゴンズ アニメで見るとより悲壮感を感じました。そしてアニメで見るとより腐海だなあと(おぃ)
・ハイキュー 潔子さんかっこいい。ラストで影山の照準がようやく合った瞬間のカタルシスがいいですな。
・病室で念仏 引き込まれる話でした。クライマックスがタイトル回収で笑ってしまいました。いいシーンだったのだけども!
・Nice boat.
・キラメイジャー ラグビー怪人のゴレンジャー感。あの短時間で絵をかけるレッドが凄くて確かに神絵師です。
 仕事とヒーローの両立は大変という話でしたが、無職ライダーが多いわけですよ。コピーロボットは陸上選手より医者の方が切実ではと思ったけど、能力はコピーしきれないのね。
 幽白の氷泪石も少女漫画で出せれば良かったのにねえ。
・鬼太郎 鬼太郎とねずみ男の友情でホロリと来たと思ったら、デビルマンエンド待ったなしな状況に。残り2話でどう落とすのやら。

■群れなせ!シートン学園 10話
「人類は絶滅する!」「な…なんだってー!!」
満を持して原始人登場。作中ではまだ名言されてないけどどう見ても原始人ですな。
どうやら滅亡迅雷…じゃない、絶滅動物(絶滅してないじゃん)の先鋒らしいけど、情にほだされる展開を待っています。てかゼツメライザーで変身させたい。

瞳が「人間の女の子に会うのは初めて」と言ってたけど、もしやとは思っていたけど、学校以外でもこの世界全体で人は希少っぽいのね。…わざわざ絶滅させる必要なくね?

発情期を経てランカがジンに「嫌いだ」と言われてシリアスモードになってたけど、かなり今更ではあると思いました。まあ平和なオチで良かった。囃し立てるけものどうめいかわいい。
てか、発情期についてはこの世界だと学生出産が山盛りになりそうだなあ。
パンダポルノは笑いました。実際あるらしいけど。

原始人の食すでかい肉は何の肉なのか私気になります。

インパライオン、キンくんパートの「はい、交尾です!」は分かってたオチだけど笑いました。

■異種族レビュアーズ 10話
なんとか最後まで放送出来そうな感じですかね。
今回は40点満点の店の話。
カンチェルさんもさすがにバラバラだのはドン引くのね、と思ったらソフトならOKか(笑)
スタンクがレビューに対して割と真摯だったり、ゼルが魔法授業に夢中になっていたりと、いつも以上に各人の方向性がよく見えたのが印象的だったかと。
クリムくんは一応まだ天国に帰る気あったのね。もう俗世に染まり過ぎてて無理な気もするけど(^^;
お別れシーンはホロリでした。

博士サイテーだな。

■虚構推理 10話
解決策第二弾と第三段。
父に貶められたと真相を世間に知らせるために悪霊化説だの、死んだ妹の報復を恐れる姉のストーカーの変装説だの、色々と考えるものですよ。
前の説がダメなら全然違った説をどんどん叩きつけるフットワークの軽さがさすがです。
次で第四段だし、次回で解決まで行ってくれるといいですけどね。

告訴状を取り出す妄想の七瀬には笑いました。
鉄骨で人を真っ二つにするのが凄いな。

■仮面ライダーゼロワン 27話
この世界って証拠を物理的に踏み潰したら証拠隠滅が成立するのか。なんて1000%に都合のいい世界。
会社の不祥事を突きつけられてるのに「イメージはクリーンでなければならない」とか言ってる頭おかしい1000%の頭おかしい度が天元突破してました。ほんと頭おかしいこいつ。

イズは映像は記録出来るのだから、一連のZAIA社員の粗相&証拠隠滅シーンを次回の投票対決で流せばいいと思いました。まあ、やらないでしょうけど。
証拠品を巡って不破さんが1000%と対決してるのに参戦しない或人とか、火災現場に変身もせずに水を被っただけで(唯阿さんにはかけない)生身で飛び込んで火傷もしない不破さんとか、普段に増してツッコミどころの多い回でした。
ヒューマギアは救助者の位置やルートの検索が出来るのにザイアスペックには出来ないんですかね。消防士さんはともかくザイアスペックの優位性はどこにあったんですかね。今までの対決全てに言えることですけど。

崩落しそうな火災現場だからこそヒューマギアが向かうべき、と思ったけど、熱で壊れかけたシェスタを見るにヒューマギアも別に耐火性が強いわけでもないんですかね。
まあ、普通に考えて一般の秘書ヒューマギアと消防専用ヒューマギアでは耐火性能も違うはずだし、呼吸が不要なだけでもヒューマギアは人間より火災現場向きだと思いますけどね。足りないところを補い合えばそれでいいんですよ。
人間とヒューマギアが協力しあっての決着は、既定路線ですけど、やはりそうでなければという決着でした。
ところで呼吸が不要なはずの消防ヒューマギアはなんで酸素ボンベ背負ってるんだろうと一瞬思ったけど、要救助者のためということでいいか。

映画はともかくTVシリーズではいまいち掘り下げられてこなかった副社長達ですけど「人間とヒューマギアが手を取り合う夢」を語るところはよいシーンでした。もっと或人とコミュニケーションしてほしいところ。

1000%VS迅は思いっきり迅を応援してしまいましたけど、割と互角だった感じでしょうか?
とりあえず迅に対しては、今回の場で「悪意に満ちて」たのは1000%(とZAIA社員)だけだったと言っておきたい。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

2020年3月 8日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(3/3~8分)

・ソマリ この世界の人間は酷いなあと思いつつ、人間を見つけたら問答無用で狩って食い散らかす種族もいるし、地獄だとしか言いようが無い。
・ちはやふる オマケのギャグ短編集もとい総集編。オマケが充実していて楽しかったかと。オマケで30分でもいいんだぜ、と本末転倒な事を思ってしまう(^^;
・空挺ドラゴンズ あれで住人に被害が出なかったのが凄いな。毒抜き3年で御老体相手にキレるミカに吹きました。オートジャイロデートが綺麗で切ないなあ。
・ドラマゆるキャン リアルいかつい系わんこ素敵。
・ハイキュー 田中先輩の幼馴染登場。ここからどうやって潔子さんと引っ付くのか経緯が気になりすぎます。
・キラメイジャー 各人のキャラが立っていて入りやすいかなと。ドリムノートやバースバスターを思い出しますな。宝石ダルマ落としに笑いました。

■群れなせ!シートン学園 9話
ライオンの交尾は20秒だけど1日50回で1週間…、すげえなライオン。キリンと言いこの作品のおかげで無駄に動物の交尾知識が溜まっていく…(笑)
「私の両親に会って欲しいの」「会おう!」、「インパラトーナメントに出てもらう」「出ます!」なキンくんの即断即決力が素敵でした。出来る男だぜキンくん。交尾したいだけかも知れんけど。

パンダはかわいいけど、パンダを擬人化するならおっさんだよねとは思います。

生徒会長の押しかけルームシェアは笑いました。しかしジンを生徒会長にするのは(知識はともかく)どう考えても向いてないよね。

ラストの原始人っぽい子も人を探してるんですかね。(ソマリのように…ではなかろうが)
この世界ってもしかして、この学校だけでなく世界的に人間が少ないんですかね。

■異種族レビュアーズ 9話
そういえばこいつら冒険者だったなあ。
モンスターも吸血鬼も魔族も普通に交流してる世界で冒険者の需要ってどれくらいあるんだろうと思ったこともあったけど、異種族交流が多いからこその便利な解決屋稼業って感じですかね。野良モンスターとは戦ったりもしてるし。

今回前半はアンデッド専門店。人気が無いのもごもっともではあります。
骨でも3点付くのが優しい。…と言うか美味しかったのか。

誰に誘われるでも無く1人で行っちゃうクリムくんは本当にもうダメでした(笑)
そして魔法都市行きの「お前も行くだろ、クリム」の誘いがいい話風で吹きます。

百合音声はこれまで最大級にエ口かった気がします。

■虚構推理 9話
鋼人七瀬攻略議会開始。
コナンの犯人が大活躍でした(違)
そして妄想の犯人のやることが… やることが多い…!!
紗季さんの「人1人殺すためになんて大げさな仕掛け」のツッコミに笑いました。
しかし、妄想のイメージシーンで何度も殺される(ニコルな)寺田さんはかわいそうです。

「犯人は女性警官だ!」で紗季さんが犯人像にされる展開が実にヒドかったです(笑)
関係ない人を巻き込めないとかもっともらしい事を言ってるのがまたヒドい(笑)

策は4つあるうち、あと3つあるらしいですが、あと2~3週はかかるんですかね。BD情報からすると全12話らしいし、鋼人七瀬の話だけで最後まで行きそうですかね。

■仮面ライダーゼロワン 26話
今回は消防訓練対決。
裁判の時のように「消防を勝負に使うなよ」…と思ったけど消防訓練対決なら有りか。…と思ったけど、やっぱり本当の火災になるのね。まあ当然そうなるのは分かってたけど。
サンデーでやってたFIRE RABBIT!!は面白かったけど、消防でランキングとかどうなん?と最後まで思っていたなあと思い出しました。

これまでの勝負ではあまり有効性が分からなかったザイアスベックだけど、消防現場での使用は(ナビとか)有効そうだと思えました。要救助者の状況確認能力はヒューマギアに負けてたけど。(あと耐火性ならヒューマギアの方が優位そう)
今回はヒューマギア側に「人の命」の認識の問題があって、それを人間側が分からせるあたりのドラマは良かったかと。
これまでのザイアスペック使用者は割とよくない印象が強かったけど(主に新屋敷のせいで)、今回の消防士さんは好感度高かったですよ。要救助者が男か女かでテンション変えるなやとは思いますが(苦笑)
次回は人とヒューマギアの共同作業が見られたらいいかなと思います。

しかし、人死が出そうな状況で「副社長を助けた方が勝ち」とか言い出す1000%は本当に人の心が無くてウザいですな。特に芯の通った矜持があるわけでもない死の商人志望者と判明したからなおさら悪印象ですよ。
ヒューマギアの暴走もテレビの前で雑にマッチポンプするし(唯阿さんが暴走させた瞬間は放送されてないのかね)、1000%には早いところ天誅が下ってほしいところですけど、これで後半雑に1000%が仲間になったらホントどうしてくれよう。

瀕死(仮)の副社長は笑いました。ナイス瀕死て(笑)
副社長はもうちょっと或人とドラマ的に絡めて欲しいのですけど、多分次回もギャグ担当くらいで終わりそうで勿体ないなあ。フォーゼの大杉先生みたいにゆくゆくは或人と分かり合えるポジションになってくれるといいのですけど。

迅の変身は顔バチーンは無くなったんですね。
再登場でイケメン度が上がった迅はアークと接続してないそうで。独自の意思で動いてくれるなら今後の成長も期待できそうですよ。迅は滅と対立するかも…と思ったけど、少なくとも直近ではそれは無さそうでしょうか。
不破さんに対する「案外近くにいるかもね」が不穏でいいですね。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

今週のアニメ感想・月分(3/2分)

・イド 夢の中の幸せな1年の終わりが切ない…。と思ったら最後にまたとんでもない感じになってますな。どう締めるのかさっぱり読めないですよ。

■映像研には手を出すな! 9話
次のアニメは学校を飛び出して芝浜の街を舞台にUFO戦争。スポンサーもスケールも着実にスケールアップしてますな。
部活からの依頼のアニメは儲けにならないというのは世知辛いですが、アニメ製作には(部活とは言え)金がかかるのは確かだろうし、
「店を続けるには金がいる」「時代に合った需要と供給そして宣伝」が大事だという金森氏の言葉は体験に基づいた形作られた重くて大事な言葉でした。お金は大事だよねえ…。
ちび森氏、もとい金森氏が経営眼があるけど算数が苦手だというのは面白かったです。経営と数学はまた違うのね。

川を埋め立てた道だとかかっぱのお供え物だとか寂れた地下街だとか、街の描写が面白かったです。
雪が多いらしいけど芝浜はどこかにモデルがあるんですかね。検索してみると3話に出たモノレール駅は今は無き姫路モノレール(子供の頃に姫路で路線は見たような)じゃないかと出たりしますが、特定の1箇所ではなくあちこちがモデルなんでしょうか。
ガントリークレーンは見かけるとキリンな妄想はしますよね。いいよね。

労働と対価にこだわる金森氏(お金自体が好きって感じじゃないのね)に、動きの表現にこだわる水崎氏に、音にこだわる百目鬼氏に、演出にこだわっていたことを自覚した浅草氏にと、それぞれのこだわりのぶつかり合いと噛み合いが面白いですよ。
浅草氏がこれまで無自覚に演出を行ってきたことに目覚めたのは一皮むけたと思える場面でした。自分のやっていたことを正しく理解して分析するのは大事ですね。
見せたいシーンを超こだわって理屈固めして、他のことはこれから考えるという流れは面白かったです。あるあるですねえ(笑)

■へやキャン△ 9話
ディフォルメ富士山は山梨から。ほう。
山梨と静岡をつなぐ良い話でした。そして斉藤さんすげえ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(2/25~3/1分)

■群れなせ!シートン学園 8話
キリンの交尾は90%オス同士。…検索してみたけどマジかー。人生で特に知りたくなかった知識がまた増えてしまった。

今回は臨海学校でシロイルカとバンドウイルカ登場の巻。これでOPでピックアップされてるキャラはほぼ登場して、残っているのは武器を振り回してる原始人系女子だけですかね。
シロイルカがメロン体の歌でバンドウイルカに認められる展開は気持ちいい展開でした。バンドウイルカさんの二重人格的ツンデレがいいね。
そしてタイヤと戯れてるパンダがかわいい。

主人公は今回いつも以上に打算的な面が目立った気がして、そんなんじゃ瞳からも嫌われるぞお前…と思いましたけど、キリン(オス)にムラムラされてるのがかなり可哀想ではありました。まあがんばれ。

漁業体験にすし職人体験て、この世界でも食われる生き物は普通に食われるのだなあ。…と闇を感じたけど魚類はさすがに意思疎通の対象外なのか。恐竜やバージェス動物群は教師やってるけど(^^;

■異種族レビュアーズ 8話
くっころ!
脳裏にダクネスが浮かんで困ります。
鎖は手で添えるだけで笑いました。カンチェルさんは演技に厳しい職人だなあ。

クリムマヨネーズが吸いつくされていく様は恐ろしいものがありました。

■虚構推理 8話
ついに鋼人七瀬攻略開始…は次回の話で、今回は主に九郎さんの怪しい従姉妹の六花さんの話。
過去話や背景説明が主で現在の鋼人七瀬対策の話がなかなか進まないなあとは思いますが、大事なところだろうから仕方ないのですかね。六花さんってシリーズを通してのボスキャラっぽいし。

鋼人七瀬のまとめサイトを作って、九郎さんと同じ未来決定能力を使ってマッチポンプで鋼人七瀬を作り上げたのも六花さんということで、とにかく迷惑な人なのは分かりました。
ところで、九郎さんの家は六花さんという成功例(?)があったのに九郎さんの世代でまで肉を食わせたのは何故なんですかね。まあ、これまでに描かれた描写だと六花さんの方が先の成功例かどうかは分かりませんが。

鋼人七瀬攻略を前に、自分が寝ている間の九郎さんと紗季さんの関係ばかりを重視にして焦っている琴子のヒドい恋愛脳っぷりに笑いました。
六花さんに「この子は良くないと思う」と言われるのも仕方ない気はします(笑)
病院を追い出された六花さんの家探しに対しての九郎さんの脳内琴子の「混浴 混浴」「同衾 同衾」には笑わざるを得ません。彼女のことを実に正しく把握してるじゃないか九郎さん(笑)

琴子が九郎さんに(猛獣のように)食らいついている事は家でも全然隠していないようですが琴子の親がその辺りをどう思っているのかが私気になります。
そして、妖怪・人外関係の事って琴子の家族は知ってるんですかねえ???
とりあえず、六花さんの人外要素のことは病院の上層部は把握してたようですけども。

■仮面ライダーゼロワン 25話
滅が脱走したり、迅がえらくオシャレに垢抜けて復活したり、…と思ったら迅の滅に対する態度が怪しかったり(反逆しそう?)と、大きく状況が動いて面白かったですよ。
やっぱりZAIA相手にお仕事対決とかしてるよりも滅亡迅雷を相手にしてる方が面白いですな。…と思ったら次回はまたお仕事対決の続きみたいですけど。…そういうことやってられる状況なのか?(^^;
迅の滅に対する反抗期(?)は何なのやら。仮に滅迅で敵対はしなくても、2者の関係性は前とは変わりそうですね。迅のキャラ自体が大きく変わっちゃってますし。

冒頭にいきなり出た物知り博士は、イズも知らない滅亡迅雷の元ヒューマギアのことを知っていたりでクソ怪しいと思ったら、やっぱり敵だった…のかと思ったけど単に操られただけだった…んですかね?
ともあれ、12年前に飛電が滅達の元となるパパヒューマギアを作ったとか、もっと早く言っとけよと言わざるを得ません。滅はパパヒューマギア(パパ太郎)だったから迅を息子呼ばわりしたりしてたんですかねえ。
そして、優秀な4体のヒューマギアが滅亡迅雷を作ったということは、やっぱり「亡」も存在するわけですね。

「社長室に侵入者」は割としょっちゅう来てるよなーとは思いました。その話をしてる真っ最中に不破さんが入り込んできてるし(笑)
社長室で或人のギャグを聞いた不破さんは久々の笑顔を見せていて微笑ましかったです。
今回は或人と不破さんの夢についての会話に決意表明が良かったですね。そして、或人から不破さんへの武器渡しが信頼感を感じられて実に良い。

そんな信頼関係を築いていく1号ライダー・2号ライダーに対して、1000%の手下でしかない唯阿さんは悲しいですなあ。
唯阿さんは最後にはちゃんと仲間になってくれる…と思うのだけども、いつになったら株が上がるのやら…。(途中退場して終わったらどうしよう)

1000%曰くZAIAの目的は兵器ビジネスだそうで。飛電爺さんへの思いとかヒューマギア不要論とかかましておいて結局はそれですかい。
難波重工と言うべきか財団Xと言うべきかアナハイムと言うべきか、どれにしたところでロクなもんじゃねーな!
つーか、或人と不破さんは「1000%がアークに悪意を仕込んだ」ことを世間に公表しちゃっていいんじゃないですかねえ。

制御出来るようになったメタルクラスタはまだバッタ攻撃をやってくれるようでよかったです。予算の関係とかで制御出来るようになったら使わなくなる能力かと思ってましたよ。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2020年2月24日 (月)

今週のアニメ感想・月分(2/24分)

・イド 凄い展開になってきた。カエルちゃんのオリジナルと思われる人の秘密とか核心に迫りつつある様子だけど、前回ラストで言ってた「罠だ」の真意がまだ分からないなあ。どう収拾をつけるのやら。

■映像研には手を出すな! 8話
完成したロボアニメを文化祭で上映するの巻。
自分のやりたいことを形にして親に示して納得してもらう展開が心地よく爽やかでした。ロボアニメ編は割と水崎氏が主役だったのだなと。

娘がアニメに関わることを良しとしていなかった父親も、実際に作品を見ればアニメーションの動き=娘の演技だと理解して嬉しそうにしているのがいいですね。「いい演技だった」が実に良い賛辞でした。
何のかんの言っても、表現者・表現バカ同士で通じあえるものがあるのだなと思えて気持ちよかったですよ。良い親子関係です。

水崎氏の箸の持ち方が間違えていたオチに笑いました。なるほどアニメ内の人の箸の持ち方もクロス箸(笑)
アニメーションは独特な走りや「お茶飛ばし」も出ていたりでこれまでの集大成的でニヤリとします。
箸については、水崎氏が今朝まで気付かなかったのは親子で一緒に食べる事が少なかったからなのかなと思うとちょっと切ないですね。

冒頭の音楽と絵を合わせる場面も見ていて楽しかったです。音楽のタイミングをズラしたり、時には音楽を消すことで効果を増すこともあると、アニメは総合芸術だなあ。
百目鬼氏はもうすっかり4人目の仲間になってますな。頼もしい。

上映前の宣伝合戦や生徒会・警備側との攻防は笑いました。映像研以外も変人だらけだなあこの学校(笑)
逃げるロボ研部長の身体の張りっぷりが涙ぐましくて泣かせました。羽付きの段ボールに換装する必要あったのかよアレ(笑)(ロマンだから必要あるんだよなあ)
ポジション的に敵役・障害役になってしまう生徒会側だけど、こんな生徒達ばかりでは生徒会も苦労するわなと(笑)

ところで「空調管理部」なんてあるんですかこの学校。普段どんな活動やってんだよ空調管理部(笑)

アフレコは間に合わなかったので当日その場で音声を当ててましたが、DVD用には後日録音はやり直せばいいのかなと。なんなら当日バージョンの音声も入れれば良い…のか?
水崎氏はDVD版ではやっぱり箸の持ち方も直すんですかね。直すだろうなあ。

・8話まで見た後、原作2巻を読む。(アニメ4話までで原作1巻だったので4話で1冊分かと思ったらやはりそうでした)
今回のロボ研と生徒会の攻防とか水崎氏のおばあちゃんとの話とかはアニオリだったのね。そして百目鬼氏が2巻時点でまだ出ていないのがちょっと驚きでした。
今後登場自体はするみたいなのでアニメでは先行登場していたのね。
ロボアニメのDVDがアニメでは販売予約を取るまでだった(DVD作成はこれから)のに対して原作ではその場で販売だったのね。細かく違っているところが多くて面白いですよ。

■へやキャン△ 8話
用紙を無くしたスタンプラリーは別紙で継続ですか。用紙はしまりん家に届いたようですが明日はどっちだ。
ところで京都で嵐電に乗ったので電王スタンプラリーを押しました。映画村は行ってないので埋まってないけど。
ホラが下手ななでしこかわいい。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (0)

2020年2月23日 (日)

今週のアニメ感想・火~日分(2/18~23分)

・ソマリ 地獄のような過去話だった…。他種族はほいほい人間を喰うのに、人間が多種族を喰うとあんなことになるのがまた酷い;
・ちはやふる 原田先生が熱い。原田先生の勝利に泣く北野先生がいいなあ。新→千早の告白へのかなちゃんと花野さんのリアクションが笑えます。
・空挺ドラゴンズ 街中で暴れる龍がまさに怪獣物で恐ろしいけどかわいそうでもある。
・ドラマゆるキャン△ 実写だと、男と間違えるのは無理があるよなあと思いました。酔いどれ先生がダメな大人っぽくていい感じです。
・ハイミュー 犬の王冠ステキ。爽やかで前向きなギスギスが良いなあ。
・猫の日の翌日にキュアネコ耳とは。

■群れなせ!シートン学園 7話
ハイエナのイエナがメス修行しつつ結局はオスに戻るの巻。
女子モードは普通に可愛かったけど(生えてるけど)、自分らしさは大切だから仕方ないね。
瞳のお色気力の高さが予想外でした。

ライオン・インパラパートが展開が気になりますな。ルイ先輩だらしないなあ。

■異種族レビュアーズ 7話
サンテレビが落ちたか…。BSはまだ無事ですが、もはや最後までTVで見られる気がしません(苦笑)

今回はややおとなしめな回だった…ような気がしたけど感覚が麻痺してきてるか。ニッチなマニアック度では過去最上級な回でした。産卵ショーかあ…(^^;
爬虫類が多いのはなるほどでした。そしてペンギン有翼人もいるのね。
メイドリーちゃんにぶっとばされるのが安定のオチになってきてますな。

■虚構推理 7話
寺田刑事の死を受けての鋼人七瀬攻略会議の巻。
今夜中に無理難題としか思えない解決をしなければならないわけですが、解決策の目処はたったみたいだけでどうするんですかねホント。ネットで噂を広めるには時間が無い気もしますし。

九郎先輩の従姉妹の六花さんというのは、子供時代の九郎先輩にホタルを見ようと言ってたお姉さんですか。どういう人なのかはまだ分かりませんが、病んだ人らしいのは分かりました。

ベッドの上で1本足で立つおひいさまのバランス感覚が凄いなあ。

■仮面ライダーゼロワン 24話
或人社長の危機に、これまで関わったヒューマギア達が立ち上がる。(ただし腹筋崩壊太郎は除く)
…腹筋さんは或人と全然関わりがなかったから仕方ないですね。残念!

悪意に対して良心回路…もとい善意で立ち向かうのはベタだけどいいですね。遂に暴走ヒューマギアを元に戻す能力までゲット出来て、珍しくスッキリした終わり方でした。オチのギャグも決まって(?)よかったですよ。

縁結びのマッチさんはわざと暴走していたそうで、良かった、ほっぺを引っ叩かれるだけで暴走するヒューマギアはいなかったんだ。(結局暴走はしてる)
砂浜でカップルのベストマッチを見届けていたのは笑いました。ある意味ここでも暴走してるよマッチさん(笑)
てか、あのカップル吊り橋効果としか思えないですけどね!

自分の判断で暴走まで想定していたマッチさんに続いて、自分の意思で演技してZAIAに乗り込んで1000%を欺いた俳優エンジもさすがでした。てか、人を騙せるとかロボット三原則無いのねヒューマギア。

遂にメタルクラスタの暴走を制御出来るようになったのは良かったですよ。
ただ、制御出来るようになってもデザイン的には何も変わらないんですね。目の色くらいは変わってもいいのにと思いました。
剣のナギナタモードは良かったですね。

やと無様に倒されてくれた1000%ですが、まだ勝負はやるようで。卑怯者なのか律儀なのかどっちなんだぜ。

不破さんサイドは、滅に煽られて暴れちゃったり(ゴリラのように)、滅に逃げられてしまったりと今回の不破さんはちょっと残念でしたね。ゴリラになりすぎたか。

漫画アニメ特撮感想 | | コメント (2)

より以前の記事一覧